ルーレット

カジノと聞いて思い浮かべるゲームのひとつに、ルーレットをまっ先にあげる人は少なくないはず。映画のワンシーンなどで誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。クルクル回る円盤の上で球が転がり、どの数字で球が止まるかをプレーヤーたちが息をのんで見守るとっても分かりやすいゲームです。ですが、実際に見たり遊んだりしたことがある人は、そんなにいないのではないのでしょうか。日本ではカジノがまだ合法ではないので、知っている人がまだ少ないのは当然と言えば当然ですね。もし仮にまだルーレットのことをよく知らないのであれば、今が知るための絶好のチャンスです!

インターネットの普及を経た現在、日本では手軽にプレイできるオンラインカジノの人気が急上昇中、さらに日本国内でも将来的にカジノが受け入れられる方針が公になっております。今のうちからルーレットのルールを覚えておけば、オンラインカジノでも、カジノでも役立つこと間違いなし。さらに、マカオやラスベガス、ヨーロッパ諸国などカジノが盛んな地域へ旅行に行く機会があれば、すぐに使えちゃうお得な知識です。この記事では、わかりやすくかつ詳しくルーレットのルールや賭け方など攻略に役立つ情報を説明していきます。読み終える頃にはルーレットの知識が身につき、早くプレーしたくなっちゃいます。では、さっそく基本的なルールから確認していきましょう!!

ルーレットの歴史

はじめに、ちょっとだけルーレットの歴史について紹介します。今のルーレットの型ができたのは、18世紀のフランスと言われています。さらにもとをたどると、原型を最初に考えたのは、あの有名なフランス人哲学者でもあり数学者、発明家など様々な顔を持つパスカルだと言う説もあります。17世紀の彼の「永久機関」に関する研究に、ルーレットが登場するとか。この説が本当かどうかはまだ証明されていません。

ですが、18世紀の半ばにはフランスの首都パリで現在のスタイルで遊ばれていたというのは確かなようです。細かいルーレットのルールに関しては、違っていたらしいです。「ルーレット」という言葉がフランス語なのも、フランスがルーレットの発祥の地ということが背景にあるんですね。

ルーレットを使ったカジノ

ルーレットは現在もカジノでプレイされているカジノゲームの中では、最も古いゲームのひとつです。ルーレットがないカジノはないと言えるくらい代表的なゲームです。現在では、物理的なルーレット版を使ったゲームはもちろん、ランドカジノの中にもルーレットのビデオを流しプレーヤーがベットするといったデジタル化されたルーレットもあります。

そして、現在人気急上昇中のオンラインカジノでも変わらず非常に人気があるゲームです。ビデオゲーム様式のオンラインカジノゲームの種類は、大半がスロットゲームで占められていますが、オンラインカジノのライブカジノとなるとルーレットは打って変わってバリエーションがとても豊富です。ルーレットは、やはり実物の盤上でプレイされる方が人気があるようです。

ルーレットのルール

ルーレットのルールは非常にシンプルで、盤上に転がる球がどのポケットに落ちるかを予想するゲームです。ただし、賭け方は数字をピンポイントで当てる以外にも色々とあります。

具体的には、色、偶数/奇数、グルーピングされた複数の数字をまとめて賭ける方法などです。対象のマスの数が多いほど当たる確率が上がりますが、配当金は当たりやすくなるに従って下がっていきます。

基本的なルーレットのルールは、とてもシンプルです。

  • 参加者が賭ける
  • ディーラーが球を投げる
  • ホイール内で球が回っている間に、ディーラーが「ノー・モア・ベット」と言う(ここまでは賭けを追加したり減らしたりしてOK)
  • ボールが止まった場所を確認し、勝ち負けが決まる

基本事項は実はこれだけです。とても簡単ですよね?でも基本のルールは簡単でも、ルーレットの種類には様々なバリエーションがあったり、勝つための賭け方などもあるのでいろいろと覚えることはあるんです。さらに細かいルールもあるので、詳しく確認していきましょう。

ルーレットの数字の並び、レイアウトについて

ルーレットには以下のような複数の様式があり、ルールや数字の並び方が異なります。大きな違いとして、広く認知されている点は、アメリカン・スタイルの盤上には「0」と「00」がありますが、他の様式には「00」がなく「0」しか配置されていないところです。なお細部に関しては、盤上の数字のレイアウトやベッティングの枠も少し異なります。

  • アメリカン・スタイル
  • ヨーロピアン・スタイル
  • フレンチ・スタイル

ヨーロピアンルーレットとは?

まずルーレットの種類について、一般的なルーレットから確認していきましょう。基本的なルールは一緒ですがヨーロピアンとアメリカンという種類があります。ここではまずヨーロピアンの方を紹介します。ヨーロピアンでは、ホイール(あのテーブル中央部で回る円盤)に「0」がひとつのみで、「00」がありません。なので「シングルゼロ」なんて呼ばれることもあります。ヨーロピアンのマスの数は、偶数18、奇数18、加えて「0」の37マス。また数字の並びがアメリカンとは異なります。赤色と黒色が交互に並んでいるのは同じですが、数字の数が不規則な並びになっているんです。ちなみに「00」のマス目が一つ少ないだけで、実はハウスエッジ(控除率)は2.70%まで下がります。ハウスエッジとは、胴元、つまりカジノ側の取り分のことで、これが低いほど賭け金をプレーヤーに還元しているという意味です。つまり、この数値が低い方がギャンブルが勝ちやすいと解釈できます。

アメリカンルーレットとは?

では、逆にアメリカンルーレットはと言うと、「0」以外にも「00」があります。つまり偶数18、奇数18に「0」と「00」を加えた38マスがあるということです。そして並びにも規則性があり「1」の向かいのマスは「2」というように、連続する奇数と偶数が向かいに来るようにマス目が並んでいます。そしてハウスエッジは、5.26%まで跳ね上がります。「では、ヨーロピアンを選んで遊べばいいのでは?」と気が付く人もいると思ういますが、多くのカジノに置いてあるのはアメリカンルーレットなんです。カジノ側も儲かりたいので、これでアメリカンルーレットが多い理由は理解できますね。なので、オンラインカジノでヨーロピアンルーレットを見つけた場合は、ヨーロピアンで遊ぶことがオススメ!

フレンチルーレットについて

次に、もうひとつのルーレットの様式について説明します。それは、フレンチルーレットという様式です。フレンチルーレットはヨーロピアンルーレットに似ていますが、このルーレットのルールは少し特殊でこれを知らないでフレンチルーレットのテーブルに着いてしまうときっと混乱してしまうでしょう。なので、最低限の説明だけは説明しておきます。

アンプリゾン・ルール
まずはアンプリゾン・ルールについて。これはプレイヤーに有利なルーレット・ルールと言えます。というのは、2倍の配当の場所に賭けている時に「0」(フレンチもヨーロピアンと一緒で「00」はない)のマスに球が入ったら、賭け金が返金、または半分が返金されるからです。このルールがあるだけで戦略は大きく変わるのは当然ですね。ハイ・ロウやレッド・ブラックなどの意味合いが大きく変わってくるので、戦略を組む上で知っておくべき重要なルールです。

ラ・パルダージュ・ルール
次にラ・パルダージュ・ルールについて。これはオッド・イーブンのイーブンに賭けた時に「0」が出ると、掛け金の半分が返金されるというルーレットのルールです。このためイーブンのペイアウト率が高くなるので、このルーレットのルールが採用されている時は、積極的にイーブンに賭けるべき!この二つの特殊なルーレットのルールを使っているテーブルが注意しておきましょう。そしてテーブルに着くときは、必ずディーラーにルーレットのルールを確認することをオススメします。もしこのふたつのルールのいずれかだったら、作戦を見直しましょう。

ルーレットのハウスエッジについて

ルーレットをプレイする際、例えば奇数偶数賭けをした場合、単純に50%の確率で的中すると考えてしまいがち。しかし実際には的中率は50%以下です。というのも、ルーレットには0(アメリカンルーレットの場合は00)も含まれているからです。この0、もしくは00は奇数、偶数にも含まれず、球がここに入った場合、プレイヤーの負けとなります。

この0、または00に玉が入った場合は、ハウスエッジまたは控除率とよばれ、ギャンブルの賭けで胴元に取られる手数料とされています。つまり、このスポットに入った分はカジノ側の利益となるということです。0、00を含めると、カジノ側の勝率はプレイヤーの勝率よりも若干高くなります。このようにしてカジノ側の損失が大きくならないようにすることで、カジノは運営されているのです。ルーレットのルールを理解するだけではなく、このような細かなゲームの仕組みを理解しておくこともギャンブラーとしては非常に重要です。

アメリカンルーレットのハウスエッジ

アメリカンルーレットの場合は、36個の数字と0、00を含む合計38個のスポットから構成されています。奇数と偶数はそれぞれ18個ずつとなるため、奇数偶数賭けをした場合の的中率は、18÷38×100の47.36%となります。

ヨーロピアンルーレットのハウスエッジ

ヨーロピアンルーレットの場合は、36個の数字と0を含む合計37個のスポットから構成されています。奇数と偶数はそれぞれ18個ずつとなるため、奇数偶数賭けをした場合の的中率は、18÷37×100の48.64%となります。わずかな違いですが、ヨーロピアンルーレットの方がプレイヤーにとって有利であることがわかります。

カジノで遊ぶ時の流れ

それでは話しを戻して、実際にカジノでルーレットを遊ぶ時のプレーの流れを紹介します。まずはカジノに行って最初にやることは何だと思いますか?まず最初にやらなければならないことは、現金をチップに換えることです。テーブルについた時にチップ交換と同時に、念のためにルーレットのルールをディーラーに確認するのもいいですね。さらに、一応知っておくと良いことは、ほとんどのカジノではルーレットのチップとブラックジャックのような他のテーブルゲームのチップは別のものを使っているということです。なので、他のテーブルゲームから他のチップを持ってくる際は気を付けましょう!

次にすべきことは、賭けることです。テーブルに着き、シート上の賭けたいところに、交換したチップを置きます。カジノにもよりますが、ベルを1回鳴らすのがベット開始の合図になっているところが多いようです。そのベルが鳴ったら、チップを賭けたいところに置きます。しばらくすると、ディーラーがホイールを回転させます。そしてその後についにボールを勢いよく投入。ボールが勢いよく回っている間もベットは行っても、賭けたものを変更しても問題ありません。ただしそうできるのも、ディーラーが以下のひとことを言うまで。

「ノー・モア・ベット」

この言葉がディーラーから発せられた瞬間から、もう追加のベットを行うことはできません。この時にディーラーは、ベルを2回鳴らしたり、テーブルを撫でるような仕草を行ったりすることがあります。この合図は、みんながもう賭けられないということを気付いてもらうように、分かりやすく知らせることを目的としています。

そして、ホイールの回転スピードが徐々に遅くなっていき、ボールがどこかのマスで止まります。ボールがどのマスに入ったかをディーラーは確認し、どの数字のマスに入ったかをプレーヤーに知らせます。賭けが的中すれば、もちろんディーラーが賭けに対する配当を分配してくれて、外れた場合は賭けたチップは持っていかれます。これがルーレットのワンサイクルです。これを何度も何度も繰り返し、ルーレットというゲームが続いていきます。

そして、ひとつだけ付け加えるとしたら、ルーレットのプレーヤーは一人ではなく、複数のプレーヤーと一緒に同じテーブルで遊ぶことがあると言うこと。ほとんどのプレーヤーはルーレットのルールやマナーを守り、楽しくプレイしますが、まれにルーレットのルールを守らないプレーヤーがいるので絶対にマネしないでくださいね。

ルーレットの賭け方の種類

前のセクションでルーレットのルールは簡単と言いましたが、ルーレットの賭け方にはさまざまな種類があります。ルールと同じくらい重要なポイントなので、キチンと確認するべきです。イメージをつかみ安くするために、チップを賭けるシートを見ながら、賭け方について確認していきましょう!ここからは、より普及しているアメリカンルーレットを前提に説明していきます。なお、ホイールと同様にヨーロピアンとの違いは「00」があるかないかの差だけです。

アメリカン・ルーレット(ヨーロピアンは「00」なし)

インサイド・ベット

シートの赤と黒の数字が書かれたエリアと、「0」と「00」を加えたスペースが「インサイド・ベット・エリア」と呼ばれる部分です。このエリアにコインを賭けることが「インサイド・ベット」と言われます。ルーレットのルールではインサイド・ベット・エリアの中ではいろいろな賭け方が許されているので、ひとつずつ確認していきましょう。

  • ストレート・アップ:1つの数字にだけ賭けること。ルーレットで最も当てることが難しい賭け方です。ですがその分配当が最も高く、賭け金の36倍もの配当が返ってきます。
  • スプリット・ベット:ルーレットのルールでは同時に複数の数字に賭けることが許されいます。隣り合う2つの数字に賭ける方法がスプリットと呼ばれます。単純にコインを数字と数字の間に置くことで、この賭け方を行うことができます。そして配当はストレート・アップの半分、つまり18倍になります。
  • ストリート・ベット:ルーレットのルールでは同時にふたつの数字に賭けることができると言いましたが、実はふたつ以上もOK。ストリート・ベットは3点に賭けることを意味します。インサイド・ベット・エリアは1から36までの数字が12x3列に並んでいます。その3つの数字が並んでいる端の線上にコインを置くことで3点賭けができます。例えば、1、2、3…と数字が並んでいるところの横の線上に置けば、1、2、3…と全ての数字に賭けることができるということ。配当はストレートの3分割で、12倍になります。また、この賭け方は「トリプル・ベット」あるいは「トリオ・ベット」などと呼ばれることもあります。
  • コーナー・ベット:4点賭けを意味し、これは「スクエア・ベット」、「クォーター・ベット」と呼ばれることもあります。4つの数字のど真ん中にコインを置くことでこの賭け方ができ、配当は9倍です。
  • ダブル・ストリート・ベット:上で説明したストリート・ベットのダブル、つまり2列になったものです。なので、賭けられる数字の数もストリートベットの倍だから、6つの数字に賭けることが可能。コインを置く位置は、3つ並んだ数字と数字の真ん中の線上です。そして配当は6倍で、「ライン・ベット」と呼ばれることもあります。
  • ファイブ・ナンバー・ベット:あまり知られていませんが、5つの数字に賭ける方法もルーレットのルールにはあります。どうするかと言うと「0」と「1」の数字の間にコインを置くことで、「0」、「00」、そして1~3の合計5つの数字に賭けることができるというもの。この賭け方が何故あまり知られてないかと言うと、配当が7倍と、ファイブ・ナンバー・ベットのペイアウト率は他の賭け方より低いため、と考えられます。要するに他よりお得ではないので、誰も賭けようとしないというわけです。とはいえ、ルーレットのルールにちゃんと存在している賭け方なので、ルール違反ではありません。

以上で、「インサイド・ベット・エリア」の賭け方です。さまざまな賭け方と配当の倍数を覚えるのはなかなか大変そうですね。ルーレットのルールそのものは簡単ですが、賭け方の種類が多い点が少しわかりずらいですが図でイメージするとより分かりやすいです。でも、実際賭けるとなると迷っちゃいそうすね。次のセクションでは「アウトサイド・ベット」についての説明をしていくので、もう少しだけ頑張りましょう!

アウトサイド・ベット

ルーレットのルールでは、インサイド・ベット・エリアの隣にある数字や英語が書かれており、9つに線で区切られたエリアと、3列のインサイド・ベット・エリアに付け足された「2 to 1」と書かれたエリアを合わせて「アウトサイド・ベット・エリア」と呼ばれます。アウトサイド・ベット・エリアで賭けられる方法はインサイドに比べ、総じて配当が低めです。ですが一方で、それは当たる確率が高いということでもあるので、このアウトサイド・ベット・エリアの賭け方を確認することはとても重要です。以下に負けずらくするかと言うことは、カジノの戦略の極意でもあるので、覚えておくとより良いでしょう。では、さっそくアウトサイド・ベット・エリアでの賭け方を確認していきましょう。

  • ダズン・ベット:ダズンとは1ダースとかのダースのことで、つまり12を意味しダズンに賭けると12個の数字に一度に賭けることができるということです。赤と黒の数字が書かれたインサイド・ベット・エリアの隣に「1st 12」、「2nd 12」、「3rd 12」と書かれた3つのエリアがあるので、そこにチップを置くことで、その当該のインサイドベット・エリアに書いてある12個の数字全てに賭けることができます。例を挙げると「2nd 12」の横には13~24までの数字が書かれてあるので、その数字のどのマスに球が落ちても勝ちになるということです。インサイド・ベットより当たる確率がかなり上がるため、配当は低めの3倍です。
  • カラム・ベット:12点賭けにはもう1種類別の賭け方があり、それがカラム・ベットと呼ばれる賭け方です。インサイド・ベット・エリアの3列の端に付された「2:1」と書かれたエリアに賭ければ、その列の数字全てに賭けたことになります。また、ダズン・ベットだと、全てのエリアが赤と黒の数字どちらも6個ずつに賭けることになりますが、カラム・ベットは色別のマスの数がばらばらです。1から始まる列は、赤が6個、黒が6個と一緒ですが、2から始まる列は、赤が4個、黒が8個。そして3から始まる列は、赤が8個、黒が4個。もし色の流れを気にするのであれば、この違いは賭け方を選択する上で注意すべきポイントとなります。
  • レッド・ブラック:これはとても単純な色別の賭け方です。緑の「0」と「00」以外の、赤と黒の2色いずれかに賭けると言うことです。「0」と「00」が緑色のため、赤あるいは黒に賭けるた時のアタリの確率は、ほぼ50%弱ですが、配当は2倍です。
  • ハイ・ロウ:これもレッド・ブラック同様、2択で2倍の配当になる賭け方。1~18の数字がロウ、19~36の数字がハイといったようにルーレット ルールで規定されていて、出目の数が含まれているほうに賭けていれば勝ち。これもレッド・ブラックと同じで「0」と「00」が省かれるんで、勝率は50%弱になります。
  • オッド・イーブン:これも先の2つの賭け方と同じく2択で2倍の配当の賭け方です。オッド・イーブンてのは日本語で言うところの「奇数・偶数」のこと。オッドが奇数で、イーブンが偶数。また「0」、「00」が出ると負けになるのも先の2つと一緒です。

イーブンマネー・ベット

イーブンマネー・ベットとは、賭けに勝ったとき、賭けた金額と同額の配当が得られる賭け方のことを言います。ルーレットでは、赤黒賭け、奇数、偶数賭け、ハイロー賭けなどの2倍配当の賭けのことをイーブンマネー・ベットと言います。

どう賭けるべきか?

これまで説明してきた通り、ルーレットのルールで決められている賭け方の種類はたくさんあります。そこで疑問に思うのが「では、どうやって賭けれのが良いか?」っということ。当然公正なランダムな確率のもと、カジノは行われているため、必勝方法というのはありません。ですが、流れを見たり賭け方を工夫することで勝敗はコントロールすることはできます。以下では、ルーレットをプレイする上でのヒントやコツについて説明します。

初心者はコラム・ダズンに賭けよう

ルーレットのルールを覚えたなら、次は実践あるのみ。いざ初心者がプレイしてみるとありがちなのが、インサイド・ベットばかり、しかも最も勝率が低いストレート・アップに賭けてしまいがちです。これまでルールを確認してきた皆さんであれば、これがどれだけ無謀なことかがよくわかるはずです。なので、まずビギナープレーヤーにオススメするのは、より負けにくい方法です。まず最初はアウトサイド・ベットのコラム・べット、ダズン・ベットに賭けることです。しかもその際は2箇所賭けがオススメ。ルーレットのルールでは、コラムやダズンに一ヶ所しか賭けてはいけないという決まりはないのです。なので、2箇所掛けすることで、全体の3分の2弱の数字をカバー可能です。3分の2と聞くと、相当な確率なことはすぐにわかるハズ。ギャンブルはもちろん儲けることを意識することは重要ですが、負けにくくするという視点がカギを握っています。この方法だと、一度に沢山の儲けは期待できませんが、より長くしぶとくカジノをプレーすることができます。その中で、ビギナープレーヤーはルーレットというギャンブルに慣れ、独自のプレースタイルを確立したりや直感力をみがくことができるのです。ルーレットのルールを詳しく理解する上でも、長くプレイすることはとても重要と言えます。

偏りを攻める

ルーレットのルールを覚え、ルーレットの場数を踏んでくると、あることに気付いてきます。それはディーラーの投げる球には癖や偏りがあるということです。例えば、いつも「0」の周辺のマスに球が落ちていくなど。注意して見ていると、ディーラーそれぞれの傾向が何となく見えてくるものです。そういったポイントに気が付いた時に少しその傾向を踏まえて狙ってみるのが、中級プレーヤーへと続く道となるのではないでしょうか。もちろん、ルーレットのルールではディーラーのクセを見抜いてはいけないというルールはありません。オススメはホイールを4分の1と考えて、そのエリアを狙うという方法もあります。例えば「0」の周辺を狙うのであれば、その周りにある数字9個にストレート・アップで賭けてみるのはどうでしょうか。ストレート・アップは36倍なので、9ヶ所に賭けてもどれかが当たれば十分元が取れます。ただし、この賭け方は負ける確率を抑えられるとは言え、少し大胆でリスクが伴うので、十分にディーラーの傾向を観察する力を磨いてから試した方が良さそうですね。

ルーレットの戦略とは?コツ・攻略法について

ルーレットに対して、戦略的に賭ける方法はいくつかあります。ただし、ルーレットのあたりの確率は賭け方によって違うので、賭け方に応じて戦略を選ぶ必要があります。

例えば、赤/黒、偶数/奇数、というような勝率が50%の賭け方に関しては、以下の確率的な考えを取り入れて賭けると、極端な負けを方をしにくいとされています。詳細の内容は各ページで確認しましょう。難しく聞こえるかもしれませんが、理論を理解したり覚える必要はありません。概要を確認して使い方を覚えれば十分です!

また、過去の結果から統計的なかたよりやパターンは見ながら、予想を立ててかけてみるのも有効です。いずれにせよ、ルーレットの必勝方は存在しません。理論や傾向、そして感覚を上手にバランスよく織り交ぜながら賭ける必要があります。試行錯誤しながら、プレイするとワクワク感が高まりカジノをより楽しむことができるのでオススメです。

なお、上記のメジャーな攻略法以外にも有効なアプローチもあります。ぜひ自分にあう戦略を見つけて実践に役立ててみましょう!

666戦略を使う

666戦略とは、インサイドベットのスプリットベットとストレートアップ、アウトサイドベットの赤黒賭けを利用した必勝法です。この3つを同時に利用すると、ヨーロピアンルーレットの場合37個の数字の内33個に賭けるこになるため、勝率が非常に高くなるのです。

666戦略ではユニットで計算していくこととなります。ここではわかりやすいように1ユニット=1ドルとして計算します。まず、666戦略では赤黒賭けで「赤」または「黒」に36ユニットを賭けます。次に、スプリットベットで最初に選ばなかった色の数字が並んでいる計6カ所に4ユニットずつ賭けます。赤黒賭けとスプリットベットで異なる色を選択することがここでのポイントです。このようにすることで、より多くのスポットを選択することができるようになります。

最後に、ストレートアップでチップが置かれていない個所(スプリットベットと同じ色)に2ユニットずつ賭けます。こうすることで全部で33のスポットに賭けることができます。ここまでで合計66ユニットを使用しています。そして、勝った場合に得られるユニットは6となります。このように3つの6が並ぶことから、666戦略と呼ばれているのです。

666戦略のメリットとデメリット

666戦略は89%という高い勝利を誇ることが最大のメリットです。アメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレットでも同様に勝率は89%となるので、負けることがほとんどない非常に有効な戦略だということができます。また、勝てば毎回6ユニットの利益がでるので、コツコツを稼ぎたいという人にも最適です。

一方で、666戦略には毎回必ず66ユニットの賭け金を使わなければいけないというデメリットがあります。つまり、一回でも負けてしまうと、その金額を取り戻すために11回勝利しなければいけないということです。そのため、1度負けてしまうと最終的な収支は、損益の方が大きくなってしまう可能性が高いということができます。また、連敗が続いてしまえば、損益ばかりが大きくなってしまいます。

フラワーベット法を使う

フラワーベット法とは一度に大金を狙いたい人向けのルーレット必勝と言えます。この方法は、コーナーベット、スプリットベット、ストレートアップを組み合わせた方法で、勝利配当は最少配当9倍~最大配当144倍もの配当をもらえます。まるで花が開いたような賭け方をすることから、フラワーベット法という名前が付けられています。ルーレットのルールを覚えたばかりの初心者には少しリスクが高い戦略ですが、一攫千金を夢見てるのであれば、挑戦してみるのもいいでしょう。

具体的には、フラワーベット法では、ルーレットのインサイドベットを利用し、1~36の数字の中から任意の数字を1つ選びその数字を中心とし、コーナーベット、スプリットベット、ストレートアップを組み合わせて8カ所にチップを賭けます。そのため、1ゲーム時に必要な最低賭け金は1ヶ所の賭け金×9ヶ所となります。

得られる配当は当たった個所によって異なりますが、最初に選んだ中心のスポットに球が入った場合配当は最大の144倍となります。その最大の配当をもらえる場合の内訳は以下の通りです。まず、ストレートアップの配当として36倍が得られます。そして、スプリットベットは中心を軸として上下左右が対象となるため、スプリットベットの配当18倍X4で、合計72倍の配当をもらえます。最後に中心を軸とした左上、右上、左下、右下はコーナーベットの賭けの対象となり、4点賭けの場合、9倍X4、つまり36倍の配当を獲得することができます。上記すべてを合計すると、ストレートアップ36倍、スプリットベットの72倍、コーナーベットの36倍、合計144倍の配当が得られるという計算になります。

ルーレットでイカサマはある?

カジノの話しになると、よく話題になるのが「ディーラーがインチキ/イカサマをしているのでは?」という疑いです。キチンと運営ライセンスを取得し、監査を受けているような優良カジノであれば、そういった不正行為はありません。ルーレットに限らず、全てのゲームが厳正にチェックされているので、公正な運営が行われていることが担保されています。

とはいえ、ルーレットにおけるディーラーの役割は、他のカジノゲームに比べると重要度、つまり結果を左右する比重が高いと言えるでしょう。ルーレットは玉を転がすタイミングや力加減で結果が全く違ってきます。バカラであれば、カードを配置したり進行役に徹しているだけなので、そこまで結果には影響しなさそうですよね。

しかし、ディーラーが狙った通りに球が動くかというと、それもまた違います。球は一定回数ルーレット盤のヘリを回ると減速していき、盤上の凹凸にぶつかりランダムな動きをします。偶然を除いて、狙った通りのマスに落とすことは不可能です。ただし、過去の結果から統計的なかたよりやパターンはあると考えられています。ここにルーレットにベッティングする楽しさがあるとも言えるでしょう。

ルーレットがプレイできるサイトは?

ルーレットをプレイ可能なオススメのオンラインカジノは以下の通りです。各オンラインカジノの特徴は、それぞれのレビューページに記載しています。特にルーレットを重点的に楽しみたいという人は、ライブカジノが充実しているかどうか、という観点で探してみてはいかがでしょうか?

ルーレットをプレイしよう!

ルールやプレイ方法を確認したら、実戦あるのみ!知識は非常に大事ですが、やはりプレイしてみないと本当の楽しみはわかりません。ルーレットは、配当金の倍率が幅広いので、地道な資金アップを狙うのも良いですし、ふとした瞬間の直感を信じてに一発逆転を狙ってみたりできたり、色々な楽しみ方があります。ルーレットで楽しいカジノライフを満喫しましょう!

目指せ、ルーレット上級者!

以上がルーレットをプレイする上で重要な情報の説明です。ここまできたらカジノゲームをする際にルーレットであっという間に負けちゃったということはなくなるはずです。まだたくさんの賭け方や戦術があります。各攻略法の説明ページと当ルーレットのガイドを行ったり来たりして知識を身につけ、実践しつつ研究してみると自分のプレイスタイルが徐々に確立されるでしょう。ですが、この記事を読んだら、とりあえず学んだことを活かして実践してみましょう!そして少しずつルーレットのルールや独自のプレースタイルを確立し、観察力、直感力どんどんみがいていいきましょう。今やオンラインカジノではもちろん、オンラインカジノのライブカジノでも臨場感たっぷりの本場のルーレットがいつでも楽しめます。場数を踏めば、レベルアップすること間違いなし。ルーレットの上級プレーヤーを目指しましょう!

よくある質問

ルーレットに賭ける際に、一つの数字以外にも賭けられますか?

👉はい。初心者の方にはあまり知られていないようですが、ルーレットは複数の数字や、色、偶数奇数など色々な賭け方があります。賭けの対象が広範囲になるほど配当金は低いですが、あたる確率が上がるので少しずつ利益を増やして行きたい人はぜひ試してもらいたいです。


ルーレットをプレイするにあたって、知っておくと良いことはありますか?

👉ルーレットはテーブルゲームなので、やはりライブカジノでプレイすることをおすすめします。そして、ルールやプレイ方法に関しては、当サイトの記事に詳細を記載しているので是非読んでみてください!
– ルーレットに応用可能なカジノ攻略法


ルーレットの様式はいろいろあると聞いたことがあります。どんな種類があって、どれを選べば良いですか?

👉ルーレットには、ヨーロピアンおよびアメリカンという種類があります。それぞれ、数字の並び方が異なるのと、ヨーロピアンには「00」がないことが大きな特徴です。「00」がないことから、一般的にヨーロピアンの方が儲かりやすいとされています。詳細は、上記のルーレットのルールの解説記事でよく確認してみてください!

Check all questions in the forum.
ベストカジノ
4.8 rating
ボーナス合計: 最大$350 + 最高700スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
4.3 rating
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
4.0 rating
ボーナス合計: 最大$930 さらに +20回スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
4.5 rating
ボーナス合計: 最大¥395,000 + 更に追加$40
(入金ボーナス登録ボーナス)
Ask a question on our community board