実践シミュレーションでマーチンゲール法を検証!

ホーム » マーチンゲール法とは | メリット・デメリットや使い方を徹底解説 » 実践シミュレーションでマーチンゲール法を検証!

更新日:2024-06-07

実践シミュレーションでマーチンゲールを検証!のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 アマギフ当たる♪緊急アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのゲーム開発企画カジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

マーチンゲール法のシミュレーションとは?

マーチンゲール法のシミュレーションとは?のバナー
マーチンゲール法のシミュレーションとは、カジノやFXなどさまざまな場面で使用できる攻略法の一つです。

マーチンゲール法は禁止なのでは?と思っているプレーヤーもいるかもしれませんが、ほとんどのオンラインカジノでは禁止されておらず、有効に使える攻略法でもあります。

ただ、マーチンゲール法は実際に使ってみないと、その効果や実用性が分からないと考えるプレーヤーも少なくないでしょう。

例えば、「もしマーチンゲール法で20回連続で負けたら、いくらかかるの?」「マーチンゲール法のシミュレーションの結果が知りたい」といった疑問が浮かぶはずです。

実際にカジノゲームでマーチンゲール法を使用したときの結果は、非常に重要です。

マーチンゲール法のシミュレーションをすることで、収益計算に役立ったり、連敗した場合にどれだけのベットが必要かを参考にできます。また、本当に負けているときに役立つ攻略法なのかを検証する手助けにもなります。

マーチンゲール法のシミュレーションを通じて、攻略法の理解が深まり、実際に使う際のイメージも湧きやすくなるでしょう。

当記事では、そんな役立つマーチンゲール法のシミュレーションを検証し、詳しく解説していきます。

コニベットの登録バナー

 

マーチンゲール法のシミュレーションを参考にする利点

マーチンゲール法のシミュレーションを参考にする利点のバナー
マーチンゲール法のシミュレーションを参考にする利点を考える際に、「シミュレーションはただのシミュレーションでしょう?」「マーチンゲール法のシミュレーションを見るメリットはあるの?」と疑問に思うプレーヤーも少なくないでしょう。

シミュレーションを確認することで、マーチンゲール法を使用する際の理解が深まるだけでなく、以下のようなメリットがあります。

具体的には、収益計算のヒントになる、マーチンゲール法の確立を把握できるなどが挙げられます。

以下では、それぞれのメリットについてもう少し詳しく解説します。

マーチンゲール法の収益計算のヒントになる

マーチンゲール法のシミュレーションを利用すると、収益計算がどのような結果になるかを確認するためのヒントになります。

マーチンゲール法は負けているときに活躍する攻略法として知られていますが、それだけでは資金がどのように増えるのか、実際に利益が出るのか疑問に思うプレーヤーもいるでしょう。

シミュレーションでは、どのくらいの金額をベッティングし、どれくらい回復し、どれくらいの利益が出ているかを確認できます。

マーチンゲール法について理解が少ない人や、これから始めてマーチンゲール法を使用する人は、シミュレーションを通じてその効果を実感してみましょう。

マーチンゲール法の確率を理解するヒントになる

マーチンゲール法のシミュレーションは、攻略法の有効性や、連敗に対して資金的にどれだけ耐えられるかを確認するための、貴重なヒントになります。

マーチンゲール法は、50%の確率で勝てるゲームで使用するのが一般的ですが、シミュレーションを通じて、どれくらいの確率で資金が増えるのか、どれだけの連敗に耐えられるのかを確認できます。

これにより、実際のプレイでのリスク管理がしやすくなります。

さらに、シミュレーションは連勝や連敗のパターンを視覚化するのにも役立ちます。

これにより、どのような状況で資金が増え、どのような状況で減るのかを具体的に把握できます。

例えば、連敗が続くときにどのタイミングでベット額を調整するべきか、勝率が50%を下回ったときにどのように対処するかなど、戦略の調整にも役立つので便利です。

 

マーチンゲール法のシミュレーション早見表の見方

マーチンゲール法のシミュレーション早見表の見方のバナー
次に、マーチンゲール法のシミュレーションを、早見表でチェックしてみましょう。

回数 ベット金額 累計ベット 配当
1回目 1ドル 1ドル 2ドル
2回目 2ドル 3ドル 4ドル
3回目 4ドル 7ドル 8ドル
4回目 8ドル 15ドル 16ドル
5回目 16ドル 31ドル 32ドル
6回目 32ドル 63ドル 64ドル
7回目 64ドル 127ドル 128ドル
8回目 128ドル 255ドル 256ドル
9回目 256ドル 511ドル 512ドル
10回目 512ドル 1,023ドル 1,024ドル

上記の表は、マーチンゲール法を利用して10連敗した場合のベット金額、累計ベット、および配当をシミュレーションした一覧表です。

マーチンゲール法の特徴は、負け続けたとしても、どこかで一度勝てば必ず利益が出る点にあります。

たとえ10連敗したとしても、最後に勝てれば1ドルの利益が得られ、負け分をすべて取り戻せるのが大きな特徴です。

ただし、その過程でベット金額が高額になるため、損切りラインを設定して利用する人がほとんどです。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

マーチンゲール法の実践シミュレーション

マーチンゲール法の実践シミュレーションのバナー
マーチンゲール法の早見表が確認できたら、次は実践で使用したシュミレーション結果をチェックしていきましょう。

以下は、実際に、バカラとルーレット、ブラックジャックでそれぞれマーチンゲール法を使用した結果です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

マーチンゲール法のシミュレーション-1

まずは、マーチンゲール法をバカラで利用した場合のシュミレーション結果を紹介します。

ちなみに、バカラではプレーヤーとバンカーのどちらにベッティングしても問題ありません。

回数 勝敗 ベット金額 累計損益
1回目 負け 1ドル -1ドル
2回目 負け 2ドル -3ドル
3回目 負け 4ドル -7ドル
4回目 勝ち 8ドル +1ドル
5回目 勝ち 1ドル +2ドル
6回目 負け 1ドル +1ドル
7回目 負け 2ドル -1ドル
8回目 勝ち 4ドル +3ドル
9回目 負け 1ドル +2ドル
10回目 勝ち 1ドル +3ドル

マーチンゲール法をバカラで使ったシュミレーション結果は、4勝6敗になりました。

勝った回数は少ないですが、連勝すれば利益が出るため、最終的に資金は増えています。

最初に負けが続いても、最終的に+3ドルまで到達したため、マーチンゲール法はバカラの必勝法の一つであると言えます。

マーチンゲール法のシミュレーション-2

続いて、マーチンゲール法をルーレットで試してみましょう。

ルーレットでは様々なベットが楽しめますが、今回は赤と黒にベッティングしてシミュレーションしていきます。

回数 勝敗 ベット金額 累計損益
1回目 勝ち 1ドル +1ドル
2回目 勝ち 1ドル +2ドル
3回目 勝ち 1ドル +3ドル
4回目 勝ち 1ドル +4ドル
5回目 勝ち 1ドル +5ドル
6回目 勝ち 1ドル +6ドル
7回目 負け 1ドル +5ドル
8回目 負け 2ドル +3ドル
9回目 負け 4ドル -1ドル
10回目 負け 8ドル -9ドル

マーチンゲール法をルーレットで使ったシュミレーション結果は、6勝4敗という結果になりました。

最初は順調に資金を増やしていましたが、4連敗したことで結果的にマイナスになりました。

このまま続けていれば、もしかしたらどこかのタイミングで勝てたかもしれませんが、もっと連敗していれば資金はぐんと減っていたでしょう。

この結果から、マーチンゲール法は、ルーレットの必勝法とは呼び難いかもしれません。

マーチンゲール法のシミュレーション-3

最後に、マーチンゲール法をブラックジャックを使って、シミュレーションしていきましょう。

回数 勝敗 ベット金額 累計損益
1回目 負け 1ドル -1ドル
2回目 勝ち 2ドル +1ドル
3回目 負け 1ドル ±0ドル
4回目 勝ち 2ドル +2ドル
5回目 負け 1ドル +1ドル
6回目 勝ち 2ドル +3ドル
7回目 勝ち 1ドル +4ドル
8回目 負け 1ドル +3ドル
9回目 勝ち 2ドル +5ドル
10回目 勝ち 1ドル +6ドル

マーチンゲール法をブラックジャックで使ったシュミレーション結果は、6勝4敗になりました。

勝率の結果だけみると、ルーレットの時と同じですが、最終的な損益が全く違います。

今回の結果では、勝ち負けが交互に来るだけでなく、連勝があったため、利益が大きくなりました。

マーチンゲール法は、ブラックジャックの攻略法の一つとして、試す価値はありそうです。

 

シミュレーション結果に基づきマーチンゲール法を考察

シミュレーション結果に基づきマーチンゲール法を考察のバナー
シミュレーションの結果に基づいてマーチンゲール法を考察したところ、以下の点が明らかになりました。

  • 単純な勝ち負けの回数だけでは結果がプラスかわからない
  • 連勝できれば資金が増やせる
  • マーチンゲール法を利用する回数を決めることで損を減らせる

マーチンゲール法は誰でも使いやすい攻略法ですが、勝利回数が少ないから資金が減る、勝利回数が多いから資金が増えるという単純なものではありません。

資金が増えるポイントは、勝利するタイミングや連勝の有無にあります。

また、連敗が続くと資金が一気に減る可能性があるため、使用する回数をあらかじめ決めておくことが重要です。

コニベットの登録バナー

 

マーチンゲール法の連敗確率を考慮して資金管理をしよう

マーチンゲール法の連敗確率を考慮して資金管理をしようのバナー
マーチンゲール法を使用する際には、連敗確率を考慮して資金管理することが重要です。

最初のベット額に応じて次のベット額が増えていくため、資金と相談しながら慎重にベットしないと、すぐに資金が尽きてしまう可能性があります。

つまり、連敗確率を考慮して資金管理をすることで、リスクを最小限に抑えられます。

以下では、実際にマーチンゲール法で10連敗、20連敗した場合の負け額を、シュミレーションしていきます。

どちらも最初のベット額を1ドルとして計算しています。

マーチンゲール法で20連敗した時の負け額

まずは、マーチンゲール法で、20連敗した時の負け額から、シュミレーションで確認していきましょう。

回数 ベット金額 負け額
1回目 1ドル -1ドル
2回目 2ドル -3ドル
3回目 4ドル -7ドル
4回目 8ドル -15ドル
5回目 16ドル -31ドル
6回目 32ドル -63ドル
7回目 64ドル -127ドル
8回目 128ドル -255ドル
9回目 256ドル -511ドル
10回目 512ドル -1,023ドル
11回目 1,024ドル -2,047ドル
12回目 2,048ドル -4,095ドル
13回目 4,096ドル -8,191ドル
14回目 8,192ドル -16,383ドル
15回目 16,384ドル -32,767ドル
16回目 32,768ドル -65,535ドル
17回目 65,536ドル -131,071ドル
18回目 131,072ドル -262,143ドル
19回目 262,144ドル -524,287ドル
20回目 524,288ドル -1,048,575ドル

最初は1ドルからスタートしたマーチンゲール法ですが、20連敗した時の負け額は-1,048,575ドルになります。

たとえ1ドルから始めても、連敗が続くとベット額が高額になりがちなのがマーチンゲール法の特徴です。

マーチンゲール法で10連敗した時の負け額

続いて、マーチンゲール法で10連敗した時の負け額も、シュミレーションで確認していきましょう。

回数 ベット金額 負け額
1回目 1ドル -1ドル
2回目 2ドル -3ドル
3回目 4ドル -7ドル
4回目 8ドル -15ドル
5回目 16ドル -31ドル
6回目 32ドル -63ドル
7回目 64ドル -127ドル
8回目 128ドル -255ドル
9回目 256ドル -511ドル
10回目 512ドル -1,023ドル

表からもわかるように、10連敗でも-1,023ドルの損失が発生します。

この結果から言えるのは、連敗する回数をあらかじめ決めておけば、損失を最小限に抑えられるということです。

高額になる前に損切りし、新たな攻略法を利用すればプラスになる可能性があります。

大きな損失を避けるために、慎重に考えてマーチンゲール法を利用しましょう。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

マーチンゲール法のシミュレーションに関するよくある質問

マーチンゲール法のシミュレーションに関するよくある質問のバナー
マーチンゲール法のシミュレーションは、利用前に確認したり、使用時のヒントとして活用するのがおすすめです。

ここでは、そんなマーチンゲール法のシミュレーションに関してよくある質問をまとめました。

それぞれの質問に回答していくので、活用して勝率アップに繋げていきましょう。

マーチンゲール法のシュミレーターは存在する?

はい、存在します。マーチンゲール法は、非常に認知度の高い攻略法の一つであるため、多くのシュミレーターが利用可能です。

どのシュミレーターを使えばよいのかわからない方は、オンラインカジノのデモプレイを試してみるとよいでしょう。

デモプレイでは、実際のゲームと同じ環境でリスクなくシミュレーションができます。

また、シュミレーターによっては、詳細なデータ分析や連敗時の損失計算など、役立つ機能が備わっているものもあります。

自分に合ったマーチンゲール法のシュミレーターを見つけるために、いくつか試してみるのも一つの方法です。

マーチンゲール法を実践できるゲームは?

マーチンゲール法を実践できるのは、勝率が50%のゲームです。

具体的には、バカラのプレーヤーとバンカー、ルーレットの赤黒や奇数偶数が該当します。

これらのゲームは、結果が2つに分かれるため、マーチンゲール法のような倍掛け戦略が効果的に機能します。

バカラのでは、プレーヤーとバンカーのどちらに賭けても、ほぼ50%の確率で勝てるため、ルーレットでも赤黒や奇数偶数に賭けることで、同様の確率を期待できます。

また、ブラックジャックでもイーブンマネーベットを利用すれば、マーチンゲール法を応用できます。

このように、50%の確率で勝てるゲームであれば、マーチンゲール法を使って戦略的にベットを管理し、勝率アップできるでしょう。

マーチンゲール法は何回までやるべき?

マーチンゲール法を実践する回数は、持っている資金やベットする金額によって異なりますが、一般的には5回程度までに留めるのが、安全策です。これにより、大きな損失を被る前に損切りが可能です。

例えば、連敗が続いても5回目までに損切りを決めておけば、次のベットを新たに開始することで、資金の大幅な減少を防ぎ、リスクを管理できます。

特に、初期ベットが小額でも連敗が続くとベット額が急増するため、損切りラインを設定しておくことが重要です。

また、損切り後に冷静に状況を見直し、新たにベッティングを再開することで、資金を回復させるチャンスが増えます。

 

まとめ

マーチンゲール法のシミュレーションは、無意味だと思うプレーヤーもいるかもしれませんが、まだ利用したことがない方や「1ドルなら何回負けても大丈夫」と思っているプレーヤーには、必ず確認しておいてほしいものの一つです。

マーチンゲール法のシミュレーションを通じて、連敗時にどれくらいの損失が出るか、自分のベッティング額が資金に適しているか判断できるので、利用前に必ずこれらを確認しておくことが重要です。

また、マーチンゲール法がどのような攻略法か理解するためにも、必ずデモプレイで試してから本番で使うようにしましょう。

マーチンゲール法が使えるのは、ブラックジャック、ルーレット、バカラなどがありますが、デモプレイや事前に練習するなら、オンラインカジノがおすすめです。

カジマルがおすすめするオンラインカジノなら、登録特典の入金不要ボーナスを使ってお得にカジノゲームが楽しめます。

クレジットカードで入金できるオンラインカジノや、仮想通貨対応のオンラインカジノなど、決済方法のオプションも豊富です。

この機会に、オンラインカジノに登録して、マーチンゲール法を習得してみませんか?