ホーム » スポーツのニュース » アデサニヤを徹底解説|世界のトップ選手大全

アデサニヤの全て

アデサニヤとは

アデサニヤ(アデサンヤ)とは、ナイジェリア出身の総合格闘家であり、元キックボクサー、元ボクサーです。現在はニュージーランドに在住しています。

そして、現UFC(Ultimate Fighting Championship)世界ミドル級王者であり、UFCパウンド・フォー・パウンド・ランキング3位の選手として、世界中で多くのファンを獲得しています。

最近では、防衛戦がスポーツベッティングの注目の的になることも多く、格闘技ファンだけでなく幅広い人々から注目されています。

アデサニヤの基本情報

  • 名前:イスラエル・アデサニヤ(アデサンヤ)(Israel Adesanya)
  • ニックネーム:ザ・ラスト・スタイルベンダー
  • 出身地:ナイジェリア連邦共和国・ラゴス
  • 階級:ミドル級/ライトヘビー級
  • スタンス:Switch
  • 生年月日:1989年7月22日
  • 身長:193 cm
  • 体重:83.9 kg
  • リーチ:203.2 cm

 

konibet-casino-review(無料のフリースピンボーナスが30回増量中)

アデサニヤの獲得タイトル

アデサニヤがこれまでに獲得したタイトルは以下の通りです。すでにキックボクシング、ボクシングは引退していますが、現役の総合格闘家として活動しています。今後も格闘家として多くのタイトルを獲得することが期待されています。

キックボクシング

  • King in the Ring 86 kg II 優勝(2014年)
  • King in the Ring 86 kg III 優勝(2014年)
  • King in the Ring 100 kg III 優勝(2015年)
  • GLORYミドル級コンテンダートーナメント 優勝(2016年)

ボクシング

  • Super 8 III 優勝(2015年)
  • Super 8 IV 優勝(2015年)

総合格闘技

  • 第4代AFCミドル級王座(2017年)
  • Hex Fighting Seriesミドル級王座(2017年)
  • UFC世界ミドル級暫定王座(2019年)
  • 第11代UFC世界ミドル級王座(2019年)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender)

 

bonus-hunterbonus-hunter-mobile

 

アデサニヤの来歴

アデサニヤはナイジェリアのラゴスで生まれました。父は実業家兼会計士、母親は会計士という裕福な家庭に、5人兄妹の長男として生まれました。

アデサニヤは、幼少期から非常にやんちゃであり、8歳の時にテコンドーを習い始めます。しかし、家の中で暴れ回るため母親に止めさせられたと言われています。

そんなアデサニヤは良い教育を受けさせたいという両親の方針により、ガーナに10ヶ月間滞在した後、10歳の時にニュージーランドのロトルアに移住します。

しかし、当時のニュージーランドでは黒人が珍しい存在であったため、アデサニヤは高校時代にいじめを受けます。アデサニヤはいじめられた後に大泣きして、鏡を見て自分を叱咤激励したこともあると話しています。そして、いじめから自分を守る方法を学ぶために格闘技を学ぶようになり、それをきっかきに格闘家になることを決めるのです。

また、アデサニヤは映画「マッハ!!!!!!!!」のジャッキー・チェン、アンデウソン・シウバに影響を受け、18歳からムエタイを始めます。そして、中国での訓練を経て、21歳になるとオークランドに移り、シティ・キックボクシングでトレーニングを積むようになります。このようにして、本格的に格闘家としての道を歩み始めるようになるのです。

そして、2008年になるとアデサニヤはアマチュアキックボクシングでデビューをします。圧倒的な強さを見せたアデサニヤは32戦全勝という素晴らしい戦績を残し、2011年プロへ転向します。キックボクサーとしては、通算81戦75勝という戦績を残しました。

また、2014年にはプロボクサーとしてデビュー。プロボクシングでは通算6戦5勝の戦績を残しています。

アデサニヤの総合格闘家としての実績

アデサニヤがプロ総合格闘家としてデビューしたのは、2012年3月のことでした。この際、メルヴィン・ギラード等に勝利し、11戦全勝の戦績でUFCと契約しました。

そして、UFC初参戦となった2018年2月11日のUFC 221でロブ・ウィルキンソンと対戦し、スタンドパンチ連打で2RTKO勝ち。さらに、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞しました。

その後も、好成績を残し、2019年2月10日に行われたUFC 234では、ミドル級ランキング15位の元UFC世界ミドル級王者アンデウソン・シウバと対戦。そして、3-0の判定勝ちをしました。この試合の後には、格闘技を始める前からの憧れの存在であったシウバに勝利したことに感動し、涙をみせたことでも知られています。

そして、2019年4月13日、UFC 236のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でミドル級ランキング4位のケルヴィン・ガステラムと対戦。そして、この試合に勝利したことから、暫定王座獲得に成功しました。また、この試合は同年のUFCファイト・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

 

konibet-casino-review(無料のフリースピンボーナスが30回増量中)

アデサニヤのアデサニヤの戦績

アデサニヤの過去5年間の戦績をまとめると以下の通りです。

過去の5年間では2021年3月6日に行われたヤン・ブラホヴィッチとの1戦を除いて、全て勝利しています。

開催年月日

大会名

対戦相手

試合結果

2022年7月2日

UFC 276: Adesanya vs. Cannonier

【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】

ジャレッド・キャノニア

5分5R終了 判定3-0

2022年2月12日

UFC 271: Adesanya vs. Whittaker 2

【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】

ロバート・ウィテカー

5分5R終了 判定3-0

2021年6月12日

UFC 263: Adesanya vs. Vettori 2

【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】

マーヴィン・ヴェットーリ

5分5R終了 判定3-0

2021年3月6日

UFC 259: Błachowicz vs. Adesanya

【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】

ヤン・ブラホヴィッチ

5分5R終了 判定0-3

2020年9月27日

UFC 253: Adesanya vs. Costa

【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】

パウロ・コスタ

2R 3:59 TKO(左フック→パウンド)

2020年3月7日

UFC 248: Adesanya vs. Romero

【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】

ヨエル・ロメロ

5分5R終了 判定3-0

2019年10月6日

UFC 243: Whittaker vs. Adesanya

【UFC世界ミドル級王座統一戦】

ロバート・ウィテカー

2R 3:33 KO(左フック→パウンド)

2019年4月13日

UFC 236: Holloway vs. Poirier 2

【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】

ケルヴィン・ガステラム

5分5R終了 判定3-0

2019年2月10日

UFC 234: Adesanya vs. Silva

アンデウソン・シウバ

5分3R終了 判定3-0

2018年11月3日

UFC 230: Cormier vs. Lewis

デレク・ブランソン

1R 4:51 TKO(左ストレート)

2018年7月6日

The Ultimate Fighter 27 Finale

ブラッド・タヴァレス

5分5R終了 判定3-0

2018年4月15日

UFC on FOX 29: Poirier vs. Gaethje

マーヴィン・ヴェットーリ

5分3R終了 判定2-1

2018年2月11日

UFC 221: Romero vs. Rockhold

ロブ・ウィルキンソン

2R 3:37 TKO(スタンドパンチ連打)

2017年11月24日

Hex Fighting Series 12

【Hex Fighting Seriesミドル級王座決定戦】

スチュワート・デア

1R 4:53 KO(ハイキック)

2017年7月28日

Australia Fighting Championship 20

【AFCミドル級王座決定戦】

メルヴィン・ギラード

1R 4:49 TKO(パウンド)

アデサニヤの収入と資産

多くの人はUFCのミドル級チャンピオンに君臨するアデサニヤがどれくらいの収入を得ているのかが気になっていることでしょう。ここでは、アデサニヤの収入について紹介します。

これまでアデサニヤがUFCで稼いだ賞金の総額は $89,77,500だと言われています。その詳細は以下のようになっています。

対戦相手

結果

基本給

各種合計

Robert Whittaker

勝利

US$1,000,000

US$1,542,000

Marvin Vettori

勝利

US$500,000

US$1,142,000

Jan Błachowicz

負け

US$600,000

US$1,740,000

Paulo Costa

勝利

US$600,000

US$1,540,000

Yoel Romero

勝利

US$500,000

US$790,000

Robert Whittaker

勝利

US$400,000

US$1,090,000

Kelvin Gastelum

勝利

US$350,000

US$405,000

Anderson Silva

勝利

US$62,000

US$178,000

Derek Brunson

勝利

US$59,000

US$172,000

Brad Tavares

勝利

US$56,000

US$115,500

Marvin Vettori

勝利

US$53,000

US$109,500

Rob Wilkinson

勝利

US$50,000

US$153,500

UFCでは基本給が支給され、それにいくつかのボーナスが加えられる仕組みとなっています。

アデサニヤの純資産は、2022年には約600万ドルになると言われています。アデサニヤの収益の中心はファイトマネーとなりますが、もちろんアデサニヤはスポンサー契約からも多くの利益を得ています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender)

例えば、アデサニヤはENGAGE、 Peak Milk、Reebok、Puma、Kill Cliff Fight Club、EA Sports、Stake.com、Venumなどからスポンサーを受けています。

まだまだ現役として活動しているアデサニヤは今後も影響力を増していくことが予想され、さらに資産を増やしていくことでしょう。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender)

そんなアデサニヤは大の車好きとして知られており、多くの高級車を保有しています。その様子は、アデサニヤのブログでも見ることが出来ます。

数多く保有している車での中でも、アデサニヤのお気に入りはマクラーレン 720s スパイダー、日産のSUV、レンジローバーの3台。それぞれ、$80,000、 $29,000、$315,000となっています。

また、2021年には母親にポルシェ・カイエン、父親にベントレー・コンチネンタルGTをプレゼントしていることも知られています。

 

bonus-hunterbonus-hunter-mobile

 

アデサニヤの強さの理由

アデサニヤの強さにはいくつか理由があります。

フットワーク

アデサニヤはフットワークが優れていることで知られています。アデサニヤは相手の隙を見つけた瞬間に、素早いフットワークを利用して攻撃することを得意としています。

過去の試合を振り返ると、アデサニヤは左から右へ移動しながら左右にシャッフルし、相手を誘導しつつ、空いた角度に回り込むのシーンが多く見られます。これによって、相手を攻撃するのです。

アデサニヤのフットワークは、スティーブン・トンプソンが肉体的に全盛期だった頃に匹敵するものだと言われています。

アウトサイドに強い

強さの理由の1つとしては、恵まれた身体能力を上げることができるでしょう。アデサニヤは身長が193cmと高く、ミドル級にしてリーチが203cmとかなり長いのが特徴です。アデサニヤは身長やリーチで、他の多くの選手よりも優れています。そして、アデサニヤは試合中のレンジでその身長とリーチを抜群に活かしているのです。

特にブラジルのパウロ・コスタとツィ戦した際には、リーチをうまく活かし、数発のパンチでをノックアウトを決めました。

また、アデサニヤは、その長身を生かした強烈なローキックで敵を打ちのめし、打撃が届かない距離から相手を打ちのめすことを得意としています。

そして、アデサニヤは全身を使ってフェイントをかけ、隙を見ては攻撃を仕掛けるのです。また、高身長を活かした変則的なハイキックやミドルキックも得意としています。

アデサニヤは結婚している?

ファンの間では、アデサニヤが誰と付き合っているのか、あるいは結婚しているのか、などが時折話題となります。

アデサニヤはオーストラリアの女優マーゴット・ロビーやモデルのロッティ・パウドレルとの交際が発覚したこともありますが、一方で同性愛者なのではないかという大きな噂もあります。

アデサニヤは基本的に恋愛に関しては秘密主義であり、自身のInstagramなどにおいても恋愛に関する情報は一切公開していません。これにより、同性愛者なのではないかという憶測がファンの間で飛び交っているのです。

ただし、事実かどうかははっきりしていませんが、ネット上では噂の恋人との画像や動画が出回っています。

アデサニヤは一時期ハリウッド女優でオーストラリア人の恋人であるマーゴット・ロビーと交際しているという報道が出ました。報道では目撃情報があったとされていましたが、実際にはアデサニヤが一緒にいた女性がロビーのそっくりさんだったという事実が明らかになり、最終的には交際は否定されました。

その後、アデサニヤが一緒に歩いていた女性はオーストラリアのインスタグラム・インフルエンサーであるロッティ・パウドレルであることが判明。

アデサニヤはパウロ・コスタとの試合前にロッティ・パウドレルと一緒にバスタブに入っている動画がネット上で公開されるなど、二人の交際は確定となりました。

しかし、それ以降二人は公の場でどこにも姿を見せず、別れてしまったと言われています。それ以降、女性との噂は一切なく、現在未婚で、特に交際をしている相手もいないとされています。

アデサニヤの知られざる真実

以下ではアデサニヤの知られざる真実をいくつか紹介します。

アデサニヤは大のアニメ好き

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender)

アデサニヤは実は大のアニメ好きとしても知られ知恵ます。子供の頃の夢はアニメーターになることであり、格闘家として引退をした後にはアニメ制作会社を立ち上げたいと語っています。

特にアデサニヤは日本の「NARUTO -ナルト-」の大ファンであり、腹部に八卦封印のタトゥーを入れています。また、選手コールの際に口寄せの術のポーズをとることもあるなど、かなりのナルト好きとして知られているのです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender)

また、UFC 253のメディア会見に暁の模様のシャツを着て出席した他、UFC 234では計量時と試合中にロック・リーのポーズで対戦相手のアンデウソン・シウバを挑発するなど、ユニークなエピソードが多くあります。

アデサニヤには「ザ・ラスト・スタイルベンダー(The Last Stylebender)」というニックネームがありますが、これもアニメ「アバター 伝説の少年アン(Avatar: The Last Airbender)」から名付けられたと言われています。

そして、2021年にはNetflixオリジナルアニメシリーズである『範馬刃牙』のボイスオーバーを務めるなど、アニメ業界でも活動しています。

発言によるトラブル

アデサニヤはこれまで自身の発言によりいくつかのトラブルを起こしています。

その中でも最も知られているのが、UFC 248の記者会見です。この記者会見にてアデサニヤは、対戦相手のヨエル・ロメロに対して「俺が奴に触れ続けたら、いずれ奴はツインタワーのように崩れ落ちるだろう」と発言。9月11日の同時多発テロに言及したことで、試合後にこの発言が物議を醸します。それによって、アデサニヤはInstagramにて「より言葉に気をつけていきたい」と謝罪をしています。

さらに2021年3月25日、因縁のあったケビン・ホランドに対して、Instagramにて「お前をレイプしてやる」と発言。これが話題を呼び、ニュージーランド副首相兼スポーツ大臣のグラント・ロバートソンから「軽率なコメントだ」と批判されます。これにより、決まっていたBMWのアンバサダーも取りやめとなりました。

アデサニヤはダンスが大好き

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender)

アデサニヤはアニメだけではなく、ダンスが好きなことでも知られています。子供の頃はダンスに夢中になっていることもあったようですが、両親の圧力で格闘技に転向。現在では勝利した際に、得意のダンスを披露しています。また、UFC 243の入場時に行ったダンスパフォーマンスのバックダンサーは、10代の頃からのダンス仲間であることも知られています。

また、アデサニヤは、ダンスと格闘はタイミングや距離感、創造性など、多くの相関関係があると語っており、ダンスで得たスキルが格闘技に役立っていると語っています。

ノックアウトで負けたのは一度だけ

イスラエル・アデサニャは格闘技のキャリアにおいて、合計107戦のプロボクシングの試合に出場しています。驚くことに、ボクシング、キックボクシング、MMAの試合を通して、アデサニヤは7回しか負けておらず、そのうちノックアウトされたのはたった1回だけとなっています。

その1回となるのは2017年に行われた、アレックス・ペレイラとのキックボクシングでの1戦でした。この試合は2016年の対戦の再戦であり、多くのファンはアデサニヤが勝つと思っていました。しかし、ペレイラが3ラウンドでアデサニヤをノックアウトし、アデサニヤにとって最初で最後のノックアウトとなったのです。

観客動員記録を保持

アデサニヤは、UFCの観客動員記録を保持しています。2019年10月6日に開催されたUFC 243のUFC世界ミドル級王座統一戦での正規王者のロバート・ウィテカーとの対戦では、マーベルスタジアムに57,127人という圧倒的な観客を動員しました。

これは、2015年に開催されたホリー・ホルムvsロンダ・ラウジーの56,214人というそれまでの記録を塗り替えるものとなり、アデサニヤの残した観客動員記録現在も破られていません。

今ならアデサニヤに詳しくなると稼げるかも?

最近では、コニベットなどのオンラインカジノやオンラインのブックメーカーで、アデサニヤの試合をはじめ、UFCの勝敗が賭けの対象となることは一般的になっています。

今、日本ではRIZINなどの総合格闘技が注目されているので、アデサニヤについて詳しくなったり、その他UFC選手に詳しくなっておくことは、格闘ファンなら必須事項と言えます。

当記事をはじめ様々なメディアで情報を集めつつ、自分の選手に対する知見を活せば、ブックメーカーでのUFCの勝敗予想に役立つでしょう。

ただ試合を観戦するだけでなく、「稼ぐ」というエキサイティングな要素をプラスするだけで、楽しさが倍増しちゃうこと間違いなし!

 

konibet-casino-review(無料のフリースピンボーナスが30回増量中)

bonus-hunterbonus-hunter-mobile

 

更新日:7月 29, 2022

カランバゲームズの広告
ファンタジーナイトの広告
カジノ選びお助け
Add friend for LINE
Follow our Twitter account
casimaru-bonus-hunters-pro-7
MiFinityのバナー
ベストカジノ
5.0 rating
ボーナス合計: ¥106,500
(無料ボーナス、入金ボーナス、 フリースピン)
詳細をチェック
4.3 rating
ボーナス合計: 最大¥200,000 + 更に追加200スピンと$45
(入金ボーナス、入金不要ボーナス、フリースピン)
詳細をチェック
4.5 rating
ボーナス合計: 最大$520&30スピン
(入金不要ボーナス、入金キャッシュバック)
詳細をチェック
4.5 rating
ボーナス合計: ¥1,500 + 270回フリースピン
(入金不要ボーナス、 フリースピン)
詳細をチェック
4.5 rating
ボーナス合計: 最大$733
(入金不要ボーナス、入金キャッシュバック)
詳細をチェック
4.5 rating
ボーナス合計: 最大$797 + 77スピン
(入金ボーナス)
詳細をチェック
3.5 rating
ボーナス合計: 最大$ 2045
(入金ボーナス、入金不要ボーナス)
詳細をチェック
4.0 rating
ボーナス合計: 最大$1,015&350フリスピ
(入金不要ボーナス、入金ボーナス)
詳細をチェック
4.8 rating
ボーナス合計: 条件1倍¥5,000
(入金不要ボーナス)
詳細をチェック
4.3 rating
ボーナス合計: 最大$1040
(入金ボーナス、入金不要ボーナス)
詳細をチェック
オンカジ徹底解説
 カジマル.com|世界のエンタメ最新情報を発信
© Copyright 2022 カジマル.com|世界のエンタメ最新情報を発信
Powered by WordPress | Mercury Theme