ウィナーズ法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

ホーム » ウィナーズ法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

更新日:2024-07-18

ウィナーズ法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

ウィナーズ法とは?

ウィナーズ法とは?のバナー
ウィナーズ法とは、ギャンブルの戦略だけでなく、投資分野でも使用されるシステムベットの一つです。

具体的には、2連敗後に賭けを開始し、負けた額の2倍を賭け続けることで利益を狙います。

そして、勝った数と負けた数が同じになるまで賭け、少しずつ損失を回収できるのが特徴です。

ウィナーズ法は「守りの必勝法」としても知られ、長期戦で安定したゲーム戦略に役立ちます。

また、ルーレットやバカラのルールでも効果を発揮し、多くの投資家がリスク管理をしながら利益を追求するために利用しています。

当記事では、ウィナーズ法の使い方、実践シミュレーション、メリットやデメリットについて詳しく紹介します。

コニベットの登録バナー

 

ウィナーズ投資法が使えるカジノゲーム、ベット方法

ウィナーズ投資法が使えるカジノゲーム、ベット方法のバナー
ウィナーズ投資法は、勝利した際にベット額が2倍になるゲームで効果的に使用できます。

例えば、ルーレットのルールでは、赤・黒や奇数・偶数へのベット、バカラのプレーヤーベットが典型的です。

これらのカジノゲームでは、結果が単純に2つに分かれるため、ウィナーズ法の賭け方が非常に適しています。

また、ダイスゲームのシックボーやクラップスのルールドラゴンタイガーでも活用できます。

さらに、「100 bit dice」「モノポリーライブ」「クレイジータイム」といったライブカジノゲームの、当たると2倍になるベットエリアがあるゲームにも最適です。

これらのゲームにウィナーズ法を使うと、負けた場合の損失を次のベットで取り戻せます。さらに、連敗後に勝利することで全体の利益を確保できます。

つまり、2倍配当のベットができるゲームであれば、ウィナーズ法の戦略を効果的に活用できるのです。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

ウィナーズ法の基本的な使い方、やり方

ウィナーズ法の基本的な使い方、やり方のバナー
ウィナーズ法は、紙とペンを用意して記録しながら進めるのが効果的です。

ここからは、ウィナーズ法の基本的な使い方を解説します。

1.2連敗後にスタート

まず、2連敗した時点からウィナーズ法を始めましょう。

連敗した際の賭け金を数列として紙に書き出し、数列の左端の数字が次のゲームでの賭け金です。

2. 負けた場合は数列の右端に追加

次のゲームでも負けた場合、その賭け金を数列の右端に追加しましょう。

例えば、2ドル賭けて負けたら、数列の右端に「2」を加え、次の賭け金も再び2ドルとします。

3.勝った場合は左端の数字を消す

ゲームに勝った場合、数列の左端の数字を消しましょう。

例えば、2ドルで勝った場合、数列の左端にある「2」を消し、数列にもとづいて賭け金を調整していきます。

4.数列を書き換える

勝ち負けに応じて、数列を追加または削除しながら進めましょう。

数列の左端を削除することで利益を確定し、右端に追加して損失を次のベットに反映します。

5. 数列が消えるまで繰り返す

数列の追加と削除を繰り返し、最終的に数列がすべて消えるまで続けます。

すべての数列がなくなった時点で、収支がプラスになって終わる仕組みです。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

ウィナーズ法は最強?それとも勝てない?

ウィナーズ法は最強?それとも勝てない?のバナー
ウィナーズ法は、その理論と仕組みから一見最強に思えますが、実際にはメリットとデメリットが存在します。

ウィナーズ法は連敗時に賭け金を増やすことで損失を回復する戦略です。そのため、理論上は連敗が続かない限り利益を得られます。

しかし、この戦略には大きなリスクも存在し、連敗が続くと賭け金が急激に増加し、資金が尽きる可能性があります。

例えば、10連敗以上が続くと賭け金は急激に膨れ上がり、最初に用意した資金が不足する危険性が高まるのです。

また、カジノ側のベット上限で無制限に賭け金を増やせないことから、ウィナーズ法は勝てないと言われる場合もあります。

このようにウィナーズ法は短期間で利益を得る可能性がある一方、長期的には高いリスクをともないます。

資金管理を徹底し、リスクを理解した上でウィナーズ法を使用するのが重要です。

【関連記事】

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表のバナー
ウィナーズ法は少々手順が複雑なので、実際にウィナーズ法を用いたシミュレーションで、結果を解説します。

ここではルーレットの奇数に賭け続け、10回ゲームをプレイした時を実践シミュレーションします。

ゲーム回数 ベット額($) 勝敗 累計収支($) 数列
1 1 負け -1
2 1 負け -2 1,1
3 2 負け -4 1,1,2
4 2 負け -6 1,1,2,2
5 2 勝ち -4 1,2,2
6 2 負け -6 1,2,2,2
7 2 勝ち -4 2,2,2
8 4 負け -8 2,2,2,4
9 4 負け -12 2,2,2,4,4
10 4 勝ち -8 2,2,4,4

このシミュレーションでは、10回のゲーム中に連敗と連勝がありましたが、数列を使って賭け金を調整し、収支を管理しました。

ゲームの詳細は以下のとおりです。

初めの2連敗

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (初めの2連敗)

初めの2回は1ドルずつ賭けましたが、それぞれ20と14が出たため、敗戦。

ここで、数列に「1,1」を追加します。

さらに2連敗

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (さらに2連敗)

次に2ドル賭けて連続で奇数にベットしましたが、2と16が出たためまたしても2連敗。

ここで、数列に「1,1,2,2」を追加しました。

初めての勝利

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (初めての勝利)

4連敗で迎えたその後ゲームで、再び2ドルをベット。

見事、奇数の9が出て勝利し、連敗脱出です。

ここで数列左端の「1」を削除したので、数列は「1,2,2」になりました。

再び負け

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (再び負け)

再度2ドルをベット。

0が出たため、今回は敗戦。

数列に「1,2,2,2」を追加しました。

2回目の勝利

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (2回目の勝利)

その後、2ドルを賭けて黒の33が出たため、勝利。

再び、数列を調整し「2,2,2」になりました。

再び負け

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (再び負け)

次に、4ドルを賭けましたが、34が出たため、再び敗戦。

数列の右端を4を追加したので、数列は「2,2,2,4」になりました。

連敗

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (連敗)

同じく4ドルをベットしますが、連敗が続きます。

数列は、「2,2,2,4,4」になりました。

3回目の勝利

ウィナーズ法の実践シミュレーション・早見表 (3回目の勝利)

最後のゲームでは、4ドルベットし、4ドルの利益が出たため、勝利。

数列は最終的に「2,2,4,4」になりました。

ウィナーズ法を用いたシミュレーションでは、10回のゲームで8ドルの損失がありましたが、数列を調整し、賭け金をコントロールしながら進められました。

一方で、ウィナーズ法は連敗が続くと賭け金が急増するリスクがあるため、資金管理とリスク理解が重要です。

適切に運用すれば、長期的な利益も期待できますが、慎重な判断が求められます。

【関連記事】

 

コニベットの登録バナー

ウィナーズ法のメリット

ウィナーズ法のメリットのバナー
ウィナーズ法には、さまざまなメリットがあります。

以下に代表的なウィナーズ法のメリットを説明していきます。

連敗した後の連勝に有効

ウィナーズ法は、連敗した後の連勝に非常に有効な戦略です。

連敗中に賭け金が大きく増えず、連勝が始まった時点で賭け金が上がるため、連敗が続いても元手資金を失うリスクが低いです。

具体的に言うと、マーチンゲール法と比較するとその差は明確です。

例えば、1ドルずつ賭けて10連敗した場合、ウィナーズ法の損失合計額は14ドル程度で済みますが、マーチンゲール法では255ドルにまで損失が膨らむ場合があります。

ウィナーズ法の方がマーチンゲール法よりも、連敗中に賭け金の増えるスピードが緩やかだと言えます。

そのため、ウィナーズ法は、連敗後のリスク管理をしながら、連勝時に利益を最大化するために効果的です。

大敗を喫しにくい

ウィナーズ法のメリットの一つは、大敗を喫しにくい点です。

連敗時でも賭け金が急激に増えないため、資金が急速に減少するリスクを抑えられます。そのため、資金を長期間維持できるのです。

マーチンゲール法では、連敗ごとに賭け金が倍増し、短期間で大きな損失を招く可能性があります。

一方、ウィナーズ法はそのリスクを軽減し、資金管理がしやすく、長期的に安定した運用が期待できます。

 

ウィナーズ投資法の弱点やデメリット

ウィナーズ投資法の弱点やデメリットのバナー
ウィナーズ投資法にも、弱点やデメリットは存在します。

以下に、詳しい理由と対策を説明していきます。

紙とペンなどで記録が必要

ウィナーズ投資法のデメリットは、紙とペンなどで記録が必要な点です。

ウィナーズ投資法は数列を使って賭け金を管理するため、常に現在の数列を正確に把握する必要があります。

ゲームの途中で数列を忘れたり、間違った数値を使ったりすると、期待する結果を得られないでしょう。

そのため、ウィナーズ投資法は、自宅など落ち着いた環境で実践するのがおすすめです。

連敗後に勝ちが続かないと勝機を得にくい

ウィナーズ投資法の大きな弱点の一つは、連敗後に連勝が続かないと勝機を得にくい点です。

この戦略は、連敗時に賭け金を数列に追加し、連勝時に数列を削除することで利益を確保する仕組みです。

しかし、連敗後に連勝が続かない場合、数列をすべて削除できず失敗に終わる可能性があります。

連勝後に再び連敗を喫し、ウィナーズ法が成功しないまま終了した場合、勝敗数が同じでも損失が発生するリスクがあります。

つまり、連敗後に数回の勝利で数列を完全に消去できなければ、資金が減少する可能性が高まるのです。

このウィナーズ投資法の弱点を理解し、適切な資金管理を心がけましょう。

初めはとっつきづらい

ウィナーズ投資法を初めて使う場合、とっつきづらい点がデメリットの一つです。

ウィナーズ投資法は数列を使った賭け金の調整が必要で、ルールを理解し実践するには時間と労力がかかります。

特に、初心者にとっては、数列の追加や削除のタイミングを正確に把握するのが難しく感じるでしょう。

数列の管理と賭け金の調整に慣れるためには、練習と経験が必要です。

一方で、一度習得すれば非常に効果的な戦略になるため、練習して少しずつ慣れていきましょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

ウィナーズ投資法に改良の余地があるか?

ウィナーズ投資法に改良の余地があるか?のバナー
ウィナーズ投資法は多くのメリットがありますが、いくつかの改良の余地も存在します。

まず、賭け金の調整に柔軟性を持たせることが考えられます。

例えば、一定の連敗後に賭け金の増加幅を減らす、あるいは勝利時に削除する数値を複数にすることで、資金の減少を抑えられます。

また、記録の手間を減らすために、自動化ツールの導入も有効です。

専用のアプリやスプレッドシートを使うと、正確な記録と迅速な計算が可能になるでしょう。

さらに、損失限度額を超えた場合に自動で停止する仕組みや、利確ルールを設けることも有効です。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

ウィナーズ法以外の攻略法、必勝法

ウィナーズ法以外の攻略法、必勝法のバナー
カジノや投資において、ウィナーズ法以外にも効果的な攻略法や必勝法があります。

ここでは、以下の攻略法・必勝法を紹介します。

フラワーベット法では、ルーレットホイール上で隣接する数字に賭け、その配置が花のように見えることから名付けられました。

一度に多くの数字をカバーでき、勝利した際のペイアウトが大きくなる可能性がある攻略法です。

2in1法は、2つの連続した賭け金を合計して次の賭け金とする方法です。

負けた場合は賭け金を追加し、勝った場合は賭け金を減らすことで、損失を少しずつ取り戻していきます。比較的リスクが低く、資金管理がしやすい点が特徴です。

オスカーズグラインド法は、負けた場合に賭け金を増やし、勝った場合に賭け金を減らすことで、最終的に利益を確保する戦略です。

連敗が続いた場合でもリスクを抑えながら、少しずつ利益を積み重ねられるため、長期的な運用に向いています。

以下のような他のベット戦略も理解し、状況に応じて適切に活用することで、リスクを軽減しつつ安定した収益を目指せます。

【他のベット戦略】

ボンズカジノの入金不要ボーナス

 

ウィナーズ法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!

ウィナーズ法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!のバナー
ウィナーズ法は、オンラインカジノでのプレイにおいて、リスクを抑えて効率的に利益を狙うための戦略です。

連敗が続いた後に賭け金を増やし、連勝時に数列を調整して損失を回収します。

具体的には、負けるたびに賭け金を数列に追加し、勝った場合は数列の左端を削除していきます。

適切なゲームを選ぶのが重要で、ルーレットの赤黒やバカラのプレーヤーベットなどが最適です。

初めは少額の賭け金でスタートし、負けるたびに賭け金を増やしていきます。

そして、勝利した場合は数列を調整して次の賭け金を設定します。

ウィナーズ法を活用することで、連敗時のリスクを抑えながら、連勝時に効率的に利益を獲得できます。

また、オンラインカジノなら、メモを取りながらウィナーズ法を学べます。

事前に設定した損失限度額を守りながらオンラインカジノでのプレイを楽しみ、賢く利益を狙いましょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ウィナーズ法に関するよくある質問

ウィナーズ法に関するよくある質問のバナー
ここからは、ウィナーズ法に関するよくある質問に回答します。

ウィナーズ法、ウィナーズ投資法の名前の由来、意味はなんですか?

ウィナーズ投資法の名前は「勝者(Winner)」を意味する言葉に由来しています。

連敗後に連勝を重ねることで損失を取り戻し、最終的に勝者を目指す戦略です。そのため「勝者を生み出す」投資法という意味が込められています。

ウィナーズ法は有効な攻略法ですか?

ウィナーズ法は有効な攻略法とされています。

連敗後に賭け金を増やし、連勝時に損失を取り戻す攻略法です。連敗が続いても連勝が始まれば損失を回収できるため、特に連敗後の連勝に効果を発揮します。

ウィナーズ法の使用は禁止されている?

一部では禁止されていますが、多くのランドカジノでウィナーズ法は使用可能です。

また、オンラインカジノでは、ほとんどのサイトで使えるのでぜひ試してみましょう。

ウィナーズ法で負ける時にはどうしたらいい?

ウィナーズ法で負け続ける場合、特に賭け金が上がった状態で連敗が続くと、大きな損失を被るリスクがあります。

このような状況では、早い段階で損切りしましょう。そうすることで、さらなる損失を防ぎ、資金を守れます。

 

まとめ

当記事では、着実に利益を増やせるウィナーズ法について、詳しく解説しました。

ウィナーズ法は、連敗後に賭け金を増やし、連勝時に損失を取り戻す戦略で、特にルーレットやバカラ、ブラックジャックなどのカジノゲームで効果的です。

ウィナーズ法の大きな特徴として、連敗が続いても連勝で損失を回収しやすい点が挙げられます。

しかし、ギャンブルのメリットとデメリットがあるように、ウィナーズ法にもいくつかの注意点があります。

ゲームの流れを読む必要があること、記録を取る手間、資金管理の重要性など、初心者には難易度が高いかもしれません。

ウィナーズ法を理解し、効果的に活用するためには、オンラインカジノがおすすめです。

初心者でも入金不要ボーナスを使えば、簡単かつお得にオンラインカジノでのプレイを始められます。

また、入会後はウィナーズ法の他にも、モンテカルロ法ココモ法ダランベール法などのベット戦略も学べます。

この機会にオンラインカジノに登録し、さまざまなカジノの攻略法を学んで勝率アップを目指しましょう。