ブラックジャックのインシュランス|すぐにわかる徹底解説

ホーム » ブラックジャックのルール|簡単にわかるやり方、遊び方ガイド » ブラックジャックのインシュランス|すぐにわかる徹底解説

更新日:2024-05-31

ブラックジャックインシュランスのバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

 

ブラックジャックのインシュランスとは?

ブラックジャックのインシュランスとは?のバナー

ブラックジャックのインシュランスとは、ブラックジャックゲームで使えるアクションの一つです。

インシュアランスは、日本語で保険という意味です。万が一の時のために皆さん自動車保険、生命保険など様々な保険に入りますよね。
それらと同様に、ブラックジャックの用語であるインシュランス(保険)も、プレーヤーが負ける可能性が高い時に、ある一定の条件で使えるオプションです。

通常のブラックジャックゲームの結果に直接影響するものでも、ディーラーに勝つためのアクションでもありません。それらとは、まったく別のサイドベットとして扱われます。インシュランスがもし成功すれば、ベット額を守れます。

ブラックジャックにはクラシック、シングルデッキ、ダブルデッキ、ヨーロピアンなど様々なブラックジャックの種類があり、それぞれでインシュランスのルールや戦略が若干異なる場合があります。

しかし、ブラックジャックのインシュランスは本当に使った方がいいのか?迷う方も少なくないはずです。

また、インシュランスは使用するべきではない、と聞いたことがある方もいると思います。インシュランスに対しては、様々な意見がありますが、本記事ではブラックジャックのインシュランスの使い方、期待値、なぜおすすめされないのかなど、徹底的に解説します。

コニベットの登録バナー

 

インシュランスをブラックジャックで使える条件

ブラックジャックでインシュランスを使える条件のバナー

インシュランスをブラックジャックで使える条件は、いたってシンプルで、ディーラーのアップカード、つまり、最初に配られた1枚目のカードが、ブラックジャックのエースだった時です。

ディーラーのアップカードがAの場合、ディーラーハンドは、ナチュラルブラックジャックかもしれません。最初から負けてしまう可能性が高まるのは、少し残念ですよね。

そんな時に発動できるのがインシュランスです。
ブラックジャックでは、インシュランスを使って成功すれば、最低でも引き分け以上になるので、負けることはありません。

 

ブラックジャックでインシュランスに賭けた時の期待値

ブラックジャックのインシュランスの期待値のバナー

期待値とは、利益が出る見込みのことですが、結論から言うと、ブラックジャックのインシュランスの期待値は0です。
それでは、インシュランスは何のためにあるのでしょうか。

ブラックジャックのインシュランスは、そもそも資金をプラスにするためのアクションではなく、不利な状況で損失を避ける目的で使います。
メインのゲームではなく、インシュランスだけに注目しましょう。

例えば、最初に10ドルをベットしました。
インシュランスを利用する場合、最初のベット額の半分、5ドルを追加しなければなりません。

合計15ドルベットしました。
インシュランスが成功し、戻ってくる額はインシュランスによる3倍の15ドルです。つまり、合計のベット額とリターン額は同じです。そのため、期待値は0なのです。

ブラックジャックのダブルダウンやスプリットのように、2倍のリターンを狙いに行くような、ブラックジャックの必勝法と呼ばれるような攻めのアクションではありません。ブラックジャックのインシュランスは、あくまでも保険、資金を守るためのアクションだということを覚えておきましょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックにおけるインシュランスの手順

ブラックジャックのインシュランスの手順のバナー

次に、インシュランスの手順を、例を挙げながら、改めて細かく見ていきましょう。

ディーラーが1枚目でAを引く

最初にプレーヤー、ディーラーにそれぞれトランプが2枚ずつ配られます。例えば、プレーヤーに7と10がディールされ、ディーラーのアップカードがAとします。

プレーヤーがインシュランスを選択

インシュランスの条件である、ディーラーのアップカードがAです。

ここでインシュランスを選択します。
ランドカジノではディーラーに合図し、オンラインカジノでは、スクリーンに選択画面が表示されます。

インシュランスには、最初のベット額の半分が必要です。
仮に10ドルでスタートしたとすると、インシュランスを宣言して、5ドル追加します。そして、プレーヤーハンドをスタンドします。

注意点としては、ブラックジャックでインシュランスを宣言すると、ヒット、ダブルダウン、スプリットの選択はできません。

ゲーム勝敗とインシュランスの結果が分かる

スタンドを選択した後は、ディーラーの伏せてあるカードがオープンされます。

このカードが10、J、Q、Kのどれかだった場合、ブラックジャックの予想的中ということで、インシュランス成功です。追加した5ドルの2倍、10ドルのリターンです。

しかし、先ほども述べたように、最初のベット額と同じ額なので、プラスマイナス0ですが、損失は回避できます。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

インシュランスを使ったゲームの流れと収支の例

ブラックジャックでインシュランスを使った時の流れと例のバナー

次は、ブラックジャックのインシュランスが的中した場合と、的中しなかった場合、メインゲームの結果でそれぞれどうなるのか、ここでは3パターン解説していきます。

それぞれ10ドルでスタートし、インシュランスで5ドル追加したと想定します。

インシュランスが的中+元の賭けも成功の場合

1つ目は、メインのゲームも成功、つまり、ディーラーハンド、プレーヤーハンドも、両方ブラックジャックが出た場合です。

メインゲームは引き分けなので、10ドルの払い戻しでプラスマイナス0です。

そして、インシュランスで5ドル追加し、成功したので、10ドルのリターンです。

この結果、プレーヤーに10ドルの利益が出ます。

これが唯一、インシュランスを宣言してプラスになるパターンです。

しかし、両方ともブラックジャックが出る確率は低く、約0.1%と言われています。

インシュランスが的中+元の賭けは不成功の場合

2つ目のパターンは、ディーラーハンドがブラックジャック、そして、プレーヤーハンドが20以下の場合です。

インシュランスは的中ですが、メインのゲームは負けです。

この場合、元のベット額10ドルは没収です。

しかし、インシュアランスは成功なので、追加の5ドルの2倍、10ドルのリターンです。

最終的に10ドル-10ドルなのでプラスマイナスゼロ、期待値0です。

しかし、もしインシュランスを選択しなかったとすると、単純にマイナス10ドルなので、インシュランスを利用することで、損失が回避できます。
これが、ブラックジャックにおいてインシュランスを選択するメリットです。

インシュランスが外れ+元の賭けも不成功の場合

ディーラーがブラックジャックではなかった場合、インシュランス失敗ということになります。

インシュランス分の、追加の5ドルは没収です。

そして、元のゲームも負けたので、10ドル没収です。

最終的な利益は、マイナス5ドルと、マイナス10ドルなので、合計15ドルの損失が出ます。

インシュランスを宣言しなかった場合、10ドルのみの損失で抑えられるはずだったので、3つのパターンの中では、一番損をします。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

プレーヤーがブラックジャックの時にインシュランスを使えるか

プレーヤーがブラックジャックの時にインシュランスが使えるかのバナー

プレーヤーハンドがブラックジャックであっても、インシュランスを利用できます。

ここまで、ブラックジャックにおけるインシュランスの期待値は0と述べてきましたが、プレーヤーがナチュラルブラックジャックだった時こそ、むしろインシュアランスを宣言するべきです。

インシュランスを利用した3つのパターンのうち、1つ目で紹介した通り、プレーヤーがナチュラルブラックジャックの時のみ利益が出ます。

10ドルをベットし、インシュランスで5ドル追加すると、20ドルのリターンです。
つまり、還元率が200%ということです。

200%は非常に高い還元率なので、この場合はインシュランスを使う価値は十分あると思います。

コニベットの登録バナー

 

ブラックジャックでインシュランスを使うメリットとデメリット

ブラックジャックのインシュランスのメリットとデメリットのバナー

ここまでの解説から、ブラックジャックでインシュランスのメリットをあまり感じていない方もいるかもしれませんが、改めてメリットと、デメリットを整理していきます。

メリット

最大のメリットは、プレーヤーハンドがナチュラルブラックジャックの時に、確実に勝てるということです。

還元率200%と、めったにないチャンスなので、積極的に使っても問題ないでしょう。

そして、保険をかけれるのもメリットです。保険をかけることで損失を抑え、資金を守れます。
これがブラックジャックにおけるインシュランスの本来の目的です。

デメリット

インシュランスは、負ける確率が高いことです。

ディーラーがブラックジャックである確率は30%、つまり、インシュランスだけを考えると、70%の確率で損失が出ます。

ブラックジャックには、ベーシックストラテジーというチャートがあります。
プレーヤーハンド、ディーラーハンドのそれぞれの状況によって、どのアクションを選択すると勝利する確率が高いかを示したチャートです。

過去のデータから、勝てる確率が高いアクションが反映されていますが、このチャートにもインシュランスはありません。

つまり、インシュランスの利用は、推奨されておらず、ブラックジャックのインシュランスは利用しない方がいいとされています。

ナチュラルブラックジャックの場合、還元率200%と高く、当たれば非常にラッキーで、一攫千金を狙えるかもしれません。しかし、確実に勝ちたいプレーヤーは、インシュランスをブラックジャックでは利用しない方が無難でしょう。

インシュランスが使えるオンラインのブラックジャック

インシュランスを使えるオンラインのブラックジャックのバナー

ランドカジノ同様、オンラインカジノのブラックジャックでもインシュランスが使えます。

ランドカジノでは、実際に目の前にディーラーがおり、インシュランスを利用するか聞かれます。

インシュランスの利用を選択しなければ、ディーラーはそのままゲームを進めることが多いようです。

インシュランス宣言すると、結果的に損失につながりやすくなるため、過度な利用は避けたいところです。

しかし、長くゲームを続けていると、インシュランスを利用するよう、ディーラーがプレッシャーをかけてくることもあります。

一方、オンラインカジノなら、ランドカジノの臨場感は再現されながらも、ディーラーからのプレッシャーは感じにくいでしょう。
自分のペースを乱さずに、冷静に遊べると思います。

オンラインカジノのサイトはたくさんありますが、その中でも日本人のカスタマーサポートがあるベラジョンカジノ、日本人ディーラーと遊べるカジノシークレット、入出金が早いコニベットなどがあります。

資金を守りながら、楽しく遊ぶならオンラインカジノのブラックジャックで遊ぶのがおすすめです。

ブラックジャックのインシュランスに関するよくある質問

ブラックジャックのインシュランスのよくある質問のバナー

皆さんからよくいただく、ブラックジャックのインシュランスについての質問に答えていきます。

ブラックジャックでインシュランスは使うべき?

答えは基本的にノーです。

本記事でも説明してきた通り、ブラックジャックのインシュランスは、失敗して損失が出る確率が高く、メリットがそれほどありません。

1つのシューで、10、J、Q、Kのカードの出現率は約30%です。

約70%の確率でディーラーハンドはブラックジャックにならないため、インシュランスは失敗です。
つまり、インシュランスだけに着目すると、約70%の確率で損をします。

ただし、プレーヤーハンドがブラックジャックの場合には、期待値が高く、勝利が期待できます。
このことから、プレーヤーハンドがブラックジャックの場合を除いては、使うべきではないとされています。

ランドカジノとオンカジのインシュランスに違いはある?

ブラックジャックのインシュランスは、ランドカジノもオンラインカジノも基本のルールは同じです。

両方とも、最初の2枚のカードが配られたタイミングで、インシュランスを宣言できます。

ランドカジノの場合、ディーラーが直接、プレーヤーにインシュランスを選択するか聞き、選択する場合はディーラーに合図します。
そして、最初のベット額の半分のチップを置きます。

オンラインカジノの場合は、スクリーンにインシュランスのボタンが表示されるので、それをクリックすると、自動的に追加のチップ分が引かれる仕組みです。

ただし、カジノやテーブルによってルールが多少異なる場合もあるので、事前に確認しましょう。

まとめ

ブラックジャックのインシュランスは、ディーラーハンドにAがある場合、損失がでないように保険をかけるアクションです。

ブラックジャックのベーシックストラテジーに沿えば、確率の低さから、インシュランスは利用すべきでない、とされています。

失敗したら、リターンもなく、無駄な損失が出てしまいます。

唯一、プレーヤーハンドがナチュラルブラックジャックだった場合のみ使いましょう。

本記事で、ブラックジャックのインシュランスについて理解できたら、ぜひ、オンラインカジノで実践してみましょう。

実際にインシュランスを活用することで、流れや、機能について、より理解を深めることができます。

オンラインカジノには、ディーラーと遊べるライブカジノのブラックジャックが、多数用意されています。

当サイトのおすすめオンラインカジノは、Evolution GamingPragmatic Playなど、世界的に信頼の厚いゲームプロバイダーのブラックジャックを提供しているので、イカサマの心配もありません。

カジマルでは、限定の入金不要ボーナスを提供しています。無料でブラックジャックをプレイできるチャンスをお見逃しなく!