ココモ法の改良法4選 | 欠点を補い利益を上げるテクニック

ホーム » ココモ法 | 使い方、やり方、賭け方の完全ガイド » ココモ法の改良法4選 | 欠点を補い利益を上げるテクニック

更新日:2024-06-10

ココモ法の改良法4選 | 欠点を補い利益を上げるテクニックのバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 アマギフ当たる♪緊急アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのゲーム開発企画カジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

ココモ法の改良法とは?

ココモ法の改良法とは?のバナー
ココモ法の改良法とは、従来のココモ法をさらに改良し、より効果的な戦略とするための手法です。

従来のココモ法は、主にルーレットで使用されるハイリスク・ハイリターンの戦略です。

また、一度の勝利で過去の損失を一気に回収できる可能性があるため、ルーレットの必勝法としても知られます。

このココモ法の改良法では、システムベッティングさらに進化させ、勝率アップを狙える戦略が利用できます。

一方で、改良版のココモ法を理解するためには、まず従来のココモ法の基本原則を把握することが大切です。

また、当然デメリットもあるため、そのデメリットを見直すことも重要です。

当記事では、従来のココモ法の改良版についておさらいし、代表的な4つの手法からよくある質問まで、ココモ法の改良法を詳しく紹介していきます。

コニベットの登録バナー

 

ココモ法とその欠点をおさらい

ココモ法とその欠点をおさらいのバナー
これまでココモ法の改良について説明してきましたが、まずは基本的なココモ法とその欠点をおさらいしましょう。

ココモ法のルールはシンプルで、前回と前々回のベット額の合計を次のベット額とします。具体的な例を挙げて説明します。

回数 ベット額 説明
1 $1 最初に$1をベット。
2 $1 2回目も$1をベット。
3 $2 3回目は、$1+$1で$2をベット。
4 $3 4回目は、$1+$2で$3をベット。
5 $5 5回目は、$2+$3で$5をベット。

このように、連敗が続くほどベット額が増えていきます。

しかし、確率論的には15連敗することは稀で、その確率は2%以下です。そのため、連敗が続いたとしても、最終的に勝てば累積した損失を取り戻せます。

ココモ法は主に配当が3倍のゲーム、例えばルーレットのカラム・ダズンベットに適しています。

また、ココモ法は、マーチンゲール法から派生したものであり、ベット額の増やし方と勝ち負けの関係に違いがあります。

例えば、マーチンゲール法では、負けた際に次のベット額を2倍にします。

そのため、連敗するとすぐにベット額が跳ね上がり、資金が底をつく可能性が高いです。

下表は、1ドルスタートでココモ法とマーチンゲール法を比較したものです。

連敗数 ココモ法の損失 マーチンゲール法の損失 差額 (マーチンゲール法/ココモ法)
5 5ドル 16ドル 3.2倍
10 55ドル 512ドル 9.3倍

このように、ココモ法はマーチンゲール法に比べて緩やかにベット額を上げる特徴があります。

損失分をカバーするだけでなく、最終的に利益を得る可能性もあります。

次に、ココモ法の欠点を簡単におさらいします。

  • 2倍の配当のゲームでは使えない。
  • 連敗する可能性が高い。
  • 連敗した場合に対応できる十分な資金が必要。
  • ベット額がテーブルリミットに達してしまう可能性がある。

このように、ココモ法は資金管理が重要であり、ゲームに適した方法であることを理解して、改良法を実践する必要があります。

ココモ法を改良した4つの手法

ココモ法を改良した4つの手法のバナー
ココモ法の基本的なルールとデメリットを踏まえた上で、どのように改良されたのか、4つの手法を解説していきます。

以下で一つずつ、詳しく見ていきましょう。

3回連続で同じ領域に入ったら賭ける

1つ目はゲームを始めるタイミングを見極めることです。

ゲームにも流れがあるので、それを予測しながらココモ法をスタートします。

具体的には、ルーレットで3回連続同じエリアに入るのを待ってからベットするという方法です。

例えば、4連続で入る可能性は1.185%です。つまり約99%の確率で同じエリアに入ることはないので、予測しやすくなります。

このタイミングで始めることで、勝率をアップできるでしょう。

1ユニットの賭け額を高くする

2つ目は1ユニットのベット額を上げることです。

これは単純にベット額が増えるので、リターンも大きくなるという意味です。

例えば、$1でココモ法をスタートした場合と$5でスタート場合を比較して見てみましょう。

以下は、各ベット額における勝敗と利益の比較表です。

勝敗 $1のベット額 $5のベット額 配当$1 配当$5 利益$1 利益$5
1回目 1 5 × × -1 -5
2回目 1 5 × × -2 -10
3回目 2 10 4 20
4回目 3 15 6 30
5回目 5 25 10 50
6回目 8 40 16 80
7回目 13 65 26 130
8回目 21 105 42 210
9回目 34 170 68 340
10回目 55 275 110 550

3回目のベットで当たったとして、$1スタートの場合収益は$3。一方、$5スタートの場合は$20です。

次に5回目で当たったとします。$1スタートの場合、$10。$5スタートの場合$50の利益です。

この表は単純に5倍の差を表した表ですが、1ユニットのベット額を増やしただけで、これだけ大きい利益を上げられます。

ただし、1ユニットの金額を上げた場合、連敗するたびに金額が上がっていくので、この改良法は資金に十分な余裕があり、ハイリターンを狙いたい方のみにおすすめします。

4ベット目から賭け額を増やす

3つ目が、4回目からベット額を増やすことです。

通常ココモ法は3回目からベット額を上げます。しかし、ココモ法の改良法ではそれを1個ずらして、4回目から上げ始めます。

以下に、$1でスタートした場合の例を表を用いて考えましょう。

  • 通常のココモ法
回数 ベット額 勝敗 損益 合計ベット額 合計収支
1回目 $1 × $0 $1 -$1
2回目 $1 × $0 $2 -$2
3回目 $2 $6 $3 $3
4回目 $3 $9 $6 $3
5回目 $5 $15 $11 $4
6回目 $8 $24 $19 $5
  • ココモ法の改良法(4回目にベット額を上げた場合)
回数 ベット額 勝敗 損益 合計ベット額 合計収支
1回目 $1 × $0 $1 -$1
2回目 $1 × $0 $2 -$2
3回目 $1 $3 $3 $0
4回目 $2 $6 $5 $1
5回目 $3 $9 $8 $1
6回目 $5 $15 $13 $2

3回目で当たった場合、改良法ではベット額は$1で、1~3回目の合計ベット額は$3です。

配当は$3で利益は$0で、損失はありません。3ラウンドでは利益は出ませんが、連敗時の損失も少なく抑えられます。4~6回目の利益はそれぞれ$1、$1、$2と少額です。

一方、通常のココモ法では、4~6回目の利益は$9、$15、$24です。ベット額を増やすタイミングを遅らせるほど利益が少なくなる点に注意が必要です。

このように、ココモ法の改良法は、利益が少なくなるデメリットがありますが、損失を防ぎたい方におすすめです。

2カラム2ダズンベットと掛け合わせる

4つ目は、2カラム2ダズンベットで掛け合わせる手法です。

具体的には、ルーレットでカラムとダズンに2か所ずつベットし、高いリターンを狙う方法です。

ココモ法は、3倍配当ベットに適していますが、勝率は約33%と低めです。そのため、この方法を組み合わせることで、全体の利益をアップさせます。

2カラム2ダズンベットをすると、ルーレットの37個の数字のうち32個をカバーできます。

カラムとダズンの両方に当たると利益は+$2、どちらか一方に当たると-$1、どちらも当たらないと-$4です。勝率は約84%で、利益は少ないもののリスクも低く抑えられます。

この方法は、ハイリスク戦略と異なり、ローリスクローリターンで長期的に安定した利益を狙うのに適しています。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

ココモ法の改良法を試す時の注意点

ココモ法の改良法を試す時の注意点のバナー
ここまでココモ法についておさらいしましたが、欠点を踏まえた上で、実際に試す時の注意点を見ていきましょう。

具体的には、2点注意点があるので、それぞれを詳しく説明していきます。

最小ベットが低めのテーブルを選択する

1つ目の注意点は、ミニマムベットが低めのテーブルを選択することです。

ココモ法は連敗の可能性が高く、十分な資金が必要です。また、負け続けるとテーブルリミットに達する可能性もあります。

大きい額でココモ法をスタートすると、失敗のリスクが高まります。

例えば、$1でスタートしても16連敗するとベット額は$987に達します。リスクを考慮して、ミニマムベットが低いテーブルで小さいベットから始めるのがおすすめです。

カジノやテーブルによってミニマムベットは異なるので、事前にチェックしてからゲームを始めましょう。

全体予算を考慮して1ユニットの金額を決める

2つ目の注意点は、予算を考慮して1ユニットのベット金額を決めることです。

連敗が続くとベット額が増加し、資金が不足する可能性や損失が大きくなるリスクがあります。

ココモ法はハイリスクハイリターンな手法なので、事前に1ユニットの金額を設定しましょう。

5連敗する確率は約13%、10連敗は約2%、15連敗は約0.2%です。15連敗は50回に1回の確率で起こります。一方で、勝率は約33%、つまり3回に1回は勝つ計算です。

ココモ法で負け続けることは確率論的には珍しいですが、可能性は0ではありません。

事前に全体予算を把握した上で、資金管理をしっかりしてプレイに挑みましょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

ココモ法の改良版はこんな時に使う

ココモ法の改良版はこんな時に使うのバナー
ココモ法は、いくつかの欠点を補うために改良されました。

では、どんな時にココモ法の改良版を使うべきかについて説明します。

まず、負け越した分を一気に取り戻したいけれど、マーチンゲール法を使うほどの資金がない時に適しています。

マーチンゲール法は連敗するたびにベット額を倍にしていくため、大きな資金が必要になりますが、ココモ法は比較的資金が少なくても実践できます。

次に、改良版の手法を活用するタイミングとして、3回連続で同じエリアに入った時が挙げられます。このような状況では、ココモ法の改良版を使うことで、連敗のリスクを抑えつつ、効率的に利益を狙えます。

さらに、改良版ココモ法は、低リスクで連敗を乗り切りたい場合にも有効です。

ベット額を上げるタイミングを遅らせたり、2カラム・2ダズンベットと併用したりすることで、損失を最小限に抑えながら、安定した利益が狙えます。

このように、ココモ法を適切なタイミングで実践することで、より安定したギャンブルライフが楽しめるでしょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ココモ法の改良法に関するよくある質問

ココモ法の改良法に関するよくある質問のバナー
最後に、ココモ法の改良法に関するよくある質問に関して、以下で答えていきます。

ココモ法の改良法とはなんですか?

ココモ法の改良法とは、リスクを抑えつつ利益を上げるための手法です。

すべての戦略にはメリットとデメリットがありますが、ココモ法は確実に勝つ方法ではなく、失敗時のリスクが高いです。

そこで、ココモ法の改良版は、損失を最小限に抑えるために確率論に基づいた工夫を取り入れています。

ココモ法の改良法がおすすめの人は?

ココモ法の改良法は、以下のような人におすすめです

  • 資金に余裕がある人
  • ハイリスクハイリターンを狙いたいが、不安がある人
  • 初心者
  • オンラインカジノプレーヤー

まず、ココモ法の改良法を使うには、連敗が続いても対応できる十分な資金が必要です。

そして、マーチンゲール法よりもベット額の増加が緩やかなため、ハイリスクハイリターンを狙いたいが、不安がある人には最適です。

また、計算が簡単なため、初心者でも始めやすいというメリットもあります。

さらに、ランドカジノでは計算方法を紙に書くなどの行為は禁止されていますが、オンラインカジノでは可能ななので、オンラインカジノプレーヤーに適しています。

 

まとめ

今回は、ルーレットの賭け方で使われるココモ法を、より戦略的に使える改良法について詳しく紹介しました。

ココモ法の改良法は計算が簡単で、勝率をアップさせる効果がありますが、まとまった資金や連敗への心構えが重要です。

また、事前に自分の損切のタイミングを決め、熱中しすぎずにプレイすることが成功のポイントです。

ブラックジャックの必勝法や、バカラの必勝法としての活用も可能です。

この記事を読んで、ココモ法の改良法を試してみたいと思った方には、オンラインカジノがぴったりです。

入金不要ボーナスなど、当サイト限定の特典を使えば、まとまった資金がなくてもカジノゲームを楽しめます。

この機会にオンラインカジノに登録して、勝率アップを目指すココモ法やシステムベッティングを習得してみませんか?