ブラックジャックの確率|計算方法や確率を使った戦い方も解説

ホーム » ブラックジャックのルール|簡単にわかるやり方、遊び方ガイド » ブラックジャックの確率|計算方法や確率を使った戦い方も解説

更新日:2024-05-31

ブラックジャックの確率|計算方法や確率を使った戦い方も解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 アマギフ当たる♪緊急アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのゲーム開発企画カジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

ブラックジャックの確率とは?

ブラックジャックの確率とは?のバナー
ブラックジャックの確率とは、プレーヤーやディーラーの行動の結果として起こり得る、様々な事象の可能性を数学的に表したものです。

ブラックジャックは、使用されるデッキ数やゲームの種類によって確率が若干異なります。

具体的には、一般的なブラックジャックのゲームでのプレーヤーがバーストする確率、ディーラーが21を達成する確率、ペアが出る確率、そしてブラックジャックのサイドベットが当たる確率など、様々な出来事の確率が計算されています。

特にブラックジャックは、ポーカーバカラルーレットと比べても還元率が高く、カジノゲームの中でも人気が高いため、これらの確率を理解することは、戦略を立てる上で非常に重要です。

カードの出現率やナチュラルで21が揃う確率など、各種確率を知ることで、ブラックジャックのゲームの勝率が、ぐっとアップします。

当記事では、ブラックジャックにおける、さまざまな確率について、計算方法や確率を使った戦い方も詳しく解説していきます。

【その他関連記事】
ブラックジャックのベーシックストラテジー
ブラックジャックの用語
ブラックジャックの種類

コニベットの登録バナー

 

ブラックジャックのカード別出現確率

ブラックジャックのカード別出現確率のバナー
ブラックジャックで必ず必要なものといえば、トランプです。

実際にどの数字が出現率が高いのかなど、気になる方も多いでしょう。

カード 出現確率
2〜9, A 約6%
10, J, Q, K 約30%

ブラックジャックにおいて、10、J、Q、Kはすべて10として数えるため、これらのカードが一括りで考慮されることにより、出現率が高く見えがちです。

一方で、他の数字カードはそれぞれ個別の確率が設定されており、出現率は自然と低くなります。

通常、ブラックジャックでは8デッキが使用されますが、同じスートが揃うようなサイドベットの難易度の高さが明確です。

また、10として数えるカードが比較的出現率が高いため、これを戦略的に利用するのもおすすめです。

 

ブラックジャックで21が出る確率

ブラックジャックで21が出る確率のバナー

ブラックジャックの醍醐味といえば、ナチュラルで21が出た時ではないでしょうか?

ストレートで21が揃った時の満足感は格別で、その上で勝利し配当を得られれば、さらに喜びも大きいでしょう。

ここでは、ナチュラルブラックジャックで21が出る確率と、ヒットした後に21が出る確率について紹介します。

それぞれ、ブラックジャックをプレイする上で、重要なポイントなため、チェックしていきましょう。

ナチュラルブラックジャックで21が出る確率

ブラックジャックをプレイする上で、一度は目指したいナチュラルブラックジャック(21)の条件を見てみましょう。

ナチュラルブラックジャックは、10として数えるカード(10、J、Q、K)とエース(A)が配られたときに、達成されます。

8デッキの場合、ブラックジャックが出る組み合わせは、32×128通りあります。

これを計算すると、ナチュラルブラックジャックになる確率は約4.75%、つまり20回に1回の割合でナチュラルブラックジャックが出現します。

ただし、この確率は8デッキを使用した場合のもので、デッキ数が異なると確率も変わるため、注意が必要です。

ヒットして21が出る確率

ブラックジャックでは、ヒットして結果的に21になる場合もあります。

ナチュラルブラックジャックほどではありませんが、手元に21が揃うと非常に嬉しい瞬間です。

では、ヒットして21が出る確率をチェックしていきましょう。この確率は、ヒットするカードの数によって変わります。

現在のハンド ヒットして21が出る確率
9以下の場合 0%
10 約7.69%
11 約30.76%
12以上の場合 約7.69%

例えば、現在のハンドが9の場合、どのカードを引いても21にはならないため、その確率は0%です。

一方、ハンドが11の場合は、ヒットして21が出る確率が高いので、11を引いた時は特に期待が持てます。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

プレーヤーハンドが21になる確率

8デッキを使用するブラックジャックでは、プレーヤーがナチュラルに21を揃える組み合わせは、32×128通りです。

これはヒットした時にも同様です。つまり、プレーヤーのハンドが21になる確率は以下の通りです。

  • ナチュラルブラックジャックの場合:4.75%
  • ヒットしてハンドがブラックジャックになる場合:最大30.76%

注意すべきは、ハンドが9以下の場合、次のヒットでブラックジャックにはならないという点です。

ディーラーハンドが21になる確率

一部のプレーヤーは、ディーラー側の確率がプレーヤーよりも高いと思うかもしれません。

しかし実際は、ディーラーもプレーヤーと同じデッキからカードを引いているため、確率は同じです。

  • ナチュラルブラックジャックの場合:4.75%
  • ヒットしてハンドがブラックジャックになる場合:最大30.76%

このように、どちらの手も同じ条件で競うため、ブラックジャックは非常に面白いゲームと言えます。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックでバーストになる確率

ブラックジャックでバーストになる確率のバナー
ブラックジャックでは、バーストは避けたい状況の一つです。

バーストとは、ヒットして21を超えることであり、これにより即座に負けが確定します。

ここでは、プレーヤーとディーラーのバースト確率について、それぞれ詳しく見ていきます。

プレーヤーのバースト確率

まず、プレーヤーがバーストする確率から確認してみましょう。

注意したいのは、現在のハンドの合計に応じて、バーストする確率が変わります。

ハンド バーストする確率
11以下 0%
12 30.79%
13 38.48%
14 46.17%
15 53.86%
16 61.55%
17 69.24%
18 76.93%
19 84.62%
20 92.31%

具体的には、次にヒットした時にバーストする確率のことを指すため、ハンドが11以下の時はバーストする確率は0%です。

バーストの場合は、最初のハンドが大きければ大きいほど、次のヒットでバーストする確率が上がります。

20の場合は、もう後がなくAが来ることを祈るしかなくなるため、92.31%の確率でバーストして終了です。

ディーラーのバースト確率

続いて、ディーラー側のバースト確率を、チェックしていきましょう。

こちらもアップカードの数字によって、バーストする確率が異なります。

ディーラーのアップカードの数字 バーストする確率
2 35.3%
3 37.5%
4 40.3%
5 42.9%
6 42.1%
7 26.0%
8 23.9%
9 23.3%
10 (J, Q, K含む) 21.4%
A 11.6%

ディーラーは、プレーヤーと異なり、特定の数字まで必ずヒットしなければならないルールがあります。

そのため、どのカードがアップになっていても、一見するとプレーヤーよりバーストの確率が低いように見えます。

これは、ディーラーが通常一枚だけ、アップカードを持っているためです。

しかし、次に引くカードによっては、バーストの確率が急上昇する可能性もあります。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックのペア出現確率と計算の仕方

ブラックジャックのペア出現確率と計算の仕方のバナー
ブラックジャックは、プレーヤーやディーラーが勝つことだけに、ベッティングするものではありません。

サイドベットが用意されており、ペアやポーカーのような楽しみ方も可能です。

ブラックジャックのペアの出現確率は、デッキ数によって異なりますが、1デッキの中に78通りの組み合わせがあります。

ブラックジャックのペア出現率と計算の仕方は、以下のとおりです。

デッキ数 ペアの組み合わせ数 総組み合わせ数 ペアの出現確率
1 78 1,326 5.88%
2 156 2,652 5.88%
4 312 5,304 5.88%
6 468 7,956 5.88%
8 624 10,608 5.88%

最初のデッキから1枚引いた後の残りのカードの数が51枚なので、2,652通りの組み合わせがありますが、出現順序は関係ないので、2で割ります。これにより、1,326通りの組み合わせが得られます。

したがって、78通りのペアの組み合わせを、1,326通りの総組み合わせで割ると、ペアが出現する確率は5.88%です。

しかし、注意したいのは、ブラックジャックのペアの出現確率は、あくまで確率であり、必ずしも出現するわけではありません。

このことから、ブラックジャックのペアの出現確率は、ゲームの判断材料として、留めておくのが賢明です。

コニベットの登録バナー

 

ブラックジャックの確率を元にした基本戦法

ブラックジャックの確率を元にした基本戦法のバナー
ブラックジャックの確率を理解したら、実際のプレイでその知識を生かしてみましょう。

たとえば、プレーヤーの場合、ハンドが11以下の時はヒットしてもバーストする確率が低くなるため、積極的にヒットできます。

また、ディーラーのアップカードが5の場合は、バーストを狙ったりするのも有効です。

ブラックジャックには、基本戦略としてベーシックストラテジー表がありますが、この表と今回紹介した確率を組み合わせることで、かなり勝率アップが期待できるでしょう。

ただむやみにプレーするのではなく、サイドベットなどにも注意を払うことが重要です。

サイドベットの場合、通常の配当よりも高額になる場合がほとんどで、当たれば大きな配当が得られます。

ただし、これには高いリスクも伴うため、バランスを考えながら、賢く利用することが重要です。

ベラジョンカジノの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックの確率に関するよくある質問

ブラックジャックの確率に関するよくある質問のバナー
ブラックジャックの確率については、多くのプレーヤーが疑問を持っています。

これは、確率が単純なルールや一般的な戦略とは異なり、理解するのが難しいからかもしれません。

以下では、ブラックジャックの確率に関して、よくある質問や、多くのプレーヤーが気になる点をまとめてみました。

ブラックジャックの確率をどのように役立てられる?

ブラックジャックの確率を理解することで、自分の手札が21になる確率や、バーストする可能性などがより理解しやすくなります。

また、ディーラーのバーストを狙うべきなのかなど、プレイ中の戦略の幅が広がります。

加えて、カードの出現率なども一緒に覚えておけば、より一層ブラックジャックの腕を磨けるでしょう。

さらに、確率を理解し役立てることで、勝率をもっとあげることもできるので、利用しない手はありません。

ブラックジャックで連敗する確率はどれくらい?

ブラックジャックは一般的に期待値の高いゲームとして知られていますが、連敗する可能性もあります。

しかし、実際に10回連続で負ける確率は非常に低く、0.1%未満と言われています。

これは、ブラックジャックが確率的にも、かなり有利なゲームであることを示しています。

つまり、長期的にプレイする場合、大きな連敗を経験することは稀です。

ブラックジャックの確率では、期待値に基づいた戦略を採用することで、より安定したプレイが望めるでしょう。

 

まとめ

ブラックジャックは高い還元率を誇り、サイドベットやインシュランスダブルダウンカウンティングなどの効率的な攻略法が数多く存在します。

確率については、効率的なブラックジャックの戦略とは言えないものの、その理解はゲームをより楽しむために、非常に役立ちます。

一見、出現率などを見ると驚くかもしれませんが、その知識を駆使することで、高額配当も夢ではありません。

この記事で学んだ確率の知識を活かして、ブラックジャックで遊んでみたいと思った方は、オンラインカジノがおすすめです。

当サイトおすすめのオンラインカジノに登録すると、入金不要ボーナスや初回入金ボーナスを使って、お得にブラックジャックが楽しめます。

この機会に、オンラインカジノで、ブラックジャックの勝率アップを目指してみませんか?