ホーム » 2020年、米国大統領選挙のオッズはいかに!トランプ氏は優勢?劣勢?
シェアする:

米国大統領選挙は4年に一度行われ、米国の政治を担うリーダーを決める一大政治イベントです。

スポーツ以外の様々な賭けを取り扱うブックメーカーでも、もちろん大注目の賭け項目として取り上げられています。2020年5月現在、すでにあらゆるブックメーカーで2020年11月3日実施予定の米国大統領選挙のオッズが発表されています。

世界中の注目が集まるその結果、現在の予想状況を早速チェックしちゃいましょう!

ヨーロッパで大手のブックメーカー、Betway(ベットウェイ)が発表した最新オッズは以下の通りです。

最新2020 米国大統領選挙オッズ

usa-trump
候補者オッズ
ドナルド・トランプ -110
ジョー・バイデン     +120
ヒラリー・クリントン  +2000
アンドリュー・クオモ+3500

はじめに、オッズの表記方法はアメリカ表記で、+(プラス)は劣勢、-(マイナス)は優勢を意味します。

ご覧の通り、ドナルド・トランプ氏のオッズはマイナスとなっており、大統領選挙の最有力候補であると推測できます。

一方で、オバマ政権の副大統領を務めたジョー・ビデン氏のオッズは他の候補者に比べると非常に低く、2020年大統領選挙ではドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏の一騎打ちが予想されるでしょう。

現代の賛否両論大統領のシンボルとも言えるトランプ氏だけに、世界中から注目が集まっています。大統領選挙が実施されるのは11月3日とまだ先ですが、すでにこれまでオッズが変動しており、目が離せません!!

paiza-casino casino-x-review

Betway(ベットウェイ)の発表した3月~最新のオッズ変動状況

日付ドナルド・トランプジョー・バイデン
3月4日-149+150
3月25日-110+100
4月1日-110+125
4月8日-110+100
4月13日-120+120
5月5日-110+120

ドナルド・トランプ現大統領は3月中旬以降、2020年の大統領選挙で最有力候補としての立場を維持していましたが、4月から最近一か月でオッズが-120から-110とあがり、4月中旬から+120を維持している2位のジョー・バイデン氏のオッズ差が次第に縮まってきています。

日本人にも人気の高いブックメーカー、ピナクルでも“Who will win the 2020 election: Donald Trump or Joe Biden?”(2020年米国大統領選挙で当選するのはドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏のどちらか?)という項目で両者のオッズが発表されています。

ドナルド・トランプ -125(1.800) ジョー・バイデン +107(2.070)

ウィリアムヒルでは他の候補者のオッズに加え両者のオッズが分数方式で発表されています。

ドナルド・トランプ -120(5/6 )      ジョー・バイデン +120 (6/5)

どのブックメーカーでもドナルド・トランプ氏、ジョー・バイデン氏が共に次期大統領選挙の二大当選候補として予想されているのは確かですね。

2016年の大統領選挙はヒラリークリントン氏の当選が確実視されていましたが、最終的にはドナルド・トランプ氏の当選となり、衝撃が走ったことはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。次期大統領選挙では最有力候補ドナルド・トランプ氏とジョー・バイデン氏の当選確率はほぼ同率とも言われており、どちらが当選してもおかしくありません。今後の動向を分析しながら次期大統領選挙でのベッティングに挑みましょう。

Vera John Logo  casitabi-logo-3  casino-x logo

シェアする:
Check all questions in the forum.
ベストカジノ
4.8 rating
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
(入金ボーナス登録ボーナス)
5.0 rating
ボーナス合計: 条件1倍¥2,000
(登録ボーナス)
4.5 rating
ボーナス合計: 最大¥395,000 + 更に追加$30
(入金ボーナス登録ボーナス)
新紹介カジノ
4.3 rating
ボーナス合計: 最大$976
(入金ボーナスキャッシュバック)
3.8 rating
ボーナス合計: 最大$300 + 20回フリースピン
(入金ボーナスフリースピン)
Ask a question on our community board