パーレー法の改良法 | 利益を出す為の最強戦略

ホーム » パーレー法とは | メリット・デメリットや実践攻略ガイド » パーレー法の改良法 | 利益を出す為の最強戦略

更新日:2024-07-05

パーレー法の改良法 | 利益を出す為の最強戦略のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

パーレー法の改良法とは?

パーレー法の改良法とは?のバナー

パーレー法の改良法とは、パーレー法のデメリット補うために生み出された最強のギャンブルの必勝法です。

パーレー法とは連勝時にベット額を2倍にする攻略法です。

シンプルなルールでありながら、一気に稼げるとして有名な一方欠点もあり、パーレー法は勝てないとも言われています。

また、パーレー法には、特定のステップで賭け金を増やせるグランパーレー法も存在します。

そんなパーレー法の欠点を補い、より勝ちやすくなったパーレー法の改良法を今回は紹介します。

コニベットの登録バナー

パーレー法とその欠点をおさらい

パーレー法とその欠点をおさらいのバナー

まずパーレー法について簡単におさらいしましょう。

勝つごとにベット額を2倍にし、負けるまで続けるだけの分かりやすいルールです。

勝率50%、配当2倍のゲームで適用され、主に、ルーレットの賭け方では赤・黒、ハイ・ロー、偶数・奇数、バカラのプレーヤー・バンカー、ブラックジャックで使われます。

少ない軍資金でも始められ、短時間で利益を出せますが、最低でも3連勝しないと利益が出ない仕組みです。

また、負けた場合必ず損失するのでリスキーと思われ方も多いですが、大損する可能性が低いことも特徴です。

次に、パーレー法の欠点を簡単に挙げます。

  • 1度でも負けた場合利益がゼロ
  • ゲームのベット上限により損失を回収できない時がある
  • 連勝確率が低い

このような欠点からパーレー法は勝てない、というプレーヤーもいますが、この欠点を補い、パーレー法を勝ちやすくしたパーレー法の改良法が存在するので、ご紹介していきます。

パーレー法の最強改良法2選

パーレー法の最強改良法2選のバナー

デメリットを踏まえて改良された、最強と言われるパーレー法の改良法を2選紹介します。

パーレー法と真逆の戦法を組み合わせる

1つ目は、マーチンゲール法と組み合わせるやり方です。

マーチンゲール法とは、パーレー法とは反対に、連敗時にベット額を2倍にし、勝つまで続ける攻略法です。

マーチンゲール法はハイリスクハイリターンの攻略法としても知られています。

パーレー法は連勝すれば利益がすぐ出ますが、連勝確率が低いため、実際は連敗、または勝ち負けを繰り返す場合が多く、その場合最終的に収支がマイナスになる可能性が高いです。

そのデメリットをカバーするために、パーレー法と真逆の性質を持つマーチンゲール法を使って、お互いのデメリットをカバーします。

使い方は非常に簡単で、勝っている時はパーレー法、負けている時はマーチンゲール法を使い分けるだけです。

この組み合わせはパーレー法で負けた分をマーチンゲール法で補い、損失分を相殺するのが目的です。

実践シミュレーションを見てみましょう。

1ドルでパーレー法を始め、10回戦行います。

回数 ベット額 勝敗 利益 収支
1 1 +2 +1 パーレー法
2 2 × -2 -1 パーレー法
3 1 +2 +1 マーチンゲール法
4 2 +4 +5 パーレー法
5 4 +8 +13 パーレー法
6 8 × -8 +5 パーレー法
7 1 × -1 +4 マーチンゲール法
8 2 × -2 +2 マーチンゲール法
9 4 × -4 -2 マーチンゲール法
10 1 +2 0 マーチンゲール法

1回目はパーレー法で勝利し、2回目もベット額を2倍にして継続します。

しかし2回目で負けたので3回目からマーチンゲール法に切り替え、ベット額も1ドルにリセットします。

その後3連勝しているので、6回目までパーレー法を使います。

ルールに従ってゲームが進み、収支は+13ドルに増えます。

6回目で負けてしまったので、今度は7回目からマーチンゲール法に切り替えます。

4連敗し、勝つまでマーチンゲール法が適用されるので、勝つまで継続します。

その間ベット額は1、2、4ドルと倍にしていきます。

10回目でついに勝利したので、最終的に収支はプラスマイナスゼロで終わっています。

連勝して得た利益が4連敗により1度マイナス収支になりますが、最後マーチンゲール法でその損失を相殺しました。

良い点

シミュレーションからパーレー法とマーチンゲール法の組み合わせのメリットを考えると、最大の特徴は1度でも勝つと損失がゼロなのでそれを一気に挽回できます。

利確をせずに負けて損失が生まれた時にも、マーチンゲール法が成功するとプラスマイナスゼロに持っていけるので、リスクが少なく安心感があります。

損失を一度相殺して、1からやり直しがききます。

万が一失ってもマーチンゲール法で復活できるので、最強の方法と言えます。

より理解を深めたい方は、パーレー法のシミュレーションマーチンゲール法のシミュレーションも確認してみましょう。

悪い点

反対にデメリットは、マーチンゲール法が成功しないと、この組み合わせの効果が全くないことです。

損失をカバーするためにマーチンゲール法を活用するので、その効果を発揮しないと意味がありません。

つまり、パーレー法の成功率よりもマーチンゲール法の成功率がポイントです。

ゲームに連敗が続くことはありますが、ずっと負け続けることはありません。

いつかは勝てますが、十分な軍資金が必要です。

マーチンゲール法は連敗が続くとベット額が大きくなり、最悪資金の大部分を失う可能性があります。

上手くいけば、リスクを抑えながらゲームを継続できるので、少額でスタートすれば軍資金が少なくてもこの方法で勝てます。

この改良法を使うタイミングは連敗が少なく、連勝が続くときに最大限の効果を発揮するので、最強法ですが慎重になりましょう。

パーレー法をより攻撃的に進化させる

2つ目はグランパーレー法です。

グランパーレー法とは、パーレー法をさらに攻撃的に進化させたものです。

この方法は、通常のパーレー法に比べてベット額が大きくなりますが、その分利益を出せます。

やり方は、連勝時にベット額2倍にし、さらに+αでベットします。

+αの金額設定は自由です。

負けたらパーレー法同様、最初のベット額に戻します。

追加ベットの金額は軍資金と目標設定額によって変えられるので、毎回自分で調節できます。

では、実際にどのように使うのかシミュレーションをしてみましょう。

同時に、通常のパーレー法も比較するためにシミュレーションをします。

ここではパーレー法、グランパーレー法の両方で、最初のベット額を1ドルとし、5回プレイします。

なお、+αの金額も分かりやすく1ドルとします。

【パーレー法】

回数 ベット額 勝敗 配当 収支
1 1 2 +1
2 2 4 +5
3 4 8 +13
4 8 16 +29
5 16 32 +61

【グランパーレー法】

回数 ベット額 勝敗 配当 収支
1 1 2 +1
2 3 6 +7
3 5 10 +17
4 9 18 +35
5 17 34 +69

最初のベット額は1ドルのみで、2回目から+αの金額1ドルを毎回追加します。

2回目のグランパーレー法のベット額は2+1=3、配当も6ドルで収支は7ドルです。

一方通常のパーレー法は配当4ドル、収支は5ドルです。

2つを比べると、+1ドルしただけで収支に差が生じるのが分かります。

2回目以降、収支は+2,+4,+6,+8と順に差額が増えています。

良い点

グランパーレー法のメリットは、連勝すれば少ない軍資金でも稼げることです。

+αの金額が少額でもシミュレーションから分かるように確実に利益は増えます。

利確して、資金を積み立てればその分追加金額を上げられ、さらに大きな利益が見込めます。

反対に軍資金に余裕がある場合は追加する金額を増やし、連勝すればその分短時間で利益を出せるので、負けた場合のリスクは高いですが、効率よく稼げるでしょう。

最初のベット額を高めに設定したい人は、ベット上限額が高いテーブルでプレイすれば、たった数ゲームで爆発的に利益を出せる可能性もあります。

悪い点

デメリットは、パーレー法と同じですが、1度負けると利益がゼロになることです。

パーレー法のルールをベースに改良されているので、負けた場合も同じ状況です。

そして、テーブルのベット上限額にも注意が必要です。

パーレー法自体、連勝が続くと上限額に達しやすいですが、グランパーレー法はさらに多くベットするのでより上限を超える可能性が上がります。

上限額を超えると、この攻略法は継続できないので、到達した場合は1度終了して、最初からやり直すなど臨機応変に対応しましょう。

また、そうならないためにも上限額が高いテーブル選びは重要です。

なお、グランパーレー法は連勝時に適用されるので、勝ち負け交互の場合は追加ベットができません。

連勝して、ゲームの流れがいい時にのみ使うことをおすすめします。

タイミングを見極めてからグランパーレー法を使ってみましょう。

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた

実際に、パーレー法の改良法の一つである、グランパーレー法を試してみました。

今回、プラスαの金額は分かりやすく1ドルに設定しています。

ここでの実践を参考にしながら、グランパーレー法を試してみましょう。

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム1)

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム1)

パーレー法の改良法である、グランパーレー法1ゲーム目は、1ドルを赤にベットしました。

今回は、赤の14にボールがヒットし、見事勝利。

次のゲームから、ベット額を引き上げていきます。

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム2)

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム2)

グランパーレー法2ゲーム目は、前回のゲームのベット額の2倍である2ドルに1ドルを足した3ドルをベット。

今回は、黒にベットしましたが、黒の20にボールがヒットし、見事に勝利。

2連勝を達成です。

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム3)

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム3)

グランパーレー法3ゲーム目は、前回のゲームのベット額の2倍である4ドルに1ドルを足した5ドルをベット。

今回は赤にベットしましたが、赤の16にボールが落ちたため、今回も勝利を収めました。

これで3連勝を達成です。

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム4)

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム4)

グランパーレー法4ゲーム目は、前回のゲームのベット額の2倍である8ドルに1ドルを足した9ドルをベットしました。

今回は赤にベットしました。

今回のゲームも見事、赤の19にボールがヒットしたため、勝利を収めました。

これで4連勝を達成です。

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム5)

パーレー法の改良法:実際にグランパーレー法を試してみた (ゲーム5)

5連勝を狙う、グランパーレー法5ゲーム目は、前回のゲームのベット額の2倍である16ドルに1ドルを足した17ドルをベットしました。

今回は黒にベットしましたが、ボールは赤の34にヒット。

5連勝とはならず、4勝1敗で実践を終了しました。

以下が、ゲームの結果をまとめた表です。

ゲーム数 ベット額 勝敗 当該ゲームの配当 合計収益
1 $1 $2 $1
2 $3 $6 $7
3 $5 $10 $17
4 $9 $18 $35
5 $17 -$17 $18

パーレー法は、1回でも負けると損失が大きのが欠点です。

しかし、グランパーレー法を使えば、損失は大きいものの、負けても利益が残ることが分かりますね。

パーレー法に慣れた方は、グランパーレー法を使用して、堅実に利益を積み上げていくのがベターですね。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

パーレー法の改良法を試す時の共通注意点

パーレー法の改良法を試す時の共通注意点のバナー

パーレー法の改良法2つについて、それぞれメリット、デメリットを紹介しましたが、共通して注意するべき点が3つあります。

改良法の良い点も悪い点も理解する

1つ目は、メリットとデメリットをきちんと理解することです。

完璧な攻略法はないので、デメリットは必ずあります。

パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせた改良法のメリットは、負けたとしても、マーチンゲール法で1回勝てば損失を取り戻せます。

デメリットは、マーチンゲール法が失敗すると損失が増えてしまいます。

また、グランパーレー法のメリットは追加ベットにより大きな利益が見込めることですが、デメリットは1度負けると利益がゼロになってしまうことです。

これらを理解した上で、状況に応じてどの方法が合うのかを見極めましょう。

資金管理を徹底する

2つ目は資金管理です。

せっかく連勝しても、資金管理ができていないと結果的に利益が残せません。

パーレー法を始める前に、軍資金がいくらで、どの程度の損失なら許容できるのか、また、目標金額はいくらかなどを事前に設定しましょう。

その方が管理しやすく、計画的に資金を増やせます。

カジノで勝っている人たちは、管理を徹底しています。

資金管理が難しいと思っている方は、メモを取ることも手段の一つです。

面倒でもメモを取ることで目に見えて管理ができるので、冷静に判断でき、勝率アップを目指せるでしょう。

利確のタイミングを見極める

3つ目は利確のタイミングです。

パーレー法は、負けるまで続けるのではなく、連勝したときに利確しないと成功しません。

ただ、実際ゲーム中に冷静に判断しろと言われても、難しいことは十分理解できます。

特に連勝すればするほど利益は増えるので、あと1連勝すればなどと欲張ってしまうものです。

パーレー法が使えるゲームの連勝確率自体あまり高くないので、せいぜい3~5連勝を狙うのが妥当です。

理論上、3勝は12.5%、8回に1回の発生確率です。

長時間プレイすれば7連勝が発生する可能性もありますが、極めてレアで、最初から7連勝を狙うのは難しいです。

最低でも3連勝すれば利益が出る攻略法なので、慎重に進めたい人は3連勝程度で終了し、その都度利確をおすすめします。

利確を繰り返せば、利益を残しながらベット額を増やせ、さらに多くの利益を見込めます。

テッドベットの入金不要ボーナス

パーレー法の改良版はこんな時に使う

パーレー法の改良版はこんな時に使うのバナー

パーレー法の改良版は、通常のバーレー法でなかなか勝てない時や、一気に利益を出したいときにおすすめです。

改良版はパーレー法の課題を改善したものなので、より効率よく稼げるようにできています。

普段のパーレー法だと物足りなくなってきた方は、改良法を試してみてはいかがでしょうか。

またある程度軍資金に余裕がある方も、グランパーレー法で追加ベットし、大金を狙ってみるのも一つの手です。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

パーレー法の改良法に関するよくある質問

パーレー法の改良法に関するよくある質問のバナー

最後に、パーレー法の改良法についてのよくある質問にお答えします。

パーレー法の改良法とはなんですか?

パーレー法の改良法とは、従来のパーレー法のデメリットを改良してさらに利益を出せるように作られたものです。

通常のものと比べて、最強と言われています。

具体的には、パーレー法とマーチンゲール法を組み合わせた方法と、グランパーレー法が存在します。

マーチンゲール法と組み合わせることで、負けた際に利益を失うというパーレー法のデメリットと、マーチンゲール法の勝てば損失分を取り返せるというメリットを活かせます。

損失分を挽回して立て直しができ、また、パーレー法で1から利益を狙えます。

グランパーレー法は、通常のパーレー法をベースに連勝時に更に追加ベットをします。

追加のベット額は自分で調整できるので、流れや軍資金によって毎回変えて行うのもいいでしょう。

ルールもシンプルで、少ない軍資金でも実践できるのもメリットです。

パーレー法の改良法がおすすめの人は?

改良法を試してほしい人はまず、通常のパーレー法で中々結果が出ない人です。

より稼げるようになっているので、一度チャレンジしてみましょう。

また、マーチンゲール法や他の攻略法などを一通り試した方にもおすすめです。

ある程度カジノ知識がある方には、新たな攻略法でオンラインカジノをより楽しめるのでぜひ実践してみましょう。

軍資金が十分な人も、少額でチャレンジしたい人も使用できる攻略法で、かつルールも単純なので、オンラインカジノの初心者から熟練プレーヤーまで幅広くおすすめできます。

まとめ

パーレー法の改良法とは、パーレー法の欠点を見直してさらに勝ちやすいよう作られたものです。

パーレー法の最大のメリットである、3連勝すれば確実に利益を残せる点を活かしながら、デメリットを補うためにマーチンゲール法を組み合わせた改良法。

そして、更に攻撃的に進化させたグランパーレー法。

この2つの改良法にもメリット、デメリットはあるので、必ず理解した上でカジマルのおすすめオンラインカジノで実践してみましょう。

そして連勝時に欲張らず、こまめに利確し資金管理を徹底すれば、利益を残せます。

資金管理の練習にはまず無料でもらえる入金不要ボーナス入金ボーナスなど、ボーナスマネーの利用がおすすめです。

カジマルではこの他にもココモ法の改良法ダランベール法の改良法も紹介しているので、ゲームに合わせて様々なベッティング法の改良法を極めてみましょう!