フィボナッチ数列を使って、カジノで賭ける方法

ホーム » カジノの戦略 » フィボナッチ数列を使って、カジノで賭ける方法

カジノで賭ける時、「フィボナッチ数」と呼ばれる数列を使った賭け方があるのをご存知ですか?なんだか難しそうと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、最初に言っておきますが、フィボナッチ数列を使った賭け方は決して難しくありません。ご安心ください。

フィボナッチ数列法はカジノではルーレットバカラのように、「勝ちか負け」「偶数か奇数」など2択(イーブンベット)で用いられることが多い手法です。フィボナッチ数列を使用することによって損失を抑えたり利益を増やしたりできると言われています。

ここでは「フィボナッチ数列って何?」と思っている方、フィボナッチ数列という言葉を初めて聞く方にも分かりやすく、基本的な知識から丁寧に説明していきたいと思います。それでは早速、「フィボナッチ数例とは何なのか?」の説明に入ります。

そもそもフィボナッチ数列とは?

簡単に説明すると、フィボナッチ数列とは0・1・1・2・3・5・8・13・21・34…と続いていく数列を指します。実は隣り合う数字の合計が次の数字になっているのです。例えば、34という数は13+21=34という形式で導き出されます。34の次の数字を知りたい時は、21と34を足せばよいということです。つまり、21+34=55ということになります。

フィボナッチ数の漸化式

2つの初期条件を有する漸化式(ぜんかしき)は以下の通りです。

n番目のフィボナッチ数を Fnとします。すると、Fnは再帰的に、

F0 = 0、F1 = 1

Fn+2 = Fn+Fn+ 1 (n ≧ 0)

と定義されます。

vera-john-onlinecasino-review-new

フィボナッチ数と自然界

巻き貝や花など、自然界にあるものも、実はこのフィボナッチ数列の法則にしたがって配列されていることがあるのです。花びらの数を例を見てみましょう。花びらの数がフィボナッチ数に従って増えていることがお分かりいただけるのではないかと思います。

3枚の花 エンレイソウ、ユリ、アヤメ

5枚の花 サクラソウ、野ばら、オダマキ、キンボウゲ、ヒエンソウ

8枚の花 コスモス、サンギナリア

13枚の花 コーンマリーゴールド、シネラリア

21枚の花 チコリ、オオハンゴンソウ

34枚の花 ジョチュウギク、オオバコ

55枚の花 ユウゼンギク

フィボナッチ数で隣り合う数字は黄金比(1:1.618)に近づいていくという、なんとも神秘的な法則でもあります。

レオナルド・フィボナッチ

それではなぜこの数列がフィボナッチ数列と呼ばれるようになったのでしょうか。フィボナッチ数列の名前の由来も説明しておきます。「レオナルド・フィボナッチ」という数学者の名前にちなんで付けられたのですが、予想に反しフィボナッチが発明したのではありません。彼はこの数列をヨーロッパに紹介した人です。

レオナルド・フィボナッチは中世ヨーロッパで大活躍した数学者でした。彼はエジプトやギリシャなどを訪れ、アラブの数学者から数学を学び、帰国後に「算盤の書」を発表しました。19世紀になり、ヨーロッパに紹介した彼にちなんで「フィボナッチ数列(フィボナッチ数)」と名付けたそうです。

mystino-casino-review

フィボナッチ数列法とカジノ

フィボナッチ数列法は、カジノでベットする時に使われる手法です。負ければ負けるほど賭け金が増えていきます。勝率が50%となるようなゲームの場合、確率的には負けた後は勝つ確率が増えます。

ゆえに、フィボナッチ数列法を用いれば、例え負けたとしても負けを取り戻せるという考え方がベースになっています。とはいえ、実際のゲームでは連敗が続くこともあり、必ずしも賭け金を増やせるわけではありません。

フィボナッチ数列法はルーレットをプレイする時に用いられることが多いようですが、バカラやブラックジャックでもフィボナッチ数列法を取り入れてベットすることができます。カジノでプレイしていると、ついつい熱くなってしまうことがあります。「勝負だ!」と思い、多額のチップをつぎ込んで全部持っていかれてしまった…という経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

フィボナッチ数列の手法通りにベットすることで、冷静にゲームを進めることもできるのです。後ほど詳しく説明しますが、フィボナッチ数列法を取り入れることによって、「ゲームに負けても、損失を抑えられ、勝てば勝つほど配当が増えていく」というゲームの進め方ができます。なので、手持ちのチップで長時間プレイしたいという人におすすめの手法です。

フィボナッチ数列を用いたカジノのベッティング

それでは、実際にカジノでフィボナッチ数列の手法を用いてプレイする時の方法について見ていきましょう。

0・1・1・2・3・5・8・13・21・34…という数列に従ってベットします。カジノでは0を無視し、1からスタートしてください。

負けた場合はフィボナッチ数列に従って1・1・2・3・5・8・13・21・34…とベット額を増やしていきます。勝ったら最初の1に戻ってやり直します。これを繰り返し行ってゲームを進めていくのがフィボナッチ数列法です。

今回はルーレットで「赤」か「黒」を選ぶゲームで「赤」に賭け続けるという設定にします。勝率は50%、勝つと2倍の報酬が貰えます。

1回目 1ドル賭けて負けます。すると合計1ドルの損失になります。

2回目 1ドル賭けて負けます。すると合計2ドルの損失になります。

3回目 2ドル賭けて負けます。すると合計4ドルの損失になります。

4回目 3ドル賭けて勝ちます。すると合計2ドルの利益になります。

5回目 1ドル賭けて負けます。すると合計1ドルの利益になります。

このような流れでゲームが進行していきます。フィボナッチ数列法を使用したベット方法のイメージを掴むことができましたか?

leovegas-review

フィボナッチ数列法の注意点

カジノの実際のテーブルでは、1回のゲームで賭けることができる最小や最大の賭け金というのが各テーブルごと決まっています。この制度は「テーブルリミット」と呼ばれています。つまり、最低の賭け金が1ドルのテーブルもあれば、50ドルのテーブルも存在するということです。

フィボナッチ数列法でベットする場合、自分の予算に合わせてテーブルを選ぶ必要があります。例えば、1ドルからスタートして5回連続で負けた場合、5回目に5ドルベットすることになります。50ドルからスタートした場合はどうでしょう?5回連続で負けた場合、5回目にはすでに250ドルベットしなければなりませんよね。

最初にベットする金額の目安として予算の2%くらいがちょうどよいとされており、多くても5%を超えないようにしましょう。

フィボナッチ数列法の利点

どんな戦略法にも利点と欠点があるものです。最初にフィボナッチ数列法の利点を見ていきましょう。

  • 2回負けても、次に勝てば負けた金額を回収できる。
  • 連勝した後に負けても損失がない。

casumo-casino-review

フィボナッチ数列法の欠点

それでは次に欠点を見ていきましょう。

  • 連敗がずっと続いてしまうと、損失額が巨額になる。
  • 勝ち負けが交互に現れる場合は、効果を発揮しない。
  • テーブルリミット(賭け金の下限と上限)に達してしまうと、それ以上プレイできない。

もう少し分かりやすくなるように、補足説明します。実際のゲームでは10回以上連続で負ける(ルーレットの場合赤だけが出る)などということも珍しくありません。10回連続で負けた時の損失額はいくらになるのでしょうか。計算してみましょう。

1+1+2+3+5+8+13+21+34+55 = 143

さらに5回連続で負けると(15連敗)

1+1+2+3+5+8+13+21+34+55+89+144+233+377+610 = 1,596

このように、負ける回数が多ければ多いほど賭け金や損失が巨額になってしまいます。仮に、テーブルリミットまで負けが続いてしまうと、その時点で例え資金に余裕があったとしても、フィボナッチ数列に従った金額を賭けることができません。ゲームを始める前に、自分のテーブルのテーブルリミット(最大金額)をチェックしておくことをおすすめします。

vera-john-onlinecasino-review-new

カジノでフィボナッチ数列を応用してみよう

フィボナッチ数列法は、応用可能なベッティングシステムです。ここでは3通りの応用方法を紹介します。自分にあった賭け方を見つけることができるとよいですね。

勝ったらフィボナッチ数に従って賭け金を増やす方法

さきほど「フィボナッチ数列法でベットしている場合、基本的に勝っている時は賭け金を増やしません」と説明いたしました。しかし、フィボナッチ数列法では賭け金を増やすことも可能です。勝っている間、フィボナッチ数列に従って、賭け金を増やしていきます。負けたら賭け金は振り出しの1に戻します。

連勝中は利益がどんどん増えていきますが、連勝後の負けの損失が大きくなってしまうのがマイナスポイントです。そのため、この手法を使う場合、どこでストップするのかがポイントになってきます。

単純計算になりますが、勝ち負け5の確率が50%のゲームの場合、次のゲームに勝つ確率は25%、次の次のゲームに勝つ(3連勝)する確率は12.5%です。

連勝中、どこで賭け金を増やすのをやめるかどうかはあなたの判断次第です。上の数字を見てどう思われたでしょうか?プロの中には2〜3連勝くらいまでなら賭け金を増やすのが妥当だという意見が多いようです。ただし、2〜3連勝した後は必ず賭け金を元に戻すようにしてくださいね。この手法でうまくいけば利益を増やすことができます。もちろんリスクもあるので、資金をなるべく失いたくない方はやらない方がよいかもしれませんね。

フィボナッチ数列法とほかの手法を併用する方法

カジノの賭け方にはフィボナッチ数列法以外にも、マーチンゲール法(倍賭け法)、ココモ法、テンパーセント法、モンテカルロ法…など様々な手法があります。これらの別の手法を併用したり、ほかの手法のよい点をミックスしたりしながら、オリジナルのベッティングシステムを考案することも可能です。

それではダランベール法を取り入れたフィボナッチ数列法を紹介します。ダランベール法はとてもシンプルなベッティングシステムで、フランス人のダランベールによって発明されました。ダランベール法の賭け方は、勝ったら賭け金を1減らし、負けたら賭け金を1増やすという手法です。負けたら掛け金を増やすという点がフィボナッチ数列法に似ていますよね。

mystino-casino-review

次にフィボナッチ数列法とダランベール法を併用してゲームを進めていく方法を紹介します。最初はダランベール法を使って賭け、その後フィボナッチ数列法に切り替えます。ダランベール法から切り替える時のポイントは、「ダランベール法でプレイし、当たりが10回来た時」です。この場合、次も勝つという確率が低いことを見越してフィボナッチ数列法にシフトします。この応用法の場合、10回負けた時には適応できないので注意してくださいね。逆に、フィボナッチ数列法を終了するタイミングなのですが、実ははっきりと決まっていません。負けた時でもよいですし、ゲームを終了する時でも構いません。

次にモンテカルロ法を取り入れたフィボナッチ数列法を紹介します。モンテカルロ法の由来は、はっきりしていませんが、ある人物がこの手法を使って、モンテカルロにあるカジノを潰してしまったからという話があります。モンテカルロ法は、最初に1・2・3と3つの数字を書き、1と3(一番右と左端)を足した金額(1+3=4)を賭けます。

【勝った場合】
一番右と左端(この場合1と3)を消去し、真ん中の数字が2だけになりました。真ん中の数字が1つだけになったらまた最初に戻り、1+3 = 4を賭けます。

【負けた場合】
負けた数字を書き足します。1・2・3・4となり、再び一番右と左端を足した金額を賭けます。この場合は1+4 = 5ということになります。

このようにしてモンテカルロ法で賭けていき、10回連続で勝ちとなった場合にフィボナッチ数列法にシフトします。なかなか10回連続で当たりがくることはないかもしれませんが、チャンスがあれば1度試してみてはいかがでしょうか?

フィボナッチ数列法のまとめ

カジノでのフィボナッチ数を使った賭け方を紹介してきましたが、いかがでしたか?隣り合う数字の比が黄金比になるという、自然界でも見出すことのできる神秘的なフィボナッチ数がカジノでも役立つということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

0・1・1・2・3・5・8・13・21・34…という数列で、基本的には隣り合う数字の合計が次の数字になります。なので、全部覚える必要はありません。賭け金で0ということはあり得ないので、1・1・2だけ覚えておけば、後は自分で計算すればOKです。

フィボナッチ数列法は、資金をできるだけ長持ちさせることができます。資金が少ない時、カジノでゆっくりプレイしたい時などに、ちょうどよいベッティングシステムと言えるのではないでしょうか?どこでゲームを終了させるか…最終的な判断はあなたが下さなければなりません。フィボナッチ数列法を上手に利用し、ぜひカジノで利益を得てくださいね。

なお、ルーレットバカラのように、「偶数か奇数」「勝ちか負け」など2択(イーブンベット)のゲームを楽しみやすいのは、ライブバカラです。フィボナッチ数列を使った賭け方を試してみたい方は、当サイトで紹介しているライブカジノで遊べるカジノからお好みのカジノを選んでみてください。

vera-john-onlinecasino-review-new live-casino-house-review-1 casitabi-review casino-x-review

よくある質問

フィボナッチ数列法は全てのカジノゲームに使えますか?

→モンテカルロ法は全てのゲームには適用できません。勝率が50%のゲームに適用が可能です。具体的には、ルーレット(赤黒、奇数偶数)バカラブラックジャックなどです。
ゲームの詳細は各リンクから確認をお願いします。


フィボナッチ数列法を使うために必要なものはありますか?

→紙とペンがあれば十分です。そして当サイトを見つつ応用法を確認しながら、実践してみましょう!


フィボナッチ数列法はオンラインカジノで禁止されていませんか?

→ベラジョンカジノに確認したところ、当手法をカジノゲームに応用しても問題ないと回答頂きました。


フィボナッチ数列法のメリットは?

→2回負けても、次に勝てば負けた金額を回収できるところが、フィボナッチ数列法のメリットです。


フィボナッチ数列法のデメリットは?

→フィボナッチ数列法に従ったベット額がテーブルリミット(賭け金の上限)に達してしまうと、それ以上その法則通りにプレイできない点が、フィボナッチ数列法のデメリットです。

シェアする:
カジノ選びお助け
Add friend for LINE
Follow our Twitter account
Check all questions in the forum.
ベストカジノ
4.8 rating
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
(入金ボーナス入金不要ボーナス)
4.5 rating
ボーナス合計: 最大$1,500 + 200スピン + α
(入金ボーナス)
4.3 rating
ボーナス合計: 最大¥200,000 + 更に追加200スピンと$35
(入金ボーナス入金不要ボーナスフリースピン)
5.0 rating
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
(入金ボーナス入金不要ボーナス)
4.5 rating
ボーナス合計: $10 + 270回フリースピン
(入金不要ボーナスフリースピン)
4.8 rating
ボーナス合計: $30&リベート率アップ
(入金不要ボーナス優良リベートシステム)
4.3 rating
ボーナス合計: 最大$1,039 & 250スピン
(入金ボーナス入金不要ボーナス)
4.3 rating
ボーナス合計: 最大¥395,000+200回スピン+$35
(入金ボーナスフリースピン 登録ボーナス)
Ask a question on our community board
オンラインカジノ - 日本語版オンラインカジノ比較サイト
© Copyright 2020 Casimaru.com 会社概要 - オンラインカジノで遊ぶことはとても楽しいですが、利用するにあたって過度にプレイすることがないように、注意を払うことが必要です。カジノではある段階で勝つことが保証されていますが、一方で負けてしまうこともあります。予算に見合った責任あるプレイをすることを常に心がけましょう。ギャンブル依存症本人のための自助グループ