ココモ法では勝てない?勝てない理由と勝てるコツを解説

ホーム » ココモ法 | 使い方、やり方、賭け方の完全ガイド » ココモ法では勝てない?勝てない理由と勝てるコツを解説

更新日:2024-07-03

ココモ法では勝てない?勝てない理由と勝てるコツを解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

ココモ法では本当に勝てないのか?

ココモ法では本当に勝てないのか?のバナー
ココモ法では勝てない、あるいはリスキーすぎると感じたことはありませんか?

今回は、なぜココモ法が勝てないと言われるのか、その理由を詳しく解説し、実際に勝つためのコツもご紹介します。

実際のところ、ココモ法はどれくらい勝てないのでしょうか?

ココモ法は、ルーレットなど配当が3倍のゲーム、つまり勝率約33%のゲームで適用される戦略です。

2分の1の確率でベットするマーチンゲール法と比較すると、3分の1の確率なので、もともとの的中率は高くありません。

連敗が続いても、勝てば一度でそれまでの損失を回収できますが、100%勝てる戦略ではなく、100%負けることもありません。

そもそも本当に勝てなければ、ココモ法は存在しないでしょうし、誰も実践しないでしょう。

この記事では、ココモ法が勝てないと言われる理由を検証し、さらに勝てるコツについても詳しく解説していきます。

コニベットの登録バナー

 

ココモ法は勝てないと言われる理由

ココモ法は勝てないと言われる理由のバナー
どのベット戦略にもメリットとデメリットがありますが、ココモ法も例外ではありません。

ここでは、ココモ法のデメリットであり、勝てないと言われる具体的な理由を一つずつ見ていきましょう。

的中率が低いベット方法で使われる

1つ目の理由は、ココモ法自体、的中率が低いベット方法で使用されるからです。

ココモ法は、ルーレットの賭け方であるカラム・ダズンベットに適し、ルーレットの必勝法の一つとしておすすめです。

また、バカラのタイベットにも使われる場合がありますが、基本的に、ブラックジャックや、赤・黒、偶数・奇数、ハイ・ローなどの配当が2倍のゲームには適していません。

適切なゲームを理解せずにココモ法を使用すると、50%と約33%の的中率の違いにより、計算が変わり、その結果、損失を回収できなくなります。

軍資金が足りなくなる場合がある

2つ目の理由は、軍資金が足りなくなる場合があるからです。

ココモ法はベット額を徐々に増やしていくルールのため、十分な軍資金が必要です。

連敗しても一度勝てば大きなリターンが得られるのが最大のメリットですが、もし負け続けた場合、リターンはなく、軍資金だけがどんどん減っていきます。

例えば、1ドルでココモ法を始めたとして、15回連続でベットを続けると1500ドル以上が必要になります。

実際に15連敗以上する確率は数字だけ見れば低いですが、0%ではありません。

そのため、安易にココモ法を始めると、軍資金が足りず失敗し、最終的に負ける可能性があります。

ベット上限により損失を回収できない場合がある

3つ目の理由は、ベット上限があるため、損失を回収できない場合があるからです。

ベット上限とは、テーブルの最大ベット額のことで、カジノやゲームによって異なります。

どのテーブルにも上限が設けられており、これはプレーヤーの支払い能力を超えないようにするためです。

有名なオンラインカジノのルーレットのベット上限を参考にしてみましょう。

日本人プレーヤーにも人気のベラジョンカジノは10,000ドル、カジノシークレットは2,000ドル、日本円で遊べる遊雅堂は100万円と、上限にかなりの差があります。

この場合、ココモ法で続けていくと、1ドルでスタートしても17回目で2,000ドルを超えてしまいます。

基本的にルール通り、ベット額を上げていかないと利益は出ません。

そのため、万が一カジノシークレットのルーレットで16回目までに勝てなかった場合、大きな損失を出してしまいます。

ココモ法をスタートする前に、必ず上限ベット額を確認しましょう。

必ず勝てる方法ではない

4つ目は、ココモ法は必ず勝てる方法ではないからです。

ココモ法は、確率的に15連敗する可能性は低いですが、負ける可能性がゼロではありません。

ゲームによって異なりますが、基本的にカジノの戦略は、勝つ確率を上げるために作られたものであり、100%勝てるものではありません。

もし必ず勝てるストラテジーがあれば、今頃全員が勝ってお金持ちになっているでしょう。

その中でも、ハイリスクハイリターンのココモ法は勝率約33%と高くありません。

そのため、ゲーム自体の的中率が低く、特にすぐに勝利したいプレーヤーからは「ココモ法では勝てない」とよく言われています。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証

ココモ法は勝率がもともと低く、よく勝てない攻略法として語られる場合が多いです。

そこで、ここで実際にココモ法をルーレットでプレイしてみました!

ココモ法の実践を考えている方は、参考にしてみましょう。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証:1ゲーム目

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証 (1ゲーム目)

ココモ法実践1ゲーム目は、セカンドダズンに1ドルをベット。

スピンされたボールは見事、にヒットしたため、当選しました。

幸先のいいスタートと言えますね。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証:2ゲーム目

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証 (2ゲーム目)

ココモ法実践2ゲーム目は、前回のゲームで勝利したため、そのまま1ドルをベット。

今回は、「1-12」をカバーするファーストダズンにベット。

しかし、今回は、ボールがにヒットし、予想が外れてしまいました。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証:3ゲーム目

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証 (3ゲーム目)

ココモ法実践3ゲーム目は、前回のゲームで負けてしまったため、ココモ法のルールに則り、2ゲーム目と同じ1ドルをベット。

今回は、「25-36」をカバーするサードダズンにベットしました。

しかし、今回はボールがに落ち、予想が外れてしまいました。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証:4ゲーム目

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証 (4ゲーム目)

2連敗で迎えるココモ法実践4ゲーム目は、前回と前々回のベット額を足した3ドルをベットしました。

今回は、「13-24」をカバーする、セカンドダズンにベットします。

しかし、今回もボールはに落ち、3連敗を喫してしまいました。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証:5ゲーム目

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証 (5ゲーム目)

3連敗後の5ゲーム目は、前回と前々回のベット額を足した、5ドルをベットします。

今回は、「1-12」をカバーする、ファーストダズンにベットしました。

スピンの結果、ボールは見事にヒットし、勝利!

4連敗は避けられました。

ココモ法は勝てない?実際にルーレットで検証:結果

ココモ法をルーレットで実践した結果は、2勝3敗になりました。

やはり、カラム・ダズンベットは、3分の1で配当を獲得するため、赤黒などの2分の1配当のゲームよりは、勝率が低くなりますね。

今回の実践の結果を、以下の表にまとめてみました。

回数 ベット額 勝敗 獲得配当 合計収支
1回目 $1 $3 $2
2回目 $1 $0 $1
3回目 $1 $0 $0
4回目 $3 $0 -$3
5回目 $5 $15 $7

途中で3連敗を喫したものの、最後のゲームで勝利したため最終的には7ドルの利益を生み出せました。

ココモ法は、連敗を重ねた方が稼げることが分かりますね。

しかし、その反面、まとまった資金が無いと、すぐに資金がショートしてしまうリスクもあります。

ココモ法を使用する場合は、まとまった資金を準備することが、勝利するための前提条件と言えますね。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

ココモ法の最大連敗確率は?

ココモ法の最大連敗確率は?のバナー
以下に、ココモ法の最大連敗数とその確率を表に示しました。

連敗数 確率
5連敗 14.1%
10連敗 約2%
15連敗 0.28%
20連敗 0.04%

5連敗程度は頻繁に起こり、10連敗の確率も約2%であり、50回に1回の割合で起こり得ます。

つまり、長時間プレーすれば高確率で10連敗に遭遇するでしょう。

15連敗の確率は0.28%と低く見えますが、実際にプレイした方の中には15連敗を経験したという話もあります。

20連敗の確率は約0.04%、つまり約2000回に1回の割合で非常に珍しいですが、可能性はゼロではありません。中には20連敗を経験したプレーヤーもいるでしょう。

以下は、マーチンゲール法との連敗確率を比較をします。

連敗数 ココモ法 マーチンゲール法
5連敗 14.1% 3.125%
10連敗 約2% 0.098%
15連敗 0.28% 0.003%
20連敗 0.04% 0.0001%

マーチンゲール法の連敗確率と比較すると、50%の勝率と33%の勝率の違いは明らかです。

ココモ法の連敗確率は10連敗の時点で1%を切り、約1000回に1回の割合で負けます。

このように、ココモ法はハイリスクハイリターンの戦略であり、連敗する確率が低くはありません。

特に長時間プレイする場合、連敗による損失リスクを考慮しながらココモ法を使いましょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

ココモ法の連敗確率を考慮して資金管理をしよう

ココモ法の連敗確率を考慮して資金管理をしようのバナー

ココモ法の連敗確率を紹介しましたが、あくまでも確率論で、必ずしも勝てるとは限りません。

連敗が続くとベット額はあがり、負け続けるほど金額は当然大きくなります。

そのためココモ法を成功させるための十分な資金管理が重要です。

実際1ドルでココモ法をスタートして、20連敗、30連敗したときのそれぞれの損失例を、早見表を使って見てみましょう。

ココモ法で20連敗した時の損失例

以下は、1ドルでスタートした場合に、20連敗したときの損失例を示したココモ表の早見表です。

回数 ベット額 合計ベット額 配当 合計収支
1回目 $1 $1 $0 -$1
2回目 $1 $2 $0 -$2
3回目 $2 $4 $0 -$4
4回目 $3 $7 $0 -$7
5回目 $5 $12 $0 -$12
6回目 $8 $20 $0 -$20
7回目 $13 $33 $0 -$33
8回目 $21 $54 $0 -$54
9回目 $34 $88 $0 -$88
10回目 $55 $143 $0 -$143
11回目 $89 $232 $0 -$232
12回目 $144 $376 $0 -$376
13回目 $233 $609 $0 -$609
14回目 $377 $986 $0 -$986
15回目 $610 $1,596 $0 -$1,596
16回目 $987 $2,583 $0 -$2,583
17回目 $1,597 $4,180 $0 -$4,180
18回目 $2,584 $6,764 $0 -$6,764
19回目 $4,181 $10,945 $0 -$10,945
20回目 $6,765 $17,710 $0 -$17,710

すべて負けているため、配当は0です。5連敗する確率は14.1%で、損失額は$12です。

10連敗する確率は約2%で、この時点で$143の損失です。さらに15連敗すると、損失額は$1,596です。

20連敗する確率は0.04%と低いですが、万が一負け続けると$17,710の損失です。

そのため、1ドルでスタートしても、15連敗すると一気に1000倍以上の損失を被るため、注意が必要です。

ココモ法で30連敗した時の損失例

次に、ココモ法で21連敗から30連敗したときの例を早見表で見てみましょう。

回数 ベット額 合計ベット額 配当 合計収支
20回目 $6,765 $17,710 $0 -$17,710
21回目 $10,946 $28,656 $0 -$28,656
22回目 $17,711 $46,367 $0 -$46,367
23回目 $28,657 $75,024 $0 -$75,024
24回目 $46,368 $121,392 $0 -$121,392
25回目 $75,025 $196,417 $0 -$196,417
26回目 $121,393 $317,810 $0 -$317,810
27回目 $196,418 $514,228 $0 -$514,228
28回目 $317,811 $832,039 $0 -$832,039
29回目 $514,229 $1,346,268 $0 -$1,346,268
30回目 $832,040 $2,178,308 $0 -$2,178,308
21回目 $10,946 $28,656 $0 -$28,656
22回目 $17,711 $46,367 $0 -$46,367
23回目 $28,657 $75,024 $0 -$75,024
24回目 $46,368 $121,392 $0 -$121,392
25回目 $75,025 $196,417 $0 -$196,417
26回目 $121,393 $317,810 $0 -$317,810
27回目 $196,418 $514,228 $0 -$514,228
28回目 $317,811 $832,039 $0 -$832,039
29回目 $514,229 $1,346,268 $0 -$1,346,268
30回目 $832,040 $2,178,308 $0 -$2,178,308

25連敗の確率は0.0039%、30連敗の確率は0.0005%と言われています。

20連敗までと比べると極めて稀ですが、万が一連敗してしまった場合、損失額は25連敗で$196,417、30連敗で$2,178,308と莫大な金額です。

実際に30連敗したという話は聞いたことがありませんが、可能性はゼロではありません。

1ドルから始めてこの金額にまで膨れ上がるということは、5ドルでココモ法を始めていたらさらに恐ろしい数字になるでしょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ココモ法で勝てるようになるコツ

ココモ法で勝てるようになるコツのバナー
ここまで、ココモ法が勝てない理由やマイナスの面ばかりを紹介してきました。

しかし、実際にはココモ法を使って勝っているプレーヤーも多く存在します。彼らはどのようにして勝っているのでしょうか。

以下に、実際に試してほしい、ココモ法で勝てるようになる5つのコツを紹介します。

確率の高いヨーロピアンルーレットを選ぶ

まず1つ目のコツは、確率の高いヨーロピアンルーレットを選び、ココモ法を実践することです。

ルーレットにはヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類があります。

この2つにはいくつかの違いがありますが、ココモ法を実践する上で重要なのは、0の数です。

アメリカンルーレットには0と00の2つの0がありますが、ヨーロピアンルーレットには0が1つしかありません。

この違いはわずかですが、37個と38個では勝てる確率が変わってきます。

アメリカンルーレットでは数字が多いため、ココモ法に限らず、一般的にヨーロピアンルーレットの方が勝ちやすいと言われています。

軍資金を多めに用意する

2つ目のコツは、軍資金を多めに用意することです。

ココモ法の連敗確率の例からもわかるように、連敗を想定してある程度の余裕を持っておくべきです。少額で始めたとしても、成功させるためには十分な軍資金が必要です。

「お金の余裕は心の余裕」と言われるように、精神的な安定にもつながります。

10連敗程度は頻繁に起こるので、この時に資金が尽きてしまったら、ココモ法特有のギャンブルのメリットを最大限に活かせません。

ココモ法はコツコツ稼げるのに、途中で断念するのはもったいないので、最初から多めの軍資金を用意しておくと安心です。

ココモ法は低額でコツコツ賭け始める

3つ目のコツは、低額でコツコツ賭け始めることです。

負け続けるとベット額が上がり、資金が不足したり損失が大きくなったりする可能性があります。

あらかじめ1ユニットの金額を低く設定してスタートすることで、リスクを最小限に抑えつつ、コツコツと利益を増やせます。

確率論的に、3倍の配当があるゲームで連敗が続くことは非常に稀ですが、可能性はゼロではありません。

ココモ法で確実に勝ちたいなら、連敗を考慮して低額で賭け始めるのが賢明でしょう。

ベット額の幅が広いテーブルで遊ぶ

4つ目のコツは、テーブルを選ぶ際にベット額の幅が広いテーブルで遊ぶことです。

ココモ法を実践する際、連敗の可能性を考慮してミニマムベットが小さいテーブルを選びましょう。

ミニマムベットが小さいほど、ココモ法で連敗しても損失を抑えられます。

ランドカジノでは、ミニマムベット額が一般的に10ドルから20ドルと高めに設定されている場合が多いです。

一方、オンラインカジノではミニマムベットが1ドル以下や20円程度で始められるテーブルも多くあり、ココモ法の実践に最適です。

ココモ法のメリットを最大限に活かすためにも、テーブルのミニマムベット額とマックスベット額を事前に確認し、ベット額の幅が広いテーブルで遊びましょう。

損切りのタイミングを見極める

5つ目のコツは、損切のタイミングを見極めることです。

ココモ法に限らず、カジノで遊ぶ上で損切のタイミングは非常に重要です。

10連敗は珍しくないので続けても良いかもしれませんが、軍資金と相談し、15連敗したら損切をして再スタートするなど、事前にルールを決めておくことをお勧めします。

カジノで勝っている人の共通点は、損切のタイミングが上手な点です。熱中する気持ちも理解できますが、冷静に判断できるかが、勝利の鍵です。

特に、連敗中に冷静な判断をするのは難しいので、始める前に何連敗で損切するか自分のルールを決めて実践しましょう。

ココモ法はハイリスクハイリターンのストラテジーです。次こそ勝てると思ってベットを続けると損失が増え、最終的に負けで終わる可能性が高くなるので、注意しましょう。

コニベットの登録バナー

 

ココモ法で勝てない時は他の戦法も検討

ココモ法で勝てない時は他の戦法も検討のバナー
ココモ法のコツを実践しても、なかなか勝てない日もあるでしょう。

そんな時は、以下のような他の戦法も検討してみましょう。

損切のタイミングを見極めると同様に、何度か試してうまくいかなかったら、その時点で他の戦法を試してみるのもおすすめです。新たな勝利パターンを発見できるかもしれません。

また、ルーレットの確率バカラの罫線なども一緒に学ぶと、より効率よく勝てるようになるでしょう。

 

ココモ法は勝てないに関するよくある質問

ココモ法は勝てないに関するよくある質問のバナー
最後に、ココモ法が勝てないと言われる理由について、よくある質問への回答をまとめました。

ココモ法は本当に勝てない?

ココモ法は本当に勝てないという疑問も多いですが、実際はそんなことはありません。

連敗の確率が0になることはないため、なかなか勝てない時や損失が大きくなる場合もありますが、ずっと負け続けることはありません。

ベット額を小さくしてココモ法をスタートすれば、リスクを抑えつつコツコツ稼げます。

また、テーブルの上限額に達することや資金不足などの問題がなければ、ココモ法で勝てる可能性は十分にあります。ただし、連敗した時のリスクはしっかり頭に入れておきましょう。

ココモ法の連敗記録は?

正確な最大連敗記録はわかりませんが、連敗確率を見ると、10~15連敗は珍しくないと考えておきましょう。

連敗数 確率
5連敗 14.1%
10連敗 約2%
15連敗 0.28%
20連敗 0.04%
25連敗 0.0039%
30連敗 0.0005%

これらはあくまでも確率論なので、いつ20連敗や30連敗が起きるかは誰にもわかりません。連敗し始める前に、損切のタイミングをしっかり考えておきましょう。

ココモ法で負ける時はどうしたらいい?

ココモ法で負ける時は、潔く諦めて、マーチンゲール法などの他のベットストラテジーに挑戦してみましょう。

ココモ法は少額から始められ、負け続けても1回で損失を回収できるため非常に魅力的です。

しかし、最悪の事態を想定すると、ココモ法をだらだらと続けるよりもすぐに切り替えた方が、長期的には利益につながるかもしれません。

 

まとめ

今回は、ココモ法が勝てないと言われる理由を分析し、その対策を紹介しました。

結論として、ココモ法はまったく勝てないわけではありません。ただし、連敗時や失敗のリスクが高いストラテジーであることは確かです。

そのため、ココモ法を使う際には、テーブルの選び方、ベット額の設定、遊ぶゲームの選択など、リスクを最小限に抑えるための工夫が必要です。

併せて、ココモ法の改良版や、ココモ法の早見表も活用すると勝てるチャンスが広がるでしょう。

この記事を読んでココモ法での勝率アップを目指したいと思った方には、オンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノはミニマムベットが低く設定されている場合が多く、ココモ法を試すには最適な環境です。

さらに、豊富な数のゲームやテーブルが揃っているため、自分に合った条件でプレイできます。

お得な入金不要ボーナスを利用して、オンラインカジノでココモ法を実践し、その効果を実感してみましょう。