マカオのカジノでギャンブル|徹底ガイド

ゲーミング事業総覧 » マカオのカジノでギャンブル|徹底ガイド

更新日:2024-04-12

マカオのカジノとギャンブル 本場の魅力と歴史を探るのバナー

マカオのカジノとは?

マカオのカジノとは?のバナー

マカオのカジノとは、その華やかなエンターテイメントと豪華な施設で「東洋のラスベガス」と称され、アジア最大のカジノとして知られています。

マカオのギャンブルは長い歴史を持ち、本格的で豪華絢爛なカジノ体験が楽しめることで有名です。現在、マカオのカジノは世界一の売上を誇り、中国本土をはじめ、世界中から訪れるギャンブラーで日々賑わっています。

マカオには、マカオ半島とコタイエリアを中心として大小合わせて30軒ほどのカジノが存在します。カジノで遊べるゲームは豊富で、「大小(タイサイ)」「バカラ」「ブラックジャック」などが特に人気で、カジノフロアは年中無休で活気に満ちています。

マカオは香港にも近く日本人観光客にも人気の旅行先のため、おすすめです。一度はマカオのカジノを訪れてギャンブルにチャレンジしてみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

韓国のカジノで遊んだことがある人なら、間違いなく気に入っていただけるでしょう。

本記事では、マカオのカジノとギャンブルの歴史、人気のカジノホテルとギャンブル体験、軍資金やアクセス方法まで、本場の魅力をたっぷりご紹介します。

マカオのカジノとギャンブル発展の歴史

マカオのカジノとギャンブル発展の歴史のバナー
マカオのカジノとギャンブルの発展の歴史は、16世紀中期のポルトガル植民地時代からギャンブルが根強く流行していた歴史に由来しています。

1847年、マカオ政庁によって税収を目的としたカジノの合法化が行われ、1850年には政府管理下のカジノが200軒を超え、「東洋のモンテカルロ」と称されるようにギャンブルが発展しました。

そして1930年、後に「カジノ王」として知られるスタンレー・ホー氏がマカオのカジノ営業権を獲得し、マカオのギャンブル産業は大きな成長を遂げました。ホー氏の営業権が失効した後も、その勢いは衰えることなく、1999年のマカオの中国への返還を機に、健全なカジノ産業の発展と活性化が進み、外資の参入が加速しました。

その後、アメリカの企業が大型カジノホテルの建設を進める中、ホー氏も同様の規模のホテル建設を計画しました。この激しい建設競争がマカオのカジノ産業を押し上げ、2006年には売上高でラスベガスを上回り、世界最大のギャンブル産業地域としての地位を確立しました。

このように、マカオのカジノの成長とギャンブル発展の歴史的背景には、1999年の中国本土からの観光客のマカオ渡航解禁があり、国内の裕福層を取り込むことに成功したとされています。

現代マカオのギャンブルとカジノの現状

現代マカオのギャンブルとカジノの現状のバナー

現代マカオのギャンブルとカジノの現状は、時間を経て大きく変わってきました。

今ではモナコのカジノに対抗し、「東洋のモンテカルロ」と呼ばれるようになったマカオのカジノですが、2015年にはその勢いが低下し、カジノ収益も大きく減少しました。

この低迷の原因は、中国の裕福層への依存、マネーロンダリング疑惑、近隣諸国のカジノ産業の成長、そしてシンガポールのカジノ合法化など、カンボジアのカジノマレーシアのカジノなど、アジア地域のギャンブル業界の活性化にあります。

これを受けて、マカオ政府は観光客のターゲットを裕福層だけでなく一般大衆にも拡大し、カジノ付きの総合型リゾート施設の建設を推進しました。その結果、マカオはギャンブル産業だけでなく、アート、カルチャー、スポーツ、レクリエーション、ウェルネス、ナイトライフなど多岐にわたるエンターテインメントで世界中の観光客を引き付ける「東洋のラスベガス」としての地位を確立しました。

現代のマカオのカジノの現状は、ギャンブルのイメージを超え、ファミリー層にも人気のある観光立国へと変貌を遂げたと言えるでしょう。

マカオカジノ、専門家による警告の最新情報

マカオカジノ、専門家による警告の最新情報のバナー
長年アジアのカジノ業界をリードしてきたマカオですが、最近になってシンガポール、カンボジア、マレーシアなどの国々がIR計画を推進し、タイのカジノ解禁も期待される中、アジアのギャンブル市場での競争が激化しています。

また、最近韓国でオープンしたインスパイアカジノも豪華なIR施設で、マカオのカジノに追いつく勢いを見せています。

このような状況下、専門家たちはマカオのカジノ業界が直面している危機について警告を強めています。以下では、その背景や最新情報を見ていきましょう。

マカオカジノ、 VIP流出とギャンブル市場変動

マカオカジノ、 VIP流出とギャンブル市場変動のバナー
専門家の調査によれば、マカオのカジノ市場は危機的な状況にあり、現在シンガポールがマカオを超え、VIPプレーヤーからの人気を集めていると報告されています。

さらに近年、フィリピンが中間層向け市場を成長させたことで、アジア全体でカジノ顧客が分散している傾向にあります。

これらのアジアにおけるギャンブル市場の変動が大きく影響し、カジノ関連株下落の懸念など、マカオのカジノにも緊張感を与えていることは間違いありません。

マカオカジノの競合相手

マカオカジノと競う日本カジノのバナー

アジアのカジノ市場の変動による不安定さが懸念されるマカオのカジノですが、専門家によると、最大の競合相手は日本のカジノであるとされています。

日本では、2030年に大阪に国内初のカジノが開業する予定であり、この計画がアジアのカジノ市場におけるパワーバランスを変える可能性があります。

これは日本の安全性と豊かな観光資源がその根拠であり、中国人観光客にとって魅力的な旅行先であることが理由です。

今後、マカオのカジノは日本のおもてなしや料金形態に負けない新たなサービスの提供が求められ、その結果がマカオの経済に大きな影響を与えるでしょう。

マカオカジノ、パンデミック後の最新情報

マカオカジノ、パンデミック後の最新情報のバナー
マカオのカジノは、世界的なパンデミックの影響で、ギャンブル収益が一時期大幅に減少しました。

しかしパンデミック後には、中国政府のゼロコロナ政策終了に伴う中国本土からの観光客増加により、マカオのカジノは目覚ましい回復を遂げています。

以下では、その業績の結果や、望まれる将来展望などの最新情報を説明します。

マカオカジノ、収益回復を記録

マカオカジノ、パンデミック後の収益回復を記録のバナー
マカオのカジノ業界はパンデミック後に収益を回復し、2023年10月には国慶節の連休に訪れた中国人観光客の影響で、24億ドルを超える月間最高収益を達成しました。

これは2020年1月以来の記録で、マカオのカジノのパンデミックからの見事な回復を示しています。

経済アナリストによれば、市場はコロナ前の水準に戻っており、マカオのカジノは再び世界のギャンブル中心地としての地位を確立しているとされています。

マカオカジノ、アジアのラスベガスへの変革

マカオカジノ、アジアのラスベガスへの変革のバナー
マカオのカジノ業界の収益回復は好調で、2024年のギャンブル総収益は、約268億ドルに達すると見込まれています。

この結果も踏まえ、マカオ及び中国の政府関係者やカジノ経営幹部は、ギャンブル業界を超えた観光業の発展を追求し、マカオを真のアジア版ラスベガスに変貌させる計画を進めています。

しかし経済専門家は、ギャンブル解禁が期待されるタイのカジノ台湾のカジノグアムのカジノなどにも目を向け、マカオカジノがアジアのラスベガスへと変革するには、独自の魅力を高める必要があると、指摘しています。

さらには、最近ではエジプトのカジノやドバイのカジノなど、中東地域でもマカオのカジノに追いつく勢いでIR開発計画が進んでいます。

今後、マカオがラスベガスのようなギャンブルとエンタメ拠点へと変革を遂げるには、新たな戦略が求められるでしょう。

マカオの厳選カジノホテルでギャンブルに挑戦

マカオの厳選カジノホテルでギャンブルに挑戦のバナー

マカオのカジノでギャンブル体験を楽しみたいなら、豪華な宿泊施設が併設するカジノホテルでの滞在がおすすめです!

マカオのカジノホテルは、豪華な装飾で非日常的な空間が広がり、最高級のサービスと本格的なギャンブルにチャレンジできます。

世界規模のイベントが催されることはあまりありませんが、小中規模のポーカー大会が開催されたり、日常では楽しめない場面を目にできます。

まずはマカオに訪れたら、絶対に利用したいおすすめカジノホテルを以下にピックアップしてみました。

  • ザ パリジャン マカオ
  • ザ ベネチアン マカオ リゾートホテル
  • ギャラクシー ホテル
  • MGMマカオ ホテル
  • サンズマカオホテル
  • ウィン マカオ ホテル
  • マンダリン オリエンタル マカオ
  • シェラトングランド マカオ
  • ホテル リスボア
  • コンラッド マカオ
  • グランド リスボア マカオ

広いフロアにテーブルゲームやスロットが置かれたカジノスペースでのギャンブル体験はもちろん、レストランやショップ、フィットネスなども充実し、テーマパークや映画館、ショークラブといったエンターテインメントにも力を入れたカジノホテルもたくさんあります。

中でも特におすすめのカジノホテルを、以下で紹介します。

ザ パリジャン マカオ

マカオの人気カジノホテルのザ パリジャン マカオ

ザ パリジャン マカオは、一際目立つエッフェル塔や凱旋門、ベルサイユ宮殿、コンコルド広場の噴水など、フランスの首都パリの観光名所をイメージした装飾や建物を取り入れたカジノホテルです。

マカオのコタイ地区に位置するザ パリジャン マカオなら、マカオにいながらパリの雰囲気を体験でき、特に正面エントランス付近の装飾は圧巻の一言。ゴールドで囲まれた空間、見上げれば壮大なスケールで描かれた天井画、ルーブル美術館に置かれている芸術品を模写した装飾など、特別な時間を過ごせます。

そしてお楽しみはホテルロビーを抜けると目の前に広がるカジノフロアです。超巨大なワンフロアには450台以上のテーブルゲームと1,600台以上のスロットで埋め尽くされています。バカラやブラックジャック、ルーレット、ポーカー、シックボーなどテーブルゲームのジャンルも多種多彩で、プレーヤー全員で盛り上がるクラップスでも遊べます。

また200,000香港ドル(日本円で約360万円)を入金するとVIPルームの利用が可能で、平場とは離れた3階のフロアで高レートのギャンブルを楽しめるので、豪華なギャンブルにチャレンジしてみたい方には、おすすめです。

ザ ベネチアン マカオ リゾートホテル

マカオの人気カジノホテルのザ ベネチアン マカオ リゾートホテル

ザ ベネチアン マカオ リゾートホテルは、世界最大級の総合型リゾートで、マカオにいながらにして水の都ベネチアを堪能できます。

ベネチアを象徴するエキゾチックな運河が流れ、精巧なレプリカが至るところに設置されているその光景は、とてもホテル内とは思えないほどの豪華さです。

広々としたラグジュアリーな客室は約3,000室で、すべて70平米以上のスイートルーム仕様です。客室のリビングエリアからはマカオ・コタイ地区の美しい景色を一望でき、夜景は息を呑むほど美しく、訪れる人々を魅了しています。

そしてザ ベネチアン マカオ リゾートホテル最大の楽しみと言えば1階にあるカジノフロアです。広さは世界最大級で50,000平米を超え、バカラを中心としたテーブルゲームだけで400台以上、スロットなどのビデオゲームは6,000台以上と、圧巻の光景が広がります。

とにかく世界クラスの豪華な空間でギャンブルを楽しみたい!豊富なカジノゲームにチャレンジしてみたい!そんな人におすすめのカジノホテルです。

マカオのカジノで遊ぶギャンブル軍資金やミニマムベット額はいくら?

マカオのカジノで遊ぶギャンブル軍資金やミニマムベット額はいくら?のバナー

マカオのカジノで遊ぶには、事前にミニマムベット額がいくらか知ることや、ギャンブルの軍資金を計画的に運用することが重要です。

アジアのカジノはミニマムベットが低く、少ない軍資金でも楽しめるカジノが多いですが、マカオのカジノは全体的にミニマムベットが高いため、十分に楽しむためには、ある程度まとまったギャンブルの軍資金が必要です。

同じマカオでも、ホテルによってミニマムベットは異なりますが、バカラやブラックジャックは最低でも100HKD(日本円で約1,800円)必要で、平均は300HKD(日本円で約5,400円)です。スロットは1スピン1HKD(日本円で約18円)から回せます。しかし1HKDの1ラインベットだけで稼ぐのには無理があるため、最低でも1スピン10HKD(日本円で約180円)程度と考えましょう。

このようにマカオのカジノは比較的ミニマムベットが高いので、本格的にギャンブルを楽しみたいのであれば、最低でも軍資金10万円以上は用意しておきたいところです。

逆にマカオの観光がメインで、カジノはお試し気分で遊ぶ程度であれば、ギャンブル軍資金2~3万円でも十分に楽しめます。

香港でカジノを楽しむには?ギャンブルは違法?

香港でカジノを楽しむには?ギャンブルは違法?のバナー
香港を経由してマカオのカジノに行く際、香港でもカジノで遊びたいと考える方は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、香港には合法カジノが存在しません。香港は中国の特別行政区として、中国の法律の下にあり、カジノを含むギャンブル行為は違法です。

以前は、ゲンティン・ホンコン(Genting Hong Kong)が運営する「ゲンティンドリーム」というクルーズ船で、香港発着の1泊2日の旅行中にカジノが楽しめました。しかし、この会社はパンデミックの影響で大きな経済的困難に直面し、2022年に破産を申請し、香港証券取引所からも除名されました。

この結果、残念ながら現在の香港では合法的にカジノを楽しむ方法はありません。カジノでギャンブルを楽しみたい方は、フェリーでマカオに行くことをおすすめします。マカオでは多くのカジノが合法的に運営されているため、安全にギャンブルが楽しめる環境が揃っています。

香港からマカオのカジノへの行き方

香港からマカオのカジノへの行き方のバナー
香港からマカオのカジノへの行き方でおすすめはフェリーです。ヘリコプターを使う手段もありますが料金が高額のため、リーズナブルに移動したいのであればフェリーを使いましょう。

フェリーはターボジェットとコタイ・ウォータージェットの2種類があり、どちらも所要時間は約1時間ほどです。いずれもマカオ半島のフェリーターミナルへ向かいますが、終着点はアウターハーバーとタイパの2ヶ所に分かれます。

アウターハーバーはマカオの世界遺産近くなので、観光ついでにおすすめです。マカオのカジノが目的であれば、タイパ行きのフェリーに乗船しましょう。

また香港のフェリーターミナルは香港島と九龍にあり、どちらも都心部にあるためアクセス性に優れています。ただし、マカオ行きフェリーの本数が多いのは香港島なので、待ち時間を少しでもなくしたい場合には、香港島のフェリーターミナルがおすすめです。

チケットは出港15分くらい前までフェリーターミナルでの購入もできますが、フェリー会社や旅行会社のホームページからオンラインを使った予約も可能です。

ただしオンライン予約の場合、フェリーターミナルでチケットと引き換える必要があるため、余裕を持って行動することをお勧めします。

マカオのカジノとギャンブルに年齢制限はある?

マカオのカジノとギャンブルに年齢制限はある?のバナー
マカオのカジノで遊ぶには、法的にギャンブルを楽しむために年齢制限が設けられているため、誰でも入場できるわけではありません。

2012年までは18歳でも入場できましたが、現在は引き上げされたため21歳未満の入場は認められていません。

21歳「未満」なので、現在21歳であれば入場可能です。18歳になって日本で成人として認められても、21歳になるまでマカオのカジノではギャンブルが出来ないので注意しましょう。

入場自体を禁止しているため、たとえ年齢制限を満たした同伴者がいても21歳未満の入場はできません。もし家族連れで子供が一緒であればキッズルーム、または託児所のある、カジノ付ホテルの利用をおすすめします。

また年齢確認はカジノのエントランス付近にてパスポートの提示が求められます。基本的にはコピーでも問題ありませんが、カジノによってはパスポート原本の提示を求められる場合もあります。

マカオのカジノでギャンブルを楽しむ際、年齢制限を証明するためにパスポートを持参し、保管にも気を配るようお願いします。

マカオのカジノ、服装やドレスコードは?

マカオのカジノ、服装やドレスコードは?のバナー
マカオのカジノでは、服装に関する厳格なドレスコードは設けられていません。

簡単に言うと、マカオのカジノでは、Tシャツやジーンズといったカジュアルな服装での入場もOKです。

しかし、マカオのカジノは豪華なホテル内に併設されていることも多いため、一般的なマナーとして、ホテルのスリッパやビーチサンダル、水着などの短パンなどの着用は避けるのがベターです。稀に、入場拒否される場合もあるので注意が必要です。

また、女性であれば、ロングドレスでなくてもカジュアルなワンピースにヒールなどの服装であればドレスコードをクリアできるでしょう。男性であれば、スーツでなくとも、シャツにコットンパンツを合わせた服装もおすすです。

さらに、マカオのカジノでは、帽子やサングラス、ロングコート、大きなバッグといったアイテムは、ギャンブルの不正行為を防ぐ目的で禁止されています。

マカオのカジノを訪れる際には、これらのルールを理解し、適切な服装選びを心がけましょう。

マカオのカジノで現金以外の決済方法は使える?

マカオのカジノでクレジットカードは使える?のバナー

マカオのカジノなら、現金以外の決済方法として、クレジットカードを使ってカジノチップの購入ができます。

マカオのカジノでは、VISAやMastercard、アメックスなど、様々な国際ブランドのクレカに対応しています。

カジノ内のATMでクレジットカードのキャッシング枠を使用して香港ドルを引き出す方法は、低い交換レートと高い手数料、利息の負担がデメリットです。

一方、キャッシャーでクレジットカードを使ってチップを購入すると、3.0%の手数料が発生しますが、ショッピング枠の利用により負担は軽くなり、クレジットカードのポイントも貯まります。

ただしクレジットカードは使いすぎの心配もあるため、口座内の金額のみ使用可能なデビットカードがおすすめです。

マカオのカジノへ行く際は、ギャンブル依存にならないよう、しっかりと予算管理をして楽しむことも重要です。

まとめ

この記事を通じて、マカオのカジノの魅力と歴史、ギャンブルの楽しみ方、おすすめカジノホテル、軍資金などについて徹底的に紹介しました。

ギャンブルの本場として知られるマカオは、歴史あるカジノと豪華なホテル、最上級のサービス、そして圧倒的なエンターテインメント性が魅力です。

しかし、マカオのカジノの真の魅力は、その華やかなギャンブルシーンだけに留まりません。長い歴史を経て、文化と歴史が織りなす独特の世界観を持ち、訪れる人々に他では味わえない特別な体験を提供しています。

かつては香港経由でしかアクセスできなかったマカオのカジノも、現在では東京(成田)、大阪(関空)、福岡から直行便が就航し、本格的にギャンブルが楽しめる身近な旅行先へと進化しました。

日本でも、カジノ法案の成立に伴い大阪でのカジノ開業が近づくにつれ、カジノにチャレンジしてみたいと興味を持つ人が増えているのではないでしょうか。マカオは、その豊かなエンターテインメントで訪れる人々を待ち受けています。

この機会に、最高のギャンブル体験を、歴史あるマカオのカジノで楽しんでみませんか?

【関連記事】