ecoPayz - 入金方法

ホーム » ecoPayz - 入金方法
【限定ボーナス明細】
入金不要ボーナス:¥2,000
Casimaru超限定!
ボーナスがないことが有名なパイザなのに?
関連ニュース数: 12
5.0 rating
5.0
【限定ボーナス明細】
各種ボーナス豊富
記事内参照
関連ニュース数: 9
4.8 rating
4.8
関連ニュース数: 16
4.5 rating
4.5
【限定ボーナス明細】
入金ボーナス:最大¥22,000
関連ニュース数: 8
4.5 rating
4.5

エコペイズ / ecoPayz

オンラインカジノで遊ぶときに欠かせないのが、入出金手段です。入出金手段には様々なオプションがありますが、入金と出金の両方に使いやすいのが「電子決済サービス」です。

電子決済サービスでアカウントをひとつ作成すれば、そこからオンラインカジノへの入金と出金の両方が行えるため、お金をまとめて管理するときに大変便利です。

その電子決済サービスの中でも、オンラインカジノファンに愛用されているのが「ecoPayz(エコペイズ)」です。コレは最もおすすめできるオンライン決済サービスです。

電子決済サービスといえば、以前まではNETELLER(ネッテラー)が主流でしたが、2016年をもってオンラインカジノでの利用を停止。そんな時に注目を浴びたのがこの「ecoPayz(エコペイズ)」でした。

エコペイズを取り扱うカジノサイトも年々増えており、いざという時のためにアカウントを持っている人も多くいるほどです。

この記事では、これからエコペイズを使ってみたい人向けに、エコペイズの概要から、エコペイズの手数料、エコペイズで入金・出金するメリットとデメリット、そしてエコペイズの始め方について解説します。

エコペイズの概要

ecoPayz(エコペイズ)は、イギリス発の電子決済サービスです。

「オンライン上で安全かつスピーディに決済を行う」サービスの提供を目的に、2000年にサービスが開始されました。エコペイズは、電子決済サービスの中でもっとも歴史が長く、現在では45の通貨に対応しています。

ヨーロッパを中心に世界の各種業界で広く利用されており、日本を含む世界中から厚い信頼を得ています。日本語に対応しているので、日本人プレーヤーも簡単にご利用できます

その信頼は、エコペイズの安全性にも裏付けられています。エコペイズは、英国金融庁(Financial Conduct Authority)により認可されており、英国金融庁の統制下で運営されています。政府公認ですので、初めて海外拠点の決済サービスを利用するという方でも安心して利用できます。

エコペイズでは、プレイヤーとオンラインカジノ(またはブックメーカー)との中間に立って、入出金を迅速に行います。入出金をすべて一本化できるので、複数のオンラインカジノを利用してる方でも簡単に資金管理ができる利点があります。

エコペイズには、4種類の入金方法(クレジットカード、銀行振込、エコバウチャー入金、仮想通貨による入金)があります。

仮想通貨を持っている方には、手数料不要のビットコイン送金がお得です。持っていない場合には、国内銀行からの振込でエコペイズに入金する方法がお勧めです。(銀行振込には手数料が5%かかります)

またエコペイズから出金するには、日本の銀行口座への振込が主流です。

エコペイズでは、2018年までエコカード(ecoPayzが発行しているデビットカード)を利用してコンビニATMからの出金が可能でした。しかしエコカードの廃止により、現在は銀行送金が唯一の出金方法となっています。

エコペイズに手数料はかかる?

エコペイズには、5段階の会員レベルが設定されており、それぞれのレベルごとに手数料が異なります。

アカウントの種類は、Classic・Silver・Gold・Platinum・VIPの5種類です。

以下は、ユーロ(EUR)通貨での手数料一覧です。

Classic

Silver

Gold

Platinum

VIP

口座開設

無料

無料

無料

無料

無料

銀行振込による入金

0~8.5%

0~8.5%

0~8.5%

0~8.5%

0~8.5%

クレジットカード入金

1.69~6% + 0.25ユーロ

1.69~6% + 0.25ユーロ

1.69~6% + 0.25ユーロ

1.69~6% + 0.25ユーロ

1.69~6% + 0.25ユーロ

エコバウチャー入金

0~2.9%

0~2.9%

0~2.9%

0~2.9%

0~2.9%

仮想通貨の入金

無料

無料

無料

無料

無料

銀行口座への引き出し

×

5.9~10

ユーロ

5.9~10

ユーロ

5.9~10

ユーロ

2.9~7

ユーロ

所有する

アカウント間での送金

×

無料

無料

無料

無料

他人のアカウントへの送金

×

0.5ユーロ~1.5%

無料

無料

無料

オンラインカジノへの

送金と受け取り

無料

無料

無料

無料

無料

通貨の換算

2.99%

2.99%

1.49%

1.49%

1.25%

休眠(12ヶ月間)後の

アカウント維持管理費

月額1.5

ユーロ

月額1.5

ユーロ

月額1.5

ユーロ

月額1.5

ユーロ

月額1.5

ユーロ

エコペイズの入金と出金のメリット

では実際に、エコペイズを使うとどのようなメリットがあるのでしょうか?エコペイズのメリットについて一つずつ見ていきましょう。

スマホで簡単に資金管理

エコペイズは、公式アプリをダウンロードすると、PCだけでなくスマホからも利用可能です。アプリをダウンロードしたあと、たったの1〜2分でアカウントの登録・口座開設を完了できます。

PCよりもスマホやタブレットをよく利用される方には、エコペイズはオススメです。

安心の日本語対応

エコペイズでは、公式サイトはもちろん、カスタマーサポートまで日本語対応を行っています。そのため、万一トラブルなどがあったときでも、日本語でお問い合わせフォームから相談ができて安心です。

残念ながらライブチャットは、英語のみでの対応となっています。まだ日本語に対応していないようですが、近いうちに日本語でのライブチャットができるようになることに期待したいですね。

政府公認サービスで安心

冒頭で少し触れた通り、エコペイズの運営会社である「PSI-Pay Ltd.」は、イギリス政府の統制下にある英国金融庁(Financial Conduct Authority)の電子マネー部門から許可を受けてサービスの運営を行っています。

英国金融庁から認可と規制を受けているため、 信頼性は非常に高く、安心して利用できるサービスであるといえるでしょう。

さらに「PSI-Pay Ltd.」では、個人情報を保護するため、セキュリティの徹底にも力を入れています。極めて高度なデータセキュリティおよび暗号化の基準が適用された最新のセキュリティ及び詐欺対策のソリューションを使用しており、PCIデータセキュリティスタンダード(PCI DSS)にも準拠しています。

エコペイズの入金と出金のデメリット

エコペイズの最大のデメリットは、「エコカード」の廃止です。

エコペイズについて調べたことがある方は、「エコペイズならコンビニATMから出金ができる」という情報をどこかでみたことがあるかもしれません。

しかし、このATM出金にはエコカードが必要であったため、今ではATM出金ができないようになっています。

オンラインカジノからの勝利金をすぐに引き出せることが、エコペイズの最大の魅力だったので、とても残念です。

もう一点、エコペイズのデメリットとして挙げられるのが、12ヶ月間サービスを利用していないと手数料がかかってしまうことです。

エコペイズでは、12ヶ月を過ぎてもアカウントが利用されないと「休眠期間」と見なされます。その期間は、アカウントを維持するために毎月数百円支払わなければなりません。

この手数料を避けるためには、12ヶ月以内に必ず利用するか、当分利用しないのであれば忘れず全額引き出すようにしておきましょう。

エコペイズの始め方

エコペイズでは、スマホやPCから簡単に口座開設ができます。口座開設の手順については、以下の通りです。

  1. エコペイズの公式ホームページにアクセスします。
  2. 画面の真ん中にある「無料アカウントを開設」をクリックして、登録画面を開きます。
  3. ユーザー名、メールアドレス、パスワード、居住国、言語、通貨を入力します。※エコペイズでは、登録した通貨とオンラインカジノで利用する通貨が異なると、為替手数料が発生します。ほとんどのオンラインカジノが米国ドルを採用しているため、日本円も選択できますが、基本的には米国ドルでの口座開設がオススメです。
  4. 個人情報(名前、生年月日、住所、電話番号)を入力します。
  5. 全ての入力が完了した後に、フォーム下部にある「アカウントの作成」をクリックします。
  6. これで口座開設完了です!完了後は、入金方法の登録ページに移動します。
オンラインカジノ - 日本語版オンラインカジノ比較サイト
© Copyright 2020 Casimaru.com 会社概要 - オンラインカジノで遊ぶことはとても楽しいですが、利用するにあたって過度にプレイすることがないように、注意を払うことが必要です。カジノではある段階で勝つことが保証されていますが、一方で負けてしまうこともあります。予算に見合った責任あるプレイをすることを常に心がけましょう。ギャンブル依存症本人のための自助グループ