ブラックジャックのエース|扱い方、エースでの戦い方を徹底解説

ホーム » ブラックジャックのルール|簡単にわかるやり方、遊び方ガイド » ブラックジャックのエース|扱い方、エースでの戦い方を徹底解説

更新日:2024-05-31

ブラックジャックのエース|扱い方やエースで勝つコツを解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

ブラックジャックのエースとは?

ブラックジャックのエースとはのバナー

ブラックジャックエースとは、ブラックジャックで使用されるトランプカードの絵札「A」を指します。

ブラックジャックにおいて、エースは、最強のカードと言われます。

他のカードと違い特殊なルールが適用されるので、勝てる可能性を秘めています。

まず初めに覚えておきたいのは、エースは2つの数字として使用可能であることです。

1つは「1」として、もう一つは「11」として、状況に応じて自分で好きな数字を選択できます。

そのため、21に近づけたいけどバーストを避けたい時には1として使えます。

エースの扱い方をマスターし、ブラックジャックの必勝法&攻略法に役立てていきましょう!

コニベットの登録バナー

 

ブラックジャックをおさらい

ブラックジャックのエース_ブラックジャックをおさらいのバナー
エースの使い方をマスターする前に、基本的なカードの数え方についておさらいしましょう。

まず、2~10は数字通りの数えます。次にJ、Q、Kの3つの絵柄のカードは全て10としてカウントします。

そして、Aは先ほども言ったように、「1」か「11」です。

例えば、最初のカードが2と9の場合、そのまま「2+9=11」で、ハンドは11です。そして、2とJが出たら「2+10=12」で、ハンドは12です。

2とエースの場合は、「2+1=3」または「2+11=13」の2パターンの数え方ができます。

 

ブラックジャックのエースの基本的な扱い方

ブラックジャックのエースの基本的な扱い方のバナー

基本的なゲーム上での数字の意味を理解した上で、次はブラックジャックのエースをどのように扱えばいいかを解説します。

「1」もしくは「11」のどちらとしても扱える

ブラックジャックのエースの扱い方_  1か11のどちらとしても扱えるのバナー

ブラックジャックの種類ブラックジャックの用語において、まず最初の2枚のカードでエースが出た場合のことを“ソフトハンド”と呼びます。

また、エースがない場合は、“ハードハンド”と呼ばれます。

ソフトハンドでは、エースの特殊なルールが適用され、1または11好きな方選択できるため、柔軟性があるという意味でソフトと呼ばれています。

例えば、最初の2枚のカードにエースと7が配られたと仮定します。

この場合、「1+7=8」または「11+7=18」の2パターンできます。この18は、ソフト18と呼ばれます。そして、18でスタンドするのも、選択肢の一つでしょう。

しかし、ディーラーハンドが21で勝つ可能性もあります。そんな時にバーストする心配や、リスクなしでヒットできます。

ただ、常に気を付けるべきことは、ディーラーハンドで次に何が来るかです。仮に、ディーラーハンドに10が出たとします。

その時、もう一枚のカードで10かエースが出ると、ディーラーの勝ちです。

しかし、一枚目に低い数字2~5が出たら、ディーラーハンドは17以上なるまでカードを引かなくてはいけません。

そのため、ディーラーがバーストする可能性があがり、プレーヤーが勝つ確率も当然上がります。

したがって、状況に応じてエースを使いこなせれば、どのタイミングでヒット、ダブルダウン、スタンド、スプリットするべきかわかってくるはずです。

「1」もしくは「11」のどちらかに自動的に扱われる

ブラックジャックのエースの扱い方_  1か11のどちらかに自動的に扱われるのバナー

次に、どのような条件で、自動的に「1」または「11」になるのかを詳しく見ていきましょう。

例えば、エースと3が配られた場合「1+3=4」になります。さらにヒットして、7が出たとしましょう。これを単純に計算すると「1+3+7=11」です。

しかし、このケースでエースを11としてカウントした時に「11+3+7=21」になるので、自動的に21になります。

つまり、自分のヒットかスタンドの選択に応じて、自動的にプレーヤーハンドに有利になるように変わります。

このルールは、プレーヤーだけでなく、ディーラーにも同様に適用されます。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

場面別 |ブラックジャックのエースの扱い方、数え方

場面別ブラックジャックのエースの扱い方の例のバナー

エースは状況によって使い分けなければいけません。いったいどのような場面でどのような選択をしたらいいのでしょうか。

自動的にエースが「1」になる場合

ブラックジャックのエースの扱い方_ 自動的に1になる場合のバナー

まずは、自動的にエースが1になる別の場合を見てみましょう。

例えば、最初の2枚のカードでエースと7が配られ、ヒットして6が引かれました。

この場合エースを11とカウントすると「11+7+5=24」でバーストしてしまうため、自動的に「1+7+5=13」が採用され、ゲームが続行されます。

この場合、その後ヒットしても1としてカウントされていきます。

自動的にエースが「11」になる場合

ブラックジャックのエースの扱い方_ 自動的に11になる場合のバナー

一方、11でカウントされる場合の条件は、基本的にエースを11としてカウントした時に合計が21になることです。

例えば、エースと6が出てヒットして4が引かれました。エースを1としたとき「1+6+4=11」です。しかし、11とカウントすると「11+6+4=21」です。

21が出たら、引き分け以上が確定なので、このような場合に11とカウントされるルールが適用されます。

また、エースと7が最初に配られ、ソフト18でスタンドを選択しました。この時も、自動的に11としてカウントされます。

エースを2枚引いた場合

ブラックジャックのエースの扱い方_  エースを2枚引いた場合のバナー

次に、エースが2枚出た場合にどうなるかを説明します。

エースを2枚引いた場合は、「1+1=2」または「11+1=12」のソフト12です。

ただ、この場合、「11+11=22」でバーストしてしまうので、この組み合わせにはなることはありません。

ベーシックストラテジーという攻略法があり、それに従うと、ここではスプリットがおすすめです。

スプリットとは、最初のカードが同じ数字の組み合わせの時に、カードを2つに分け、別のハンドとして同時に2個プレイできる方法です。

なぜ、エース2枚の時にスプリットするのかというと、エースは最強のカードなのでスプリットすると勝てるチャンスが単純に2倍になるからです。

また、1つのシューに10、J、Q、Kと10が出る可能性が、他の9以下の数字と比べて高いためです。

10、J、Q、Kが出る確率は約30.76%、一方、A~9は約7.69%と、約4倍の差があります。

そのため、必然的にナチュラルブラックジャックが成立しやすくなります。

ただし、基本的に、スプリットした後にヒットは1回ずつしかできません。そのため、勝負に出たい時は、積極的にスプリットするのがおすすめです。

反対に自信がない時は、リスクを取らずに、2かソフト12で地道に21に近づけるか、ディーラーがバーストするのを待つ方が良いでしょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックのエースを使った戦い方

ブラックジャックのエースを使った戦い方のバナー

これまで、状況に応じたエースの扱い方、カウント方法を説明してきましたが、これらを利用して実際に勝つ、ブラックジャックの必勝法について考えていきましょう。

ナチュラルブラックジャックを成立させる

ブラックジャックのエース_ナチュラルブラックジャックを成立させるのバナー

ナチュラルブラックジャックとは、最初に配られたカード2枚の合計が21、エースと10、J、Q、Kの組み合わせでのブラックジャックのことです。

このカードが出たら負けることはありません。ただし、ディーラーハンドもナチュラルブラックジャックが出て、引き分けになる場合もあります。

プレーヤー、ディーラーともにナチュラルブラックジャックが出る確率は約4.73%で特に差はありません。

また、エース2枚が出てスプリットした後、10、J、Q、K、が出た場合もナチュラルブラックジャックです。

2枚とも10が出たらディーラーがブラックジャックでない限り、最強のハンドと言えます。

エースが2枚なら2ハンドに分ける

ブラックジャックのエース_エースが2枚あれば2ハンドに分けるのバナー
エースを2枚引いた場合でも説明したように、ブラックジャックのベーシックストラテジーを参考にしても、基本的に同じ数字が出た場合は、2~5を除いてスプリットするのがセオリーと言われています。

スプリットするとベット額も2倍になりますが、その分、勝った時の配当も倍になります。

ナチュラルブラックジャックではなかったとしても、大きい数字が2枚出れば、引き分け以上にできます。

スプリットできる割合は約14.79%なので、チャンスを生かして勝ち越したい人にはおすすめです。

例外として、稀にスプリットした後に、さらにエースが配られたとき、もう一度スプリットできる場合があります。

これにより、最大4つのハンドに分けてプレイできます。

しかし、これは非常に稀で、1000分の1ほどの確率です。一般的なゲームでは、2つのハンドまでスプリットできるサイトやゲームが大多数です。

ディーラーにエースが出た時は保険をかける

ブラックジャックのエース_ディーラーにエースが出たら保険をかけるのバナー

インシュランスは、ディーラーハンド1枚目にエースが出た場合に選択できます。

もし2枚目に10が出たら、ナチュラルブラックジャックが成立し、ストレート負けをしたらつまらないですよね。

そんな時でもプレーヤーに楽しんでもらえるように、ブラックジャックのインシュランスが存在します。

ブラックジャックであると予想し、保険として、ベット額の半分を追加でディーラーハンドがオープンする前に賭けます。

もし、ディーラーハンドがブラックジャックだった場合、ベット額の2倍配当がもらえます。

これで引き分けになるので、ストレート負けするよりは損失を少なく抑えられます。

具体的に、インシュランスが当たった場合の例を使って、より具体的に解説しましょう。

20ドルで始めて、インシュランスとして10ドル追加します。

そして、ディーラーハンドがブラックジャックの場合、インシュランスとして追加した10ドルが戻り、2倍になった20ドル、合計20ドルを獲得します。

ですが、一番初めにベットした20ドルは没収されるので、結果的にプラスマイナス0になる仕組みです。

注意しなければならないのが、インシュランスを選択する場合のデメリットです。

実は、インシュアランスは失敗する確率が高くなります。あくまで、負けから引き分けにするのがインシュアランスのシステムなので、失敗した場合は損失も大きくなるので要注意です。

その為、ベーシックストラテジー的にはインシュアランスはベットしない方がいいとされています。

チャートを活用する

ブラックジャックのエース_チャートを活用するのバナー

前述の通り、ブラックジャックでは、ベーシックストラテジーという表を使った攻略法が存在します。

これらに従ってプレイすると効率的に勝てるかもしれません。

ベーシックストラテジーとは、今までのパターンを分析してできた攻略法を表にしたものです。

プレーヤーに配られた最初の2枚の組み合わせと、ディーラーハンドの1枚目を見てその後どのように出るかを考えます。

この他にも、カウンティング法もよく使用されます。

カウンティング法とは1つのシューで出たカードを記録し、残りのカードの出現率を分析する方法です。

まず、ベーシックストラテジーについて具体的に例を挙げると、プレーヤーハンドにエースと8、9、10のどれかが出た場合、ディーラーの1枚目のカードが何であってもプレーヤーはスタンドです。

ソフト19、20、またはナチュラルブラックジャックなので、確率的にディーラーに勝てる可能性が高いです。

エースと8の場合を詳しく見ると、プレーヤーが次にヒットで2を引いて、ブラックジャックになる確率は低いです。

また、エースを引いて、さらにプレーヤー4枚目のカードでエースを引いて21になる確率はさらに低いです。

一方、プレーヤーハンドがヒットし、3以上の数字を引くと、11+8+3=22以上で、バーストする確率は圧倒的に高くなります。

そのため、ストラテジーではスタンドするのがベターだとされています。

エースと7以下の数字だった場合、ディーラーのカードによってダブルダウンかヒット、またはスタンドをします。

慣れるまではスタンド、ヒット、スプリット、ダブルダウンどれがいいのか、表を見ながらプレイするといいでしょう。

また、ブラックジャックのカウンティングをすることによって次に出てくるカードを予想しやすくなるため、ストラテジーを見てスタンドかヒットか迷ったときに活用すると、より勝てる確率が上がります。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックのエースに関するよくある質問

ブラックジャックのエースに関するよくある質問のバナー

本セクションでは、ブラックジャックのエースがなぜ特殊なのかなど、ブラックジャックのエースに関する様々な疑問について解説していきます。

ブラックジャックでエースが最強な理由は?

本記事で解説した通り、エースが出るとソフトハンドになり、状況に応じて1または11としてカウントされます。

また、エース2枚が最初に出た場合、スプリットが出来たりと選択の幅も広がります。

さらに、エースはナチュラルブラックジャックを作るのに必要不可欠なカードです。

他のカードにはない、特殊なルールが採用されるエースは、ブラックジャックにおいて幸運のカード。

これが、ブラックジャックでエースが最強と言われる理由です。

ブラックジャックで遊べる場所やサイトは?

ブラックジャックは、海外にある店舗型のランドカジノやオンラインカジノで遊べます。

本記事でエースの扱い方を学び、ブラックジャックをプレイに活かしたい方には、オンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノは、スマホ一台さえあれば、今すぐにでも遊び始められる手軽さが魅力です。

また、オンラインであれば、手元でベーシックストラテジーの表を見ながら遊べる為、初心者でも自分のペースで勉強しながら戦略的に賭けられます。

加えて、オンラインカジノには、様々なブラックジャックテーブルが用意されています。

色々と試しながら、お好きなテーブルを探すのが良いでしょう。

ブラックジャックは、入会特典が非常にお得なコニベット、日本人による迅速なサポートが有名な大手ベラジョンカジノ、信頼性が高い老舗カジノシークレットなど、他にも多くのオンカジで遊べます。

【その他のブラックジャックで遊べるオンラインカジノ】

ぜひ、自分に合ったサイトで、無理のない範囲で楽しくプレイしましょう。

コニベットの登録バナー

 

まとめ

本記事では、ブラックジャックのエースについて、詳しく解説しました。

ブラックジャックのベーシックストラテジーにおいて、エースは非常に重要な役割を持ちます。

エースは勝利へ導く有効なカードであり、ブラックジャックの確率においても戦略上役に立ちます。

また、ディーラーハンド次第ではあるものの、エースによって引き分け以上に持っていける可能性を広げます。

さらに、エース2枚出た時のスプリットも攻めのプレイとして活用できるでしょう。

まら、ブラックジャックには、サイドベットというオプションもあり、エースを活用した戦略がより楽しめます。

ブラックジャックをプレイするなら、いつでもどこでも、スマホ一台で遊べるオンラインカジノがおすすめです。

オンカジ初心者の方は、カジマルおすすめのオンラインカジノから気になるサイトへ登録しましょう。

当サイトからの登録で、入金不要ボーナスや初回入金ボーナスなど、様々な特典、メリットを得られます。

さらに、これらのオンラインカジノは、どれもキュラソーマルタ共和国などで、法的にライセンスを取得して保持しているサイトばかりです。違法性の心配もなく、安心して遊べます。

ぜひ、この機会に、ブラックジャックを安全に、そしてお得に楽しみましょう。