ブックメーカー

ホーム » ブックメーカー
【限定ボーナス明細】
登録ボーナス:¥2,000
Casimaru超限定!
ボーナスがないことが有名なパイザなのに?
5.0 rating
5.0
【限定ボーナス明細】
入金ボーナス:最大$1,000
登録ボーナス:$40
4.0 rating
4.0
【限定ボーナス明細】
入金ボーナス:最大¥395,000
フリースピン :合計200回
登録ボーナス:$30
3.8 rating
3.8
【限定ボーナス明細】
入金ボーナス:最大¥395,000
登録ボーナス:$40
関連ニュース数: 1
4.5 rating
4.5

ブックメーカーとは?

ブックメーカーとは、主にスポーツに関するお金を賭けたエンターテインメントを主宰する会社のことを指します。ブックメーカーはオッズ(賭け率)を公表し、賭けに参加する人はその賭け率を参考に試合の結果にベッティングします。具体的な例をあげると、サッカーでどちらのチームが勝つかを予想して、予想が当たれば配当金がもらえて、外れれば賭け金は取られてしまいます。

「要するにスポーツ賭博でしょ?」とまとめられそうですが、実はイギリスをはじめとしたギャンブルが社会にエンターテインメントとして根付いている欧米諸国では正式に公認されています。よって、少し日本でいう悪いことと認知されているスポーツ賭博とは明確に異なります。ブックメーカーの歴史は古く、18世紀後半のイギリスで馬のレース(競馬)に対して、賭けを募り賭け金および配当金などの管理をしていたニューマーケット・レースコースという英国のサンフォークにある歴史的な競馬場に起源があります。当会場はチャールズ2世などの英国王族にも利用されており、格式高い競技場として知られています。

今やブックメーカー無くしては、ヨーロッパのスポーツ産業は成り立たないくらいの存在であり、近年日本での認知度も広がっています。

イギリスとブックメーカーの関係

イギリスのブックメーカーは上で述べた通り、ブックメーカー発祥の地であり歴史があります。そして、1961年に英国の政府に公認され正式な合法ビジネスになりました。それ以降、英国で当産業は成長を続け、一時期は15,000店ものベッティングショップが英国に存在していたと言われています。今もなお人気があり、非常に大きな産業として英国経済の一翼を担っております。現在英国のブックメーカーのトップスリーは、William Hill、Ladbrokes、そしてCoralとされています。

ブックメーカーは日本では違法?

そこで気になるのは、「日本のブックメーカーはあるの?」という点です。日本では耳馴染みがない業界のため気になる方がいると思いますが、答えはもちろんノーです。なぜなら、日本では競馬や宝くじなどの公的に認められた賭博以外を運営することは、認められていません。

ではなぜ、ここで紹介されているかというと、日本では運営が認められていないだけであって、そのサービスを利用することは禁止されていないためです。従って、日本にいる人が英国など海外で正式に認められているブックメーカーが主宰するベッティングに参加しても違法とは言えません。当論理は、今や当然のごとく日本人プレーヤーが爆発的に伸びているオンラインカジノに関する違法か合法かの議論と同一であり、もはや疑いの念を持つ人もいなくなりつつあります。

ブックメーカーとスポーツの関係

ブックメーカーが主宰するベッティングは、スポーツがメインです。競技のラインナップは非常に幅広く、競馬、サッカーはもちろん、日本ではあまりメジャーではない、クリケット、MMA、スヌーカーなどまでに及びます。このラインナップを見れば、ほとんどのスポーツ競技がベッティングの対象になっていることが容易に想像できますね。

好きなスポーツに賭けるも良し。プレイしたことがない未知のスポーツに賭けて、そこから知見を広げるのも良し。はたまたスポーツに興味がない人だって、ブックメーカーを使ってスポーツベッティングに参加すれば、あっという間にスポーツに熱中してしまうでしょう。

余談ではありますが、スポーツ以外にも政治の各種イベントに対する結果や天気に対しても、賭けができるところもあるそうです。ご参考までに。

ブックメーカーとサッカー、そしてワールドカップ

ブックメーカーとサッカーは、非常に強い繋がりがあります。英国で発祥しただけに、フットボール(サッカー)に対する英国およびヨーロッパ市民の情熱はケタ違いです。なお、ブックメーカーで賭けられるサッカーの試合は海外リーグや、ワールドカップだけではなく、日本のJリーグ、J2なども含まれています。サッカーが大好きで、各チームの選手のポテンシャルや監督のマネジメント力等に精通している人であれば、よりサッカーに対するベッティングを楽しめるはず!

ブックメーカーと競馬

ブックメーカーの歴史でも述べた通り、ブックメーカーの起源は競馬にあります。今日のスポーツベッティングもかつてと同様に根強い人気を有しており、幅広い客層がベッティングに参加しています。日本では競馬が合法的に運営されていますが、他のスポーツやカジノゲームで増やした資金を使うことができることから、旧来の競馬でなく、あえてブックメーカーを使って競馬に賭けている人も増えてきています。なお、JRAのオッズとブックメーカーのオッズは異なるので、そこも奥深さを追求するポイントになりそうです。

ブックメーカーとテニス

最近注目を集めているのが、ブックメーカーでのテニスに対するベッティングです。テニスの場合、大会全体、各試合の結果はもちろん、試合中のスコアの経過にもベットできます。こう言った試合の経過に賭けられるところが、人気に拍車を賭けているようです。これからブックメーカーを使うことを検討されている方は、是非テニスを検討してみてはいかがでしょうか。

ブックメーカーの利益に対して税金を払うべき?

ブックメーカーから勝利金を引き出す際は配当金に税金はかかりませんが、年間の所得税としては課税の対象になるようです。従って、確定申告の際にはブックメーカーから得た利益を申告する必要があります。具体的には、当利益は競馬、競輪、福引等で得た利益と同一のカテゴリーに分類されます。

一方で競馬やパチンコなどで確定申告をしないで済ませたことがあるという人が、同様に確定申告はしなくていいのでは?と思う場合があるようですが、ブックメーカーから得る利益は電子取引に履歴が残るため確実に申告すべきと考えられています。賞金を現金でもらえる場合は、証跡が残りずらいので免れられてしまうことがあるようです。

ブックメーカーで予想を当てる必勝法は?オッズとは?

かたちはなんであれギャンブルである以上、予想を的中させて儲けを出すことは永遠のテーマと言えるでしょう。それでは、様々な競技のスポーツに賭けることできるブックメーカーではどのようにして儲けを出すことができるのでしょうか。どこにでも書いてあることでですが、やはりギャンブルにおいて必勝法というもの存在しません。逆に必勝法があるギャンブルは、公正な認可がきっとおりません。

それではどのようにしたらより高い確率で、勝利をつかむことができるかを検討してみましょう。もちろん、スポーツごとの専門的な知識は各スポーツごとに異なるので、共通的に使える観点で考えてみます。そこで、きっと真っ先に上がる指標がオッズでしょう。ブックメーカーのオッズとは、倍率(賭け率)のことを意味します。オッズが高い方が配当金が高くなります。言い換えると、この数字は起こりにくさを示しており、起こりにくいことが的中すればより高い配当金が得られるということです。

では、ブックメーカーのオッズは何を根拠に決められているのでしょうか。答えは非常に複雑なのでこのスペースでは網羅的に言い表すのは難しいです。そして、各ブックメーカーにより手法が異なります。ですが一般的には、オッズコンパイラーという専門職種の人材がこの数値を決めており、過去の統計データやそれまでの賭け状況などが考慮されています。オッズには統計的かつ専門的な見識が入っているので確からしさは非常に高いと言えます。オッズの値をどこまで頼りにしてかけるかは、あなた次第です!なお、オッズはかつてブックメーカーによって異なっていましたが、ブックメーカー業界単位で共通化が進んでいます。

ブックメーカーに投資して稼げる?

ブックメーカーについて調べると目にし、気になってしまうのが、ブックメーカー投資という言葉。ギャンブルなのに投資というと、ちょっと意味がマッチしないので違和感を感じる一方、なんだか儲かりそうだなと思った方は少なくないはずです。この言葉の元を辿ると、2008年前後にブックメーカーを用いたアービトラージという絶対に儲かる方法が生み出されたことにたどり着きます。簡潔にこの手法の仕組みを説明すると、複数のブックメーカーを利用し、オッズ差を狙って試合の勝敗に関わらず利益が出せるテクニックです。しかし、この手法はブックメーカーによって禁止されてしまったため、現在は利用することができません。

なので現在は投資というスタイルでブックメーカーを利用するのはそもそもちょっと間違っています。やはりブックメーカーを使って賭ける・ベッティングすると言った使い方が正しいと言えます。

スポーツは何が起こるか最後まで分かりませんが、カジノゲームのような単純なランダムさとは少し異なります。なので各競技の専門的な知識を蓄えて結果を予想すれば、他のギャンブルに比べると勝ちやすいと感じる人が多いと言われています。

ブックメーカーでのスポーツベッティングの始め方、やり方

ブックメーカーの始め方はとても簡単です。氏名やEmailなどの簡単に入力できる基本情報のみでアカウント登録ができます。中にはSNSと連動しているブックメーカーもあるので、登録はあっという間に終わってしまいます。なお、登録することでボーナスがもらえるサイトも多々あるので、ブックメーカーを選ぶ際はボーナスがどれくらいもらえるかもきちんと確認しておきましょう。なお、ベッティングを行う上でとても重要な入金や出金などの決済まわりに関しては、以下のセクションで説明します。

ブックメーカーの入金と出金

ブックメーカーとの決済取引は、基本的にオンラインカジノと似ています。各ブックメーカーによって、様々な規定の決済手段を定めているので、ブックメーカーを選ぶ際は注意しましょう。大まかには、クレジットカード、電子ウォレット、銀行電子決済に分類される方法が中心です。ecoPayzやiWalletは広く使われている方法なので、該当する手段を持ち合わせていなく、特にこだわりがなければ、広く使われている手段を開設するのが無難です。

ブックメーカーでビットコインは使える?

上で述べた通り、決済手段は各ブックメーカーによって異なります。ビットコインに関しては、オンラインカジノ業界でも浸透しつつある手段であり、利用できるサイトは数多くあります。特にブックメーカーの中では、カジノエックスはビットコインなどの仮想通貨を幅広く取り入れているため、仮想通貨の投資で得た利益で遊びたい人にとっては便利なブックメーカーと言えます。

ブックメーカーの比較

ブックメーカーの選び方としては、以下の観点で比較して自分にピッタリのブックメーカーを探してみてはいかがでしょうか。当サイトではブックメーカーのレビューも掲載しているので、ご確認をお願いします!

  • スポーツの競技の種類
  • 決済方法
  • ボーナス、キャンペーン、イベントの種類と量
  • カスタマーサポートの質

当サイトのオススメブックメーカー

ブックメーカーと一言で言っても、企業の数は山ほどあります。安全なサイトを選ぶのは至難のわざ。ビギナーの方がこの膨大な量から見つけ出すのはなかなか難しいはずです。当サイトでは詳細をレビューした上で、オススメブックメーカーを紹介しております。以下が優良なオススメブックメーカーです。