ブラックジャック

ホーム » カジノゲームのガイド » ブラックジャック

トランプを使ったゲームの中で誰しも聞いたことがあるであろうブラックジャック。名前は広く知られている反面、ブラックジャックのルールは日本人の間ではあまりよく知られていないません。世界中のカジノでプレイされているゲームで、一見運がすべてイメージを抱きがちですが、実は数学的な確率を用いてプレイすれば、勝利を引き寄せることができます。また、ブラックジャックにはディーラーとの駆け引きもあり、人間同士ならではの心理戦的な要素もあります。

この記事では、ブラックジャックの歴史や、ルールおよびやり方などを丁寧に解説していきます。ブラックジャックのルール自体はシンプルですが、知れば知るほど奥が深く、楽しみ方も実に様々で、非常に面白いカジノゲームです。記事の読者の対象は、以下のような方々を対象としています。この記事を通して、ブラックジャックをプレイする上で重要な情報ををしっかり理解しましょう。

・ブラックジャックのルールや、やり方を知りたい
・オンラインカジノを始めたけど、スロットばかりやっている
・ライブカジノやランドカジノでディーラーとの駆け引きを楽しみたい
・トランプ遊びのレパートリーを増やしたい

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックが「ブラックジャック」と呼ばれカジノで遊ばれるようになったのは、19世紀のアメリカで、フランス人移民が広げたと言われています。しかし、アメリカに持ち込まれる前にブラックジャックはヨーロッパを中心に「21(トゥエンティーワン)」というトランプゲームとして、古くから親しまれていました。若干のルールの違いはあったようですが、”21″という名前からわかる通り21をキーナンバーとしていた点はブラックジャックと同じです。

有名な逸話を紹介すると、「ドン・キホーテ」の著者として有名なスペイン人の軍人兼作家のセルバンテスが、本の中でこの21について、言及していたようです。セルバンテス自身もギャンブル好きだったらしいので、彼の著作の中では登場人物がギャンブルをする場面がよくあります。

歴史が長いことから、人々の心を掴み親しみやすいゲームということが垣間見えます。現代を生きる人たちも、この不変の楽しさにすぐに虜になってしまうこと間違いなし。

カジノでのブラックジャック

カジノでは、ブラックジャックのテーブルには人だかりができています。プレーヤー以外にも、プレーを脇からずっとみている観客がいるほどです。

カードの合計点数が21を超えないように21に近い方が強いという、わかりやすいルールなのでカードを配られた時に、ため息をつきうつ伏せになる人、ガッツポーズでプレーヤー仲間や観客とハイタッチするなどの光景をみているだけでも、とてもにぎやかで楽しい雰囲気が広がっています。カジノの中では、ルーレットやバカラと同じくらい人気があるテーブルゲームと言えるでしょう。

現在はランドカジノだけでなく、オンラインカジノでもプレイが可能なので、以前に比べてより身近なカジノゲームになってきています。特にオンラインカジノのライブカジノは、ゲームプロバイダーの技術的な進歩により、品質の高い映像や音声とともにブラックジャックを楽しむことができます。まだ試したことがない人は、ライブカジノのブラックジャックを是非オススメします!

ブラックジャックのルール、やり方

ブラックジャックは手札を21に近づけるだけの一見単純なトランプゲームのように見えますが、細かいルールをよく知ることで勝率アップに向けてプレイや賭け方を工夫できます。具体的にはビギナープレーヤーは、特に自分の手札ばかりに21に近づけられるように気を取られがちですが、ディーラーのバーストする(21をオーバーする)ことを期待し、ヒットするか、ステイするかを決めるなどができるようになります。

他には、単純にベットするだけでなくリスクを分散したり、配当金をアップさせる以下のスキルフルな賭け方もあります。詳細を以降で確認して行きましょう!

ブラックジャックのルールの基本

ブラックジャックの最も特徴的なポイントは、プレーヤーとディーラーが勝負するプレースタイルと言えます。ポーカーなどよくあるトランプゲームはプレイヤー同士で競い合いうので、この点は大きく異なりますね。ブラックジャックのプレーヤーの数はひとりの時もでも複数人でもプレイ可能で、複数人いる場合はディーラーひとりが複数人を相手にプレイする構成になります。

では、何をすれば勝負に勝てるかと言うと、とってもシンプルで、ディーラーによって配られたカードの数字の合計が21を超えない範囲でディーラーよりも21に近づける。ただそれだけです。なお、ディーラーから配られるカードのことを「ハンド」と言います。

もし仮にハンドの合計が21を上回ると、「バースト」といってディーラーのハンドの合計値にかかわらず、その時点でプレーヤーの負けが確定してしまいます。しかし、これはディーラーも同様で、ディーラーがバーストすると、その場に残っているプレイヤーは皆自動的に勝ちが確定します。自らのハンドを21に近づけることはもちろん、いかにディーラーをバーストさせるかというのもこの勝負の大きなポイントとなってきます。

ブラックジャックの数字のカウント方法

ブラックジャックのルールでは、数字のカウント方法が少し独特なカードがあります。なお、ブラックジャックで使うカードはジョーカーを除く、4種類全てのマークのエースからキングの計52枚を使います。各カードのカウント法を以下で確認していきましょう。

  • 2から10までのカード:そのままの数字でカウント
  • ジャック、クイーン、キング:10としてカウント
  • エース(1):1または11のいずれかを選択しカウント

ジャック・クイーン・キングに関しては、「セーフカード」と呼ばれています。ここまでで、引っかかりそうなところと言えば、エースのカウントの仕方ではないでしょうか。具体的な例を使って説明します。例えば、初めの2枚がエースと6の組み合わせだった場合、7または17としてカウントすることができます。

このようにエース混じりで、さらにエースを1あるいは11と選択の余地がある手札状況を「ソフトハンド」と言います。その後さらにカードを引くと判断し、次のカードに10が来た場合、エース混じりでも17しか選択肢が残りません。なぜなら、エースを11とカウントすると合計27でバーストするからです。また、10と7、あるいは8と9のように、カウント方法が1パターンしかないハンドのことを「ハードハンド」と言います。

ブラックジャックのハンドシグナルとは?

以上のカウント方法で、手元のカードが21を超えず、21に近かずけることをターゲットにするわけです。そこで気になるのは、ディーラーに対してカードを受け取るか、受け取らないかをどのようにして知らせるかという点です。答えは簡単。手で合図して意思を伝えます。ブラックジャックではこれを「ハンドシグナル」と呼んでいます。ちなみに、なぜ言葉でないかと言うと、ゲーム中に何か問題が起きた時に天井にある監視カメラに映ったそのハンドシグナルが決定的な証拠となるためです。

ブラックジャックのルールにおける選択肢は、カードを「追加する」または「追加しない」の2択のみです。カードを追加することを「ヒット」、カードを追加しないことを「ステイ」と言います。それぞれのハンドシグナルは以下の通りです。

  • ヒット:指や手でテーブルを軽く叩く
  • ステイ:手のひらを下にして左右に軽く振る

ブラックジャックの運びと、ディーラーに対するルール

プレイヤーとディーラーに順にそれぞれに2枚ずつハンドが配られるた段階でゲームがスタートします。スタートの際、プレイヤーのカードは2枚とも表向きなのに対して、ディーラーのカードは一枚だけ表向き、もう一枚は裏向きになっています。ちなみに、表向きになっているカードを「アップカード」、裏向きになっているカードを「ホールカード」と呼びます。

ブラックジャックのルールでは必ずプレイヤーが先行、ディーラーが後攻の順でゲームが展開します。従ってまずはプレイヤーからどう動くのかを決めます。ここから先は、具体的な例を元にブラックジャックのゲームの流れを紹介します。

例)プレイヤーのハンドが8、ディーラーのアップカードが6の場合

<プレーヤー>
プレーヤーはハンドにどのカードを追加しても、バーストのリスクがないためヒットを選択します。
→エースが出た場合、8と合わせて9あるいは19となります。ここではステイを選択し、19とします。

<ディーラー>
ホールカードをひっくり返しカードの数字が10の場合、6と合わせて16となります。
重要ポイント:ブラックジャックのルールでは、ディーラーは16以下だと必ず次のカードを引かなければないことになっています。よって、ディーラーは次のカードを引きます。
→エースが出た場合、1と合わせて17となります。

重要ポイント:ここでディーラーはプレイヤーが持っている19には敵わないものの、ディーラーはハード17以上になると必ずステイしなければならないというブラックジャックのルールがあるため、これ以上身動きはとれません。

よって、この勝負は19対17でプレイヤーの勝ちとなります。このように、ディーラー側は16以下はヒット、17以上はステイというブラックジャックのルールのもとで動いています。ディーラーがソフトセブンティーンでヒットするというルールは、ほとんどのブラックジャックのテーブルで適用されています。

しかし、ディーラーがソフトセブンティーンでステイ可能なルールを適用しているテーブルもあり、プレイヤーにとって少しだけ有利です。これは大金を使ってくれるお客様への敬意もあり、基本的にハイリミットのテーブルで使われているようです。

ブラックジャックのステイorヒットを見定めるポイント

このセクションでは、ブラックジャックのプレイヤーがヒットまたはステイを決める上で、押さえておくべき3つのポイントを説明します。

  1. ハンドが11以下の場合、バーストするリスクがないため、ヒットすること
  2. ハンドが12以上16以下の場合、ディーラーのアップカードが何を見せてるかによって判断すること
  3. ディーラーと同様、ハードセブンティーン以上の時はステイすること

では、この上記3つのポイントを踏まえて、次の例を見ていきましょう。なお、ブラックジャックでは、必ずプレイヤーから見て、右側のプレイヤーからゲームをスタートします。

[プレー時の例・考え方①]
例)ゲームスタート時の各参加者のハンドの状況が、以下の通りとします。

  • プレーヤーA:20
  • プレーヤーB:17
  • プレーヤーC:13
  • ディーラーのアップカード:8

<プレーヤーA>
20はなかなか強いので、ステイを選択します。

<プレーヤーB>
17はそこまで強くはないもののハードセブンティーン以上なので、ステイとするのが無難でしょう。

<プレーヤーC>
13なのでもしヒットして9か10が出ると、バーストするリスクはあります。ですが、このままステイして万が一ディーラーが17以上になると、負けてしまう状況です。この時に注目すべきなのは、Cさんのハンドではなく、ディーラーのアップカードの「8」と下に隠れているホールカード。

そこでホールカードは「常に10として考える」ということは、ブラックジャックのプレイの判断基準としてよく使われる手法です。なぜなら、10のカード、ジャック、クイーン、キングの全てを10としてカウントするため、10が出る確率が他の数字が出る確率よりも高くなるためです。よって、ディーラーのハンドは18と仮定して、ハンドが17以下のCさんはヒットするべきです。
→運良く5が出たので18。17以上になったのでステイします。

<ディーラー>
アップカードが8で、ホールカードをこの段階でめくります。
→ホールカードはキング、アップカードの8と合わせて18となりました。ハードセブンティーン以上になったので、これにてゲームは終了です。

ゲーム終了後の決済はスタートから逆に左側から順に支払われます。Cさんは18なので、「プッシュ=引き分け」でチップはそのままとなります。Bさんは17なので負けで、賭けていた分のチップが全て没収されてしまいます。Aさんは20、ディーラーよりも上回るので勝ちとなり、賭けていたチップおよび、同じ分のチップが追加で戻ってきます。以上で、ラウンドが終了です。

[プレー時の例・考え方②]
例)ゲームスタート時の各参加者のハンドの状況が、以下の通りとします。先の例との違いは、ディーラーのアップカードが6と言う点です。

  • プレーヤーA:20
  • プレーヤーB:17
  • プレーヤーC:13
  • ディーラーのアップカード:6

<プレーヤーA、B>
先の例と同様、両者ハードセブンティーン以上なので、無難にステイを選択します。

<プレーヤーC>
こちらはも先の例と同様、13なのでもしヒットして9か10が出ると、バーストするリスクはあります。ですが、このままステイして万が一ディーラーが17以上になると、負けてしまう状況です。そして、ディーラーのアップカードの「6」なので、ディーラーのハンドは16と仮定します。この16というハンドはプレイヤーはもちろん、ディーラーにとってもバーストするリスクが最も高いハンドです。

すなわち、ハンドが13のCさんはハンドは強くはありませんが、わざわざバーストするリスクを冒してまでヒットする必要はありません。ディーラーがバーストすることを見据えてステイするほうが確率的に正しいプレイと言えます。ディーラーがバーストするれば、残っているプレイヤーは無条件で勝ちとなります。このように、ディーラーのアップカードによっては、プレーヤーのハンドを21に近づけるよりも、ディーラーのバーストを狙うという方法も有効です。

ブラックジャックのダブルダウンとは?

ダブルダウンというのは、最初の2枚のカードが配られた段階で、後で1回だけ引くことを条件に賭け金を2倍に引き上げることができるブラックジャックのルールです。ダブルダウンする際は、以下の条件を満たし勝率が高そうかを確認しましょう。

  • 10が出てバーストをしてしまう12以上のハンドでない場合(10が出ることでさらに強くなるハンドの場合)
  • ディーラーのアップカードが4、5、6の場合

特に11を持っている時は、バーストのリスクがなく最強の21になる確率が高いためダブルダウンをする上で、勝つチャンスが高いです。特にディーラーのアップカードが6の場合、ディーラーはバーストしやすいため絶好のタイミングです。

なお、ダブルダウンをする時は、オリジナルベットの横に同額またはそれ以下のチップを置いて、指を一本立てるハンドシグナルをします。するとディーラーが追加されたチップを確認後、「これ以上はカード引けませんよ」という意味でカードを横向きに置きます。

ブラックジャックのスプリットとは?

次に、「スプリット」というブラックジャックのルールについて説明します。文字通りに訳すとスプリットという言葉は、「分ける」という意味です。初めに、配られた2枚のカードがクイーン、キングなど10とカウントされる手札がそろっている場合、あるいは同一の数字の場合、オリジナルベットと同額分のベットを追加し、一つのハンドを二つの独立したハンドに分けてプレイできます。

ダブルダウンの時と同様、オリジナルベットの横に同額のベットを置き、ハンドシグナルとしてピースサインを見せ、スプリットをしたい意思を伝えます。ただし、エースをスプリットした時に限り、カードを1枚ずつしか追加できません。そしてエースをスプリットした後に10が出たとしてもブラックジャックにはならず、21としてカウントされます。

ブラックジャックのインシュランスとは?

インシュランスはディーラーのアップカードがエースの時だけに、プレーヤーに与えられるオプションです。ディーラーの手札がブラックジャックになることに対して、「保険」を掛けることを意味します。ディーラーのアップカードがエースだった場合、ディーラーがカードを横向きにして「insurance?」と聞きながら手を向かって右から左に開くような仕草をします。プレイヤーはディーラーの手が開いているわずかな間に、インシュランスを賭けるか、賭けないかを決めなければなりません。

インシュランスベットはオリジナルベットの半分まで賭けることができ、仮にディーラーがブラックジャックを出したらその支払いはベット額の2倍となります。ですが、オリジナルベッドは没収となるので、インシュランスベットが2倍支払われ、実質上プッシュとなります。もしディーラーがブラックジャックを出さなければ、インシュランスベットが没収され、通常のゲームに戻ります。ちなみに、インシュアランスベットはオリジナルベットの半分より少なく賭けることも可能です。

ブラックジャックのイーブンマネーとは?

ディーラーがエースのアップカードを見せている時に与えられるもう一つのオプションが「イーブンマネー」です。ただし、このルールはプレイヤーの手札がブラックジャックの時だけ使うことができます。通常、ディーラーもプレーヤーもお互いブラックジャックの時は、引き分けで賭け金はそのまま戻ってきますが、イーブンマネーに賭けるとイーブンマネーに賭けた金額の2倍の配当がもらえます。また、イーブンマネーに賭けて、ディーラーがブラックジャックでなかった場合はイーブンマネーに賭けた分は没収され、ブラックジャックでの勝利として賭け金の1.5倍がもらえます。

ブラックジャックのサレンダーとは?

ブラックジャックのルールには、負けそうな時のために降参の選択肢を用意しており、降参することがサレンダーと言われています。サレンダーのハンドシグナルは人差し指で横に線を引くのですが、たまにヒットと間違われることがあります。このオプションも口頭でしっかりとディーラーに伝える必要があります。サレンダーをすると、ディーラーがベッドを没収されますが、その半分を返してくれます。

サレンダーを許しているブラックジャックのルールは基本的にハイリミットルームで適用されています。一般のカジノフロアでこのルールを採用しているテーブルは年々少なくなっています。

今回はブラックジャック ルールの本当に基本的な部分だけを紹介しました。以上を理解するだけでも、実際のカジノでブラックジャックを十分満喫することができます。

勝率アップに役立つブラックジャックの必勝法、攻略法

ブラックジャックの必勝法は、単刀直入にいうと他のカジノゲームと同様にありません。しかし、賭け方によっては極端な負け方を防止することができます。カジノ攻略法として有名な下記方法はブラックジャックに適用可能です。各戦略に共通する特徴としては、配当が2倍配当に有効なカジノ攻略法という点です。ブラックジャックの配当は2倍なので、当てはまりますね。

ブラックジャックの勝ち方に詳しくなりたい方は上記の攻略法とあわせて、ブラックジャックに特化した必勝法の詳細解説ページを確認しましょう。難しそうな印象を抱きがちですが、ゲームに活用する方法はとても簡単です。使い方を覚えて、実戦で活用してみましょう!

ブラックジャックが遊べるオンラインカジノ

ブラックジャックをプレイ可能なオススメのオンラインカジノは以下の通りです。各オンラインカジノの特徴は、それぞれのレビューページに記載しています。ブラックジャックを重点的にプレイしたいという人は、ライブカジノが充実しているカジノを選びましょう!

ブラックジャックを始めよう!

ブラックジャックの概要を読んで、やってみたいと思ったら上記のオンラインカジノのお試しプレーのゲームでとりあえずプレイしてみましょう。文章だけでは伝えきれないワクワク感は、実際にプレイしてみないとわかりません。地味なゲームではありますが、奥が深いので気づいた頃にはすっかり虜になっているかもしれませんよ!

よくある質問

ブラックジャックの良いところはなんですか?

👉ブラックジャックはルールがシンプルな割に、プレイにあたっての選択肢が多いため頭を使って工夫するとカジノプレイの展開が大いに変わってきます。そういった工夫の余地、そしてディーラーとのかけひきが面白いところがブラックジャックの良いところです。もちろん、詳しく知らないくても単純なプレイもできるので難しそうという印象を持たないでくださいね!


ルールは何となく知っていますがプレイ法についてイメージがわきません。どうしたら良いですか?

👉当サイトではルールと具体的なプレイの例を載せながら説明をしているので、その説明を読むことをオススメします。なお、各オンラインカジノでは無料でお試しプレイができるので、是非試してみてはいかがですか?おすすめカジノのサイトのゲーム一覧でキーワード検索すればすぐに見つかります。なお、ライブカジノに関してはお試しプレイはないのでご注意お願いします。


ブラックジャックをプレイするにあたって、知っておくと良いことはありますか?

👉ブラックジャックはテーブルゲームなので、やはりライブカジノでプレイすることをおすすめします。そして、ルールやプレイ方法に関しては、当サイトの記事に詳細を記載しているので是非読んでみてください!

Check all questions in the forum.
ベストカジノ
4.8 rating
ボーナス合計: 最大$350 + 最高700スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
4.3 rating
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
4.0 rating
ボーナス合計: 最大$930 さらに +20回スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
4.5 rating
ボーナス合計: 最大¥395,000 + 更に追加$40
(入金ボーナス登録ボーナス)
Ask a question on our community board