実践シミュレーションでパーレー法を検証!

ホーム » パーレー法とは | メリット・デメリットや実践攻略ガイド » 実践シミュレーションでパーレー法を検証!

更新日:2024-07-17

実践シミュレーションでパーレー法を検証!のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

パーレー法のシミュレーションとは?

パーレー法のシミュレーションとは?のバナー

パーレー法のシミュレーションとは、パーレー法を実際にプレイしたと仮定して、ゲームの流れや収支の動きを確認することです。

シミュレーション結果は表で表すことが多く、回数ごとのベット額、配当、勝敗、総合収支などが表記されています。

パーレー法について簡単におさらいをすると、連勝時にベット額を2倍にし、負けるまで繰り返すという攻略法です。

配当2倍、勝率50%、独立事象のゲームで使用できます。

また、パーレー法の一種で、特定のステップで賭け金を増やすシステムを使用するグランパーレー法も存在します。

パーレー法を実践する前に、一度シミュレーションを確認してベット額や収支の推移を理解しておくと、勝ちにつながります。

コニベットの登録バナー

パーレー法のシミュレーションを参考にする利点

パーレー法のシミュレーションを参考にする利点のバナー

パーレー法のルールは簡単なので、シミュレーションをしなくても攻略法は実践できます。

しかし、シミュレーションをして、早見表を使いこなせば効率よく利益を上げられます。

実際にパーレー法をチャレンジしてみたい方に向けて、シミュレーションを参考にするメリットを考えてみましょう。

パーレー法を使ったゲームフローが分かる

1つ目は、ゲームフローが理解できることです。

計算しなくても表を見ればベット額の上げ方、配当は一目瞭然なので、気軽に実践できます。

ベット額の上げ方は2倍にするだけなので、少ない金額でスタートした場合は、頭で簡単に計算できるでしょう。

しかし、ベット額が大きい場合は、早見表で確認した方が確実で早いです。

金額を間違ってしまうと、パーレー法のメリットを生かせなくなる可能性もあるので、正確性を求めるためにも役立ちます。

また、初心者の方にも1度流れを理解するために、パーレー法のシミュレーションをおすすめします。

パーレー法の収益計算のヒントになる

2つ目は、収益計算のヒントになることです。

シミュレーションの結果を表した表には収益が載っているので、それを参考にしながら自分のベット額を考慮して、全体でいくら収益が出るのか計算しやすくなります。

資金管理のためにも、シミュレーション表を利用して1ユニットいくらで始めればいいのか、計画性をもってプレイできます。

事前に収益を確認できれば、どのストラテジーを試すか考え、結果的に効率よく利益を出せます。

また、ランドカジノでは紙への記録やスマートフォンの利用は禁止されています。

ランドカジノとは違い、オンラインカジノではそれらの行為は問題ありません。

これはオンラインカジノのメリットでもあるので、計画的なプレイを目的にシミュレーション表を駆使すれば勝てるチャンスが広がります。

パーレー法のシミュレーション表の見方

パーレー法のシミュレーション表の見方のバナー

シミュレーション表の見方は、ものによって表記など若干の違いはあります。

基本的にはベット回数、その1回のベット額と配当、その1回で勝った金額、パーレー法をスタートしてからのトータルの利益がそれぞれ表記されています。

表によって多少表記の違いはあるものの、煩雑さはないので簡単にパーレー法のシミュレーション結果がわかります。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

パーレー法の実践シミュレーション

パーレー法の実践シミュレーションのバナー

パーレー法は主に配当が2倍、勝率50%、独立事象のゲームで使用されます。

ただし、独立事象であることは絶対条件ではなく、配当と勝率の条件が揃えば実践できます。

ここでは、条件に該当するカジノゲームである、バカラルーレットブラックジャックそれぞれの実践シミュレーションを見ていきましょう。

パーレー法のシミュレーション条件は、全て1ドルでスタートし、10回戦で揃えます。

また、今回は、4連勝の確率は低いことから目標連勝数を3回とし、3回連勝毎に一旦パーレー法をリセットします。

パーレー法のシミュレーション-1

1回目は、バカラでシミュレーションします。

バカラでは、プレーヤーもしくはバンカーにベットしましょう。タイベットは条件を満たさないので、適用外です。

ただし、バカラの場合は注意点があります。それはバカラの確率が異なることです。

プレーヤー44.62%、バンカーが45.86%とバンカーの方が若干勝率が高く有利なため、バンカーの配当は1.95倍とカジノ側への手数料として毎回0.05%引かれます。

手数料が引かれないノンコミッションバカラもありますが、今回は通常のバカラテーブルでプレイします。

分かりやすいようにプレーヤー、バンカーそれぞれ分けてシミュレーションします。

なお、勝敗のタイミングも同じ条件です。

【プレーヤーのみにベットした場合】

パーレー法のシミュレーション (バカラのプレーヤーのみに賭けた場合)

回数 ベット額 勝敗 配当 収支
1 1 2 +1
2 2 × -2 -1
3 1 × -1 -2
4 1 × -1 -3
5 1 2 -1
6 2 4 +3
7 4 8 +11
8 1 × -1 +10
9 1 × -1 +9
10 1 1 +10

1回目勝ち、2回目にルールに従い、ベット額を2倍にします。

負けたので収支はマイナスです。

ここから3連敗が続きますが、負けている場合はパーレー法のルールに従いベット額は変わらないので、3~5回目のベット額は1ドルです。

3連敗の時点で収支は-3まで下がります。

しかし、5~7回戦目で3連勝し、収支は一気に+11まで増えます。

3連勝でストップしてしまい、2連敗しますが、ベット額は1ドルにリセットされたので、損失は毎回-1ドルだけで、9回目はプラス収支のままです。

そして最後、10回戦目に勝ちました。

5勝5敗で、途中3連勝して、最高収支は+11ドルで、最終的に+10ドルという結果です。

【バンカーのみにベットした場合】

パーレー法のシミュレーション (バカラのバンカーのみに賭けた場合)

回数 ベット額 勝敗 配当 収支
1 1 1.95 +0.95
2 2 × -2 -1.05
3 1 × -1 -2.05
4 1 × -1 -3.05
5 1 1.95 -1.1
6 2 3.9 +2.8
7 4 7.8 +10.6
8 1 × -1 +9.6
9 1 × -1 +8.6
10 1 1.95 +10.55

バンカーの配当は1.95倍なので、1回目の勝ちで、収支は+0.95ドルです。

配当は小数点ですが、ベット額は通常通りです。

2回目負けで、負けた際はベット額分の損失なので、-2ドル失い、収支は-1.05ドルです。

3連敗して4回目で収支は-3.05ドルに下がります。

5~7回目で3連勝したので、7回目で10.6ドルの利益です。

その後、2連敗し、最後の10回目で勝利したので、10回戦の結果は+10.55です。

パーレー法のシミュレーション-2

2回目は、ルーレットでシミュレーションします。

ルーレットの賭け方は、配当2倍、勝率50%の偶数・奇数、ハイ・ロー、赤・黒へのベットがパーレー法の対象です。

また、ルーレットは独立事象のゲームなので、パーレー法に最も適しています。

今回のシミュレーションでは偶数に1ドルベットでスタートし、10回戦行います。

パーレー法のシミュレーション (ルーレットで実践)

回数 ベット額 勝敗 配当 収支
1 1 2 +1
2 2 × -2 -1
3 1 × -1 -2
4 1 × -1 -3
5 1 2 -1
6 2 4 +3
7 4 × -4 -1
8 1 × -1 -2
9 1 × -1 -3
10 1 1 -2

1回目勝ち、2回目にルールに従い、ベット額を2倍にします。

負けたので収支はマイナスです。

ここから3連敗が続きますが、負けの場合ベット額は変わらないので3~5回目のベット額は1ドルのままです。

3連敗の時点で収支は-3まで下がります。

しかし、5、6回戦目で2連勝し、収支は+3まで増えます。

2連勝でストップしてしまい、その後3連敗し、-3ドルです。

そして最後、10回戦目に勝ちました。

10回戦行い4勝6敗で、最大2連勝で-2ドルという結果になりました。

パーレー法のシミュレーション-3

3回目は、ブラックジャックでシミュレーションします。

ダブルダウンやスプリットをするとベット額が変わってしまうので、ブラックジャックのベーシックストラテジーに従って、ヒットまたはスタンドのみ選択します。

インシュランスも行いませんが、1度ディーラーとプレーヤーが引き分けたとします。

パーレー法のシミュレーション (ブラックジャックで実践)

回数 ベット額 勝敗 配当 収支
1 1 × -1 -2
2 2 × -2 -4
3 1 × -1 -5
4 1 タイ 0 -5
5 1 2 -3
6 2 4 +1
7 4 8 +9
8 1 × -1 +8
9 1 × -1 +7
10 1 1 +8

1~3回目まで連敗が続き、負けている際ベット額は変わらないので1~4回目のベット額は1ドルで、4回目の収支は-5まで下がります。

次のゲームが引き分けだったので、配当は0で、この場合は収支の変動はありません。

タイが出た後のベット額は前回のゲームがなかったことになるので、変わらず1ドルです。

5~7回戦目で3連勝し、収支は一気に+9まで増えます。

3連勝でストップしてしまい、その後2連敗しますが、ベット額は1ドルにリセットされ、その場合の損失が小さく、9回目もプラス収支のままです。

そして最後、10回戦目に勝ちました。

ブラックジャックのシミュレーションは4勝5敗1分で、結果は+9ドルです。

テッドベットの入金不要ボーナス

シミュレーション結果に基づきパーレー法を考察

シミュレーション結果に基づきパーレー法を考察のバナー

3つのシミュレーションを基に、パーレー法を考察していきましょう。

まず、バカラのプレーヤー、バンカーから見ていきましょう。

2つを比較すると、3連勝の利益はプレーヤーの方が高く、最終的にバンカーが0.55ドル多く利益が出ました。

配当の差は0.05と小さい違いかもしれませんが、ベット額が増えればその分差額も大きいです。

連勝した場合はプレーヤーにベットした方が収支は高いので、稼げることが分かります。

ただし、勝ち負けを繰り返した場合、最終利益はバンカーのみにベットしたほうが若干高い利益が出ます。

バンカーのみにベットした場合、利益の計算方法も異なるので、シミュレーション表の活用をおすすめします。

また、プレーヤーとバンカー交互にベットする場合も計算がやや複雑になります。

次に、4つすべてのシミュレーションを考察しましょう。

バンカーの場合配当が異なり計算が変わるため例外ですが、共通点は、負けたらベット額分損失します。

これがパーレー法最大のデメリットです。

ただし、3連勝した後マイナス収支が一気に+10~+12ドルに増えます。

1度負けても、その後連勝すれば損失額よりも多く稼げます。

3連勝のあと2連敗していますが、勝つまでベット額は1ドルで、失う金額も毎回1ドルのみです。

そのため、負ける前の収支が大きいので、負けても損失額自体は小さいです。

10回戦の結果もプラスで終わっているで、今回のシミュレーションは成功です。

負けると利益を失うことがデメリットと言いましたが、ある程度連勝し利益が出ていれば、多少の連敗はそこまで怖くありません。

一方、ルーレットのシミュレーションのように3連勝できなかった場合、収支はマイナスで終わります。

2連勝だけでは損失額を取り戻せません。

ブラックジャックのように負けた数の方が勝った数より多くても、3連勝しているので結果はプラス収支です。

合計の勝敗数は関係なく、何連勝するかが重要であり、最低でも3連勝しないとパーレー法は失敗に終わります。

連敗したとしても、それを取り戻す分の連勝が続けば利益をプラスにでき、そこで、利確すれば勝敗数は関係なく勝ちです。

つまり、3連勝の時点で1度利確していれば、パーレー法は確実に稼げるギャンブルの必勝法と言えます。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

パーレー法のシミュレーションに関するよくある質問

パーレー法のシミュレーションに関するよくある質問のバナー

最後に、パーレー法のシミュレーションに関する質問にお答えします。

パーレー法のシミュレーターは存在する?

シミュレーターとは、数字を入力すると自動でゲームごとに計算してくれるシステムです。

オンライン上のシミュレーションサイト、シミュレーションアプリ、オンラインカジノのデモプレイもシミュレーターとして使用できます。

「Casino Bet」や「System Bet Calculator」が計算アプリとしては有名で、モンテカルロ法のシミュレーションやその他の攻略法にも対応しています。

軍資金、何回戦するか、損切のタイミングなど各項目があり、ここで作ったシミュレーション表のようなものを作成、計算しなくても数字をもとに機械がすぐに結果を算出してくれます。

勝率2分の1、または3分の1のゲームそれぞれ計算方法が異なるので、非常に便利で有効です。

ただし、複数の攻略法を組み合わせた方法など、複雑な場合はシミュレーションできない場合があります。

パーレー法を実践できるゲームは?

パーレー法が適用されるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレットです。

その中でも条件は2倍配当ゲーム、勝率50%、独立事象のゲームです。

ルーレットでは、赤・黒、ハイ・ロー、偶数・奇数へのベット、ブラックジャック、バカラの場合はプレーヤー・バンカーへのベットです。

独立事象とは1回1回独立したゲームで、他のゲーム結果に影響されず、常に一定の確率であることです。

具体的には、ルーレットはホイールの数字の数は常に決まっており、連続して同じ数字が出ることがあり、ルーレットの確率は一定です。

一方、バカラやブラックジャックはシューからカードを引いていくので、同じカードが出ることはありません。

出たカードによってシューの残りのカードが変わる、つまり結果が変わるので、独立したゲームではありません。

バカラ、ブラックジャックのように独立事象のゲームではなくても2倍配当ゲーム、勝率50%の条件を満たせば実践できますが、パーレー法の確実性を求める人はルーレットでの実践をおすすめします。

そして、オンラインカジノ以外でもスポーツベット競馬、競艇、競輪など幅広いギャンブルの種類で活用できます。

まとめ

パーレー法のシミュレーションから、ゲームの流れ、特徴を理解できましたか?

負けると必ず損失が出てしまいますが、連敗数、ベット額によっては大きな損失にはなりません。

また、パーレー法でもっとも大事なことは損切のタイミングを見極め、連勝時に利確することです。

パーレー法が攻めを意識した攻略法なのでパーレー法は勝てないと言われることもあり、リスクはもちろんありますが、3連勝以上で必ず利益が出せます。

シミュレーションの理解は資金管理にも役立つので、ぜひ利用してみましょう。

また、パーレー法が理解できたら、カジマルおすすめのオンラインカジノで、更に勝ちやすいパーレー法の改良法にもトライしてみましょう。

まずは入金不要ボーナス入金ボーナスを使用して、リスクを軽減しながら試してみるのがおすすめです!