バカラでモンテカルロ法を活用しよう|詳細フロー解説付

ホーム » モンテカルロ法とは | カジノでの使い方をわかりやすく解説 » バカラでモンテカルロ法を活用しよう|詳細フロー解説付

更新日:2024-07-02

バカラでモンテカルロ法を活用しよう|詳細フロー解説付のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

モンテカルロ法はバカラで活用できる

モンテカルロ法はバカラで活用できるのバナー

モンテカルロ法をバカラで活用したい場合、PlayerとBanker二者択一の賭け方であれば、効果的な攻略法として活用できます。

現在、バカラの必勝法はたくさん考案されていますが、その中でも高い効果と有効性で広く知られているのがモンテカルロ法です。

余程負けに傾かない限り、損失回収と確実な利益を期待できます。

そこで今回は、バカラでモンテカルロ法を実践する時の注意点や、実際にモンテカルロ法を使った流れなどについて詳しく解説します。

バカラで稼ぎたい人やバカラで安定的な勝利を得たい人、モンテカルロ法とはどんな攻略法なのか知りたい人に向けてまとめているので、是非参考にしてみましょう。

コニベットの登録バナー

モンテカルロ法をおさらい

モンテカルロ法をおさらいのバナー

モンテカルロ法をバカラで活用する前に、まずはモンテカルロ法の使い方についておさらいをしておきましょう。

ここでは、2倍配当のゲームで有効なモンテカルロ法のやり方を解説します。

最初に覚えておくべきなのが、以下の5つです。

  • 「1 2 3」の数列を書く(「2 4 6」「10 20 30」など倍数でもOK)
  • 次ゲームは両端の数字を足した合計数をベットする
  • 勝ったら両端の数字を消す
  • 負けたら右端に前ゲームのベット額を付け足す
  • 数列がなくなるか、1つになったら1セット終了

例えば「1 2 3」と数列を書いた場合、最初にベットする金額は1+3で$4です。

このベットで勝てば数列は1つになるので、モンテカルロ法の1セットが終了です。

もし負けた場合の数列は「1 2 3 4」で、次ゲームは1+4で$5をベットします。

ここで勝てば両端を消して「2 3」なので、次ゲームは$5をベットします。

負けたら「1 2 3 4 5」、次も負けたら「1 2 3 4 5 6」…..と、数列に付け足していきます。

一見難しそうに感じるモンテカルロ法ですが、慣れてしまえばとっても簡単です。

バカラでモンテカルロ法をやる時の注意点

バカラでモンテカルロ法をやる時の注意点のバナー

バカラでモンテカルロ法を実践する時の注意点を、5つ紹介します。

場合によっては大きな損失を招いたり、回収困難な状況に陥ってしまう恐れがあるので、しっかり注意してモンテカルロ法に挑みましょう。

Web上のバカラで遊ぶ

モンテカルロ法は非常に強力で胴元に不利益を与える恐れのある攻略法のため、海外のほとんどのランドカジノでは実践を禁止しています。

これからバカラでモンテカルロ法を実践する時は、必ずWeb上のオンラインカジノで遊びましょう。

オンラインカジノであれば監視する目もなく、堂々とメモ書きしても問題ないのでオンラインカジノの必勝法が使用できます。

バカラゲームを理解する

モンテカルロ法はあくまでもベッティングシステムなので、PlayerかBankerどちらにベットするかはプレーヤーの判断に任されます。

つまり、バカラゲームのルールを理解してこそ、モンテカルロ法の効果を発揮します。

例えばバカラで重要なルールの1つが、Banker手数料です。

一般的なバカラはBankerにベットし的中した場合、ベット額の5%を手数料として差し引かれます。

またPlayerとBankerどちらが勝つか、バカラの確率は半々ではなく、若干Bankerの方が勝ちやすくなっています。

この2つを理解するだけでも、状況に応じてどちらにベットしたら良いのか判断できるようになります。

時間に余裕を持って遊ぶ

モンテカルロ法は時間をかけてコツコツと勝利を積み重ねていく攻略法のため、実際にバカラで活用する際には、時間に余裕を持つ必要があります。

モンテカルロ法は勝てないと言われるのは、利益が出るまでの工程を理解していないプレーヤーが多いからです。

10分20分という短い時間では、成功しても利益は少ないですし、負けに偏れば1セットすら終わらない場合があります。

最低でも1時間以上で、後ろに予定が入っていない時に実践しましょう。

モンテカルロ法のシュミレーションを活用すると、ゲーム展開に応じた利益や損失のイメージがつきやすいので、参考にしてみましょう。

軍資金に余裕を持って遊ぶ

バカラは確率約50%で的中するゲームですが、展開が悪いと5連敗10連敗と、確率論を無視した連敗が続く場合があります。

あまりにも連敗が続くと資金ショートを起こし、モンテカルロ法を続けたくても続けられない状況を招いてしまう恐れがあります。

ある程度の連敗と損失が発生しても続けられるよう、軍資金に余裕を持って遊びましょう。

やめ時を見極める

モンテカルロ法には、数列がなくなるか1つになったら1セット終了という、ハッキリとした成功タイミングこそありますが、何セット挑むかは決められていません。

ズルズルと続けるのは、大きな損失を招く典型的なパターンです。

「5セット成功したらやめる」「軍資金が2倍になった時点でやめる」「軍資金の残高が$50を切ったらやめる」など、勝ち逃げと損切りのやめ時を事前に決めておきましょう。

特に損切りは、バカラを含む全てのギャンブルでお金を増やすために、最も重要な選択です。

「損切りを制する者がバカラを制す」という考えのもと、負ける勇気を持って勝ちにいきましょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!のバナー

モンテカルロ法のやり方と注意点を理解したら、いよいよ実際にバカラに挑戦してみましょう。

今回のパターンでは、Banker手数料は考慮せず、$1.95なら$2、$3.9なら$4と計算します。

配当パターン-1

タイやサイドベットには一切賭けず、PlayerかBankerのみを利用した2倍配当のモンテカルロ法を実践してみました。

条件は、以下の通りです。

初期数列($単位) 1 2 3
ベット方法 Player/Banker
軍資金 $50

1ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(1ゲーム目)

数列 1 2 3
ベット額 $4
賭け方 Player
勝敗 負け
累計損益 -$4
残高 $46

「1 2 3」と数列を書き、まずはPlayerにベットしますが、残念ながらBanker勝利で-$4です。

2ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(2ゲーム目)

数列 1 2 3 4
ベット額 $5
賭け方 Player
勝敗 勝ち
累計損益 +$1
残高 $51

前回ベット額分を数列の右端に付け足して「1 2 3 4」とし、このゲームでは1+4で$5をPlayerにベットします。

結果は見事的中し、損失回収&利益の確保に成功しました。

3ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(3ゲーム目)

数列 2 3
ベット額 $5
賭け方 Banker
勝敗 負け
累計損益 -$4
残高 $46

数列が「2 3」と2つになったので、両数字を足して$5をBankerにベットしますが負け。

1ゲーム目と同じ残高が$46に逆戻りです。

4ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(4ゲーム目)

数列 2 3 5
ベット額 $7
賭け方 Player
勝敗 負け
累計損益 -$11
残高 $39

次は2+5で$7をPlayerにベットしますが、2連敗です。

累計損益が-$11、残高は$39です。

5ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(5ゲーム目)

数列 2 3 5 7
ベット額 $9
賭け方 Banker
勝敗 負け
累計損益 -$20
残高 $30

ベット額が少しずつ上昇していますが、緩やかなので資金的にはまだまだ問題ありません。

2+7で$9をBankerへベットし、ついに3連敗を喫します。

6ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(6ゲーム目)

数列 2 3 5 7 9
ベット額 $11
賭け方 Player
勝敗 勝ち
累計損益 -$9
残高 $41

「2 3 5 7 9」と数列が5つ並び、$11をPlayerにベットしたところ見事に的中!

累計損益を-$9まで回収し、残高も再び$40代に戻りました。

7ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(7ゲーム目)

数列 3 5 7
ベット額 $10
賭け方 Banker
勝敗 負け
累計損益 -$19
残高 $31

このゲームで勝てばモンテカルロ法成功ですが、勝っても$1の利益のみです。

$10をBankerにベットして負けましたが、複雑な気分です。

ここで勝つよりも、多少のリスクを背負って残り2連勝すれば利益はもっと大きくなるからです。

8ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(8ゲーム目)

数列 3 5 7 10
ベット額 $13
賭け方 Player
勝敗 勝ち
累計損益 -$6
残高 $44

$13をPlayerにベットし、-$19の損失から-$6まで取り戻しました。

9ゲーム目

実際にバカラでモンテカルロ法をやってみよう!(9ゲーム目)

数列 5 7
ベット額 $12
賭け方 Player
勝敗 勝ち
累計損益 +$6
残高 $56

モンテカルロ法の成功にリーチがかかります。

5+7で$12をPlayerにベットしたところ見事に予想が的中し、累計損益は+$6、つまり残高は$56になりました。

随分と時間がかかって$6の利益は少ないと感じるかもしれませんが、バカラのモンテカルロ法はコツコツと少しずつ勝利を重ねていくロジックです。

十分な時間を確保し、バカラでモンテカルロ法を活用しましょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

モンテカルロ法を活用できるバカラ5選

モンテカルロ法を活用できるバカラ5選のバナー

モンテカルロ法を活用できるバカラ5選を紹介します。

オンラインカジノのライブカジノゲームには、様々なサイドベットや特別なルールで高配当を獲得できるバカラも多いですが、モンテカルロ法で安定的な利益を確保し続けるためにも、賭けるのは2倍配当のPlayerかBankerのみです。

余計な欲を出しての実践は、大きな損失を招いてしまう原因です。

モンテカルロ法のロジックをきちんと守った上で、バカラに挑みましょう。

Japanese Speed Baccarat(ジャパニーズスピードバカラ)

Japanese Speed Baccarat(ジャパニーズスピードバカラ)は、日本人ディーラーが日本語でゲームを進行するバカラです。

チャットでのコミュニケーションも日本語なので、まるで国内ランドカジノのバカラで遊んでいるかのような雰囲気を味わえます。

また、スピードバカラの一種なのでサクサクとゲームが進むのも魅力です。

短時間でより多くのゲームに参加したい時におすすめです。

No Commission Baccarat(ノーコミッションバカラ)

No Commission Baccarat(ノーコミッションバカラ)は、別名「スーパー6」とも呼ばれ、Bankerで勝った時の手数料が必要ないタイプのバカラです。

まさにモンテカルロ法にぴったりのバカラですが、Bankerが6で勝利した場合に限りベット額の50%が手数料として差し引かれるので、注意しましょう。

Baccarat Squeeze(バカラスクイーズ)

Baccarat Squeeze(バカラスクイーズ)とは、バカラの醍醐味であるスクイーズ(バカラの絞り)の興奮を楽しめるバカラです。

少しずつ数字が見えてくるスクイーズのドキドキ感こそ、バカラスクイーズ最大の魅力です。

スクイーズの演出がある分、スピードバカラと比べてゲーム進行が少々遅いので、モンテカルロ法を使ってゆっくりとバカラを楽しみたい人におすすめです。

Punto Banco(プントバンコ)

Punto Banco(プントバンコ)とは、ヨーロッパを中心に人気のあるイタリア版バカラで、ゲーム性は通常のバカラと同じですが、名称がPunto(Player)、Banco(Banker)と異なります。

Bancoで勝った時には、ベット額の5%が手数料として差し引かれます。

またゲームはイタリア語で進行するので、通常のバカラとはまた違った雰囲気を楽しめます。

Dragon Tiger(ドラゴンタイガー)

Dragon Tiger(ドラゴンタイガー)とは、DragonとTigerどちらの数字が大きいかを予想する、バカラに似たゲームです。

ただし配られるカードはそれぞれ1枚のみで、追加カードは一切ありません。

非常にシンプルなルールなので、カジノゲーム自体が初めての、オンラインカジノの初心者がモンテカルロ法を実践するのにおすすめです。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

バカラにおけるモンテカルロ法に関するよくある質問

バカラにおけるモンテカルロ法に関するよくある質問のバナー

最後に、バカラにおけるモンテカルロ法に関するよくある質問と回答をまとめました。

モンテカルロ法が使えるバカラゲームは?

モンテカルロ法は、ほぼ全てのバカラゲームで使えます。

また、バカラに似たドラゴンタイガーやフットボールスタジオなどのライブカジノも、モンテカルロ法の効果を得られます。

ただし、ベットするだけで自動的に手数料が差し引かれるライトニングバカラの場合、モンテカルロ法のロジックが崩壊するため使えません。

モンテカルロ法が使えるバカラのベット方法は?

モンテカルロ法は配当2倍、または3倍の賭け方のみ有効な攻略法なので、バカラのベット方法は必然的にPlayerかBankerのみです。

欲を出してタイ(引き分け)やサイドベットにベットしないよう注意しましょう。

モンテカルロ法はバカラで有効?

モンテカルロ法のロジックはバカラのような2倍配当のゲームに有効です。

ただし、Bankerに賭けて勝った場合には手数料分の損失が発生します。

基本的にはPlayerに賭ける、もしくはノーコミッションバカラでモンテカルロ法を活用しましょう。

また、ルーレットとモンテカルロ法も非常に相性の良い組み合わせなので、攻略法としておすすめです。

まとめ

今回は、バカラでモンテカルロ法を活用した際の流れと注意点を解説し、モンテカルロ法が活用できるおすすめのバカラを紹介しました。

モンテカルロ法は、バカラに有効な攻略法だとわかりましたね。

余程展開が悪く、大きく負けに傾かない限り、モンテカルロ法なら安定的な利益を確保できます。

ただし、バカラでモンテカルロ法が使えるのはオンラインカジノだけです。

海外のランドカジノではメモ書きができず、そもそもモンテカルロ法自体を禁止しているケースもあります。

まずはモンテカルロ法のやり方を完璧に理解し、カジマルがおすすめするオンラインカジノのバカラで、入金不要ボーナスを使って実践してみましょう!

コツを掴んだら、その他のバカラの必勝法バカラの罫線の活用、バカラのプロの賭け方も試して、スキルアップしていきましょう。