シンガポールのカジノでギャンブル|徹底ガイド

ゲーミング事業総覧 » シンガポールのカジノでギャンブル|徹底ガイド

更新日:2024-04-12

シンガポールのカジノでギャンブル|徹底ガイドのバナー

シンガポールのカジノとは?

シンガポールのカジノとは?のバナー
シンガポールのカジノとは、世界有数の規模と豪華さを持ち、ギャンブルの枠を超えたエンターテイメントを提供し、当国の観光業の一翼を担う存在です。

政府公認の総合型リゾート施設内に位置するシンガポールのカジノは、違法性の心配なく旅行者でも安心してギャンブルを楽しめます。

シンガポールのカジノでは、ジャックポット付きのスロットマシーンや、バカラ、ブラックジャックなどの多彩なテーブルゲームが用意されており、初心者からハイローラーまで、幅広い層のギャンブラーが満足できるラインナップが魅力です。

シンガポールの公認カジノは現在2箇所のみですが、年中無休の営業やアクセスの便利さが旅行者からの人気を集めています。日本からは直行便で約6~7時間と比較的近いため、マカオのカジノ韓国のカジノでは満足できず、シンガポールのカジノを目指して観光に来る日本人が増えているようです。

本記事では、シンガポールのカジノに関する基本知識、現在の状況、予算設定、ドレスコードなどを詳しく解説していきます。

シンガポールのカジノとギャンブルの基礎知識

シンガポールのカジノとギャンブルの基礎知識のバナー
シンガポールに関する基礎知識の重要なポイントは、この都市国家が世界的な金融センターとしてだけでなく、近年カジノやギャンブルの分野でも注目されていることです。

建国当初、シンガポールではカジノは許可されていませんでしたが、現在は合法化され、カジノ産業が国家経済を支えるまでに発展を遂げています。

カジノがシンガポールで合法化されたのは、建国から40年以上が経過した後のことで、これによりシンガポールは世界的に見ても比較的新しいカジノ合法国の一つに数えられます。

以下では、シンガポールのカジノの歴史や文化的背景、そして現在のギャンブル状況について、基礎知識を紹介していきます。

シンガポールのカジノの歴史とギャンブルの文化的背景

シンガポールのカジノの歴史とギャンブルの文化的背景のバナー
シンガポールのカジノの歴史とギャンブルの文化的背景を深く理解するには、1965年の建国時からその進化をたどることが重要です。

建国当初、シンガポールではカジノを含む全てのギャンブル形態が違法でした。政府はカジノの合法化を目指しましたが、歴史的に複数回の否決に直面し、合法化には至らなかったのです。しかし、2005年に観光業の低迷を背景に大きな転換が起こり、カジノ付き総合型リゾート施設の導入が合法化されました。

この決定の結果、2010年にはマリーナベイサンズカジノと、リゾートワールドセントーサカジノという二つの巨大施設が誕生しました。これらの施設は国の厳しい規制と制限のもと運営され、シンガポールのギャンブル文化の新たな時代を築きました。

シンガポールのカジノ合法化の背後には、観光業の低迷だけでなく、都市特化の文化的背景も大きな影響を与えました。特にアジア他都市、例えばマカオのカジノ観光産業の成功は、シンガポールにとって脅威であり、建国の父リー・クアンユー氏の下でカジノ合法化が実現しました。

しかし、現代においても、シンガポールのカジノ産業に対する懸念は存在し、一部の政治家はギャンブルを悪徳業界と見なしています。これらはインドのカジノドバイのカジノエジプトのカジノなど、中東地域におけるギャンブルへの意識と似たようなものがあります。

歴史的および文化的背景を踏まえた上で、シンガポールのカジノとギャンブルのこれからの発展に大きな注目が集まっています。

シンガポールのカジノとギャンブル

シンガポールのカジノとギャンブル、2024年現在のバナー
シンガポールのカジノ産業はギャンブル市場における急速な成長を遂げています。新型コロナウイルスのパンデミックがもたらした一時的な低迷を乗り越え、シンガポールのギャンブル産業は年々増加する売上を記録しています。

シンガポールには以下の2つの統合型リゾート内に、政府公認カジノが存在します。

  • マリーナベイサンズ
  • リゾートワールドセントーサ

この2つのカジノは、2023年までに、合わせて40~50億ドルの年間売上を維持しており、シンガポールのギャンブル市場の力強さを示しています。

特にマリーナベイサンズは、アジアのギャンブル市場で第1位の売上を誇り、マカオのカジノであるザ・ベネチアン・マカオの売上を上回っています。一方で、リゾートワールドセントーサもアジアのギャンブル市場で第5位にランクインし、シンガポールはカジノ産業において、アジアを代表する国としての地位を確立しています。

「アジアのギャンブルと言えばシンガポール」というフレーズがトレンドになりつつあり、特に中国を含む世界中からギャンブラーがシンガポールのカジノを訪れています。また、日本のカジノ候補地大阪IRはシンガポールのカジノの成功をモデルにしているとも言われています。

また、シンガポールでのギャンブルの合法化に伴う政府公認のIR事業運営は、日本のカジノ法案にも影響を及ぼしていると考えられています。

実際、自民党のカジノ法案での積極的な姿勢は、シンガポールのカジノの成功を目指していたことが背景にあります。

これらの動向は、カジノ関連株の人気も然り、シンガポールのギャンブル産業の著しい成長と国際的な影響力の拡大を示しています。

シンガポールのマリーナベイサンズカジノでの究極ギャンブル体験

シンガポールのマリーナベイサンズカジノでの究極ギャンブル体験のバナー
シンガポールのマリーナベイサンズは、独特な船形のデザインを持つ3つのタワーで有名なカジノ付き総合型リゾート施設です。

2010年に8,000億円以上を投じて開業したこの施設は、シンガポールのカジノとギャンブルの象徴として知られています。開業当時、SMAPが出演するソフトバンクのCMに起用されたことで、日本での知名度も一気にアップしました。

マリーナベイサンズの魅力は、世界最大の屋上インフィニティプールや豪華なショッピングモール、一流レストラン、エンターテインメント施設が揃っていることです。マリーナベイサンズの統合型リゾート内のこれらの施設は、シンガポールでのギャンブル体験を一層特別なものにするでしょう。

マリーナベイサンズのカジノフロア

マリーナベイサンズのカジノフロアのバナー
マリーナベイサンズのハイライトは、なんといっても15,000平方メートルを超える広大なカジノフロアです。シンガポールでの究極のギャンブル体験を求める人々にとって、600台以上のテーブルゲームや、1,500台以上のスロットマシンはまさに楽園です。

また、ギャンブル初心者でも楽しめるように、マリーナベイサンズのカジノフロアでは、ミニマムベットが低いテーブルゲームやスロットが下層階に用意されています。25シンガポールドル(日本円で約5,700円)から始められるテーブルゲームや、1ライン4.5円から遊べるスロットは、手軽にギャンブルを楽しむのに最適です。

さらに、マリーナベイサンズのカジノフロアでは、レストランやカフェ、休憩スペースを提供しています。無料で利用可能なサービスもあり、ギャンブルに疲れたら一休みできるのも嬉しいポイントです。

マリーナベイサンズのVIPカジノ

マリーナベイサンズのVIPカジノのバナー
マリーナベイサンズカジノでは、一般フロアに加えて、VIP専用のフロアが存在します。

このVIPフロアには30室以上のプライベートルームがあり、特別感を演出する環境でバカラ、ブラックジャック、ポーカーなどのテーブルゲームなどのギャンブルが楽しめます。ただし、VIPカジノのルビールームは一般フロアと異なり、入場にはマリーナベイサンズのサンズリワード・クラブ会員である必要があります。

サンズリワード・クラブ会員とはいわゆるVIP制度のことで、全5段階のランクに分かれます。

ランク 昇格サンズポイント数 ルビールームの利用
プレミア 条件なし 招待制
ゴールド 68pt 招待制
プラチナ 388pt 可能
ダイヤモンド 1,288pt 可能
パイザゴールド 3,888pt 可能

マリーナベイサンズの会員カードとして、プレミアはパスポートの提示のみで作成可能な基本レベルの会員資格です。このランクからゴールドへ昇格するには、サンズポイントを68pt獲得する必要があります。

サンズポイントは、シンガポールドルのS$50(日本円で約5,300円)をゲームにベットするごとに、1pt獲得できるシステムです。そのため、ゴールドへの昇格には、12ヶ月以内に合計でS$3,400(約36万円)以上をベットし、必要なポイントを集める必要があります。

ただし、プレミアおよびゴールド会員の場合、ルビールームの利用は招待制です。ルビールームでのVIPカジノ体験を確実に楽しみたい場合は、最低でもプラチナランク以上を維持することが必要です。

マリーナベイサンズでのVIPカジノ体験を満喫するには、まずプレミア会員、その後12ヶ月をかけてゴールドやプラチナへの昇格を目指しましょう!

シンガポールのカジノでのギャンブル予算と戦略

シンガポールのカジノでのギャンブル予算と戦略のバナー
シンガポールのカジノは、世界的にも最低ベット額が高く設定されています。ギャンブルを楽しむには、少なくとも5万円以上の予算と戦略が必要です。

スロットはS$10(日本円で約1,100円)から楽しめますが、これは単一ラインへのベットです。そのため、適切なペイアウト率を得るためには全ラインにベットする必要があり、結果的にゲームごとのベット額は増加する傾向にあります。一方、バカラやブラックジャックなどのテーブルゲームの最低ベットは、S$50(日本円で約5,440円)で、これにより5万円の予算ではすぐに使い果たすリスクがあります。

これらの要素から、カジノ目的でシンガポールを訪れる場合は、最低でも10万円から15万円以上の予算を準備するのが賢明です。

また、シンガポールのカジノで稼ぎたい場合には、ブラックジャックが断然おすすめです。しかし、何も考えずにプレイすると成功は難しいため、ベーシックストラテジーと呼ばれる基本戦略の実践が不可欠です。正しい戦略の実践で、ブラックジャックのペイアウト率は99%以上になるため、カジノで大勝利する多くのギャンブラーが、これを主戦場に選んでいます。

一方、スロットに頼ったギャンブル戦略は、少々危険です。スロットはテーブルゲームの2倍以上の収益をカジノにもたらしており、カジノ運営側にとっての稼ぎ頭です。これはつまり「カジノ側の収益が大きい=プレーヤーが稼ぎにくいギャンブル」を意味します。

そのため、本気で稼ぎたい場合は、スロットは避けるか、もしくはお遊び程度にし、ギャンブル戦略はブラックジャック狙いに徹しましょう。

シンガポールのカジノ、ギャンブルに年齢制限やドレスコードはある?

シンガポールのカジノ、ギャンブルに年齢制限やドレスコードはある?のバナー
シンガポールのカジノは政府公認であり、そのためルールが厳格に定められています。特に、カジノへの出入りとギャンブルに関しては、年齢制限が設けられており、誰でも自由に出入りできるわけではありません。また、シンガポールのカジノでは、入場時に守るべき最低限のドレスコードも存在します。

以下では、シンガポールのカジノでギャンブルを楽しむために必要な、年齢制限とドレスコードについて詳しく解説します。

シンガポールのギャンブルの年齢制限は21歳以上

シンガポールのギャンブルの年齢制限は21歳以上のバナー
シンガポールのカジノでギャンブルをする際、21歳以上の年齢制限があります。カジノのエントランス付近で年齢確認を求められるので、必ずパスポートの原本を持参しましょう。パスポートのコピーでは入場を拒否される場合があるのでご注意ください。

年齢を偽って21歳未満がカジノへ入場するとS$1,000(日本円で約11万円)の罰金が課せられます。たとえ21歳以上の同伴者が一緒であっても同じで、ギャンブル行為をしなくとも、21歳未満のカジノへの入場は一切認められていません。

もしお子様を連れてシンガポールのカジノへ行く場合は、キッズクラブと呼ばれる託児所を利用しましょう。キッズクラブは、4~12歳の宿泊客であれば無料で利用できるので、カジノで安心してギャンブルを楽しめます。

シンガポールのカジノ、ドレスコードはカジュアルOK

シンガポールのカジノ、ドレスコードはカジュアルOKのバナー
シンガポールのカジノでは、ドレスコードが比較的寛容で、Tシャツやジーンズなどのカジュアルな服装でも入場可能です。シンガポールのカジノでギャンブルを楽しむ際に、ドレスコードについて過度に心配する必要はありません。

しかし、ビーチサンダルやショートパンツ、パジャマのような過度にカジュアルな服装は、カジノの雰囲気にそぐわないと見なされ、入場を拒否される可能性があります。シンガポールのカジノの品格を損なわない、常識的な範囲の服装やドレスコードを選ぶことが大切です。

また、シンガポールのカジノでは、ギャンブル時の防犯上の理由からマスク、帽子、サングラスなどの着用は認められていません。これらのアイテムはバッグの中に収めるか、クロークに預けてからカジノに入場しましょう。

シンガポールと近隣国におけるカジノの法規制とギャンブル文化の違い

シンガポールと近隣国(マレーシア、インドネシア)におけるカジノの法規制とギャンブル文化の違いのバナー
シンガポールのカジノは政府公認のもと、厳格な法規制の下で運営されています。ここでは、外国人には無料での入場が許可されている一方、シンガポール市民には入場税が課されるなどの厳しい規制が存在します。このようにシンガポールのカジノとギャンブル文化は、このような法的枠組みの中で形成されています。

では近隣国の状況はどうでしょうか?もちろん、近隣諸国におけるカジノ法規制やギャンブル文化には差異が存在します。

例えば、ギャンブルが合法であるベトナムのカジノフィリピンのカジノカンボジアのカジノでは、シンガポールのカジノの成功をモデルにして、新しい統合型リゾートの開発を進めている他、最近ではタイのカジノ台湾のカジノ開業が噂されています。

また、韓国では外国人専用のインスパイアカジノが新たにオープンし、観光客を中心に目的に盛り上がりを見せています。

マレーシアのカジノは、クアラルンプール郊外の高原リゾート、ゲンティンハイランドが唯一の公認カジノとして観光客に人気があります。

一方、文化的価値観で禁止されるグアムのカジノや、インドネシアでは宗教上の理由により、ギャンブルやカジノは厳しく制限されており、カジノ自体が違法とされています。そのため、バリやジャカルタなどの有名な観光地で、合法的なギャンブルを楽しむことはできません。

このように、シンガポールとその近隣国であるマレーシア、インドネシアでは、カジノとギャンブルに対する法規制や文化が大きく異なります。これらの違いを理解することは、各国のギャンブル文化をより深く理解する上で重要です。

まとめ

この記事では、シンガポールのカジノ体験、おすすめのカジノホテル、遊び方、そしてギャンブルに対する法規制について詳しく紹介しました。シンガポールのカジノの楽しさと魅力、これらを十分にご理解いただけたでしょうか?

シンガポールのカジノは、ギャンブル初心者から上級者まで、幅広い層を魅了しています。その独特な世界観と文化的背景が融合したシンガポールのカジノは、まさに魅力溢れる場所です。

ハイローラーからは、モナコのカジノが憧れとされていますが、日本からのアクセスは不便なため、アクセス至便なシンガポールが多くの日本人旅行客やギャンブラーとって人気のある理由の一つです。

また、シンガポール自体が「中華系」「マレー系」「インド系」といった多様な民族によって形成されており、その多様化された文化もシンガポールでのカジノ体験を、特別なものにしています。

米国のような壮大な規模なポーカートーナメントこそありませんが、日本ではなかなか体験できないこの多様な文化との出会いは、シンガポールでのギャンブル体験の大きな魅力と言えるでしょう。もしアジアのカジノ旅行を計画しているのであれば、シンガポールはおすすめの選択肢です。

今こそ、日常とは異なる豪華で魅力的な非日常空間で、シンガポールのカジノで最高のギャンブル体験を楽しんでみませんか?

【関連記事】