2in1法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

ホーム » 2in1法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

更新日:2024-07-17

2in1法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

2in1法とは?

2in1法とは?のバナー
2in1法とは、勝率50%・配当2倍のバカラのようなカジノゲームで使われ、1回の損失を2回で取り戻す防衛的な攻略法です。

2in1法は、セットが成功しても利益は出ませんが、収支をイーブンに保つため、他の攻撃的な賭け方と相性が良いとされています。

損失を回復することに焦点を当てており、連敗しても賭け金の増加が緩やかなため、資金管理がしやすいのが特徴です。

そのため、収支の安定を図りつつ、長期的な利益を目指す際には、2in1法は有力なベット戦略になるでしょう。

当記事では、2in1法の基本的な使い方、実践シミュレーションを用いた早見表、メリットやデメリットなどを詳しく紹介していきます。

コニベットの登録バナー

 

2in1法が使えるカジノゲーム、ベット方法

2in1法が使えるカジノゲーム、ベット方法のバナー
2in1法が使えるカジノゲームは、ルーレット、バカラ、ブラックジャックです。

一方、クラップスのルールではサイコロのランダム性と高いハウスエッジが影響し、2in1法が効果的でないとされます。

ここからは、それぞれのゲームでの使い方を解説します。

ルーレット

ルーレットの賭け方では、赤黒・偶奇・ハイローのベットに2in1法を使えます。

例えば、ルーレットのルールでは、赤に1単位賭けて負けた場合、次も赤に1単位賭けます。

左端と右端の賭け金を足した金額を賭け、2連敗後は、次に2単位賭けることで2in1法がスタートします。

勝った場合はその数字を消し、負けた場合は賭け金を右端に追加。このプロセスを繰り返し、すべての数字が消えるまで続けます。

バカラ

バカラのルールでは、プレーヤーに賭けるのがおすすめです。

バンカーに賭けると5%のコミッションがかかるため、プレーヤーに賭けることで収支をイーブンに保ちやすくなるためです。

プレーヤーに1単位賭け、2連敗するまで同じ金額を賭け続けます。

2連敗後は、左端と右端の賭け金を足した単位を賭け、勝った場合は賭け金を消し、負けた場合は右端に追加します。

ブラックジャック

ブラックジャックのルールでは、ブラックジャックのベーシックストラテジーを守りつつ、2in1法を活用します。

1単位賭けて負けた場合、次も同じ金額を賭け、2連敗後、左端と右端の合計金額を賭けます。

勝った場合は賭け金を消し、負けた場合は右端に追加。この方法で、損失を回復しながら収支をイーブンに保ちます。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

2in1法の基本的な使い方、やり方

2in1法の基本的な使い方、やり方のバナー
2in1法は、連敗を活用するベッティング戦略で、2回連続の敗北後に使用を開始し、損失を取り戻すのが目的です。

基本的な使い方として、まずは連敗した際の損失額を記録し、次に賭ける金額を算出します。

例えば、1ドル賭けて2回連敗すると、次は2ドル賭けます。

勝利した場合、数列の最初と最後の数を削除し、負けた場合は賭け金を数列の最後に追加。

1ドルを2回賭けて連敗した後に2ドル賭けて勝った場合、数列からその数字を削除し、負けた場合は2ドル数列に加えます。

この手法で賭けを重ね、すべての数が消去されれば、2in1法のセットが終了します。

2in1法は計画的に実行すれば、小さな利益を確実に得られますが、連敗が続くとリスクも高まるため、慎重に使いましょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

2in1法は最強?それとも勝てない?

2in1法は最強?それとも勝てない?のバナー
結論、2in1法は最強とまでは言えませんが、安定した収支を目指すのには有効な戦略です。

その理由は、2in1法が損失を緩やかに取り戻す特性を持つためで、そのため勝てないと言われる場合もあります。

例えば、バカラやルーレットの赤黒賭けなど、勝率が50%で配当が2倍のゲームに適しています。

これらのゲームでは、1回の損失を2回で補う戦略が可能になり、長期的なプレイでも安定した収支を維持できます。

また、賭け金の増加が緩やかなので、大きな損失リスクが低いこともメリットです。

しかし、2in1法単体では大きな利益を見込むのは難しく、グランマーチンゲール法や、フィボナッチ法、ダランベール法など攻撃的な賭け方と組み合わせると、その効果を最大化できます。

2in1法は、安定性とリスク管理に適した戦略と言えますが、最強と呼ぶには他の戦略との併用が必要と言えるでしょう。

【関連記事】

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

2in1法の実践シミュレーション・早見表

2in1法の実践シミュレーション・早見表のバナー
実際に、オンラインカジノのルーレットを用いて、2in1法のシミュレーションをします。

前提条件として、1単位を1ドルとし、初期資金100ドルから10単位(10ドル)を失った状態で2in1法を開始し、何ゲームで±0に戻せるかを検証します。

なお、今回は、ルーレットの偶数・奇数に賭けています。

2in1法のシミュレーション結果は、以下の早見表のとおりです。

ゲーム数 ベット額($) 累計ベット額($) 勝敗 収支($) 数列
1 1 1 負け 89 1
2 1 2 負け 88 1,1
3 2 4 勝ち 90
4 1 5 負け 89 1
5 1 6 負け 88 1,1
6 2 8 勝ち 90
7 1 9 負け 89 1
8 1 10 負け 88 1,1
9 2 12 勝ち 90
10 1 13 負け 89 1
11 1 14 負け 88 1,1
12 2 16 勝ち 90
13 1 17 負け 89 1
14 1 18 負け 88 1,1
15 2 20 勝ち 90

今回の2in1法のシミュレーションでは、最初の10ドルを失った状態からスタートし、10ゲームで収支を±0に戻しました。

ゲームの詳細と数列の変化は以下のとおりです。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:1ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (1ゲーム目)

1ゲーム目は、偶数に1ドルベットしました。

しかし、26にボールがヒットし敗戦。

数列は「1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:2ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (2ゲーム目)

2ゲーム目も、同じく1ドルを奇数にベット。

しかし偶数の10が出てしまい、敗戦。

数列は、「1,1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:3ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (3ゲーム目)

3ゲーム目は、数列を足した、2ドル(1+1)を偶数にベット。

今回は、見事20が出現し、勝利。

数列はクリアになりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:4ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (4ゲーム目)

4ゲーム目は、1ドルを偶数にベット。

しかし、奇数の7が出て敗戦。

数列は、「1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:5ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (5ゲーム目)

5ゲーム目は、1ドルを奇数にベット。

今回は、1ドル賭けましたが、偶数の24が出て敗戦。

数列は、「1,1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:6ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (6ゲーム目)

6ゲーム目は、数列を足した、2ドル(1+1)を奇数にベット。

今回は、奇数の11が出て勝利。

数列は再び、クリアになりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:7ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (7ゲーム目)

7ゲーム目は、1ドル賭けて奇数にベット。

しかし、偶数の18が出たので敗戦。

数列は、「1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:8ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (8ゲーム目)

8ゲーム目は、1ドルを偶数にベット。

しかし、奇数の17が出たので敗戦。

数列は、1を追加した「1,1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:9ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (9ゲーム目)

9ゲーム目は、数列を足した2ドル(1+1)を再び偶数にベット。

今回は、偶数の8が出たので、数列はクリアになりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:10ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (10ゲーム目)

10ゲーム目は、1ドルを奇数にベットしました。

しかし、今回は偶数の4が出たので、敗戦。

数列は、「1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:11ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (11ゲーム目)

11ゲーム目は、1ドルを偶数にベットしました。

しかし、ボールが落ちたのは、奇数の23で敗戦。

数列は、「1,1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:12ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (12ゲーム目)

12ゲーム目は、数列を足した2ドル (1+1)を奇数にベットしました。

しかし、今回は偶数の28にボールが落ち敗戦。

数列はクリアになりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:13ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (13ゲーム目)

13ゲーム目は、1ドルを偶数にベット。

しかし、今回は奇数の27が出たため敗戦。

数列は、「1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:14ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (14ゲーム目)

14ゲーム目は、1ドルを再び偶数にベット。

しかし、またまた奇数の27が出たため、敗戦。

数列は、「1,1」になりました。

2in1法の実践シミュレーション・早見表:15ゲーム目

2in1法の実践シミュレーション・早見表 (15ゲーム目)

15ゲーム目は、数列を足した2ドル(1+1)を奇数にベット。

今回は、奇数の15が出たため、勝利。

数列は、クリアになりました。

シミュレーション結果から分かるとおり、2in1法は連敗の後に連勝を重ねることで、効果的に損失を回収できます。

今回の実践では15ゲームで収支を±0に戻せたので、安定した収支のためには、有効な戦略であると実証できました。

【関連記事】

コニベットの登録バナー

 

2in1法のメリット

2in1法のメリットのバナー
2in1法のメリットを知っておくと、より勝率アップが目指せます。

以下に、それぞれ詳しく見ていきましょう。

大負けしにくい

2in1法はベット額の増加が緩やかで、リスク管理を徹底しているため、大負けしにくい仕組みです。

連敗が続いた場合でも、次の賭け金は左端と右端の合計金額のみを賭けるため、賭け金の爆発的な増加を防ぐのです。

例えば、1ドルから始めて連敗しても、数列が「1、1、2、3、4」と進行するだけで、大きな損失を避けられます。

連勝によって数列を消していくことで、損失を取り戻しつつ次のベット額も抑えられます。

2in1法は長期的なプレイにおいても、安定した収支を維持しやすい戦略と言えるでしょう。

実践手順が単純

実践手順が単純なのも、2in1法の大きなメリットです。

その理由は、2in1法がシンプルな数列の足し引きをもとにしているため、複雑な計算や特別な知識が不要だからです。

具体的には、2連敗した場合にまず「1、1」と数列を書き、次に左端と右端の合計の2ドルを賭けます。

勝った場合はその数値を消し、負けた場合は数列の右端に追加します。これにより、初心者でも簡単に理解して実践できます。

2in1法のシンプルさが、多くのプレーヤーにとって大きな魅力です。

低予算で楽しめる

2in1法は少額の賭け金から始められ、賭け金の増加も緩やかなので低予算でも楽しめます。

1ドルから賭け始めて連敗したとしても、次の賭け金は数列の合計によって決まるため、急激に増えることはありません。

例えば、数列が「1、1、2、3、4」と進んでも、次の賭け金は5ドル程度に抑えられます。

2in1法は低予算でも楽しめる戦略で、資金を効率的に使いながらプレイできるのが大きな特徴です。

長くゲームをプレイ可能

2in1法は、長くゲームをプレイできる戦略です。

その理由は、2in1法が損失を段階的に回収するシステムであるため、プレーヤーは資金を効率的に管理できるからです。

2in1法では、少額の賭け金から始め、連敗しても賭け金が急増しないため、資金の消耗を抑えられます。

例えば、数列が「1、1、2、3、4」と進んでも、賭け金は少しずつしか増えないため、長時間プレイが可能です。

長時間ゲームを楽しめるのは、多くのプレーヤーにとって魅力的な要素です。

 

2in1法のデメリット

2in1法のデメリットのバナー
2in1法には、メリットだけでなく、デメリットも存在します。

以下に、それぞれ内容と対策を説明します。

数列管理がやや面倒

2in1法のデメリットの一つは数列管理がやや面倒な点です。

その理由は、2in1法を利用する際、メモ用紙などに数列を記録し続ける必要があるからです。

具体的には、1ドル賭けて連敗した場合「1、1」と数列を書き、次に2ドル賭けた結果を反映するために数列を更新します。

この手順を繰り返すことで、賭け金の管理と数列の更新に注意を払い続ける必要があります。

特に、電車や外出先などの移動中にプレイする場合、数列を記録し続けるのは難しいでしょう。

2in1法は数列管理がやや面倒で、特に集中力が求められる状況下でのプレイに適していないと言えます。

ゲームのハラハラ感が薄れる

ゲームのハラハラ感が薄れる点も、2in1法のデメリットです。

2in1法は賭け金の増減が緩やかで、安定したプレイを目指す戦略だからです。

具体的には、2in1法は少額の賭け金から始め、連敗しても次の賭け金が急激に増えないため、大きなリスクを感じることが少なくなります。

これにより、他の戦略に比べてゲームのスリルや興奮が薄れてしまうのです。

例えば、他の戦略では一度に大きな金額を賭けることで緊張感が高まりますが、2in1法ではそのような機会が少なく、結果的にゲームの刺激が少なくなります。

そのため、スリルや興奮を求めるプレーヤーには物足りなく感じるでしょう。

スリルを求める方には、マーチンゲール法、グランマーチンゲール法、パーレー法、モンテカルロ法などがおすすめです。

事務作業的な感覚に陥る

2in1法のデメリットとして、事務作業的な感覚に陥る点も挙げられます。

理由は、2in1法が数列の記録と賭け金の管理を、継続的にする必要があるためです。

例えば、1ドル賭けて負けた場合「1」と数列に記入し、次にまた1ドル賭けて負けたら「1、1」と記入します。

賭け金の結果を毎回記録し、数列を更新する作業が続くと、プレイ自体が単調になりがちです。

特に、長時間にわたってこの作業を繰り返すと、ゲームの楽しさや興奮が失われ、事務作業している感覚に陥ることがあります。

2in1法は、ゲームの楽しさを重視するプレーヤーにとっては不向きかもしれません。

大勝ちが望めない

2in1法は、基本的に損失を取り戻すのを目的としているため、大勝ちに向いていません。

2in1法では連敗した際に数列を用いて賭け金を増やし、連勝することで損失を回収します。

そのため、大きな利益を得るのは難しく、セットが成功しても収支は±0に近づくだけです。

例えば、数列が「1、1、2、3、4」と進行し、最終的にすべての数字が消えた場合、損失は回収されますが、大きな利益は得られません。

大きな利益を追求するプレーヤーにとってはデメリットと言えるでしょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

2in1法以外の攻略法、必勝法

2in1法以外の攻略法、必勝法のバナー
カジノゲームで勝利を目指すためには、2in1法以外にもさまざまな攻略法や必勝法が存在します。

ここでは、代表的な方法として以下の攻略法を紹介します。

マーチンゲール法は、賭け金を倍にして損失を回収する方法です。

負けた場合に次のベットを倍にして、一度の勝利ですべての損失を取り戻し、さらに利益を得られます。また、さらに攻撃的なグランマーチンゲール法もありますが、大きなリスクを伴うため、資金管理が重要です。

パーレー法は、連勝を狙うための逆マーチンゲール法です。

勝つたびに賭け金を倍にして、連勝時に大きな利益を得られます。しかし、負けた場合は手持ちの資金をすべて失うリスクもあるため、慎重に活用する必要があります。

モンテカルロ法は、特定の数列を使った賭け金管理の方法です。

数列に従って賭け金を決定し、勝敗に応じて数列を調整します。すべての数列が消えた時点で利益が確定します。計画的に賭け金を管理し、効率的にプレイする戦略です。

モンテカルロ法は2in1法と似ていますが、2in1法は連敗時の損失回収に特化し、モンテカルロ法は、数列の中央値を基準にしている点が異なります。

これらの攻略法を理解し、自分のプレイスタイルに合わせて使い分けましょう。

【他の攻略法】

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

2in1法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!

2in1法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!のバナー
2in1法は、オンラインカジノで効率的に資金を管理しながらプレイするための優れた戦略です。

安定した資金管理が可能で、賭け金の増加が緩やかなので無理なくプレイを続けられます。

また、数列がすべて消えた時点で損失を回収できるため、明確なゴールが設定されている点も魅力です。

オンラインカジノでは、2in1法が使えるバカラ、ルーレット、ブラックジャックのゲームが豊富です。

中でもディーラーが進行するライブカジノでは、自宅からでもランドカジノさながらの雰囲気や臨場感が楽しめます。

さらに、コニベット遊雅堂ワンダーカジノベラジョンカジノなどは、日本語対応もバッチリの人気のオンラインカジノです。

2in1法に、バカラの必勝法ルーレットの必勝法ブラックジャックの必勝法などを組み合わせ、オンラインカジノで利益アップを狙いましょう。

ボンズカジノの入金不要ボーナス

 

2in1法に関するよくある質問

2in1法に関するよくある質問のバナー
ここからは、2in1法に関するよくある質問に回答します。

2in1法の名前の由来、意味はなんですか?

2in1法は「2回の負けを1回の勝ちで回収する」ことから名付けられました。

3回に1回勝てばよいという原則にもとづいており、勝率が33%でも運用が可能です。損失の回収に重きを置いているため、連続で負けた資金を取り戻せるのが利点です。

2in1法は有効な攻略法ですか?

2in1法は有効な攻略法です。

バカラなどの勝率50%・配当2倍のゲームにおいて、損失を回復するのに特化しています。

賭け金の増加が緩やかで、一度に大きな損失を出すリスクが低いという特徴があります。他の攻撃的な賭け方と併用することで、大きな利益を狙えます。

2in1法の使用は禁止されている?

2in1法の使用自体は禁止されていませんが、ランドカジノではメモを取ることが一般的に禁止されています。

そのため、2in1法はオンラインカジノでの活用が適しています。

2in1法で負ける時にはどうしたらいい?

2in1法を使用しても連続で負ける場合は、他の必勝法を試してみるのがおすすめです。

2in1法は損失の回収に特化した方法なので、連続した負けが続くと効果が薄れる場合があります。そのため、他の戦略に切り替えるのが有効です。

 

まとめ

本記事では、2回の負けを1回で回収できる2in1法について解説しました。

2in1法は、損失を回収するのに特化したベット戦略として大変有効です。

ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの勝率50%・配当2倍のゲームで、賭け金を緩やかに増やしながら損失を取り戻せます。

さらに、2in1法は大負けしにくく、実践手順が単純で低予算で楽しめる点がメリットです。

しかし、数列管理がやや面倒で、ゲームのハラハラ感が薄れたり、事務作業的な感覚に陥ったりする注意点もあります。

2in1法で損失を回収しながら、ギャンブルで稼ぐならオンラインカジノがおすすめです。

当サイト特典の入金不要ボーナスを使えば、初期費用をかけずに資金を増やせるチャンスが増えます。

この機会にオンラインカジノに登録して、稼げるベット戦略を身につけましょう。