オンラインカジノのイカサマはある?元ディーラーの証言入手

ホーム » オンラインカジノ おすすめ » オンラインカジノのイカサマはある?元ディーラーの証言入手

更新日:2024-02-20

オンラインカジノのイカサマはある?元ディーラーの証言入手のバナー

コニベットの限定ボーナスコニベットの限定ボーナス(モバイル)
カジマル無料トーナメントコニベットの毎日賞金獲得のチャンス
オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

オンラインカジノのイカサマとは?あるのか?

オンラインカジノのイカサマとは?あるのか?

オンラインカジノ (ライブカジノ、ネットカジノ)のイカサマとは、ライブカジノゲームにおいて、ディーラーが不正を働き、プレーヤーを不利に陥れる行為のことを指します。

オンラインカジノは、ライブカジノやネットカジノとも呼ばれ、場所を問わずどこでもバカラや、ブラックジャックルーレットなどのカジノゲームを楽しめます。

また、プロのディーラーが直接ゲームを進行するため、ディーラーとのコミュニケーションを楽しめる点もライブカジノの魅力的なポイントです。

しかし、中には、本物のディーラーがゲームを進行しているがゆえ、イカサマを疑う人も多いようです。

実際、海外のランドカジノでは反社会勢力と結び付いているケースも過去にあったため、カジノゲームというとイカサマを連想される方が多いようですね。

しかし、ライブカジノでは、様々な観点から見て、イカサマが行われる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

ここでは、オンラインカジノでなぜイカサマが行われないのか。ライブカジノの仕組みを紐解きながら、解説していきます。

オンラインカジノの経験がある、元ディーラーの証言も入手!

最後まで、お見逃しなく。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

ライブカジノでイカサマがない理由

オンラインカジノのイカサマがない理由

ライブカジノゲームでは、イカサマが行われる可能性は無いと言っても過言ではないでしょう。

ライブカジノでイカサマがない理由は、大きく以下の3点が挙げられます。

  • ライセンスで厳しく管理されている
  • ビジネスモデル的に、イカサマをするメリットがない
  • 集客が困難になる

ここでは、上の3点を掘り下げながら、ライブカジノにおいてイカサマが行われない理由を紹介します。

理由1:ライセンスで厳しく管理されている

オンラインカジノのイカサマがない理由 (ライセンスで厳しく管理されている)

オンラインカジノに携わる、iGaming業界の企業はすべてオンラインカジノライセンスを取得して、運営されています。

ライセンスは、マルタキュラソーイギリスカナワケなどの国や地域が発行しています。

オペレーターや、ゲームプロバイダーなど、iGamingに携わる企業は、カテゴリー問わず企業の本拠地のライセンスを取得して、運営することが法律で義務付けられています。

ライセンスを取得するには、当該企業の資本のチェックはもちろん、ゲームが公平に運営されているか、安全性が担保されているかなど、厳しい水準をクリアする必要があります。

ゆえに、オンラインカジノにおいてイカサマを企てた時点で、ライセンスの取得は難しく、合法的なオンラインカジノを運営は不可能です。

また、一度ライセンスを取得したとしても、1年毎にライセンスを更新する必要があります。

ライセンスの更新には、取得よりもさらに厳しいチェックが入ることが多く、iGamingの企業は、常にライセンスの定める基準をクリアし続けなければなりません。

つまり、ライブカジノやオンラインスロットを問わず、iGaming業界のビジネスにおいて、イカサマなど、プレーヤーが不利になる行為を行うと、そもそも企業は存続していけません。

裏を返せば、ライセンスを取得せずに運営しているオンラインカジノは、信頼性が低いので、利用をやめた方が良いでしょう。

理由2:ビジネスモデル的に、イカサマをするメリットがない

オンラインカジノのイカサマがない理由 (ビジネスモデル的に、イカサマをするメリットがない)

iGaming業界のビジネスモデルを見ても、オンラインカジノのイカサマがないと言えるでしょう。

コニベット遊雅堂などのオペレーターは、ゲームプロバイダーと契約し、ライブカジノをコンテンツとして配信しています。

このゲームプロバイダーとは、業界最大手のEvolutionPragmatic Playなどの企業が例として挙げられます。

ゆえに、ゲームプロバイダーは、イカサマをして利益を出したところで、売り上げが上がるメリットはほぼないと言えるでしょう。

また、ゲームプロバイダーもライセンス取得の義務があります。

ゲームプロバイダーのライセンスの取得において、一番厳しく要求される項目は、ゲームの公平性であると言えます。

ゲームの公平性の検証には、世界的な期間であるeCograやiTech Labsなどの第三者機関が、厳しくチェックをしています。

チェック項目には、以下の点が特に重要視されます。

  • 結果が予測不可能であること
  • 再現性が皆無であること
  • 統計的にランダム性が認められること

これらの基準をクリアするプロバイダーのみが、オンラインカジノオペレーターへのゲームの提供を許されています。

ゆえに、高い水準で公平性を担保しているゲームプロバイダーのみが、業界内で高い信頼性を誇り、ライブカジノゲームを提供していると言えるでしょう。

理由3:集客が困難になる

オンラインカジノのイカサマがない理由 (集客が困難になる)

現代社会では、SNSが広く利用され、悪い噂は口コミによってすぐに広がってしまいます。

もし、イカサマが発覚もしくは疑われた場合、すぐにSNSで拡散されるでしょう。

オンラインカジノのイカサマが拡散されると、既存プレーヤーのみならず、新規のプレーヤーの獲得も厳しくなります。

オンラインカジノにおけるRTP (還元率)は、競馬や競艇、競輪などの公営ギャンブルに比べて、非常に高く設定されています。

その為、オンラインカジノが利益を上げるには、多くのプレーヤーがオンラインカジノを利用する必要があります。

ゆえに、オンラインカジノにとって顧客の満足度は、第一の優先です。

つまり、多くのプレーヤーを獲得することが、長くビジネスを続けるための基本となり、そのためにはプレーヤーの信頼を獲得する必要があるのです。

ネットカジノでイカサマを疑う人の傾向

オンカジでイカサマを疑う人の傾向

ネットカジノ (ライブカジノ)では、イカサマが行われる可能性はほぼゼロに近いと言えるでしょう。

安全性が高いと言えるネットカジノですが、イカサマを疑う人は一定数いるようです。

ネットカジノでイカサマを疑う人には、大まかに分けて以下の3つの傾向があるようです。

  • ボーナス利用規約を知らない人
  • 仕組みを知らない人
  • 負け続けてオンカジを攻めたい人

この傾向が分かれば、オンカジに対して、冷静に理解でき、イカサマを疑いことも少なくなるでしょう。

ケース1:ボーナス利用規約を知らない人

オンカジでイカサマを疑う人の傾向 (ボーナスの利用規約を知らない人)

(遊雅堂のボーナス規約)

ライブカジノのイカサマを疑う人において、多いのがボーナス利用規約などを、熟知していない人です。

オンカジでは、プレーヤーにたくさんのボーナスが配布されています。

実際、カジマルおすすめのオンラインカジノにおいても、入金不要ボーナスやスロットで使えるフリースピンなど、様々な特典をアカウント登録時やイベント時に獲得できます。

しかし、配られるボーナスは、出金できるまでの条件やボーナスを使った場合の達成度、KYCの有無など、各オンラインカジノが細かい規約を設けています。

規約をよく読まずに、ボーナスを使用してしまった場合、オンカジによっては出金が出来ないケースもよく多発するため、オンカジに不信感が募り、イカサマを疑う人が多いそうです。

オンラインカジノのボーナスは、少ないリスクでお得にゲームを楽しめるため、様々なメリットがあります。

しかし、それぞれのプレーヤーのオンカジの使い方によって、ボーナス内容が合わない場合もあるのも事実です。

それぞれのカジノのボーナス内容と規約をしっかり確認し、自分に合うボーナス内容を見つけることも重要になります。

ケース2:仕組みを知らない人

ネットカジノのイカサマを疑う人には、オンラインカジノが運営される仕組みを知らない人も多い傾向です。

オンラインカジノのライブカジノは、ゲームプロバイダーによって製作されるコンテンツを、買い取って運営しています。

その為、ライブカジノゲームを運営するプロバイダーには、プレーヤーの勝ち負けは関係なく、イカサマをするメリットがありません。

また、スロットなど、ライブカジノ以外のゲームに関しても、RNG (乱数発生機)を導入しています。

RNGを導入すると、スロットなどのゲームにおいて出現する数字が無作為に選ばれます。

ゆえに、スロットのスピンボタンをクリックすると、数字が即座にはじき出され、即座に結果が決まります。

ゲームプロバイダーによって導入されているRNGは、運営会社が別であり、オンラインカジノやゲームプロバイダーが意図的にRNGを操作することは不可能です。

また、RNGを導入していないゲームをリリースすると、オンラインカジノライセンスの認可が下りません。

その為、ゲームプロバイダーもオンラインカジノも、公平性の保たれたゲームを制作・配信する必要があるのです。

このことから、オンラインカジノがイカサマを行うには、相当なリスクがあることが分かるでしょう。

ケース3:負け続けてオンカジを攻めたい人

オンカジでイカサマを疑う人の傾向 (負け続けてオンカジを攻めたい人)

オンラインカジノは、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどの基本的なライブカジノゲームはもちろん、ゲームショーやオンラインスロットなど、様々なギャンブルを楽しめます。

しかし、ギャンブルで負け続けたがために、つい熱くなり、オンラインカジノのイカサマを疑う人が多いようです。

実際、ライブカジノゲームのチャット欄でも、負けが続いたプレーヤーがディーラーにイカサマを疑うコメントや他のプレーヤーへの誹謗中傷のコメントが散見されます。

ギャンブルは、エンターテイメントとしては最高ですが、熱くなりすぎるとどうしても他責の思考に陥るものです。

しかし、オンラインカジノの還元率は、公営ギャンブルに比べてもかなり高いため、冷静さを保ってプレイすれば、資金のロスを防げます。

実際、オンラインカジノで利益を上げているプレーヤーは、熱くなりすぎず、コツコツとプレイしているプレーヤーが多い印象です。

1回負けたからと言って、次のゲームに大量の資金をつぎ込むのではなく、冷静に楽しみながらプレイしましょう。

また、ライブカジノのディーラーも、カジノテーブルの外では、一人の人間です。

負けが続いたからといって、イカサマを疑うようなコメントや、他のプレーヤーが不快になるようなコメントは控えるようにしましょう。

対人ではないオンラインカジノにおいても、楽しい場を作っていければ、おのずと勝利もついてきます。

コニベットの登録バナー

ライブカジノのイカサマを疑う人は、これをプレイ!

ライブカジノのイカサマを疑う人は、これをプレイ!

ライブカジノにおいて、イカサマがないことを様々な観点で説明しましたが、それでもまだ疑う方もいると思います。

そんな方は、以下で紹介するゲームをプレイしてみましょう!

今から紹介するゲームは、特にランダム性が高いので、オンカジのイカサマを疑う人も必ず楽しめるはずです!

ライブカジノのカードゲーム (バカラ、ブラックジャックなど)

オンラインカジノのイカサマを疑う人は、これをプレイ!(ライブカジノのカードゲーム)

オンラインカジノのイカサマを疑う人にまずおすすめしたいゲームは、バカラやブラックジャックなどのライブカジノゲームです。

ライブカジノゲームは、本物のプロのディーラーがゲームを進行してくれる上、デッキにあるカードが切れた場合は、シャッフラーと呼ばれるシャッフルを担当するディーラーが、カメラの前でカードをシャッフルします。

また、ディーラーは、ゲームが公平に行われるよう、様々な所作で証明してくれます。

例えば、テーブル着席した時に、上で両手を広げる動作は、公平性を証明する所作の一つです。

ディーラーはカメラから自身の両手が隠れた場合、この所作を毎回する必要があります。

また、シャッフラーもカメラの前でシャッフルを行うため、ここでイカサマを行うことは不可能と言えます。

加えて、ライブカジノは、様々な視点のカメラが設置されているので、プレーヤーから見て死角になる映像はなく、常にディーラーの動きを確認できます。

もし、イカサマを疑ってしまった場合でも、カメラの視点を変えることで、イカサマがないことがすぐに分かるでしょう。

また、遊雅堂の「花路野三丁目」や、Pragmatic Playのジャパニーズバカラは、日本語ネイティブのディーラーがテーブルを担当しています。

不明な点や疑問に思った点があった場合でも、日本語でチャットに質問すれば、ディーラーが親切に教えてくれるでしょう。

ファーストパーソンシリーズ

オンラインカジノのイカサマを疑う人は、これをプレイ!(ファーストパーソンシリーズ)

Evolutionが開発した、ファーストパーソンシリーズのライブカジノゲームも、ライブカジノのイカサマを疑う人にはおすすめです。

ファーストパーソンシリーズとは、ディーラー無しで自動的にゲームが進行するライブカジノゲームで、バカラやルーレット、ブラックジャックなどその亜種など、様々なゲームが配信されています。

ディーラーが進行するライブカジノゲームは、イカサマは無いと言えるものの、人力でゲームが進行するため、推定されるRTPと、実際の値に差異が出る場合があります。

それもライブカジノの醍醐味であり、エンターテイメントとしては魅力的なポイントです。

しかし、RTP値の差異により、オンラインカジノのイカサマを疑う例も多いようです。

特にルーレットは、各ディーラーがボールをスピンさせるため、カードゲームよりもディーラーのクセが出やすく、イカサマを疑い人が多いようですね。

その点、ファーストパーソンシリーズでは、RNGが導入されており、自動的にゲームが進行します。

ゆえに、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどのゲームを問わず、高い水準の公平性が常に保証されています。

また、ファーストパーソンシリーズは、ベッティングタイムを気にせず、自分のタイミングでゲームを楽しめる点も魅力的です。

ディーラーがいるライブカジノゲームに比べて臨場感は劣りますが、オンラインカジノのイカサマを疑う人は、ファーストパーソンシリーズのゲームをプレイしてみましょう。

オンラインスロット

ゲーツオブオリンパスのベースゲーム

(ゲーツオブオリンパスのプレイ画面)

ライブカジノのイカサマの疑いがどうしてもぬぐえない方は、オンラインスロットをプレイするのも一つの手でしょう。

オンラインスロットは、ファーストパーソンシリーズと同様、完全に自動でゲームが進行します。

スロットそれぞれにRTPや、ボラティリティが設定されており、それぞれのプレーヤーのレベルや趣向に合ったスロットを選べます。

特に、Pragmatic Playのスロットは、多種多様なテーマとレベルのスロットを数多くリリースしています。

サウンドやグラフィックなど、ゲーム以外の部分も細部に渡って作り込まれたスロットは、2015年の設立以降、様々な賞を受賞しています。

iGaming業界からの信頼もとても厚いので、公平性も高く、安心して遊べますよ。

プラグマティックプレイとは

オンカジのライブカジノでイカサマはあるか

オンカジのライブカジノでイカサマはあるか

オンカジのライブカジノで、イカサマがあるのかを検証するには、どのようなタイミングや手口で行われるのか知ることが大切です。

ここでは、ライブカジノでも特に定番のルーレット、バカラ、ブラックジャックにおいてのイカサマが行われやすいタイミングを紹介します。

安全に運営しているライブカジノでは、イカサマは無いと言えます。

しかし、以下で紹介する手口を見つけた場合、違法なオンラインカジノに該当する可能性が高いので、利用を中断しましょう。

ルーレットのイカサマ

オンカジのライブカジノでイカサマはあるか (ルーレットのイカサマ)

ルーレットのイカサマとして挙げられるのは、台に工作があった場合や、ボールを投げ入れるタイミングです。

ルーレットの玉は、投げるタイミングによってある程度狙った数字に落とせます。

また、ルーレット台に磁石などの工作が仕込まれており、意図的に狙った番号に落ちるようになっているのではと、疑う人も多いでしょう。

しかし、ライブカジノのルーレットの場合は、ボールを投げるタイミングは、ベッティングタイムによって決められており、ディーラーが落としたい場所にボールを投げることは不可能と言っても過言ではないでしょう。

また、オンラインカジノのゲームの結果は、ライセンスによって管理されており、テーブル台などの工作も厳しく禁止されています。

健全なオンラインカジノを運営するにあたり、ライブカジノにおいてルーレット台に工作を行うことは、かなりリスクが大きいと言えます。

その為、EvolutionやPragmatic Playなどのゲームプロバイダーや人気オンラインカジノが、イカサマを行っている可能性はゼロと言えるでしょう。

ブラックジャックのイカサマ

オンカジのライブカジノでイカサマはあるか (ブラックジャックのイカサマ)

ライブカジノゲームの定番中の定番と言っても過言ではない、ブラックジャック。

全世界のオンラインカジノで多くのブラックジャックが配信されています。

ブラックジャックのイカサマですが、カードをシャッフルするタイミングがイカサマを行うタイミングとして挙げられます。

カードをシャッフルする際に、ディーラーが自分の有利になりやすいように、仕込めるからです。

しかし、ライブカジノのブラックジャックの場合、シャッフルは大抵の場合シャッフラーによって行われます。

テーブルの横には常に新しいデッキが用意されており、同じデッキを連続して使用することはありません。

その為、ディーラーやシャッフラーがイカサマを狙ってカードを仕込むことは、物理的に不可能と言えるでしょう。

また、ブラックジャックのテーブルは、プレーヤーが入場するまで稼働しないため、勝ちが続いている特定のプレーヤーに向かってカードを仕込むことも不可能と言えるでしょう。

バカラのイカサマ

オンカジのライブカジノでイカサマはあるか (バカラのイカサマ)

シンプルなルールが特徴で、日本でも絶大な人気を誇るバカラ。

バカラでイカサマは、カードをシャッフルするタイミングと言えるでしょう。

しかし、バカラもブラックジャック同様に、常に新しいデッキが用意されており、デッキを使い終わるたびに、新しいデッキでゲームが進行します。

また、バカラにはデッキの最初に必ず「バーンカード」が行われます。

このバーンカードでは、デッキの一番最初に出てきたカードを引き、そのカードに表示されている数字の枚数分、カードを捨てます。

このバーンカードで出てくる枚数は、シャッフルが行われた後のデッキで行われるため、完全にランダムです。

ゆえに、この時点でディーラーがプレーヤーの不利になるようにイカサマは不可能になります。

元オンカジディーラーの証言”イカサマはない”

元オンカジディーラーの証言”イカサマはない”

元オンカジのディーラーによる、イカサマについての証言カジマルが独占入手しました!

今回証言をしてくれた、元ディーラーの方は、オンラインカジノのゲームプロバイダーで長年働いた経験があり、ルーレットやバカラ、ブラックジャックまで、数多くのゲームを担当していたそうです。

ゲームの裏側など、他では聞くことが出来ない、貴重な証言をインタビュー形式でこたえてくれました。

これを読めば、オンカジでイカサマが無いことが、分かるはずです。

はじめまして!早速ですが簡単に経歴の紹介をお願いしてもよろしいですか?

私は、某ゲームプロバイダーで、ディーラーとして約2年ほど働いていました。

ディーラー時代には、スピードバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどを担当していました。

なるほど!ということは、ディーラー時代はほぼすべてのゲームを担当されていたんですね。

ズバリ聞きますが、オンラインカジノのライブカジノにおいて、イカサマはありますか?

私の知っている範囲では、イカサマはほぼないと言えます。

イカサマを行いたくてもシステム的に不可能ですし、そもそもディーラーとしてはイカサマを行ったところで、メリットは一つもないのでわざわざする必要がないというのが、本音です。

ディーラーは、会社から公平にゲームを進めるように、厳しく指導されています。

また、会社からのディーラーの評価の基準として、いかにゲームを正確に早く、そして公平にディール出来るかを重要視されます。

ゆえに、ディーラーとしての評価を上げる過程で、プレーヤーの人の勝敗は全く関係ありません。

そうなんですね。ゲームの勝敗で評価が決まると思われている人も多いですよね。

ゲームを公平に行うために、具体的にどのようなことを気を付けていたんですか?

例えばゲーム中に、テーブルから少しでも手が離れた場合は、必ず「ショーパーム」という、テーブルの上で両手を広げる所作を行う必要があります。

このような所作を怠った場合は、自分の評価が下がり、減給になるので、ディーラーは公平性を保ちながらゲームを進行するために、細心の注意を払っています。

また、カードをテーブルから落としたり、ベッティングタイムが終了する前にカードをドローしてしまった場合は必ずゲームを止めて、チェックする部署に報告する必要があります。

シャッフルに来たシャッフラーと会話するのも、基本的には禁止です。

ディーラーには、ゲームを公平に行うためにさたくさんのルールが定められており、このルールは必ず守らないといけません。

なるほど。では、ディーラー時代にイカサマを疑われた経験はありますか?

あります。

特にルーレットでは、イカサマを疑われたことがたくさんあります。

ルーレットでは、黒の番号が15回以上連続で出た時や、同じ数字が複数回出た時は、特にプレーヤーの方からイカサマを疑われました。

確かに。ルーレットのテーブルでは、イカサマを疑うコメントがよく散見されますね。

はい。

でも、正直私たち自身も黒が10回以上出たり、同じ数字が複数回出ることは、とても驚きなんです。

なので、よくディーラー間の会話で話題になります。

ルーレットの場合、カメラの後ろにスクリーンが設置されています。

スクリーンにはベッティングタイムが表示されており、ベッティングタイムが終了すると同時にディーラーはボールをスピンさせる必要があります。

ボールのスピンが遅れると、ディーラー側の減点につながるため、流暢にしゃべっているディーラーも、実は時間に追われながらゲームを進行しています。

また、どのプレーヤーがどこに賭けたか、詳細な情報は出ないため。特定のプレーヤーに不利になるようにスピンを回すことも不可能です。

そうなんですね。

ゲームを公平に進行するために様々な工夫があることが分かりました。

また、オンラインカジノでイカサマを行うことは、システムから見ても無理なんですね。

そうですね。

オンラインカジノのイカサマは、絶対にないと言っても過言ではありません。

ただ、カメラの前のプレーヤーの皆さんは、疑いたくなる気持ちも十分分かります。

なので、もし不信に思った点や、気になる点があった場合は、チャットを使って聞いてもいいと思います!

テーブル上で、プレーヤーの皆さんとコミュニケーションをとることは、よい空間づくりに繋がるので、ディーラーも丁寧に答えてくれるんじゃないかと思います。

ベラジョンカジノの入金不要ボーナス

まとめ

今回は、オンラインカジノ (ライブカジノ、ネットカジノ)のイカサマについて解説しました。

オンラインカジノ業界では、ライセンスを発行した政府から、厳しく公平性や安全性がチェックされています。

ゆえに、健全なオンラインカジノを運営する上では、イカサマが大きなリスクになり得ることが分かりましたね。

また、元ディーラーからの証言からも、オンカジでイカサマが行われないことが、よく分かりました。

オンラインカジノは、熱くなりすぎると、周りが見えなくなり、イカサマを疑ったりすると思います。

しかし、資金とも相談しながら冷静さを保てば、非常に楽しいエンターテイメントです。

当サイトで、紹介しているカジマルおすすめのオンラインカジノでは、ライセンスを取得した、安全なカジノのみ紹介しています。

当サイト限定の、入金不要ボーナスなどのお得なボーナスも獲得できるので、この機会にお見逃しなく!

【おすすめ優良オンラインカジノ】

コニベットの限定ボーナスコニベットの限定ボーナス(モバイル)
カジマル無料トーナメントコニベットの毎日賞金獲得のチャンス
オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)
2024年カジマル新年わっしょいキャンペーン
コニベットのサイドバナー
casimaru-bonus-hunters-pro-7
check-if-you-want-to-choose-good-casino
カジマルここだけ通信のバナー
カジマルのライン
カジマルのエックスのロゴ
ベストカジノ

ボーナス合計: 最大$540&30スピン
(入金不要ボーナス、入金キャッシュバック)
詳細をチェック

ボーナス合計: ¥116,500
(無料ボーナス、入金ボーナス、 フリースピン、フリーベット)
詳細をチェック

ボーナス合計: 条件1倍¥5,000
(入金不要ボーナス)
詳細をチェック

ボーナス合計 : 最大¥200,000 + $50+230スピン
(入金ボーナス、入金不要ボーナス、フリースピン)
詳細をチェック

ボーナス合計:最大$1,000&700フリスピ
(入金不要ボーナス、入金ボーナス)
詳細をチェック

ボーナス合計: 最大$3050
(入金不要ボーナス、入金キャッシュバック)
詳細をチェック

ボーナス合計: 最大$ 2045
(入金ボーナス、入金不要ボーナス)
詳細をチェック

ボーナス合計: 最大$1,120
(入金ボーナス、無料プレーボーナス、入金不要ボーナス)
詳細をチェック

ボーナス合計: 最大¥93,000
(入金不要ボーナス+入金ボーナス)
詳細をチェック
ボーナス合計: ¥2,500+$2,000
(入金不要ボーナス、入金ボーナス)
詳細をチェック
ボーナス合計: 最大¥$88 + 88スピン
(入金不要ボーナス、入金ボーナス)
詳細をチェック

ボーナス合計: 最大$540 + 250スピン
(入金ボーナス)
詳細をチェック

ボーナス合計: ¥57,777
(入金不要ボーナス、キャッシュバック)
詳細をチェック
ボーナス合計: 賭け条件なし120回フリスピ (入金ボーナス) ※詳細をチェック
オンカジ徹底解説