マーチンゲール法では勝てない? その理由や勝率アップのコツを解説

ホーム » マーチンゲール法とは | メリット・デメリットや使い方を徹底解説 » マーチンゲール法では勝てない? その理由や勝率アップのコツを解説

更新日:2024-05-30

マーチンゲール法では勝てない? その理由や勝率アップのコツを解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 アマギフ当たる♪緊急アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのゲーム開発企画カジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

マーチンゲール法で勝てないのは本当か?

マーチンゲール法で勝てないのは本当?のバナー

マーチンゲール法で勝てない」とは、多くのプレーヤーが抱く疑問です。

マーチンゲール法は、オンラインカジノを始めとするギャンブルやFXなどで利用される攻略法の1つです。攻略法の中でも、一番有名なものといっても過言ではないでしょう。

しかし、マーチンゲール法は、資金を一気に増やすタイプの攻略法ではなく、負けた時の損失をカバーするための攻略法として知られています。

また、負けが続いて資金がなくなるリスクもあるため、「マーチンゲール法では勝てない、負ける」という印象を持つ人が多いようです。

本記事では、マーチンゲール法で勝てない理由や、マーチンゲール法で勝率をアップさせる方法を解説します。

マーチンゲール法で勝てないと思っている方は、ぜひ本記事を読んでコツを掴みましょう!

コニベットの登録バナー

マーチンゲール法は勝てない、負けると言われる理由

マーチンゲール法で勝てない、負けると言われる理由のバナー

早速、マーチンゲール法は勝てない、マーチンゲール法を使っても負ける、と言われる理由を確認していきましょう。

  1. 必ず勝てる方法ではない
  2. ベット額を増やす必要がある
  3. 資金調節ができていない
  4. マーチンゲール法は負けると損失が大きい
  5. ベット制限によりマーチンゲールが使えない場合がある

それぞれの理由を、以下で詳しく紹介します。

必ず勝てる方法ではない

マーチンゲール法は、様々なジャンルで利用できる攻略法として広く認知されていますが、必ず勝てる攻略法ではありません。

マーチンゲール法は、資金が無限にある場合に負けない攻略法と言われています。ただし、資金が無限にあることはまずないので、必ず勝てる方法とは言えません。

また、マーチンゲール法に限らず、全ての攻略法が必ず勝てる方法ではなく、あくまで勝率を上げるための方法です。

そのため、攻略方法を使用する際は、あくまでも勝率を上げるために使用するものと念頭に置いておくと良いでしょう。

関連記事のマークくわしくわかる記事マーチンゲール法とは?

ベット額を増やす必要がある

負けが続くと、ベットする金額が倍々で上がっていくので「このまま資金がなくなったらどうしよう」と不安に襲われるプレーヤーがいます。

連敗すれば資金をたくさん賭ける必要があるため、資金があまりないプレーヤーは勝ちにくいと思うかもしれません。

ただし、マーチンゲール法はベッティング金額を増やしたとしても、一度でも勝てれば、これまでの負けを取り返せます。

とはいえ、損切りできないまま連敗すれば資金が尽きてしまうので、使い方には注意が必要です。

マーチンゲール法は負けると損失が大きい

マーチンゲール法は、賭ける金額が増えていきますが、勝てれば一気に回収も可能な攻略法です。

しかし、負ける度に倍ずつ増やしてベットしていくため、ベット金額が大きければ大きいほど、連敗した後の金額も大きくなります。

そのため、不安になってしまうプレーヤーも少なくないでしょう。

ベット回数 $1ベット $10ベット $100ベット
1回目 $1 $10 $100
2回目 $2 $20 $200
3回目 $4 $40 $400
4回目 $8 $80 $800
5回目 $16 $160 $1600

上記は、5回連敗した時のベッティング金額を記載したものです。

$1賭けた時と、$100賭けた時では、その金額は全く違いますよね。

連敗した結果資金がなくなってしまうと、マーチンゲール法は利用できません。そのため、負けた時のことを想像して「使いにくい」と考えるプレーヤーもいます。

基本的には、バカラブラックジャックルーレットなど50%で勝てる勝負に利用できる攻略法ですが、負け額が大きくなればなるほど、精神的に追い込まれることもあるため、勝ちにくいと考えるプレーヤーもいるようです。

ベット制限によりマーチンゲールが使えない場合がある

マーチンゲール法は、ベットする金額を増やすだけで、勝った時に負け額を一気に回収して少しプラスにできる攻略法です。

ですが、どのテーブルにも基本的にベット制限(ベットリミット)があります。

つまり、資金が無限にあったとしてもベット制限に引っかかってしまうと、それ以上に賭けられず、勝ったとしても資金が回収できなくなるとデメリットがあります。

一気に資金が回収できるのがマーチンゲール法の魅力ですが、回収できなかった時に「やっぱり勝てない」と落ち込むプレーヤーも少なくありません。

マーチンゲール法で勝率を上げるコツ

マーチンゲール法で勝率を上げるコツのバナー

勝てない、負けると思われがちなマーチンゲール法ですが、勝ち逃げできる確率を上げるコツがあります。

  • プレイ資金を十分に持っておく
  • 低額ベットから始める
  • マーチンゲール法で連敗したら損切り
  • ベット上限の高いテーブルを選ぶ
  • ベット上限のない現金で遊ぶ
  • 生活に支障のない資金範囲で遊ぶ

マーチンゲール法を使って少しでも勝ちたいと思っているプレーヤーは、ぜひこのコツを覚えてプレイしてみましょう!

プレイ資金を十分に持っておく

マーチンゲール法を実践するなら、まずはプレイ資金を十分に持っておきましょう。

その理由は、マーチンゲール法が「資金が無限にあれば、負けない攻略法」と言われているからです。

無限に資金を作るのが難しくても、できるだけ多くの資金があれば、マーチンゲール法を使用して負ける確率が少なくなります。

無理のない金額で、できるだけ多くの資金がある時に使うのがおすすめです。

低額ベットから始める

マーチンゲール法を使用する時は、必ず低額ベットから始めるようにしましょう。

マーチンゲール法は、負けた時にベット金額を倍に増やすため、連敗すると金額が一気に跳ね上がります。

つまり、最初にベットする時の金額が大きければ大きいほど、連敗した時の金額も大きくなるので、資金に合わせた金額を賭けましょう。

マーチンゲール法を使用した経験がない人や、資金があまり多くないという人は、まずは$1からスタートするのが良いでしょう。

自分に合っている金額が分からない人は、5回以上連敗しても資金がもつかを基準に考えるのがおすすめです。

連敗した時に効果を感じられる攻略法なので、何回か負けても大丈夫かを事前に確認しておきましょう。

マーチンゲール法で連敗したら損切り

マーチンゲール法は、連敗すると資金が一気に減ってしまうデメリットがあります。そこで、あまりにも連敗する場合は「損切り」が重要です。

「損切りするともう資金が増えない」「負けた分取り戻せないのはデメリットでしかない」と考えるプレーヤーもいると思います。

しかし、思い切って損切りをして、精神状態やその後の戦略を立て直す方が、資金を増やしやすいです。

資金が減るのだけを目の前で見ていると、焦りや不安に襲われプレイに集中できなくなるので、何回連敗したら損切りすると予め決めておくのがよいでしょう。

ベット上限の高いテーブルを選ぶ

マーチンゲール法は、連敗した時のベット金額が高くなるので、できるだけベット上限の高いテーブルを選択しましょう。

そうしないと、いつの間にかベット上限に到達し、それ以上賭けられなくなってしまいます。

低い金額から始めたとしても、持っている金額が大きく連敗すれば、無限にベットする金額が増えていくため注意が必要です。

ベット上限はテーブルごとに異なるので、プレイする前に確認してから攻略法を使用しましょう。

ベット上限のない現金で遊ぶ

マーチンゲール法を利用する際は、リアルマネー(キャッシュ)でプレイしましょう。

なぜなら、オンラインカジノのボーナスを利用している場合、ボーナスの利用規約を守る必要があります。

通常、ボーナスを利用時は「最大ベット額の指定」があり、ライブカジノだと$15~25に設定されています。

そのため、マーチンゲール法を利用する際には、ボーナスマネーを使用せず、リアルマネーでプレイするのがおすすめです。

生活に支障のない資金範囲で遊ぶ

マーチンゲール法を利用する時は、必ずベットしても生活に支障のでない資金でプレイしましょう。

「負けたら生活が困る」「今持っている資金の全て」など、制限のあるお金で利用すると、なくなってしまった時に困ります。

実際に、マーチンゲール法を利用したとしても、必ず勝てるわけではありません。

利用する金額によっては一瞬でなくなってしまうこともあるので、必ず無理のないお金でプレイしましょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

マーチンゲール法で勝てない時は他の方法も検討

マーチンゲール法で勝てない時の対処法のバナー

マーチンゲール法はとても優秀な攻略法の1つですが、どうしてもマーチンゲール法で勝てない時もあります。

そんな時は、マーチンゲール法のシミュレーションを利用したり、マーチンゲール法にこだわるのではなく、他の攻略法を使用するのも1つの手です。

マーチンゲール法以外にも、たくさんの攻略法が存在します。

  • パーレー法
  • ココモ法
  • バーネット法(1235法)
  • 31システム法 など

どれも有名な攻略法なため、解説も多く理解しやすいです。

また、パーレー法は「逆マーチンゲール法」と呼ばれる攻略法で、理論はマーチンゲール法と逆になるだけなので、理解もしやすいでしょう。

さらに、逆マーチンゲール法と言われる所以は、攻略法の使い方だけではありません。勝てば勝つほど資金が一気に増えるのがパーレー法の魅力です。

マーチンゲール法の資金の増え方で満足できない人は、一度パーレー法を利用してみてはいかがでしょうか。

マーチンゲール法は勝てないに関するよくある質問

マーチンゲール法で勝てないに関するよくある質問のバナー

マーチンゲール法は勝てないということに関して、多く寄せられた質問に回答していきます。マーチンゲール法で勝てず困っている人はチェックしてみましょう。

マーチンゲール法は本当に勝てない?

「マーチンゲール法は、本当に勝てない?」や「マーチンゲール法は禁止項目?」と疑問に思う方も少なくないでしょう。

マーチンゲール法は、負けている時にこそ効果を発揮する攻略法です。つまり、パーレー法のように一気に資金が増える攻略法ではありません。

ですが、負けていない時でも、基本になるベット金額の倍額は勝利金として増えていきます。

低額ベットから始めるのが基本なので、一気に資金が増えたように見えませんが、最終的に勝利金を増やすことは可能です。

ゆっくりと資金を増やせるだけでなく、負けた時のリカバリーもできるのがマーチンゲール法の魅力です。

マーチンゲール法で負ける時はどうしたらいい?

マーチンゲール法で負けてしまうと感じる時は、他の攻略法も使用してみましょう。

オンラインカジノで利用できる攻略法は、マーチンゲール法だけではありません。

資金の量や何回やっても勝てないなど悩んだ時は、パーレー法や1235法など、積極的に他の方法を利用しましょう。

1つの攻略法だけを使用するよりも、他のものと合わせて使用するほうが勝率も上がりやすくなります。

マーチンゲール法に挑戦する為に必要な資金は?

マーチンゲール法に挑戦するために必要な資金に決まりはありません。

ですが、最低ベット(最初の1回目が$1)でプレイしても8回連続で負けると、$128かかります。

何回までマーチンゲール法を利用するか、損切りラインはどこなのかで必要資金は変動するので、自分のルールを決めてから資金も決めてみましょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

まとめ

本記事では、マーチンゲール法で勝てない、負ける理由や勝率を上げるコツを詳しく解説しました。

マーチンゲール法は、資金さえ無限にあるなら負けないと言われるほど強力な攻略法でもあります。

資金が一気に増えない点や、負けた時の損失が大きい点から、マーチンゲール法は勝てない攻略法というプレーヤーの声があるようです。

実際に、マーチンゲール法は負けている時こそ効果を発揮する攻略法のため、どうしても連勝している時の資金は伸びにくいものです。

ですが、マーチンゲール法は勝てない攻略法ではなく、使い方によっては資金の回復ができたり、他の攻略法と使いやすかったりという魅力もあります。

まだマーチンゲール法を使用したことがない方は、入金不要ボーナスを使用して、オンラインカジノで試してみるのも良いでしょう。

当サイトでは、マルタ共和国キュラソーのライセンスを取得しているおすすめのオンラインカジノを紹介しています。

気になったカジノがあった方は、ぜひこの記事を参考にして、マーチンゲール法を使ったプレイに再挑戦してみてましょう。