31システム法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

ホーム » 31システム法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

更新日:2024-07-18

31システム法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

31システム法とは?

31システム法とは?のバナー
31システム法とは、31単位の手持ちを活用してローリスクで利益アップを目指すベッティング戦略です。

31システム法は、負けが続いても2連勝すれば利益を得られるため、カジノゲーム初心者でも簡単に利用できます。

使い方も簡単で、最初に1ドルを賭け、負けた場合は賭け金をゆっくりと倍増させます。

そして、31ドルの設定金額を使い切る前に2連勝すれば、損失をカバーしつつ利益を確保できる仕組みです。

31システム法を取り入れることで、勝率を上げながら無謀な賭けを避け、計画的にプレイできます。

資金管理をしっかりしながら、長期的に遊ぶためにも、覚えておきたい戦略の一つです。

当記事では、31システム法の基本的な使い方、メリットとデメリット、実践シミュレーションを交えて詳しく解説していきます。

コニベットの登録バナー

 

31システム法が使えるカジノゲーム、ベット方法

31システム法が使えるカジノゲーム、ベット方法のバナー
31システム法は、勝率50%のカジノゲームでの使用が最適です。

具体的にはルーレットのルールバカラのルールブラックジャックのルールで効果を発揮します。

一方で、クラップスのルールでは、ベット戦略に従い続けるのが難しいとされ、あまり推奨されていません。

31システム法を使ったルーレットの賭け方では、赤・黒またはハイ・ローにベットする際に有効です。

赤・黒の賭けでは、赤か黒のどちらかに賭けます。ハイ・ローの賭けでは、1〜18か19〜36のどちらかにベットします。

これらの賭け方は、勝率がほぼ50%なので、31システム法の使用に最適です。

バカラでは、プレーヤーかバンカーのどちらかにベットすることで、31システム法を活用できます。

バカラも勝率が約50%であることから連勝しやすいため、安定したプレイが可能です。

ブラックジャックの場合、特定の賭け方はなく、通常のベットにより、31システム法を適用できます。

勝率は、プレーヤーのスキルによって変動しますが、ブラックジャックのベーシックストラテジーを守れば約50%の勝率を期待できます。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

31システム法の基本的な使い方、やり方

31システム法の基本的な使い方、やり方のバナー
31システム法は、賭け金を段階的に増やしながらリスクを管理する戦略です。

31システム法では、以下の表を使います。

A 【A-1】$1 【A-2】$1 【A-3】$1
B 【B-1】$2 【B-2】$2
C 【C-1】$4 【C-2】$4
D 【D-1】$8 【D-2】$8

【A-1】からスタートし、ゲームに勝利したら下の段の先頭に移動します。

負けたときは右の列に移動し、対応のユニット数を賭けていく流れです。

ここからは、ステップごとに31システム法の基本的な使い方を解説します。

ステップ1:1ユニットの金額を設定

まず、1ユニットの金額を決定します。

例えば、1ユニットを1ドルに設定すると、合計で31ドルの資金が必要です。

ステップ2:【A-1】から開始

31システム法は【A-1】からスタートします。

この場合、初めに【A-1】に示された1ユニットが賭け金です。

ステップ3:勝利時は下のグループに移動する

勝った場合は、下のグループに移動しましょう。

例えば【A-1】で勝った場合は【B-1】に移動し、次の賭け金は2ドルになります。

ステップ4:敗北時は右の列に移動

負けた場合は、右の列に移動しましょう。

例えば【A-1】で負けた場合は【A-2】に移動し、再度1ドル賭けます。

ステップ5:右に列がない場合は下の段の先頭に移動

右の列がない場合は、下の段の先頭に移動します。

例えば【A-3】で負けた場合は【B-1】に移動し、次に2ドル賭けます。

ステップ6:2連勝もしくは【D-2】まで到達したら1セット終了

1セットは2連勝するか【D-2】に到達すると終了です。

2連勝した場合、損失をカバーし利益を得られます。

一方で、【D-2】まで到達しても連勝できなかった場合、そのセットは損失が確定します。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

31システム法は最強?それとも勝てない?

31システム法は最強?それとも勝てない?のバナー
31システム法は、一定の条件下で効果を発揮しますが、最強の攻略法といえるのかは賛否両論あるでしょう。

31システム法は、連続して2回勝利することで損失をカバーできます。

例えば、1ドルから始めて負けた場合は次に2ドル、4ドル、8ドルと賭け金を増やしていき、どこかで2連勝すれば、損失を取り戻して利益を上げられます。

勝率50%のゲームで短期間に連勝を狙う戦略としては有効ですが、連敗が続くと賭け金が急激に増え、31ドルの損失を出すリスクがあります。

どんなゲームにおいても、資金やリスクを管理するのは非常に重要です。

そのため、31システム法は、勝てないと言われつつも、状況に応じて有効な戦略になるでしょう。

【関連記事】

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

31システム法の実践シミュレーション・早見表

31システム法の実践シミュレーション・早見表のバナー
ここからは、31システム法を実際に使った場合の実践シミュレーションをしていきましょう。

今回は、ルーレットの赤に31システム法を使って賭けていきます。

以下は、シミュレーション結果の早見表です。

回数 場所 ベット額($) 勝敗 獲得額($) 累計損益
1 A-1 1 -1 -1
2 A-2 1 1 0
3 B-1 2 -2 -2
4 B-2 2 -2 -4
5 C-1 4 4 0
6 D-1 8 8 8

ゲームの詳細は、以下のとおりです。

なお、ベット額は上で紹介した31システム法の表を使いながら、引き上げていきます。

その為、もう一度表を確認しておきましょう。

A 【A-1】$1 【A-2】$1 【A-3】$1
B 【B-1】$2 【B-2】$2
C 【C-1】$4 【C-2】$4
D 【D-1】$8 【D-2】$8

31システム法のシミュレーション:1回目

31システム法のシミュレーション (1回目)

今回は、A-1である1ドルをベット。

しかし、負けてしまったので、次回では右列のA-2に移動します。

31システム法のシミュレーション:2回目

31システム法のシミュレーション (2回目)

今回は、A-2のベット額である1ドルをベット。

今回は勝利できたため、下列左のB-1に移動し、次のゲームではベット額を2ドルに引き上げます。

31システム法のシミュレーション:3回目

31システム法のシミュレーション (3回目)

今回のゲームは、B-1列に移動して2ドルをベット。

しかし、2ドル負けたので、次回のゲームでは、右列のB-2に移動します。

なお、3ゲーム終了時で、1勝1敗のイーブンです。

31システム法のシミュレーション:4回目

31システム法のシミュレーション (4回目)

今回は、B-2列の2ドルをベットしました。

しかし、再び黒が出たため敗戦。

次回のゲームでは、B-2より右に列が無いのでC-1に移動し、ベット額を4ドルに引き上げます。

31システム法のシミュレーション:5回目

31システム法のシミュレーション (5回目)

今回は、C-1列に移動し、4ドルをベットしました。

今回は、見事勝利でき、4ドル獲得。

次のゲームでは、下列左のD-1に移動し、ベット額を8ドルに引き上げます。

31システム法のシミュレーション:6回目

31システム法のシミュレーション (6回目)

今回は、D-1列に移動し、8ドルをベットしました。

今回も見事勝利し、2連勝を達成しました。

最終的に8ドル勝利できたので、次からはベット額を1ドルに戻します。

今回の31システムベット法シミュレーションでは、3勝3敗という結果ながら、最終的に8ドルの利益が得られました。

31システム法は、連敗しても大きな損失を避けながらプレイできます。

そのため、初心者でも簡単に使える利点がありますが、常にリスクを考慮するのが重要です。

【関連記事】

コニベットの登録バナー

 

31システム法のメリット

31システム法のメリットのバナー
31システム法には、活用する上で知っておきたいメリットがいくつか存在します。

以下に、詳しくそれぞれ見ていきましょう。

2連勝するだけで利益が出る

31システム法の最大のメリットは、2連勝するだけで利益を確保できる点です。

31システム法は、賭け金の増加が緩やかで、連勝によって損失を取り戻しつつ、プラスの収益を得られます。

1ドルから始めた賭けが2連勝した場合、その時点で損失をカバーし、利益を上げられます。

そのため、31システム法は、ローリスクでカジノゲームを楽しみたい人におすすめです。

失敗に終わっても損失の額は少ない

失敗に終わったとしても損失の額が少ない点も、31システム法のメリットです。

理由は、1セット内での損失が最大で31ユニットに制限されているためです。

例えば、1ユニットを1ドルと設定した場合、9回の勝負すべてで負けても損失は31ドルに抑えられます。

高額な賭け金を設定した場合でも、損失額は管理可能な範囲に収まります。

最大損失額が明確なので、安心してプレイできる攻略法と言えるでしょう。

一度理解すると使い方に慣れる

31システム法は、一度理解すると使い方に慣れやすい点が大きな魅力です。

理由は、賭け金の増減がシンプルなルールに基づいているからです。

例えば、初めに1ドル賭け、負けた場合に少しずつ賭け金を増やす方法を覚えることで、すぐに実践できます。

複雑な計算や戦略は不要で、勝敗に応じて次の賭け金を決定するだけなので、初心者でも短時間で習得できるでしょう。

少しの資金で、長期低リスクで楽しめる

少ない資金で長期低リスクで楽しめる点も、31システム法のメリットです。

31システム法では、賭け金の増加が緩やかで、最大損失が31ユニットに制限されています。

例えば、1ユニットを1ドルと設定した場合、最大損失は31ドルに抑えられます。

そのため、短期間で資金を使い果たすリスクが低く、長期間にわたり安定してゲームを楽しめます。

 

31システム法のデメリット

31システム法のデメリットのバナー
31システム法には、メリットの他にもデメリットが存在します。

その内容と、対策を以下に見ていきましょう。

大勝ちしにくい

31システム法のデメリットの一つは、大勝ちしにくい点です。

理由は、連敗時の損失を最小限に抑えるため、賭け金の増加が緩やかだからです。

賭け金が徐々に増えるため、短期間で大きな利益を得るのは難しいでしょう。

1ドルから始めた賭け金が連勝しても、利益は少しずつしか増えません。

そのため、大きな勝利を目指すプレーヤーには不向きと言えるでしょう。

ユニット予算のカウントが必要

ユニット予算のカウントが必要な点も、31システム法のデメリットです。

31システム法を使う際は、勝敗ごとに次の賭け金を計算し、正確に賭ける必要があります。

そのため、常にメモを取ったり、ベット表を確認したりする手間がかかるのです。

連続したゲーム中に賭け金を間違えると、31システム法の効果が損なわれる可能性があるので注意が必要です。

1サイクル回すのに時間がかかる

31システム法のデメリットとして、1サイクル回すのに時間がかかる点も上げられます。

理由は、連敗が続いた場合に賭け金を徐々に増やしていくため、1サイクルを完了するまでに多くのベットする必要があるからです。

勝敗が交互に繰り返されると、設定したユニット数を消化するまでにかなりの時間がかかります。

そのため、31システム法は短期間で結果を求めるプレーヤーには向かないでしょう。

続けて実施すると遊んでいるというより作業感を感じる

31システム法を続けて実施すると、遊んでいるというより作業感を感じるかもしれません。

31システム法は、賭け金を計算しながら慎重に進める必要があります。

連続して賭け金を調整し、ベット表を確認する作業が続くと、カジノゲームの面白さが薄れてしまうのです。

そのため、長時間のプレイで作業感を感じて飽きてしまう可能性もあるでしょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

31システム法に改良の余地はあるか?

1システム法に改良の余地はあるか?のバナー
損失を少なく抑え、使い方が簡単な31システム法にも、改良の余地があります。

前述したとおり、31システム法は大勝ちが難しい点、ユニット予算のカウントが必要な点、1サイクル回すのに時間がかかる点などいくつかの欠点があります。

これらをの31システム法の欠点を改良するためには、以下のような対策がおすすめです。

まず、賭け金の増減をより柔軟に調整する方法を考慮しましょう。

例えば、連敗が続いた場合には賭け金を緩やかに増やし、連勝時には賭け金を一気に増やすなどの工夫が効果的です。これにより、損失を抑えつつ、利益を最大化できます。

次に、連勝・連敗のパターンに応じた新しい賭け金の計算方法を導入することも一つの手です。

例えば、連敗が続いた場合には次の賭け金を一定に保つか、少しずつ増やす方法を検討し、連勝時には賭け金を倍増させるなどの戦略を取り入れるとよいでしょう。

さらに、専用のアプリやツールを活用することで、ユニット予算のカウントや賭け金の調整が簡単になります。

このように、改良点を見つけ出し、適切に取り入れることで、31システム法の効果を最大限に引き出せるでしょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

31システム法以外の攻略法、必勝法

31システム法以外の攻略法、必勝法のバナー
ここからは、31システム法以外の攻略法、必勝法を3つ紹介します。

それぞれ見ていきましょう。

わらしべ長者法は、日本のおとぎ話「わらしべ長者」にもとづくルーレットの必勝法です。

20ユニットの賭け金を使い、全部で6つの手順が必要です。

小さな賭け金から始め、連勝するごとに賭け金を増やしていきます。リスクを低く抑えながら、大きな利益を狙いたい人におすすめです。

マンシュリアン法は、ルーレットにおける効率的な必勝法の一つです。コーナーベットを中心に使用し、徐々に賭け金とカバーする範囲を増やしていきます。

ルーレットの必勝法の中でも高い効率で利益を上げると評判で、多くのプレーヤーが実践しています。リスクを抑えつつ安定した収益を狙いたい人に向いています。

フラワーベット法は、ルーレットで使われる必勝法で、賭け方が花びらのように見えるのが特徴です。

賭け金の分散によりリスクを管理しながら、複数の勝利条件を狙えます。

賭け方は簡単で、初心者でもすぐに始められるため、ルーレットを楽しむ上で覚えておくとよいでしょう。

【他の攻略法】

ボンズカジノの入金不要ボーナス

 

31システム法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!

31システム法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!のバナー
31システム法は、オンラインカジノでリスクを管理しながら、安定したプレイを楽しむためのギャンブルの戦略です。

31ドルを基準に賭け金を設定し、負けた場合は賭け金を倍増させ、勝利すれば、損失をカバーして利益を得られます。

最大損失が31ドルに制限されるため、大きな損失を避けられるメリットがありますが、計算と記録が必要で少し手間がかかります。

ランドカジノではメモを使った計算と記録が禁止されていますが、オンラインカジノでは使用可能です。

また、オンラインカジノであれば自宅や好きな場所でプレイできるため、落ち着いて31システム法の戦略を立てるのに向いています。

さらに、オンラインカジノで31システム法を使えば、ギャンブルでお金を増やすことも夢ではありません。

オンラインカジノの入金不要ボーナスや初回入金ボーナスを活用し、リスクを抑えながら効率的に利益アップを狙いましょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

31システム法に関するよくある質問

31システム法に関するよくある質問のバナー
ここからは、31システム法に関するよくある質問に回答します。

31システム法の名前の由来、意味はなんですか?

31システム法の名前の由来は、最大損失額が31単位(31ドル)に制限されていることからきています。

31システム法は、1サイクルの最大損失が31ドルと決まっているため、リスクを管理しやすく、資金を効果的にコントロールできます。

31システム法は有効な攻略法ですか?

31システム法は有効な攻略法です。

2連勝すれば利益が確定し、賭け金の増加が緩やかなので、リスクを最小限に抑えながらカジノゲームを楽しめます。特に初心者にとって使いやすい攻略法です。

31システム法の使用は禁止されている?

31システム法の使用は、オンラインカジノでは禁止されていません。

ランドカジノでは、表やメモの持ち込みが禁止される場合がありますが、オンラインカジノでは問題なく使用できます。

31システム法で負ける時にはどうしたらいい?

31システム法で負けた場合、損失が31単位に達したら一旦ゲームを終了し、次のサイクルに進むのが重要です。

連敗が続いた場合は、事前に決めたルールに従い、「9回ベットしたらやめる」など、やめ時を明確にすると損失を抑えられます。

 

まとめ

当記事では、リスクを最小限に抑えながら利益を増やせる31システム法について詳しく紹介しました。

31システム法は、賭け金を管理し、連勝することで利益を確定する攻略法です。

特徴としては、2連勝で利益を得られ、損失が最大31ドルに制限される点が挙げられます。

しかし、ユニット予算のカウントが必要で、連敗が続くと時間がかかる点には注意が必要です。

また、大勝ちが難しく、連続してプレイすると作業感を感じることもあります。

一方、大勝ちやゲーム中のスリルを求める方には、マーチンゲール法、グランマーチンゲール法、パーレー法モンテカルロ法などの戦略がおすすめです。

この記事を読んで、31システム法を試してみたいと思った方には、オンラインカジノが最適です。

カジマル特別特典の入金不要ボーナスを使えば、初期費用のリスクを抑えてカジノゲームを楽しめます。

31システム法以外にも、自分のスタイルに合ったベット戦略を学び使い分けて、勝率アップを目指しましょう。