ブラックジャックのダブルダウン | 手順や使うタイミング徹底解説

ホーム » ブラックジャックのルール|簡単にわかるやり方、遊び方ガイド » ブラックジャックのダブルダウン | 手順や使うタイミング徹底解説

更新日:2024-05-31

ブラックジャックのダブルダウン | 手順や使うタイミング徹底解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

ブラックジャックのダブルダウンとは?

ブラックジャックのダブルダウンとはのバナー

ブラックジャックダブルダウンとは、ブラックジャックで最初の2枚のカードが配られ、プレーヤーのハンドがディーラーよりも有利な場合に、ベット額を2倍にするアクションです。

通常ブラックジャックでは、ハンドが「21」に近づくまでカードを何枚でもヒットできます。

ですが、ダブルダウンをした後は、どんな場合でも1枚しか引けないのが条件です。

また、Aと10でナチュラルブラックジャックが成立した場合も、すでに勝ちカードなのでダブルダウンできません。

ただ、ダブルダウンの活用は、ブラックジャックの一つの戦略であり、勝ち越せるチャンスを広げてくれます。

まだ、ダブルダウンの使い方がよくわからないけど挑戦してみたい方、また、今まで何となくダブルダウンをしていた方は、ぜひ、ここで使い方をマスターしてチャンスを活かせるようになりましょう。

【その他関連記事】
ブラックジャックの確率
ブラックジャックのカウンティング
ブラックジャックの用語

 

コニベットの登録バナー

 

ブラックジャックにおけるダブルダウンの手順

ブラックジャックにおけるダブルダウンの手順のバナー

次に、ブラックジャックのダブルダウンはどのようにするかを、実際のベットの流れを想定しながら、細かく説明していきます。

ベットする

まず、ブラックジャックのゲームをスタートする前に、自分の手持ちの資金を考えながらベット額を決め、ベットします。

ランドカジノの場合は、テーブルにチップを置きます。オンラインカジノでは、スクリーンでチップをクリックします。

例えば、10ドルでスタートするとしましょう。

カードが配られる

ゲームがスタートし、プレーヤー、ディーラー両方に、2枚ずつカードが配られます。

この時、プレーヤーハンドは2枚とも表向きに配られるので、何のカードが配られたかが明らかです。

ただし、ディーラーハンドは、最初の1枚のみが表向きで、2枚目は伏せた状態です。この、ディーラー1枚目の表向きのカードを、アップカードと呼びます。

プレーヤーに「3」と「7」が配られ、合計が「10」。そして、ディーラーのアップカードが「5」でした。

ダブルダウンを選択する

カードの配布後、プレーヤーは次のアクションを考えます。

ブラックジャックのルールでは、「ヒット」、「スタンド」、「ダブルダウン」、「スプリット」が基本的なアクションです。

プレーヤーに配られたトランプの数字と、伏せてあるディーラーハンドを予想しながら、ここでダウルダウンを選択します。

具体的なやり方としては、ランドカジノの場合、追加のチップを最初に置いたチップの横に置いて、ダウルダウンの意思を表します。

一方、オンラインカジノの場合は、スクリーンに各アクションのボタンが表示されるので、該当するボタンをクリックして完了です。

サイトによって表示のされ方が異なるので、ボタンの押し間違いをしないように注意しましょう。

ダブルダウンを選択したので、最初に賭けた10ドルと同じ金額の10ドルを追加します。

3枚目のカードが配られる

ダブルダウンを選択した後は、プレーヤーに3枚目のカードが配られます。ここで、ディーラーハンドがオープンするのを待ちましょう。

先ほども述べたように、ダブルダウンをした後に引けるカードの枚数は1枚のみです。

ランドカジノの場合、ダブルダウンをした後は「もうヒットできません」という意味で、最初の2枚のカードの上に3枚目のカードが水平に配られます。

オンラインカジノでも、配る前に何かしらのハンドサインが行われ、最初の2枚の数字が隠れないように置かれます。

3枚目は、プレーヤーに「9」が配られました。

ゲーム結果が決まる

3枚目のカードが配られたら、たとえハンドが「12」や「13」だったとしても、ダブルダウンのルール上、ここでプレーヤーのターンは終了です。

あとは、ディーラーハンドの2枚目が何の数字かによって、勝敗が決まります。

ディーラーハンドが「17」以上の場合はディーラーの勝ち。また、「17」以下だった場合、ディーラーはヒットしなければいけないルールなので、もし、ヒット後にディーラーハンドがバーストしたら、プレーヤーの勝ちです。

ダブルダウンして「10+9=19」になったので、このゲームはディーラーハンド次第です。

ディーラーの2枚目が「10」で、合計が「5+10=15」だとすると、さらにヒットが必要なのでゲームは続きます。

4枚目が「7」以上だった場合、バーストでプレーヤーの勝ちが決まります。

もし、「5」か「6」が出たらディーラーの勝ちで、ダブルダウン失敗です。追加したチップは、没収されます。

 

ブラックジャックでダブルダウンを使うべきタイミング

ブラックジャックでダブルダウンを使うべきタイミングのバナー

ブラックジャックのダブルダウンで大事なことは、タイミングです。

一体、いつダブルダウンを使うのがベストタイミングなのでしょうか。

以降で、ダブルダウンを使うべきタイミングを3つご紹介します。

プレーヤーのハンドが9、10、11の時

ブラックジャックでダブルダウンを使うタイミングの1つ目は、プレーヤーハンドが9、10、11の場合です。

ブラックジャックには、ベーシックストラテジーというブラックジャック必勝法があります。

ベーシックストラテジーとは、今までのパターンを分析してできた統計を表にしたものです。

ベーシックストラテジーでは、プレーヤーに配られた最初の2枚の組み合わせと、ディーラーハンドの1枚目を見て、その後、どのアクションを取るべきかが示されています。

この表によると、プレーヤーに最初に配られた2枚の合計が9、10、11のどれかの場合、ダブルダウンが推奨されています。

ダブルダウンで引いた3枚目のカードが10、J、Q、Kのどれかの場合、ハンドが21に近い数字になり、かなり勝てる確率が上がります。

これはなぜかというと、1つのシューに10、J、Q、Kが出る可能性が、他の9以下の数字と比べて高いからです。

10、J、Q、Kが出る確率は約30.76%、一方、A~9が出る確率は約7.69%と、約4倍の差があります。

ベーシックストラテジーに従うと、以下の場合は、ダブルダウンがおすすめです。

  • プレーヤーの合計11で、ディーラーの1枚のカードが2~10の場合
  • プレーヤーハンド10、ディーラーカードが2~9の場合
  • プレーヤーハンド9、ディーラーカード3~6の場合

また、最初の2枚の合計が11の場合が、3枚目引いて18以上になる確率が最も高く、50%以上です。そして、バーストする心配なくダブルダウンできる絶好のチャンスです。

ただし、ベーシックストラテジーはあくまでも統計なので、忠実に従っても負ける可能性があることを理解しておきましょう。

プレーヤーがAを持っている時

2つ目のパターンは、最初に配られたカードで、プレーヤーがA(エース)を持っている場合です。

Aはブラックジャックのゲームでは特殊なカードで、ソフトハンドとも使用されます。

Aは2パターンの数字としてカウントが可能で、1つは「1」として、もう一つは「11」としてカウントできます。また、状況に応じて有利なカウント方法が使用されます。

そのため、3枚目のカードで21に近づくか、ディーラーがバーストするかの2通りの可能性があります。

ソフトハンドでダブルダウンした場合、3枚目のトランプがどんなカードでも、Aが「1」としてカウントされるので、絶対にバーストすることはありません。

ソフトハンドでダブルダウンのチャンスがあるのは、プレーヤーハンドがソフト16、17、18、そして、ディーラーハンドが低い数字の時です。

例えば、A+6=17、ディーラーハンド1枚目のカードが3だった場合、伏せてあるカードが最大10だったとしても13です。

そして、ブラックジャックのルールでは、17以上になるまでヒットする必要があるので、ディーラーがバーストする可能性はあります。

ゆえに、プレーヤーハンドは21に近づき、ディーラーハンドがバーストするのを狙えます。

ディーラーのアップカードが3、4、5、6の時

3つ目は、ディーラーのアップカードが3~6の場合です。アップカードとはディーラー1枚に配られた表向きのカードのことです。

ディーラーのアップカードが3~6の時は、バーストする確率が高いので、ダブルダウンで攻めていきましょう。

アップカード別にディーラーハンドがバーストする確率は、以下の通りです。

アップカードの数字 バーストする確率
3 38%
4 40%
5 43%
6 42%

つまり、平均で40%以上なので、これは高確率でバーストするとわかります。

ダブルダウンのタイミング2つ目の、プレーヤーにAがある場合と合わせて考えると、以下の3つのケースでダブルダウンが有効です。

プレーヤーのハンド ディーラーのアップカード
A+2=3 5、6
A+4=5 4~6
A+6=7 3~

ディーラーカードに、5または6がすべてに共通しているので、5か6がある時はチャンスだと覚えておきましょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックでダブルダウンを使わない方が良い時

ブラックジャックでダブルダウンを使うべきでないタイミンのバナー

先程、ブラックジャックでダブルダウンするべきタイミングについて紹介しましたが、ここでは、反対にダブルダウンをすべきでないタイミングを2つご紹介します。

ダブルダウンがだめなタイミングも併せて覚えると、効率的に勝てるはずです。

また、ダブルダウンを使うタイミングを慎重に見極める必要がある理由として、ダブルダウンのリスクが挙げられます。

ダブルダウンするとベット額は2倍になります。2倍を賭けてダブルダウンが成功すれば良いのですが、万が一負けた場合は損失も2倍になる為、慎重さが必要です。

ディーラーがAを持っている時

ダブルダウンするべきタイミングとしてプレーヤーハンドの合計が9、10、11の時ダブルダウンをおすすめしましたが、例外もあります。

その例外が、ディーラーのアップカードがAの時です。

これは、ディーラーがナチュラルブラックジャックの可能性があるためです。ゆえに、ディーラーにAが出ている時のダブルダウンは、避けるのが無難と言われています。

この場合、ブラックジャックではない可能性に賭けて、ヒットで21に徐々に近づけるのがおすすめです。

プレーヤーのハンドが12の時

2つ目は、プレーヤーハンドの合計が12以上の場合です。これは、単純に3枚目のカードでバーストする確率が高いからです。

特に、1つのシューで10、J、Q、Kの4枚のカードが出現する確率はA~9より高いので、この状況ではリスクを取らずにヒットかスタンドするのがおすすめです。

ただし、Aと11が配られた時は、すでにナチュラルブラックジャックが出ているので、ダブルダウンはできません。

テッドベットの入金不要ボーナス

 

初心者必見!チャート活用でダブルダウンのタイミングを掴む

ブラックジャックのダブルダウン_チャートの活用でダブルダウンのタイミングを掴むのバナー

チャートとは、上記で触れた、ベーシックストラテジーの表のことです。

特に初心者の方は、このチャートを見れば、ブラックジャックでダブルダウンをするべきタイミングを頭ですべて記憶するよりも一目瞭然です。

プレーヤーハンドとディーラーハンドそれぞれのカードを見て、次のアクションの仕方を一発で理解できます。

ランドカジノで実際にチャートを見ながらプレーするのは難しいと思いますが、オンラインカジノなら、チャートを見ながら自分のペースで遊べます。

最初は見ながらでもいいので練習し、徐々にどのような場面でダブルダウンするべきか頭に入れ、基礎をマスターしましょう。

ワンダーカジノの入金不要ボーナス

 

ブラックジャックでダブルダウンをする時の注意事項

ブラックジャックでダブルダウンをする時の注意点のバナー

ブラックジャックでダブルダウンをする最大のメリットは、ベット額が2倍になるので、その分、勝利金額も2倍になることです。

そして、ダブルダウンのデメリットは、ベット額が増えることで、同時にリスクも増えることです。

ダブルダウンで一発逆転を狙うこともできますが、闇雲にダブルダウンをしてしまい、負けが続くとかなりの損失になりかねません。

そのため、ダブルダウンは、基本的に勝てる自信がある時のみに使うアクションだということを覚えておきましょう。

また、資金管理がしっかりできて、気持ちに余裕がある方におすすめです。

ダブルダウン後は1度しかカードを引けない

最初にも説明した通り、ダブルダウンをした後に、プレーヤーが引けるカードの枚数は1枚のみです。

最初の2枚の合計が11で絶好のチャンスだと思っても、ディーラーにAがあったらかなりリスキーです。

また、ダブルダウンしても、13など弱いハンドになってしまう場合もあります。

そのため、ディーラーのアップカードをきちんと確認してからダブルダウンを行いましょう。

スプリット後は使えない場合がある

スプリットとは、プレーヤーに、最初に同じ数字のトランプが配られたときに別々のハンドに分け、ベット額を2倍にするアクションです。

スプリットした後、それぞれの分けたハンドにカードが配られ、スタンドやヒットを選択できます。

ただし、スプリット後にダブルダウンできる場合と、できない場合があります。これは、カジノやテーブルによってルールが異なります。

オンラインカジノでは、スプリットのあとにダブルダウンできるテーブルを見つけやすいはずです。

スプリットしてプレーヤーに有利な状況の場合にダブルダウンをすると、さらに配当が増えるので大きなチャンスです。

ゆえに、遊ぶテーブルでスプリット後のダブルダウンが出来るかどうかを、事前に確認しておくと良いでしょう。

コニベットの登録バナー

 

ダブルダウンができるブラックジャックを楽しもう

ダブルダウンができるブラックジャックを楽しもうのバナー

ブラックジャックのダブルダウンは、基本的にどのブラックジャックテーブルでも出来ます。

ただ、中には、プレーヤーハンドの最初の合計が10または11の時のみ、ダブルダウンが有効というテーブルもあるので注意しましょう。

以下は、ダブルダウンができるブラックジャックゲームの例です。

また、ダブルダウンができるブラックジャックがあるオンラインカジノは、コニベットベラジョンカジノ遊雅堂インターカジノカジノシークレットなど数多くあります。

オンラインカジノで、複数のブラックジャックテーブルが用意されているので、ベット額の範囲や、細かいルールなどをチェックしながら、自分に合ったテーブルを探してみましょう。

また、ブラックジャックゲームにおける最小ベット額は、テーブルによって異なります。比較的最小ベット額が低めのテーブルでは、概ね、$10から受け付けているでしょう。

 

まとめ

本記事では、ブラックジャックのアクションの一つである、ダブルダウンについて解説しました。

ブラックジャックのダブルダウンは、チャンスがあれば積極的に使用するのをおすすめします。ただし、ダブルダウンでベット額が2倍になる為、その分の損失リスクも十分にあります。

その為、ダブルダウンをするべきタイミング、すべきでない状況などをしっかり理解する必要があります。

また、ダブルダウンの後は追加カードは1枚しか引けません。そして、ディーラーのアップカードにも注意しながら選択する必要があります。

これらを理解した上で、これはダブルダウンをするのが良いと思える時に活用するのがおすすめです。

本記事を読んで、ブラックジャックやダブルダウンに興味を持たれたら、実際にブラックジャックでプレイしてみましょう。

ブラックジャックは、オンラインカジノで遊ぶのがおすすめです。

当サイトでは、ブラックジャックで遊べる数多くのおすすめオンラインカジノをご紹介しています。

すでにオンラインカジノへの登録をしている方でも、新しいオンラインカジノをチェックすると、目新しいサイトを発見できるかもしれません。

当サイトからの登録者限定で提供される、入金不要ボーナスや初回入金ボーナスも活用して、お得なスタートを切りましょう。