ココモ法の早見表 | 実践シミュレーション解説付

ホーム » ココモ法 | 使い方、やり方、賭け方の完全ガイド » ココモ法の早見表 | 実践シミュレーション解説付

更新日:2024-07-17

ココモ法の早見表 | 実践シミュレーション解説付のバナー

オンラインカジノランキングへバナーオンラインカジノランキングへバナー(モバイル)

新着キャンペーン
お得な情報盛りだくさん
🔵 カジマルオリジナル|ミッションポッシブル:続きを見る
🔵 【日曜まで】プレゼントあり♪アンケート企画|プラグマ×カジマル:続きを見る
🔵 新作ゲームのフリースピンをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 限定!メンマちゃんと遊ぼうキャンペーン|コニベット:続きを見る
🔵 賞金総額$30,000!バカラ限定キャッシュドロップ|コニベット:続きを見る
🔵 スピンを回してプレゼントをゲット!|コニベット:続きを見る
🔵 総額$315,000デイリートーナメント|コニベット:続きを見る
🔵 日替わり特典がパワーアップ!夏祭り企画|ミスティーノ:続きを見る

Konibetのシーズンキャンペーンカジマル無料トーナメントのバナー

 

 

カジマルミッションキャンペーンカジマルミッションキャンペーン(モバイル)
カジマル無料トーナメントのバナーBaricataとのキャンペーン

ココモ法の早見表、実践シミュレーションとは?

ココモ法の早見表、実践シミュレーションとは?のバナー
ココモ法の早見表、実践シミュレーションとは、ココモ法のベット額の増やし方や各回のリターンを表にまとめたものです。

このココモ法の早見表を使うことで、ココモ法の収益を視覚的に理解できるので大変便利です。

ココモ法は、前回と前々回のベット額の合計を次のベット額とするカジノゲームの戦略の一つです。

この方法は、特に配当が3倍のゲーム、主にルーレットで使われることが多く、勝った時のリターンが大きいのが特徴です。

この記事では、ココモ法は勝てないと感じている方や、本当に利益が出るのか不安な方に向けて、ココモ法の早見表を使いながらその仕組みを解説します。

ココモ法の改良版や、ルーレットの攻略法と併用して、勝率アップを目指しましょう。

コニベットの登録バナー

 

ココモ法の早見表を参考にする利点

ココモ法の早見表を参考にする利点のバナー
ココモ法のルールはシンプルで、初心者でも早見表なしで実践可能です。

しかし、早見表を使いこなせば、より効率的に利益を上げられるかもしれません。

以下に、実際にココモ法を試したい方が早見表を参考にする利点を2つ挙げます。

ココモ法を使ったゲームフローが分かる

1つ目は、ココモ法を使ったゲームフローが一目で理解できる点です。

毎回のベット額を自分で計算しなくても、表を見ればすぐにわかるので、気軽にココモ法を実践できます。

ベット額の上げ方は非常にわかりやすく、少額でスタートした場合は頭で簡単に計算できます。しかし、ベット額が大きくなってくると、ココモ法の早見表を確認した方が効率的です。

金額を間違ってしまうと、ココモ法のメリットを活かせなくなる可能性があります。

特に初心者の方には、正確にココモ法を実践するためにも、早見表の使用をおすすめします。

ココモ法の収益計算のヒントになる

2つ目は、ココモ法の収益計算のヒントになる点です。

早見表には収益が載っているので、参考にしながらベット額を計算しやすくなります。

1ユニットいくらで始めるかを計画的に決めることで、着実に収益をアップできます。事前に収益を確認し、どの戦略を試すか考えれば、効率よく利益を出せるでしょう。

ランドカジノでは紙や計算機の使用が禁止されていますが、オンラインカジノでは問題ありません。

このメリットを活かし、早見表を使い、自分のペースで計画的にプレイすれば、勝てるチャンスが広がります。

ココモ法の早見表の見方

ココモ法の早見表の見方のバナー
ココモ法の早見表の見方は、表記の違いがあるものの、基本的な要素は共通しています。

以下のポイントを確認すれば、ココモ法の早見表を正しく活用できます。

  • 回数
  • ベット額
  • 合計ベット額
  • 勝った金額
  • トータル利益

ココモ法の早見表には、ベット回数が示されており、現在のベットが何回目かを簡単に把握できます。

また、各回のベット額が記載されているため、次のベット額を計算する手間が省け、スムーズにプレイできます。

合計ベット額にはココモ法をスタートしてからの累積ベット額が表記され、投入した総額を把握できます。

さらに、各回で勝った場合の金額が示されているため、勝利時のリターンを予測できます。

トータル利益にはココモ法をスタートしてからの総利益が表示されており、全体の収益状況を一目で確認でき、戦略の見直しにも役立ちます。

これらの項目を確認しながらプレイすれば、ココモ法の効果を最大限に引き出せるでしょう。

ルーレットにおけるココモ法実践の早見表

ルーレットにおけるココモ法実践の早見表のバナー
ココモ法は、主にルーレットの3倍配当のゲームであるカラムやダズンに使用されます。

以下に、ルーレットにおけるココモ法の早見表と、実践シミュレーションを見ていきましょう。

シミュレーションの条件は、ルーレットでカラムにベットし、すべてのベットが勝つ場合とします。

ココモ法のシミュレーション-1

まずは、$1でスタートし、10回連続でベットした場合のココモ法シミュレーションの早見表です。

回数 ベット額 合計ベット額 配当 合計収支
1回目 $1 $1 $3 $2
2回目 $1 $2 $3 $1
3回目 $2 $4 $6 $2
4回目 $3 $7 $9 $2
5回目 $5 $12 $15 $3
6回目 $8 $20 $24 $4
7回目 $13 $33 $39 $6
8回目 $21 $54 $63 $9
9回目 $34 $88 $102 $14
10回目 $55 $143 $165 $22

ココモ法のルールに従い、3回目からベット額は1回目と2回目の合計で$2になります。

総合収支は1回目と同じく$2です。2回目の総合収支は$1で一時的に減少しますが、マイナスにはなりません。

全体的に見て、初期の利益はあまり大きな差がありません。9回目になると配当が$100を超え、利益もようやく$10を超えます。

1から10回のシミュレーションでは、$1スタートの場合、金額が小さいため、合計収支の数値も小さくなります。

配当は徐々に増加していますが、収支の増加は非常に緩やかです。

ココモ法のシミュレーション-2

次に、$1でスタートし、20回連続でベットした場合のココモ法シミュレーションの早見表です。

回数 ベット額 合計ベット額 配当 合計収支
1回目 $1 $1 $3 $2
2回目 $1 $2 $3 $1
3回目 $2 $4 $6 $2
4回目 $3 $7 $9 $2
5回目 $5 $12 $15 $3
6回目 $8 $20 $24 $4
7回目 $13 $33 $39 $6
8回目 $21 $54 $63 $9
9回目 $34 $88 $102 $14
10回目 $55 $143 $165 $22
11回目 $89 $232 $267 $35
12回目 $144 $376 $432 $56
13回目 $233</ $609 $699 $90
14回目 $377 $986 $1131 $145
15回目 $610 $1596 $1830 $234
16回目 $987 $2583 $2961 $378
17回目 $1597 $4180 $4791 $611
18回目 $2584 $6764 $7752 $988
19回目 $4181 $10945 $12543 $1598
20回目 $6765 $17710 $20295 $2585

10回目以降、$1でスタートしても急激にベット額、配当、合計収支のすべてが大きくなります。

15回目にはベット額が$600を超え、合計収支も$200以上になります。

さらに、19回目になると、配当は$10,000を超え、合計収支も$1,500以上です。

10回目と20回目の合計ベット額には120倍以上の差があり、利益についても約117倍の差があります。

ココモ法を続ければ続けるほど、確実にリターンが大きくなるのはシミュレーション表からも明らかです。

ココモ法のシミュレーション-3

3つ目は、$5でスタートし、10回連続でベットした場合のココモ法シミュレーションです。

回数 ベット額 合計ベット額 配当 合計収支
1回目 $5 $5 $15 $10
2回目 $5 $10 $15 $5
3回目 $10 $20 $30 $10
4回目 $15 $35 $45 $10
5回目 $25 $60 $75 $15
6回目 $40 $100 $120 $20
7回目 $65 $165 $195 $30
8回目 $105 $270 $315 $45
9回目 $170 $440 $510 $70
10回目 $275 $715 $825 $110

$1でスタートした場合とは異なり、$5でスタートすると6回目の時点で合計ベット額が$100を超えます。

$1の場合、14回目で合計収支が$100を超えましたが、$5の場合、10回目で$110の利益が出ます。

配当も6回目で$120を超え、9回目には一気に$500まで上がります。5回目と10回目の合計ベット額の差は約12倍です。

このシミュレーションは10回までですが、同じ条件で$5スタートで20回近くベットし続けた場合、十分な軍資金が必要です。

実際のルーレットでココモ法を実践

ここまでは、シミュレーションをもとに、ココモ法を解説しました。

このセクションでは、実際にココモ法を使用してルーレットを5回プレイした結果を紹介します!

なお、最初のベットは、5ドルに設定しています。

ルーレットでココモ法実践:1ゲーム目

まず、ココモ法を使用してのルーレットの1ゲーム目は、5ドルをベットします。

実際のルーレットでココモ法を実践 (ゲーム1)

(赤丸がベットしたゾーン、青丸が実際にボールが落ちたゾーン)

「2~35」のカラムベットの真ん中列に賭けましたが、スピンしたボールが落ちたのは残念ながら黒の4。

このゲームは惜しくも負けであり、5ドルの損失が発生します。

次のゲームから、本格的にココモ法を使用してのベットが開始します。

ルーレットでココモ法実践:2ゲーム目

1ゲーム目に5ドルをベットし負けたため、ココモ法のルールに則り、再び5ドルを賭けます。

これは、ココモ法の便宜上、1ゲーム目の前のゲームにoドルを賭けたとみなすためです。

実際のルーレットでココモ法を実践 (ゲーム2)

(赤丸がベットしたゾーン、青丸が実際にボールが落ちたゾーン)

2ゲーム目は、1ゲーム目と同じくカラムベット真ん中の列にベットしましたが、ボールがヒットしたのは黒の22。

これで2連敗となり、合計10ドルの損失が発生しています。

ルーレットでココモ法実践:ゲーム3

実際のルーレットでココモ法を実践(ゲーム3)

ここまでのゲームで、2連敗を喫しているので、ココモ法の特徴でもある、1ゲーム目と2ゲーム目のベット額の合計である10ドルを賭けます。

今回は、「3~36」の列にベットし、ボールは見事赤の18にヒット。

見事勝利したため、、30ドルの配当を獲得した上、合計の収支も20ドルになりました。

ルーレットでココモ法実践:ゲーム4

3ゲーム目見事に勝利したため、今回のベット額は1ゲーム目のベット額である5ドルにリセットされます。

1ゲーム目のベット額の5ドルを、3ゲーム目と同じ「3~36」のエリアにベットします。

実際のルーレットでココモ法を実践 (ゲーム4)

(赤丸がベットしたゾーン、青丸が実際にボールが落ちたゾーン)

しかし、今回ボールがヒットしたのはo。

惜しくも、5ドルの損失が発生し、合計収支は15ドルという結果に。

次のゲームに期待です。

ルーレットでココモ法実践:ゲーム5

5ゲーム目は、ココモ法のルールに則り、4ゲーム目と同じ5ドルを、4ゲーム目と同じエリアに賭けました。

実際のルーレットでココモ法を実践(ゲーム5)

ボールは、見事に赤の9にヒットし、予想が的中!

5ドルの配当を獲得した上、合計収支も25ドルになりました。

ルーレットでココモ法実践:結果

ゲーム数 ベット額 勝敗 収益
1 $5 -$5
2 $5 -$10
3 $10 $20
4 $5 $15
5 $5 $25

ココモ法を実践して、5回ルーレットをプレイした結果は、2勝3敗と負けが先行。

しかし、ココモ法は連敗するほど勝った時のリターンが大きく、最終的には25ドルのプラス収支でゲームを終えました。

 

シミュレーション結果に基づきココモ法を考察

シミュレーション結果に基づきココモ法を考察のバナー
次に、先ほどの3つのシミュレーション結果に基づき、ココモ法を考察していきましょう。

3つのシミュレーションの共通点として、まず2回目のベットの合計収支が一番少なくなります。

これは、ココモ法の特徴である最初の2回はベット額が同じため、一時的に利益が少なくなるからです。

次に、利益率についてです。合計ベット額と合計収支を計算すると、$1スタートの場合、6回目以降に総合ベット額に対して50%のリターンがあります。

10回目で65%、15回目で68%回収できます。$5スタートの場合も同様に、6回目で50%、10回目には65%のリターンが見込めます。

ココモ法はベット額の増加が緩やかですが、10回連続ベットで勝てば確実に利益を出せます。

合計ベット額に対して50%の利益率は非常に大きく、10回目で50%を超えるので、ココモ法は非常に有効なベット戦略と言えるでしょう。

カジノシークレットの入金不要ボーナス

ココモ法の早見表、シミュレーションに関するよくある質問

ココモ法の早見表、シミュレーションに関するよくある質問のバナー
最後に、ココモ表の早見表、シミュレーションに関するよくある質問について答えていきます。

ココモ法の早見表とはなんですか?

早見表とは、ココモ法でゲームを進める際に、各回のベット額、配当、トータルベット額、トータル利益を一目で確認できるようにした表です。

ココモ法の早見表を活用すると、利益の計算や軍資金の管理が効率化され、より戦略的にゲームを進められるでしょう。

ココモ法を実践できるゲームは?

ココモ法を実践できるゲームは、配当が3倍のゲームです。

主にルーレットのカラム・ダズンベットで使用されます。一方で、偶数・奇数、ハイ・ロー、赤・黒などの2分の1の確率のベットには適していません。

ルーレットにはヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類がありますが、ヨーロピアンルーレットをおすすめします。

アメリカンルーレットは0と00の2つの0があり、合計38個の数字があります。一方、ヨーロピアンルーレットは0が1つだけで、合計37個の数字です。アメリカンルーレットでは勝率が下がり、ココモ法が効果的に使えません。

また、ルーレット以外のゲームではバカラのタイベットでも実践可能です。

 

ココモ法は何回くらいで負けを回収できる?

「何回目で負けを回収できるのか」については、結論として、ココモ法は何回目で勝っても負けを回収できます。

ココモ法の早見表からも分かるように、毎回利益が出ています。そのため、連敗しても一度勝てばそれまでの損失を取り戻せます。

また、ココモ法の実践シミュレーションの考察でも見たように、ココモ法を6回以上続けることで、合計ベット額に対して50%以上の利益が見込めます。これがココモ法の最大のメリットです。

 

まとめ

当記事では、特定のルーレットの賭け方で効果的なココモ法の早見表と、実践シミュレーションについて詳しく紹介しました。

ココモ法は、利用できるゲームが限られているものの、勝率を確実にアップできるベット戦略としておすすめです。

カジノのベット戦略には、他にもマーチンゲール法モンテカルロ法ダランベール法などがありますが、それぞれの利点と欠点を理解した上で、適切な使用が重要です。

自分に合ったベット戦略を見つけたい方には、オンラインカジノがおすすめです。

オンラインカジノは、メモを取りながら自分のペースでベット戦略を立てるのに最適です。

また、カジマル特典の入金不要ボーナスを使えば、少ない軍資金でも気軽にカジノゲームがプレイできます。

この機会にオンラインカジノに登録し、ベット戦略を学びながらギャンブルでお金を増やす方法を身につけましょう。