ホーム » カジノのニュース » トロピカーナカジノが67年の歴史に幕を下ろす

更新日:2024-06-03

トロピカーナカジノが67年の歴史に幕を下ろすのバナー

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

ラスベガスのトロピカーナラスベガスが営業終了

ラスベガスのトロピカーナラスベガスが営業終了

画像出典:トロピカーナラスベガスカジノリゾート公式サイト
“https://casinos.ballys.com/tropicana-las-vegas/”

アメリカの西部に位置するラスベガスですが、カジノの聖地として、アメリカ全土はもちろん、世界中から多くの観光客を集めています。

そんなラスベガスには、ベネチアンやMGMグランド、シーザースパレスなど多くの老舗カジノホテルが集まっています。

数多くのカジノリゾートの中でも、ラスベガスのギャンブル産業を長年支えてきた、トロピカーナラスベガスカジノリゾートが、営業を終了することが発表されました。

トロピカーナラスベガスカジノリゾートは、1957年に開業しました。

“トロピカーナ”の名前が指すように、ヤシの木や南国を彷彿とさせる内装が特徴的であり、施設には巨大なプールも備えています。

また、カジノやレストランもかなり充実しており、プール上で行われる「水上ブラックジャック」は、トロピカーナラスベガスカジノリゾートの名物として、大きな人気を誇りました。

現在では、大手ホテルチェーン「ヒルトン」が運営し、歴史的に見てもラスベガスブルーバードの象徴の一つであるカジノと言えるでしょう。

なお、トロピカーナラスベガスカジノリゾートは、2024年4月2日をもって営業を終了しました。

2024年10月までには、トロピカーナラスベガスカジノリゾートの建物が解体され、2028年より本拠地を移転するMLBのアスレチックスの新スタジアムが建設される予定です。

ラスベガスは、一大カジノ都市として、大きな飛躍を遂げましたが、ラスベガスを黎明期から支えたトロピカーナラスベガスカジノリゾートの歴史を振り返っていきましょう。

コニベットの登録バナー

トロピカーナラスベガスカジノリゾートで起きた出来事

67年の歴史を持つ、トロピカーナラスベガスカジノリゾート。

ここでは、ラスベガスの経済を支えた、トロピカーナラスベガスカジノリゾートで起きたセンセーショナルな出来事を紹介します。

1957年に創業したトロピカーナラスベガスカジノリゾート

1957年に創業したトロピカーナラスベガスカジノリゾート

画像出典:The Mob Museum 公式サイト
“https://themobmuseum.org/blog/tropicana/”

トロピカーナラスベガスカジノリゾートは、1957年に、ラスベガスの中心地「ラスベガスブルーバード」に建設されました。

もともとは砂漠ばかりで、何もなかったラスベガスの町ですが、第二次世界大戦後、ギャンブルの町として発展を遂げていきます。

そんな中でも、トロピカーナラスベガスカジノリゾートは、ラスベガスのカジノ産業の最初期に建設されたカジノです。

1500万ドルもの総工費を掛けて建設されたカジノホテルは、当初は3階建てのビルであり、Y字に配置された300の部屋を備えていました。

また、全ての部屋にはバルコニーがあり、当時ラスベガスにて、一番高価で贅沢なカジノとして認知されていました。

注目度も高く、”砂漠のオアシス”と呼ばれ、オープンした日には、12,500人もの人が入場しました。

裏社会との繋がり

裏社会との繋がり

画像出典:The Mob Museum 公式サイト
“https://themobmuseum.org/notable_names/frank-costello/”

現在、カジノを含むギャンブル産業は、裏社会との繋がりを徹底的に排除しています。

この動きにより、私たちは安全に、そして健全にギャンブルを楽しめるのです。

しかし、マフィアなどの裏社会の犯罪組織は切っても切れない存在である、ラスベガスのギャンブル産業を大きく発展させるのに一躍買いました。

もちろん、トロピカーナラスベガスカジノリゾートも、例外ではありません。

トロピカーナラスベガスカジノリゾートがオープンして数週間後、アメリカのマフィアであるフランクコステロはニューヨークにて銃撃に遭いました。

幸いにも、フランクコステロは無事だったものの、捜査した警察官が、フランクコステロのジャケットのコートから、トロピカーナラスベガスカジノリゾートの売り上げが書かれた紙を見つけたのです。

このことから、フランクコステロへのトロピカーナラスベガスカジノリゾートの売り上げ流失が分かりました。

結果的に、アメリカ連邦捜査局は、1970年台までに、このようなカジノから裏社会へのお金の流出を操作し、最終的には、カジノ運営に関わった多くのマフィアを検挙しました。

現在はマネーロンダリングや、イカサマに対して、厳しく監視し、クリーンに運営されているカジノですが、トロピカーナラスベガスカジノリゾートのこの一件が、きっかけになったと言えるでしょう。

羽を付けたショーガール発祥の地

羽を付けたショーガール発祥の地

ラスベガスは、夜も眠らない町として、ネオンや多くの人で賑わっています。

中でも、頭に付けた羽が印象的なショーガールは、ラスベガスの名物の一つと言えるのではないでしょうか。

実は、羽を付けたショーガールを最初に採用したのは、トロピカーナラスベガスカジノリゾートです。

その歴史は、オープンから2年後の1959年より始まり、50年の期間を経て、現在のオーケストラを携えたエンターテインメントショーへと進化しました。

ラスベガスは、カジノだけではなく、多くのコンサートやショーが開催される、エンターテインメントの町としても有名です。

トロピカーナラスベガスは、ラスベガスをエンターテイメントの町に変貌させるきっかけの一つであったともいえるでしょう。

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

ボーナスハンターのバナーボーナスハンターのバナー(モバイル)

まとめ

今回は、トロピカーナラスベガスカジノリゾートが、2024年4月2日に営業を終了したニュースをお届けしました。

トロピカーナラスベガスカジノリゾートは、ラスベガスがカジノ産業における、老舗カジノです。

最初期からラスベガスブルーバードを見守り続け、現在のカジノ産業の基礎となる部分を構築してきました。

その為、今回のニュースに驚いた方も多いのではないでしょうか。

なお、トロピカーナラスベガスカジノリゾート跡地には、MLBのアスレチックスの新球場がオープンする予定です。

近年、スポーツチームの移転先への誘致を積極的に行うラスベガスですが、ついに念願の4大スポーツのチームを迎え入れに成功しました。

スポーツベッティングiGamingが発達している今、ラスベガスをホームとするMLBの古豪、アスレチックスがどのような活躍を見せるのか注目です。

なお、カジマルでは、ラスベガスに行かなくてもプレイできるオンラインカジノを紹介中!

入金不要ボーナスなど、ここだけの登録特典もあるので、この機会をお見逃しなく!

おすすめのオンラインカジノ

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

ベラジョンカジノのウェルカムオファーバナー($80+$20)

 

コニベットの登録バナー

遊雅堂のボーナスバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 アマギフ当たる♪緊急アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのゲーム開発企画カジマル無料トーナメントのバナー

 

スポーツベッティング情報
エキサイティングなイベント続々
🔵 八村塁を徹底解説|NBAで活躍の八村に海外の反応は?:続きを見る
🔵 ユーロ2024|無料視聴方法、優勝予想オッズ、日程:続きを見る
🔵 MLB 2024|オッズ、勝敗予想、賭け方:続きを見る
🔵 アメリカ大統領選2024|オッズ、賭け方:続きを見る

新着業界ニュース
エッジーな業界情報をお届け
🔵 米・ピーターズバーグで新カジノリゾート計画が発表:続きを見る
🔵 ヒップホップ界からの爆誕!Snoop Doggのスロット登場:続きを見る
🔵 Pragmatic Playが日本人向けのバカラテーブルをオープン:続きを見る
🔵 【独占】Baricata配信者ランキング1位神美姫RINインタビュー:続きを見る

New York iGaming市場拡大