モンテカルロ法とは | カジノでの使い方をわかりやすく解説

ホーム » モンテカルロ法とは | カジノでの使い方をわかりやすく解説

更新日:2024-07-17

モンテカルロ法とは | カジノでの使い方をわかりやすく解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

モンテカルロ法とは?何に使う?

モンテカルロ法とは?何に使う?のバナー

モンテカルロ法とは、数列に従ってベット額を決定し、最終的な利益確保を目指すロジックで考案されたカジノの攻略法です。

カジノ界隈では非常に効果的な攻略法として知られ、一説では、モナコのモンテカルロにあるカジノを閉業に追いやったという逸話もあるほどです。

事実、モンテカルロ法のロジックは数学的理論がベースなので、効果は絶大!

そんなモンテカルロ法が使えるのは、配当2倍、もしくは3倍のカジノゲームで、損失はしっかり回収しつつ利益を得られます。

ただし、常に数列に従ってベット額を変動させる必要があるため、慣れないうちはメモ取りが必至です。

まずはこのページを参考にし、モンテカルロ法の使い方ややり方、メリット・デメリットなどについて完璧に理解しましょう。

コニベットの登録バナー

オンラインカジノでモンテカルロ法は禁止?

オンラインカジノでモンテカルロ法は禁止?のバナー

モンテカルロ法は多くの胴元(カジノの運営元)から警戒される攻略法ですが、基本的にオンラインカジノでの使用は禁止されていません。

オンラインカジノで禁止の攻略法は、ローリスクベットや2ティアベットなどで、これはマネーロンダリングの防止や、ボーナスの不正利用を防ぐためです。

しかし、海外のランドカジノでは注意が必要です。

ランドカジノには、「カジノ側に極端な不利益を与える賭け方の禁止」というルールがあり、モンテカルロ法も警戒されます。

最悪の場合、出入り禁止のペナルティを課せられる可能性もあるので、十分に注意しましょう。

ディーラーやカジノスタッフ、セキュリティなどの目がなく、堂々とメモ取りが可能なオンラインカジノこそ、モンテカルロ法の実践に最適な環境なのです。

カジノでのモンテカルロ法の使い方・やり方

カジノでのモンテカルロ法の使い方・やり方のバナー

カジノでのモンテカルロ法の使い方は、2倍配当と3倍配当のゲームでやや異なります。

基本的なやり方は同じですが、数列の消し方に違いがあるので、注意しましょう。

どちらにも共通するモンテカルロ法の基本数列は、「1 2 3」です。

この数字がモンテカルロ法開始時のベット額に直結し、リスクや最終的な収益にも大きな影響を与えます。

リスク覚悟でもっと攻撃的に攻めたい場合には、「2 4 6」、「4 8 12」など、「1倍 2倍 3倍」をベースに数字を上げても問題ありません。

ハイローラーであれば、「10 20 30」「100 200 300」などでもOKです。

ロジックに従って最終的に数列がなくなる、または1つになった時点で、モンテカルロ法は成功です。

以下に、2倍と3倍、それぞれのモンテカルロ法の使い方を解説しますが、わかりやすいように説明は全て「1 2 3」を基準にします。

モンテカルロ法が利用できるカジノゲーム

モンテカルロ法は、カジノゲームの中でも2倍配当ゲームと3倍配当ゲームで使用できます。

【2倍配当ゲームの例】

【3倍配当ゲームの例】

  • ルーレット(コラム、ダースベット)など

これらのカジノゲームは、オンラインカジノの電子テーブルゲーム、ライブカジノで多数取り揃えがあります。

日本語対応テーブルもあるので、安心して楽しめますよ。

2倍モンテカルロ法の使い方

2倍モンテカルロ法の使い方は、以下の3つを覚えましょう。

  • 両端の数字を足した合計額をベット
  • 勝ったら両端の数字を1つずつ消す
  • 負けたら右端にベット額を付け足す

以下では、ルーレットで赤・黒に賭けた場合の2倍モンテカルロ法のやり方を紹介します。

2倍モンテカルロ法のやり方:まずは数列の両端を足す

2倍モンテカルロ法のやり方 (まずは数列の両端を足す)

2倍モンテカルロ法の初回は「1 2 3」から始まります。

2倍モンテカルロ法をルーレットで使う場合は、今回賭ける赤・黒の他、偶数・奇数、ハイ・ローナンバーなどに賭けられます。

まず、両端(1と3)を足した$4をベットしましょう。

初めてモンテカルロ法を試される方は、紙に書くと分かりやすいのでおススメです!

2倍モンテカルロ法のやり方:(勝った場合) モンテカルロ法成功

2倍モンテカルロ法のやり方:(勝った場合) モンテカルロ法成功

ここで勝った場合、残っている数列は「2」のみなので、モンテカルロ法成功です。

数列が無くなった時点で利確して徹底するのもアリ、また次のサイクルでモンテカルロ法を繰り返すのもアリです。

2倍モンテカルロ法のやり方:(負けた場合) 数列を増やす

2倍モンテカルロ法のやり方:(負けた場合) 数列を増やす

負けた場合は数列の右端に、数字を足します。

この場合の数列は「1 2 3 4」であり、次ゲームは両端 (1と4)を足した$5をベットします。

その後も「1 2 3 4 5」「1 2 3 4 5 6」「1 2 3 4 5 6 7」と、負ける度に数字を付け足していきます。

例えば、「1 2 3 4 5 6 7」の数列で勝てば、両端の数字を1つずつ消すので、数列は「2 3 4 5 6」。

法則に従い、次ゲームは$8をベットします。

「2 3 4 5 6」で負けた場合の数列は「2 3 4 5 6 8」なので、次ゲームは$10をベットします。

これを繰り返し、最終的に数列がなくなる、または1つになるまで続けましょう。

3倍モンテカルロ法の使い方

3倍モンテカルロ法の使い方は以下の3つを覚えましょう。

  • 両端の数字を足した合計額をベット
  • 勝ったら両端の数字を2つずつ消す
  • 負けたら右端にベット額を付け足す

3倍モンテカルロ法は、その名の通り、ルーレットのカラム、ダズンなどなの3倍配当のゲームに賭けられます。

2倍モンテカルロ法との違いは「勝ったら両端の数字を2つずつ消す」だけです。

以下では、3倍モンテカルロ法のやり方をステップごとに解説します。

3倍モンテカルロ法のやり方:まずは数列の両端を足す

3倍モンテカルロ法のやり方:まずは数列の両端を足す

3倍モンテカルロ法では、まず「1 2 3 4 5 6」の数列の初回をベットします。

この場合、両端の数字 (1と6)である$7ベットしましょう。

3倍モンテカルロ法のやり方:(勝った場合) モンテカルロ法成功

3倍モンテカルロ法のやり方:(勝った場合) モンテカルロ法成功

初回のベットで勝った場合は、両端の数字を2つずつ消しましょう。

この場合、勝った場合は「3、4」が残るので、後は3と4を足した7ドルを賭けるだけです。

このゲームで勝利出来れば、3倍モンテカルロ法の1サイクルは終了です。

3倍モンテカルロ法のやり方:(負けた場合) 数列を増やす

3倍モンテカルロ法のやり方:(負けた場合) 数列を増やす

負けた場合は、2倍モンテカルロ法と同じように数字を増やします。

この場合、数列の右端に7を加え、両端 (1と7)を足した8ドルをベットしましょう。

なお、この後のゲームでも連敗が続いた場合は、同じように右端に数列を増やして行きます。

3倍モンテカルロ法は、勝った場合のみ両端2つの数字を消すということを頭に入れておきましょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

カジノでモンテカルロ法を使うメリット

カジノでモンテカルロ法を使うメリットのバナー

カジノでモンテカルロ法を使うメリットは、たくさんあります。

以下に、カジノでモンテカルロ法を使うメリット5選を解説します。

使えるベット方法の範囲が広い

モンテカルロ法は2倍・3倍配当のゲームに効果があるため、使えるベット方法の範囲が広いです。

バカラの必勝法ブラックジャックの必勝法として活用できる他、ルーレット、タイサイ、カジノウォー、ドラゴンタイガーなど、対ディーラーゲームの多くで使えます。

特にルーレットとモンテカルロ法は相性が良いことで知られ、赤/黒・偶数/奇数・High/Low・ダズンベット・カラムベットなど、使えるベット方法の範囲が広く、どこにベットすべきか戦略を練りながら、ルーレットの必勝法として活用できます。

損失のリスクを低減できる

モンテカルロ法は高確率で成功する攻略法なので、損失のリスクが大幅に低減します。

運任せで適当にベット額を変動させた場合、どうしても欲が出て、取り返しの付かない状況に陥ってしまう恐れがあります。

ギャンブルはもちろん、投資の世界でも安定的に収益を確保するために最も大切なのは、損失リスクの低減です。

損失リスクを低減できるモンテカルロ法は、まさに理想的な攻略法と言えるでしょう。

賭け金額の上昇が比較的緩やか

モンテカルロ法なら、負けても賭け金の上昇が比較的緩やかです。

例えば、有名なマーチンゲール法と比べるとはっきりとわかります。

以下は、モンテカルロ法とマーチンゲール法の連敗時に必要な賭け金額を比較した表です。

 

連敗数 モンテカルロ法 マーチンゲール法
1 $4 $1
2 $5 $2
3 $6 $4
4 $7 $8
5 $8 $16
6 $9 $32
7 $10 $64
8 $11 $128
9 $12 $256
10 $13 $512

 

数列「1 2 3」から始めた場合、モンテカルロ法の賭け金額は$1ずつ上昇するだけです。

しかしマーチンゲール法は倍々に増えていくため、4連敗以降の上昇はモンテカルロ法の比ではありません。

成功すれば大きな利益を得られる

モンテカルロ法は、成功すれば大きな利益を得られる攻略法です。

例えばマーチンゲール法の場合、いつどんなタイミングで勝っても、得られる利益は初回に賭けたベット額分のみです。

リスクの割に、利益があまりにも少なすぎます。

しかしモンテカルロ法は、ゲームの展開次第では、初回ベット額分の何倍もの利益を得られます。

やめ時を見極めやすい

モンテカルロ法は、数列がなくなる、または1つになった時点で1セット終了なので、やめ時を見極めやすいです。

以下のように自分なりの最適なやめ時を事前に決めておくのもおすすめです。

  • 決めたセット数が成功した時点でやめる
  • 目標の利益に到達した時点でやめる
  • 決めた損失額に到達した時点でやめる

テッドベットの入金不要ボーナス

カジノでモンテカルロ法を使うデメリット

カジノでモンテカルロ法を使うデメリットのバナー

どんなに優れた攻略法でも、メリットがあればデメリットもあるものです。

ここではカジノでモンテカルロ法を使うデメリットについて、5つ解説します。

デメリットを理解した上で、モンテカルロ法を実践しましょう。

数列を常にメモしなければいけない

モンテカルロ法は、複雑な数列に従ってベット額の調整が必要な攻略法のため、どうしても常にメモしなければいけません。

慣れてきても、メモなしでは間違えてしまうケースが多々あります。

ちなみに海外のランドカジノでは、ルーレットのホイール表以外、メモ書きを禁止しています。

堂々とメモ書きできるオンラインカジノこそ、モンテカルロ法の実践に最適な環境です。

利益が出るまで時間がかかる

モンテカルロ法は、リスクを低減しつつコツコツと利益を積み重ねていく攻略法なので、納得のいく利益が出るまでどうしても時間がかかってしまいます。

短時間勝負には向いておらず、十分な利益を出すためには、ある程度時間と日数をかけて実践する必要があります。

もし短時間勝負で大きい利益を求めているのであれば、攻撃的なパーレー法をおすすめします。

2倍配当で使うと損が出る場合がある

確かに、モンテカルロ法は完璧なロジックに基づいて考案された攻略法ですが、1セット成功で確実な利益が残るの、3倍配当のゲームのみです。

2倍配当の場合、ゲームの展開次第では、1セット終了時点で損失が発生する場合もあります。

連敗すると回収が難しくなる

モンテカルロ法は、連敗時の賭け金上昇こそ緩やかですが、あまりにも連敗が続くと回収が難しい状況に陥ってしまいます。

連敗により数列が10個以上並んだ場合、全ての数列をなくすまでは、勝ちに偏る必要があります。

回収が難しくなるほど数字が並んだ場合は、サクッと損切りする覚悟が必要です。

使い方に慣れるまで時間がかかる

覚えてしまえば簡単なモンテカルロ法ですが、使い方に慣れるまでは、どうしても時間がかかります。

これはほとんどの攻略法に共通するデメリットですが、特にモンテカルロ法はメモ書きが必要なため、すぐに慣れるのは難しいです。

慣れないうちは数列の配置や計算を間違えやすく、損失に繋がる恐れもあるので注意しましょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

オンカジでモンテカルロ法を使って遊んでみよう!

オンカジでモンテカルロ法を使って遊んでみよう!のバナー

モンテカルロ法の使い方を理解したら、早速オンカジで実践してみましょう。

以下に、モンテカルロ法の実践におすすめのオンカジを3つ紹介します。

当サイト限定の入金不要ボーナスももらえるので、まずは登録してみましょう。

エルドアカジノ

エルドアの入金不要ボーナス

エルドアカジノは、ライブカジノの導入数が業界トップクラスのオンラインカジノで、モンテカルロ法を実践できるバカラやブラックジャック、ルーレットなど多種多彩にラインナップされています。

また、勝っても負けてももらえる最大0.8%のローリングチップ(リベートボーナス)、最大500,000円の月間キャッシュバックなど、損失リスク軽減に繋がるボーナスも豊富です。

遊雅堂

遊雅堂のボーナスバナー

遊雅堂は、完全日本市場向けにサービスを提供するオンラインカジノで、日本円を使った入出金やゲームへのベットはもちろん、全て日本語に対応したライブカジノ「花路野三丁目」でも遊べます。

その他最大95,000円の初回入金ボーナス、遊べば遊ぶほど貯まり、豪華アイテムと交換できる遊雅マイル(ポイントプログラム)、そして期間限定のキャンペーン・トーナメントの実施にも積極的です。

カジノシークレット

カジノシークレットの入金不要ボーナスのバナー

カジノシークレットは、賭け条件なしのキャッシュバックやボーナスが魅力のオンラインカジノです。

曜日ごとに異なる日替わりプロモーションも常に実施し、損失リスクを軽減したお得なギャンブルを楽しめます。

また、カジノシークレット専用のVIPライブカジノも導入しています。

テーブルリミットが高く設定されているので、ハイローラーも納得のモンテカルロ法を実践できます。

モンテカルロ法に関するよくある質問

モンテカルロ法に関するよくある質問のバナー

最後に、モンテカルロ法に関するよくある質問と回答をまとめました。

モンテカルロ法の名前の由来はなんですか?

モンテカルロ法は、計算理論の分野で有名な数学者ジョン・フォン・ノイマンによって考案され、確率に基づく方法のため、世界的にもカジノで有名なモナコ公国のモンテカルロから命名されました。

勘違いしている人も多いですが、モンテカルロのカジノを潰したという逸話から命名されたわけではありません。

モンテカルロ法が使えるギャンブルは?

モンテカルロ法が使えるギャンブルは、配当2倍・3倍のゲームです。

モンテカルロ法とバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどの組み合わせで効果を発揮しますが、2倍配当ゲームでは、モンテカルロ法が成功してもマイナス収支で終わってしまう場合があります。

基本的には、3倍配当に賭けられるルーレットの賭け方がおすすめです。

モンテカルロ法を使う利点は?

モンテカルロ法を使う利点と言えば、ベット額の高騰を防止し、コツコツと勝負できる点です。

負けても資金的なダメージが少なく、成功すれば大きな利益を狙えます。

また、少ない資金で実践できるのも、モンテカルロ法の大きな利点を言えるでしょう。

モンテカルロ法は攻略方法として有効?

モンテカルロ法は勝てないと言う人もいますが、数多くある攻略方法の中でも、モンテカルロ法は非常に有効なロジックが組まれています。

もちろん、展開次第では損切りが必要になる場合もありますが、高確率で安定的な勝負ができます。

ベラジョンカジノでモンテカルロ法は使える?

ベラジョンカジノで禁止されている攻略法は、ローリスクベットや2ティアベット(オポジットベット)などで、期待値が100%を超えないモンテカルロ法は問題なく使えます。

堂々とメモ取りしながら、正しくモンテカルロ法を実践しましょう。

モンテカルロ法を使うために必要なものはありますか?

紙とペンがあれば十分です。

そして当サイトを見つつ、使用方法やモンテカルロ法のシュミレーションを確認しながら実践してみましょう。

まとめ

今回は、モンテカルロ法とはどんな攻略法なのか?カジノでの使い方ややり方、メリット・デメリットなどについて詳しく紹介してきました。

モンテカルロ法とは、数列に従ってベット額を決定し、最終的な利益確保を目指すロジックで考案されたカジノの攻略法で、その絶大な効果は世界的にも有名です。

ベット額の上昇が比較的緩やかなので、損失リスクを低減し、成功すれば大きな利益を得られるのがモンテカルロ法です。

是非、カジマルおすすめのオンラインカジノでモンテカルロ法を実践してみましょう。

モンテカルロ法のお試しにも使える入金不要ボーナス入金ボーナスを、多数ご用意しています!

【その他のベッティング法に関するおすすめ記事】