10ユニット法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

ホーム » 10ユニット法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅

更新日:2024-07-17

10ユニット法完全ガイド | 利点欠点から効果的な使い方まで網羅のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

10ユニット法とは?

10ユニット法とは?のバナー
10ユニット法とは、オンラインカジノにおける戦略的な資金管理手法の一つで、目標利益を効率的に達成するための方法です。

この方法では、設定した目標金額を10分割したユニットを使用します。

例えば、10ドルの利益を目指す場合、1ドルを10個のユニットに分けて数列化します。

賭け金額は数列の両端にある数字を合計した金額で、勝利した場合、両端の数字を消し、次に残った数列の両端を足した金額を賭けます。

数列の数字がすべて消えると、10ユニット法が完了し、目標利益が達成される仕組みです。

10ユニット法は、勝敗の進行に応じて賭け金を調整できるため、無謀な賭けを避けられます。

当記事では、10ユニット法が使えるカジノゲームやベット法、そのメリットやデメリットについて詳しく紹介していきます。

コニベットの登録バナー

 

10ユニット法が使えるカジノゲーム、ベット方法

0ユニット法が使えるカジノゲーム、ベット方法のバナー
10ユニット法が使えるカジノゲームは、2倍配当のゲームが対象です。

  • ルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ
  • クラップス
  • タイサイ(大小)

まず、ルーレットのルールでは、赤黒、奇数偶数、ハイローのベット方法が有効です。

特に、勝率が高いヨーロピアンルーレットを選ぶと成功しやすくなります。例えば、赤黒どちらかに賭ける方法は、勝率が約50%で、10ユニット法との相性が良いベット方法です。

ブラックジャックのルール上も配当が2倍になるため、10ユニット法に最適なベット方法です。ブラックジャックのベーシックストラテジーに基づき、賭け金の管理がしやすく、安定した利益を狙えます。

バカラのルールでは、バンカーとプレーヤーへのベットが効果的です。特に、バンカーへの賭けは勝率が高いため、10ユニット法を使うと成功率が上がります。

また、2倍配当のゲームとして、クラップスのルールやタイサイ(大小)でも、10ユニット法が効果的なベット方法です。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

10ユニット法の基本的な使い方、やり方

10ユニット法の基本的な使い方、やり方のバナー
次に、10ユニット法の基本的な使い方、やり方について説明していきます。

具体的には、以下の5つのステップで進めます。

ユニット数(目標利益)とリミット数(損失上限額)を決める

まず、ユニット数(目標利益額)と、リミット数(損失上限額)を設定しましょう。

例えば、1ユニットを1ドルとし、損失上限額を20ドルに設定します。

この場合、成功すると10ドルの利益が得られ、失敗すると20ドルの損失が発生します。

ユニット数列の両端の合計を賭ける

次に、設定したユニット数列の両端を足した合計金額を賭けます。

初回は2ユニット(1+1)、つまり2ドルベットします。

ゲームの結果に応じて進み方を変える

勝った場合は、ゲームの結果に応じて進み方を変えていきましょう。

具体的には、ユニット数列の両端の数字を取り除き、直前に賭けたユニット数を損失上限額に追加します。

例えば、勝利時には「11111111」になり、損失上限額は22に増えます。

負けた場合は、右端に賭けたユニット数を追加し、損失上限額からその分を減らします。

負けた時には「111111112」になり、損失上限額は18に減少します。

ユニット数列がなくなると成功

勝敗を繰り返し、ユニット数列の数字がすべてなくなると、10ユニット法は成功です。

この時点で、10ユニット分の利益が確定します。

リミット数がゼロになると失敗

設定したリミット数がゼロに達した場合、10ユニット法は失敗です。

その際、設定した金額分の損失が確定します。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

10ユニット法は最強?それとも勝てない?

10ユニット法は最強?それとも勝てない?のバナー
10ユニット法は、オンラインカジノで非常に効果的な資金管理手法ですが、最強とは言い難いでしょう。

10ユニット法の強みは、計画的な資金管理が可能な点です。

具体的には、事前に設定した損失額と目標利益に従って賭け金を調整することで、無謀な賭けを避けられます。

例えば、ユニット数を1ドル、リミット数を20ドルに設定すれば、10ドルの利益が見込めるのです。

しかし、10ユニット法には限界もあります。

ゲームの結果が予測不可能なため、連続で負けが続いた場合、リミットに達してしまい損失が確定します。

特に、運に左右されるカジノゲームでは、必ずしも期待通りの結果が得られるわけではありません。

そのため、10ユニット法は計画的な資金管理と目標設定に優れた手法である一方、勝てないと言われる場合もあります。

10ユニット法は、適切に活用することで利益を狙えますが、リスクゼロではないため、慎重な運用が求められます。

【関連記事】

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

10ユニット法の実践シミュレーション・早見表

10ユニット法の実践シミュレーション・早見表のバナー
ここからは、ルーレットの賭け方で赤黒賭け(勝率約50%、配当2倍)を使った10ユニット法のシミュレーションを見ていきます。

今回は、1ユニットを1ドルとし、リミット数は20に設定しています。

シミュレーション結果は以下のとおりです。

ゲーム 数列 賭け金($) 勝敗 ゲーム後の数列 リミット数 累計損益($)
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 18 -2
2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3 1 1 1 1 1 1 1 1 1 21 1
3 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 23 3
4 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 25 5
5 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 2 23 3
6 1 1 1 1 1 1 1 2 3 1 1 1 1 1 1 26 6
7 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 28 8
8 1 1 1 1 2 1 1 30 10

ゲーム詳細は以下のとおりです。

10ユニット法実践シミュレーション:1回目

10ユニット法実践シミュレーション (1回目)

1ドルの数列の両端を足して2ドルを赤にベット。

ボールは、黒のに落ち負けたため、右端に2を追加し、次のゲームではリミット数から2を引いてベットします。

10ユニット法実践シミュレーション:2回目

10ユニット法実践シミュレーション (2回目)

前回のゲームで負けたため、今回は数列の両端の1と2を足して3ドルを黒にベット。

勝ったため、数列の両端を消し、リミット数に3を追加しました。

10ユニット法実践シミュレーション:3〜8回目

10ユニット法実践シミュレーション (3~8回目)

この手順を繰り返し、勝った場合は両端の数字を消し、負けた場合は賭けた金額を右端に追加いきます。

最終的に数列の数字がすべて消えると、10ユニット法が完了し、累計損益が10ドルになります。

10ユニット法は、勝敗に応じて賭け金を調整し、計画的な資金管理を行うための有効な手法です。

このシミュレーション設定と早見表を参考にし、実際のプレイでの賭け方を検討しましょう。

【関連記事】

コニベットの登録バナー

10ユニット法のメリット

10ユニット法のメリットのバナー
10ユニット法のメリットは、いくつかあります。

実際にプレイで活用し、勝率アップを狙うためにも、10ユニット法のメリットを知っておきましょう。

限られた資金の中で楽しめる

10ユニット法のメリットとして、限られた資金でカジノゲームを楽しめる点が挙げられます。

事前に設定したユニット数とリミット数にもとづいて賭けるため、資金管理が非常にしやすいです。

10ユニット法は、初回の賭け金が数列の両端の合計になり、最初は小額の賭け金からスタートします。

賭け金が徐々に増減するため、資金の流れを常に把握でき、大きなリスクをともなうことなくゲームを続けられます。

そのため、資金が限られている場合でも、計画的に長時間楽しめるのが魅力です。

派手に負けない

10ユニット法のメリットは、派手に負けない点が挙げられます。

10ユニット法では、あらかじめ設定した目標利益と損失上限額が明確なので、無計画に賭け続けるリスクを回避できます。

例えば、ユニット数を1ドル、リミット数を20ドルと設定した場合、最大損失額は20ドルで済むように管理されています。

そのため、大きな損失が出ることなく、冷静に取引を続けられます。

また、数列が完了またはリミットに達した時点で自動的にゲームを終了できるため、ズルズルと負けを重ねるのを防げます。

一度理解したら使いやすい

10ユニット法は、一度基本的なルールを理解すれば、非常に使いやすい資金管理の手法です。

ユニット数やリミット数の設定、数列の操作などのルールは基本的に理解しやすいため、初心者でも短期間で習得できます。

また、賭け金の計算がシンプルなので、特別なスキルや高度な戦略を必要としません。

そのため、初心者にもおすすめのベット戦略と言えるでしょう。

 

10ユニット法のデメリット

10ユニット法のデメリットのバナー
10ユニット法には、デメリットも存在します。

メリットに加えて、デメリットも理解しておくと、10ユニット法を効果的に活用できます。

紙とペンなどで記録が必要

10ユニット法の大きなデメリットの一つは、記録を取る必要がある点です。

10ユニット法は、初心者でも簡単に使えるものの、慣れていないうちは紙とペンなどでメモを取りながら進める必要があります。

数列の管理や賭け金の計算を正確にするためには、記憶に頼るよりも具体的な記録を残す方が確実です。

また、ランドカジノではメモの使用を禁止している場合多く、10ユニット法は、メモで記録が取れるオンラインカジノが最適です。

派手には勝てない

10ユニット法のデメリットとして、派手に勝てない点も挙げられます。

10ユニット法では計画的な資金管理を重視するため、急激に大きな勝ちを狙えません。

理由は、賭け金が数列の両端の合計に制限されるため、一度に大きな金額を賭けずとも、利益も徐々に積み上げる戦略だからです。

10ユニット法は、長期的に安定した利益を狙うための攻略法で、短期間で大きな勝利を求めるプレーヤーには不向きです。

初めはとっつきづらい

10ユニット法は初めて使う際、少しとっつきづらいと言えます。

ユニット数やリミット数の設定、数列の管理といった基本ルールを理解する必要があるため、初めは難しく感じるかもしれません。

また、記録を取る必要があるため、慣れるまでには時間と手間がかかります。

しかし、一度基本的なルールを理解し、使い方に慣れると、その後はスムーズに実践できるようになるので安心です。

ベラジョンカジノの入金不要ボーナス

 

10ユニット法のアプリはある?

10ユニット法のアプリはある?のバナー
10ユニット法に対応したアプリは、存在します。

これは、計算の複雑さを解消し、効率的にオンラインカジノでのプレイをサポートしてくれます。

例えば「System Bet Calculatorアプリ」は、代表例として挙げられます。

プレーヤーが勝敗を入力するだけで、次の賭け金額を自動的に算出してくれます。

このアプリは、iOS版とAndroid版が提供されており、どちらのデバイスでも利用可能です。

アプリを活用することで、10ユニット法の計算を自動化でき、ゲームに集中できるため、自然に勝率も上がるでしょう。

なお、10ユニット法だけでなく、数列を利用するオンラインカジノ必勝法で数列を使う際は、計算アプリは有効です。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

10ユニット法以外の攻略法、必勝法

10ユニット法以外の攻略法、必勝法のバナー
オンラインカジノでの攻略法には、10ユニット法以外にも有効な攻略法、必勝法が存在します。

ここでは、以下の3つの攻略法を紹介します。

モンテカルロ法は、連続した数列を使って賭け金を管理する方法です。

勝敗に応じて数列を追加または削除し、次の賭け金を決定します。連勝や連敗の状況に柔軟に対応できる点が特徴の攻略法です。

フィボナッチ数列法は、有名な数学的数列を利用した必勝法です。

数列に従って賭け金を設定し、負けた場合には次の数列の数に従って賭け金を増やします。

勝った場合は、2つ前の数に戻ります。損失を取り戻しつつ利益を確保できるのが特徴です。

ラブシェール法は、目標金額を決め、その金額にもとづいて数列を用いながら賭け金を調整する攻略法です。

連勝することで目標金額を早く達成する可能性が高まり、損失を最小限に抑えつつ賭け金を管理できます。

これらの攻略法のそれぞれの特徴を理解し、適切に活用しましょう。

さらに、ブラックジャックの必勝法バカラの必勝法ルーレットの必勝法なども学ぶと、効率よく勝てるようになるでしょう。

【他の攻略法】

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

10ユニット法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!

10ユニット法を使ってオンラインカジノで遊ぼう!のバナー
オンラインカジノで10ユニット法を活用すると、賭け金の管理がしやすくなり、勝率アップが見込めます。

10ユニット法は、負けたときに賭け金を増やし、勝ったときに元の賭け金に戻すことで、連敗をカバーしながら利益を確保できる攻略法です。

ライブカジノ対応のオンラインカジノでは、10ユニット法も使える、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、クラップスなどが人気です。

特に、日本語対応の「ジャパニーズバカラ」では、日本人ディーラーが進行を担当し、ゲームの流れを把握しやすいです。

また、自宅からプレイ可能なオンラインカジノは、メモを取りながら自分のペースでベット戦略を練るのにぴったりです。

冷静にゲームを進められる環境であれば、無計画な賭けを避け、10ユニット法の効果を最大限に引き出せるでしょう。

このように、自宅でのプレイ環境を活用しながら、計画的にオンラインカジノで遊びましょう!

ボンズカジノの入金不要ボーナス

 

10ユニット法に関するよくある質問

10ユニット法に関するよくある質問のバナー
ここからは、10ユニット法に関するよくある質問に回答します。

10ユニット法の名前の由来、意味はなんですか?

10ユニット法の名前は、この方法を使って成功した場合に、10ユニットの利益が得られることに由来しています。

例えば、1ユニットを1ドルと設定した場合、成功すれば10ドルの利益が得られます。

10ユニット法は有効な攻略法ですか?

10ユニット法は、2倍配当のカジノゲームで有効な攻略法の一つです。

目標金額と損失上限額を設定し、その範囲内で計算しながらベットします。

そのため、無計画な賭けを防ぎ、計画的なプレイが可能なため、長期戦に向いています。

10ユニット法の使用は禁止されている?

10ユニット法の使用は、そのものが禁止されているわけではありません。

しかし、ランドカジノではメモの使用を禁止していることが多く、記録が必要な10ユニット法は実践しづらいでしょう。

一方で、オンラインカジノでは自由に使えるので、10ユニット法を実践するのに最適です。

10ユニット法で負ける時にはどうしたらいい?

10ユニット法で負ける時は、設定した損失上限額に達した時点で、一度ゲームを終了しましょう。

10ユニット法では、ゲームを開始する前に目標利益と損失上限額を設定します。

プレイを中断するタイミングを明確にすることで、リスク管理を徹底し、計画的にプレイを進められます。

 

まとめ

当記事では、10ユニット法の使い方やメリット、デメリットについて詳しく説明しました。

10ユニット法は、設定した目標金額と損失上限額に基づき賭け金を調整し、計画的にプレイを進められる攻略法です。

限られた資金で楽しめる、派手に負けないといったメリットがありますが、記録が必要で細かい管理が求められたり、大きな勝利を期待しにくいというデメリットもあります。

どんなカジノゲームにも、ギャンブルのメリットとデメリットは存在します。

そのため、自分に合ったギャンブルの必勝法を見つけて、適切なタイミングで活用することが勝利への鍵です。

この記事を読んで10ユニット法を試してみたいと思った方には、オンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノは、場所や時間にとらわれず、落ち着いたプレイ環境を自分で設定できます。

また、入金不要ボーナスなどの特典を活用すれば、少ない軍資金でもカジノゲームが楽しめます。

この機会に、カジマルおすすめのオンラインカジノに登録し、10ユニット法を実践してみましょう。