【保存版】ブラックジャックの用語を徹底解説

ホーム » ブラックジャックのルール|簡単にわかるやり方、遊び方ガイド » 【保存版】ブラックジャックの用語を徹底解説

更新日:2024-05-31

ブラックジャックの用語徹底解説のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|トレジャーハンターカジマル:続きを見る
🔵 EURO2024はトーレスと熱くなろう!4つの特別オファー|遊雅堂:続きを見る
🔵 10万人に当選!スイボナキャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額100万円!6月のキャッシュ抽選会|遊雅堂:続きを見る
🔵 毎日当たる!デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 連日100回以上のフリスピが当たるチャンス!|コニベット:続きを見る
🔵 14,000人以上に当選!2種類の豪華キャンペーン|エルドアカジノ:続きを見る
🔵 賞金総額$300,000! Evolutionをプレイしよう|コニベット:続きを見る

PragmaticPlayとのキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルトレジャーハンターキャンペーンカジマルトレジャーハンターキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーKonibetとプラグマのキャンペーン

 

ブラックジャックの用語とは?

ブラックジャックの用語のバナー

ブラックジャックの用語とは、カジノのテーブルゲームであるブラックジャックにおいて使われている単語です。

ゲームの流れの中で出てくるもの、テーブル上の表示や賭け方を示すもの、手札の呼び名などがあります。

ブラックジャックをプレイするためには、ブラックジャックの種類のほかにも、様々な用語を理解しておく必要があります。

基本的な用語は、ルールと一緒に覚えられるものもありますが、より深くプレイするなら、できるだけ多くの用語を覚えておきたいところです。

「ブラックジャックのルールさえわかればプレイできるのでは?」「用語って言ってもそんなにないよね?」などと思うプレイは少なくないでしょう。

しかし、ブラックジャックを有利に、そして、より理解してプレイしたいなら、必ず用語を覚えてから遊ぶことをおすすめします。

ブラックジャックは、初心者にもおすすめのゲームの1つですが、用語はそれなりにたくさんあります。

この記事では、ブラックジャックの用語を徹底的に解説しますので、これからブラックジャックをプレイしたいと思うプレーヤーは、ぜひ最後までご覧になり、参考にしてみてください。

【その他関連記事】

ブラックジャックのベーシックストラテジー
ブラックジャックの必勝法&攻略法
ブラックジャックの確率

コニベットの登録バナー

 

ブラックジャックの用語を一覧で解説

ブラックジャックの用語一覧のバナー

ブラックジャックで使用する用語を一覧で紹介します。

初心者の方は特に、どのような用語があるのかわからないと思いますので、用語を分類して解説していきます。

初めての人は、必ず必要になる単語ばかりなので、ぜひチェックしておきましょう。

ブラックジャックの基本的な用語

まずは、ブラックジャックをプレイする上で大切な、基本的な用語からチェックしていきます。

ここで紹介する基本用語は、14個です。

用語 解説
ブラックジャック ゲームの名前。または、手札(ハンド)の合計が21になること
ナチュラルブラックジャック 最初に配られる2枚のカードで、手札(ハンド)がブラックジャックになること
ディーラー ゲームを進める親。プレーヤーの対戦相手でもある
プレーヤー ブラックジャックをプレイする子。または、ディーラーの対戦相手のこと。ベッティングエリアにもプレーヤーと書かれる
ファーストベース ディーラーと対面した時に、一番右側に座っているプレーヤーのこと。一番最初にカードが配られる
サードベース ディーラーと対面した時に、一番左側に座っているプレーヤーのこと。カードを配られるのは、一番最後
ベット お金を賭けること
サイドベット プレーヤー勝利以外の条件に賭けられる賭け方の総称
ノーモアベット ベット終了の合図。この合図以降は、チップにふれることができない
ディール ディーラーがカードを配ること
プッシュ ディーラーとプレーヤーの勝敗がつかず、引き分けになること
バースト 手札の合計値が、21を超えてしまうこと
ミニマムベット テーブルで設定される最小ベット額
マックスベット テーブルで設定される最大ベット額

 

ブラックジャックのカードに関する用語

続いて、ブラックジャックのカードに関する用語を紹介していきます。

ここでは、9個の用語を紹介するので、チェックしてください。

用語 解説
デッキ 52枚のトランプの束(1~13のカード×4種類のマーク)。ブラックジャックでは、6デッキ~8デッキ(312枚~416枚)を利用することが多い
シュー デッキを格納するシューター
スート トランプのマークのこと(スペード、ハート、ダイヤ、クローバー)
ソフトカウント A(エース)を11とカウントすること
ソフトハンド Aを含む手札において、Aを11として計算する場合の呼び名
ハードハンド 合計12以上の手札。また、Aを含む手札で、Aを1として計算する場合の呼び名
アップカード(オープンカード) 表向きに配られるカード。ディーラーに配られる表向きのカード
ホールカード ディーラーに配られる2枚目のカード。はじめは裏向きになっている
ペア 同じ数字が揃った状態。なお、ブラックジャックにおいて、10、J、Q、Kは、いずれも10とカウントするが、例えば10とJではペアにはならない

 

ブラックジャックのアクションに関する用語

ブラックジャックにはたくさんのアクションがあります。ディーラーにアクションを伝える時には、用語を知っていることは必須になります。

ここでは、7個のブラックジャックのアクション用語を紹介します。

用語 解説
ヒット 追加のカードを求めるアクション
スタンド(ステイ) 手持ちの手札のままで留めるアクション
ダブルダウン 最初の2枚のカード以外に、追加カードをあと1枚のみにすることを条件に、賭け金を2倍にできるアクション
スプリット 最初の2枚のカードが同じ値の場合、手札を2つに分け、各手札でゲームを進める。スプリットを行う際、最初の賭け金と同額を新たに賭ける
インシュランス ディーラーのアップカードが、Aの時に使えるアクション。ディーラーにブラックジャックが完成した場合に備え、保険を掛ける
サレンダー 賭け金の半分を放棄することで、ゲームを途中で止めるアクション
イーブンマネー ディーラーのアップカードがA、プレーヤーのハンドがブラックジャックの時に使えるアクション。ブラックジャックの配当2.5倍を放棄するかわりに、2倍の配当を必ず獲得できる

 

ブラックジャックのハウスルール用語

続いて、ブラックジャックのハウスルール用語を紹介します。

ブラックジャックは、様々な種類のテーブルやゲームスタイルが存在しています。

ゲームを提供するプロバイダー、また、ゲームの場を設けるカジノなどによって、若干ルールが異なったり、カジノ独自のハウスルールが設けられている場合もあります。

ここでは、7個のハウスルール用語をご紹介します。

用語 解説
ピュアブラックジャック 最初の2枚のカード合計が21で、成立するブラックジャック。別名、ナチュラルブラックジャック
クイーンブラックジャック ダイヤのAとダイヤのQで、できるブラックジャックのこと。カジノによっては特別配当がでる
セブンカード 手札が7枚以上になっても、合計値が21以下
シックスカード 手札が6枚以上になっても、合計値が21以下
アンダーシックス 手札が6枚以上になっても、バーストしない
スリーセブン 3枚の7でブラックジャック
ファイブカード 5枚以下でハンドが21以下になること

 

まとめ

ブラックジャックは、わかりやすく初心者でもプレイしやすいゲームの1つですが、快適に遊ぶためには、用語を覚える必要があります。

ブラックジャックのエースの重要性など、他にも多くの用語があり、知らないものも多いかもしれません。

記事を見るだけで、用語がどのような意味なのかすぐにわかるはずですので、しっかりと覚えてからブラックジャックで遊んでみてください。

ブラックジャックの用語を一通り把握できたら、オンラインカジノで実際にプレイしてみましょう。

オンラインカジノでは、ブラックジャックだけでなく、人気のバカラルーレットや、数千種類にも及ぶオンラインスロットも用意され、ランドカジノさながらの臨場感と雰囲気を気軽に体験できます。

また、カジマルでは、おすすめオンラインカジノの、ここでしか手に入らない入金不要ボーナスを取り揃えています。

アカウントに登録するだけでもらえる、特別なボーナスは、無料で受け取れる、オンラインカジノならではのお得な特典です。

ぜひ一度、オンラインカジノランキング入金不要ボーナス一覧のチェックをお願いします。